平手友梨奈“素顔”のラジオ 超ハイテンション~涙の答辞まで

こじらぶ ライター
更新日:2020-03-21 06:45
投稿日:2020-03-21 06:00

涙まじりに声を震わせながらの答辞「言葉の暴力はやめて」

ラジオでは最もリラックスした素顔を欅坂46時代からみせてきた平手(C)日刊ゲンダイ
ラジオでは最もリラックスした素顔を欅坂46時代からみせてきた平手 (C)日刊ゲンダイ

 17年4月の高校入学から3年間担当してきたレギュラーのラジオ番組、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK」(※)を今月19日の放送回で高校と共に卒業した平手友梨奈(18)。

 最終回の“卒業式”では、平手を「あなためちゃくちゃ面白いよ」と称えた番組パーソナリティ、とーやま校長から卒業証書を受け取った。

 卒業生として答辞を述べる際には「大切な場所でした」「感謝の気持ちでいっぱいです」と述べた。握手会での説教や襲撃事件などもありファンと直接触れることが出来なくなった平手にとって、番組リスナーとのやりとりが本当に嬉しかったのだろう。

 続けて「みんなに約束をして欲しい」と声を詰まらせがら真剣なトーンでこう語り出した。

「言葉の暴力は本当にしないであげて欲しい」

「死にたいと思っちゃう人もいる」

 おそらく涙まじりに声を震わせた。そしてもう一度、「言葉の暴力はやめて欲しいなと思います」と訴えた。

 また「SNSの使い方を間違えないで欲しい」という旨も語った。

 どちらも自身が悪意ある報道や、言葉の暴力、ネット叩きに遭ってきたからこそ、自分以外に被害者が出て欲しくないという心の底からの叫びであり、願いだったであろう。それは筆者が平手について一貫して主張してきたことでもある(平手友梨奈・欅坂46での1617日の軌跡 #1「14歳の平手が欅坂46お見立て会で語ったアイドルとしての決意」参照)。

 最後に人生は辛いこと、苦しいことの方が多い人もたくさんいるし自分もそうだとしながら、「でもどれだけ嫌なことがあっても逃げずに闘って欲しい」と、共に闘おうというメッセージを残した。

 彼女が自身の本心をここまで熱くさらけ出せたのは、いつも素でいられたこのラジオ番組だからだったのではないか。

「さんかく窓の外側は夜」動画のハイテンションはラジオではお馴染み

 平手は、その少し前の4日に自身の公式サイトをオープンさせ、女優として活動再開を発表している。映画「さんかく窓の外側は夜」(10月30日公開予定)の公式ツイッターでは、今月5日に誕生日を迎えたW主演の1人、志尊淳(25)を祝うため、もう1人の主演岡田将生(30)と平手がバースデーソングをテンション高めに歌う動画がアップされた。他にも志尊の公式Twitterに3人仲睦まじく食事をする画像がアップされるなど、3人は自分たちを「兄妹」と呼ぶほど打ち解けている。

 しかし、平手をあまりよく知らない一般層からは「平手ちゃんってこんな笑うんだ……」「欅坂46時代の雰囲気と全然違うけど、どうしたんだ!?」といった驚きの声がSNS上に多くあがった。そして残念ながらそのことをうがった見方でとらえ、「欅坂46をやめて楽しそう」「有名俳優の前では良い顔をしている」といった報道すらあった(これこそ「言葉の暴力」にあたると筆者は思う)。

やんちゃなイタズラっ子で「悪手ガキ奈」の愛称も

 たしかに平手は歌番組でのパフォーマンス前後は極度の緊張やプレッシャーを感じやすいタイプだ。また曲の世界観に入り込んで集中しているためかあまり笑顔をみせられなかった。

 だが実際には、もともと素顔はよく笑い、やんちゃなイタズラっ子で「ksgk(クソガキ)」「悪手ガキ奈」といった愛称もある。そしていじられることもよくある。

 それが最もよくみられたのが、「SCHOOL OF LOCK」の平手担当コーナーだった。番組スタッフにもとても気を許し、等身大の高校生らしさをみせ、近景も同番組サイトの放送後記にアップされてきた。

