平手友梨奈“素顔”のラジオ 超ハイテンション~涙の答辞まで

こじらぶ ライター
更新日:2020-03-21 06:45
投稿日:2020-03-21 06:00

涙まじりに声を震わせながらの答辞「言葉の暴力はやめて」

ラジオでは最もリラックスした素顔を欅坂46時代からみせてきた平手(C)日刊ゲンダイ
ラジオでは最もリラックスした素顔を欅坂46時代からみせてきた平手 (C)日刊ゲンダイ

 17年4月の高校入学から3年間担当してきたレギュラーのラジオ番組、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK」(※)を今月19日の放送回で高校と共に卒業した平手友梨奈(18)。

 最終回の“卒業式”では、平手を「あなためちゃくちゃ面白いよ」と称えた番組パーソナリティ、とーやま校長から卒業証書を受け取った。

 卒業生として答辞を述べる際には「大切な場所でした」「感謝の気持ちでいっぱいです」と述べた。握手会での説教や襲撃事件などもありファンと直接触れることが出来なくなった平手にとって、番組リスナーとのやりとりが本当に嬉しかったのだろう。

 続けて「みんなに約束をして欲しい」と声を詰まらせがら真剣なトーンでこう語り出した。

「言葉の暴力は本当にしないであげて欲しい」

「死にたいと思っちゃう人もいる」

 おそらく涙まじりに声を震わせた。そしてもう一度、「言葉の暴力はやめて欲しいなと思います」と訴えた。

 また「SNSの使い方を間違えないで欲しい」という旨も語った。

 どちらも自身が悪意ある報道や、言葉の暴力、ネット叩きに遭ってきたからこそ、自分以外に被害者が出て欲しくないという心の底からの叫びであり、願いだったであろう。それは筆者が平手について一貫して主張してきたことでもある(平手友梨奈・欅坂46での1617日の軌跡 #1「14歳の平手が欅坂46お見立て会で語ったアイドルとしての決意」参照)。

 最後に人生は辛いこと、苦しいことの方が多い人もたくさんいるし自分もそうだとしながら、「でもどれだけ嫌なことがあっても逃げずに闘って欲しい」と、共に闘おうというメッセージを残した。

 彼女が自身の本心をここまで熱くさらけ出せたのは、いつも素でいられたこのラジオ番組だからだったのではないか。

「さんかく窓の外側は夜」動画のハイテンションはラジオではお馴染み

 平手は、その少し前の4日に自身の公式サイトをオープンさせ、女優として活動再開を発表している。映画「さんかく窓の外側は夜」(10月30日公開予定)の公式ツイッターでは、今月5日に誕生日を迎えたW主演の1人、志尊淳(25)を祝うため、もう1人の主演岡田将生(30)と平手がバースデーソングをテンション高めに歌う動画がアップされた。他にも志尊の公式Twitterに3人仲睦まじく食事をする画像がアップされるなど、3人は自分たちを「兄妹」と呼ぶほど打ち解けている。

 しかし、平手をあまりよく知らない一般層からは「平手ちゃんってこんな笑うんだ……」「欅坂46時代の雰囲気と全然違うけど、どうしたんだ!?」といった驚きの声がSNS上に多くあがった。そして残念ながらそのことをうがった見方でとらえ、「欅坂46をやめて楽しそう」「有名俳優の前では良い顔をしている」といった報道すらあった(これこそ「言葉の暴力」にあたると筆者は思う)。

やんちゃなイタズラっ子で「悪手ガキ奈」の愛称も

 たしかに平手は歌番組でのパフォーマンス前後は極度の緊張やプレッシャーを感じやすいタイプだ。また曲の世界観に入り込んで集中しているためかあまり笑顔をみせられなかった。

 だが実際には、もともと素顔はよく笑い、やんちゃなイタズラっ子で「ksgk(クソガキ)」「悪手ガキ奈」といった愛称もある。そしていじられることもよくある。

 それが最もよくみられたのが、「SCHOOL OF LOCK」の平手担当コーナーだった。番組スタッフにもとても気を許し、等身大の高校生らしさをみせ、近景も同番組サイトの放送後記にアップされてきた。

