新型コロナの影響はここにも…姑が言い放った仰天発言3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-05-03 07:23
投稿日:2020-03-21 06:00
 新型コロナ対策の影響は、生活のあらゆる面に及んでいるようで、義母からのこれまでとは異なるトンデモ要求に頭を抱えている人も……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、姑が言い放った自分勝手すぎる要求を3選ご紹介します。

1:「あなたは感染しても軽く済みそう」と発言

自分が感染しないために嫁を呼びつける(写真:iStock)
自分が感染しないために嫁を呼びつける (写真:iStock)

「70代の義母は、今回の新型コロナには、かなり恐怖と不安を感じているみたい。高齢者で持病もあるので、警戒するようには言っています。

 だけど、不安なのはわかるんですが、片道、新幹線で1時間以上かかる義母の家に何度も呼ばれ、自分の代わりに買い物に行けだの雑用を済ませてこいだのと命令してくるのには、ウンザリ。

 私も仕事や生活があるのに『姑を助けるのは嫁の務め』と言い放ち『あなたなら、感染しても軽く済みそうじゃない?』と言われたときには、かなりドン引きでした。

 要するに、ウチの義母は嫁を犠牲にしてでも自分は助かりたいってタイプですよね。不愉快なので、今は呼びつけられても行くのをやめました」(42歳女性/パート)

2:在宅勤務中に子作りに励むよう命令

こういう光景を望んでいるんだろうけど…(写真:iStock)
こういう光景を望んでいるんだろうけど… (写真:iStock)

「夫も私も在宅勤務をしていますが、子どもがいないこともあってか、最近は一緒にいる時間が長くてギスギスしています(笑)。

 なるべくお互い干渉しないようにして、イライラしない環境づくりをしていますが、姑から毎日のように電話があり『こんなに長く一緒にいる機会はそうそうないんだから、子作りしなさいよ』としつこく言われていて、イラつきます。

 頻繁に電話をしてきては『昨日はちゃんと子作りしたの?』と単刀直入に言ってきて……。

 孫が見たい気持ちは理解しますが、こんなにデリカシーに欠ける人だとは思ってなかったので、姑への見る目が変わりました。

 毎日、姑からの電話がかかってくるたびに、出るか迷います」(37歳女性/サービス)

3:40代の夫とゲームで遊ぶよう指示

ゲームくらい勝手にやるし…(写真:iStock)
ゲームくらい勝手にやるし… (写真:iStock)

「離れて暮らす姑からはたまに電話があるんですが、新型コロナの件が出てきてからは、外出を控えていて暇なのか電話の回数が増えました。

 それで、これまでは介入してこなかった夫婦間の話にも首を突っ込んでくるようになり、困惑しています。

 つい先日は『うちの息子は、子どもの頃からゲームが好きだから、こういう非常事態にはゲームをやる時間を長く与えてやってほしい。夫婦円満に過ごすために、あなたも息子と一緒にテレビゲームをやってもらいたい』とマジメに言われ、ドン引き。

 40代の息子にゲームの時間を与えろとか、妻なら一緒にゲームをやれって、ちょっと意味がわかりませんでした。

 姑にとっては、夫はいつまでもかわいい男の子のままなのかもしれないけど、私は夫がゲームをやりたいなら夫が勝手にやればいいと思うし、家での過ごし方にまで口を出してきた姑に対し、ウンザリが止まりません!」(43歳女性/マスコミ)

非常事態だからこそ見える本性に困惑…

 今は非常事態とも言える状況下だけに、平時とは異なる言動をする人も増えています。

 嫁姑の間柄においても、これまでなら気を遣えていたことにも余裕がなくなり、言いたい放題で嫁を悩ませる姑が増えても不思議ではありません。

 知りたくなかった姑の本性を知ってしまえば、今後の関係にも影響は必至。新型コロナが収束してからも、遺恨を残すのは間違いないでしょう。 

 人間の度量は、ひょんなことから露呈するものですよね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


願いは書けば叶う?ママ活男子の“夢見るプロフィール”の中身
 願いごとがあるのなら、それを書く(もしくはスマホなどに入力する)ことで、叶いやすくなるという話をよく聞きます。ママ活男...
内藤みか 2020-11-26 06:00 ラブ
恋が終わる残念なLINEの特徴6つ&男性が喜ぶ返信の仕方
 好きな人とLINEを交換できたのはいいものの、LINEがつまらなさすぎて自然消滅してしまった……という経験をお持ちの人...
恋バナ調査隊 2020-11-26 06:00 ラブ
男性がドキっとする女性のギャップとは? 作り方4つのコツ♡
 恋愛を進展させるためには、「ギャップ」が効果的。コツさえ掴めば誰にでも簡単に身につけられる恋愛テクニックですが、何から...
恋バナ調査隊 2020-11-25 06:00 ラブ
28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 16:03 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ
恋愛するなら冬♡ 恋の季節と言われる理由&おすすめデート
 美しい四季のある日本は、季節によって大きく雰囲気が異なりますよね。特に、冬は肌寒く人恋しくなるため、「恋愛したくなる」...
恋バナ調査隊 2020-11-20 06:00 ラブ
料金は?リスクは?「ママ活」と「出張ホスト」どう違うの?
 近ごろは、密を避けてマンツーマンで遊ぶ人が増えています。そんな時に便利なのが彼氏代行的な存在。けれど最近は「ママ活」と...
内藤みか 2020-11-19 06:00 ラブ