エンタメ 新着一覧


マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ
 まさに身から出たさび。ジャニーズ事務所の“長男”として我が世の春を謳歌してきた近藤真彦(56)が絶体絶命の危機にひんし...
2020-11-25 17:03 エンタメ
“オタ”宇垣美里が独自の結婚観を熱弁 気になるお相手は?
 フリーアナウンサーの宇垣美里(29)が、自身の美容とライフスタイルについてつづった「宇垣美里のコスメ愛 BEAUTY ...
2020-11-25 17:03 エンタメ
柴咲コウに拍手 主演「35歳の少女」で“素の10歳”も見せる
【テレビ 見るべきものは!!】  柴咲コウ主演「35歳の少女」は奇抜な設定のドラマだ。25年前、事故で昏睡状態に陥った...
2020-11-25 17:03 エンタメ
桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け
 大晦日に放送される「第71回NHK紅白歌合戦」で4度目の総合司会を務める内村光良(56)とともに俄然、脚光を浴びている...
2020-11-25 17:03 エンタメ
松坂慶子の父は最後まで結婚反対し孫を見ることもなく他界
【芸能記者稼業 血風録】  両親の後押しで児童劇団に入り、女優を目指していた松坂慶子。高校卒業後、大映専属に。1980...
2020-11-25 17:03 エンタメ
村本大輔さん 大切なのは「出会い」その瞬間から僕は動く
【その日その瞬間】  2013年に「THE MANZAI」で優勝、テレビ番組などでの発言が話題のウーマンラッシュアワー...
2020-11-25 17:03 エンタメ
宮迫博之&中田敦彦が超豪華YouTube番組で人気復活か
 雨上がり決死隊の宮迫博之(50)とオリエンタルラジオの中田敦彦(38)によるYouTube番組「Win Win Wii...
2020-11-25 17:03 エンタメ
ほんこんさん「藤山寛美先生のような人情喜劇をやりたい」
【死ぬまでにやりたいこれだけのこと】  ほんこんさん(タレント・57歳)  板尾創路との漫才コンビ「130R」のツッ...
2020-11-24 17:03 エンタメ
目の前のテーブルで“出待ち”の中島みゆきさんが飲み物を
【ロフト創業者が見たライブハウス50年】#22  晩秋の空が一番美しいと言ったのは誰だったか? 1975年、秋が深まり...
2020-11-24 17:03 エンタメ
山口紗弥加“アプリでイケメン漁り”の可愛い演技がスゴイ!
 有村架純(27)主演「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系)、森七菜(19)主演「この恋あたためますか」(TBS)...
2020-11-24 17:03 エンタメ
鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由
 この数年、年末年始になると恒例のように浮上するのが、女優・鈴木京香(52)の結婚話だ。もちろん、相手はひそかに“10年...
2020-11-25 10:33 エンタメ
コロナ終息ならず…でも、稼ぎましょう、楽しみましょう!
【山田邦子 人生いろいろ】#31  コロナ、終わらないですね。全国で2000人超えなど新規の感染者数が毎日増えていて、...
2020-11-23 17:03 エンタメ
2つのドラマで注目の瀧内公美 主演映画で魅せた大胆濡れ場
 現在、放送されているドラマで彗星のように現れた――瀧内公美(31)はそんな表現がぴったりかもしれない。これまで印象に残...
2020-11-23 17:03 エンタメ
フワちゃんがサングラス着用でも…六本木で顔バレの理由
 テレビで姿を見ない日はないほどの人気者になったフワちゃん。事務所に所属することなく、ひとりでタレント業とユーチューバー...
2020-11-24 06:03 エンタメ
【前田有一 特別寄稿】ハリウッドvsトランプ 死闘の結末
 いまだトランプ氏が敗北を認めない米大統領選。支持者たちは声高に不正を叫ぶが、確たる証拠は見つからず、バイデン氏の勝利は...
2020-11-23 17:03 エンタメ
伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい
【コトブキツカサの映画処方箋】  映画「ブレス あの波の向こうへ」  ◇  ◇  ◇  今年上半期にテレビCM急上...
2020-11-23 17:03 エンタメ