エンタメ 新着一覧


松本まりか“第2の愛人”キャラのホロ酔いアンニュイトーク
 女優の松本まりか(36)が1日、都内で行われたサントリースピリッツ「鏡月焼酎ハイ」発表会に登場した。  松本は同商品...
2021-03-03 17:03 エンタメ
脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感
〈恋愛ドラマの神とか、昔の話〉〈もうオワコン〉〈見てて恥ずかしくなるから、離脱した〉〈俳優さんたちは頑張っているけど、脚...
2021-03-03 17:03 エンタメ
支えは家族「大事にしてるというより僕が依存している」
【桂宮治 大いに語る】#6  宮治の支えとなっているのは家族である。おかみさんに10歳の長女と8歳の次女、5歳の長男の...
2021-03-03 17:03 エンタメ
西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟
 現在放送中のTBS系ドラマ「俺の家の話」に出演中の西田敏行(73)が満身創痍で現場に挑んでいる――こう女性誌で報じられ...
2021-03-03 19:03 エンタメ
「ゴッドタン」はまるで秘密クラブ…1000回先まで放送希望
【テレビ 見るべきものは!!】  土曜深夜のバラエティー番組「ゴッドタン」(テレビ東京系)が700回を突破した。放送開...
2021-03-03 17:03 エンタメ
「新宿の母」は過去のデータがすべてインプットされていた
【芸能記者稼業 血風録】  雑談から思いついた干支占い。占いを研究していた女性を中心に準備は着々と進んでいた。干支ごと...
2021-03-03 17:03 エンタメ
米倉涼子ガッポリは今だけ? 独立1年の痛恨「戦略ミス」
 昨年3月、27年間在籍したオスカープロモーションから独立し、個人事務所を立ち上げた女優の米倉涼子(45)。  ビデオ...
2021-03-03 17:03 エンタメ
KEIKO離婚成立「達筆メッセ」が示した小室哲哉“本当の罪”
 音楽プロデューサーの小室哲哉(62)とglobeのKEIKO(48)の離婚が先月26日成立したことを、KEIKOの所属...
2021-03-02 17:03 エンタメ
「おじ猫」涙のワケは草刈正雄の含みと余白を持たせた演技
 毎週、なぜか気づいたら泣いてしまうと話題のドラマ「おじさまと猫」(テレビ東京系、水曜深夜)。妻に先立たれたダンディーな...
2021-03-02 17:03 エンタメ
ユニット「成金」で切磋琢磨 師匠から仲間を大切にしろと
【桂宮治 大いに語る】#5  2014年4月、宮治は国立演芸場で、年に4回の独演会を始めた。二つ目になって3年目の若手...
2021-03-02 17:03 エンタメ
自叙伝「生き抜く力」出版 たけしさんからの手紙に感激
 なんと3月1日に私の新しい本が出版されました。山田邦子「生き抜く力」(祥伝社)。大した人生でもないので自叙伝とまではい...
2021-03-02 17:03 エンタメ
日テレ“火サプ”打ち切りの舞台裏で高田純次外しとマウント
「日テレサイドはヒロミ(56)ありきでの制作方針を強く打ち出している。中京テレビ側は困っています」(制作会社関係者) ...
2021-03-02 17:03 エンタメ
田原俊彦“気持ちは48歳” 意気軒高のウラに努力とやせ我慢
 2月28日で還暦を迎えた田原俊彦(60)が意気軒高だ。  誕生日前日の27日にはNHKのBSプレミアムで「田原俊彦“...
2021-03-02 17:03 エンタメ
「占い」は女性誌の鉄板企画!新たな干支占いを考えたが…
【芸能記者稼業 血風録】#133  近年、占いは下火傾向にあるが、かつて女性誌の鉄板アイテムだった。朝の情報番組もしか...
2021-03-02 17:03 エンタメ
「トゥナイト」で人気の髙尾晶子さんはボートレースの顔に
【あの人は今こうしている】  髙尾晶子さん(タレント・48歳)  1990年代は深夜のセクシーバラエティー番組全盛期...
2021-03-02 10:13 エンタメ
大塚まさじさんはステージ上で「どこに泊まろう」と思案
【ロフト創業者が見たライブハウス50年】#35  ナンだかんだ言って出会ってから48年もの月日が流れた。フォークシンガ...
2021-03-01 17:03 エンタメ