イベント自粛で影響大も…凜とした花「カラー」にもらう勇気

斑目茂美 開運花師
更新日:2020-03-21 06:00
投稿日:2020-03-21 06:00

優しい医学博士直伝のコロナ対策

カラーは仏炎苞が特徴的(写真:中山朋子)
カラーは仏炎苞が特徴的 (写真:中山朋子)

 ある日、ワタクシのお店に懇意にしていただいている大学教授がフラリと立ち寄ってくださいました。

 ニコニコと人懐っこい笑顔でスーパーのビニル袋をブラブラ振り回しながら店先に立っていらっしゃる医学博士N先生は、世界的権威のある方とは到底思えない、まるで大人になった「のび太君」みたいに可愛らしいお方。

「お店の前をたまたま通っただけだよ~」だなんて言いながら、「みんなちゃんと手を洗って予防してる?」と憎たらしいコロナ野郎の弱点や予防方法を色々とさりげなく伝授するためにきてくださった、優しい教授なのでございます。

「まずはこまめに手を洗うこと。それから湿度が弱点だから加湿器で店内湿度と温度を上げて、作業台の上はこまめに消毒するといいよ。仮にウイルスがこの作業台の上に付いちゃうと3、4日滞留しちゃうから、こまめに消毒ね。もしアルコール消毒がなければ70度のお酒をスプレーすれば大丈夫。ウイルスも無くなるし、仕事しながらお酒の香りも楽しめて最高だね」 

 だなんて、これまたコロナ野郎にビビりまくりの高齢スタッフさんたちに、ユーモアを交えながら分かりやすく、ウイルスが目の前に存在するものという前提で普段生活に戻すにはウイルスとどう上手に付き合っていくかの「ウイルス防衛策」を伝授してくださったのございます。

「だけど、斑目ちゃん。今ニュースでお花が大変だっていってるけど大丈夫?」

 そうなんです。イベントキャンセルの余波はさまざまな分野に暗い影を落としておりますが、花業界も同じ話。

 アーティストライブやスポーツイベント、各種イベントの自粛・延期だけでなく、卒業式や学校行事も中止あるいは規模縮小、パーティーや結婚式などの祝賀イベントの中止による外食産業の落ち込みは、残念ながらそのまま花業界にズドンと響いておるのでございます。

 スタッフさんから「大変な苦境に立たされている生産農家さんがテレビに出ていたよ」と聞いており、どうにか花屋としてもっと何かできることはないものかと考えていた矢先の教授からのお言葉でございました。

 確かに事態はそうかもしれませんが、世の中暗いニュースばかりではございません。今週も普段通りに「お花のステキあれこれ」を承りの会話の中に盛り込んだ、実に嬉しいご注文をくださるお客様がいらっしゃいます。

 希望をもって今年も旬を迎えたお花をご紹介させていただきたいと思う所存でございます。

 ということで、今週の「笑う花には福来たる」は「変幻自在でタフな彼女!美貌の女神カラー」の解説でございます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


開運花師激推し!夏っぽ“黄色の花”で元気&やる気をチャージ
 びっくりするほど短かった梅雨が明け、猛烈に暑い日本でございます。 「日本の気温がヨーロッパではニュースになってい...
円安でも大満足!ダナン&ホイアン満喫、世界はもう動いてる
 こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます...
「忘れ物が多い」と自覚するなら“時間ギリ子”の習慣をなくす
 常日頃、忘れ物が多いと悩んでいませんか? 仕事で必要な資料を家に忘れてきたり、お店に傘を忘れてきたなんて経験がある人は...
えっ“たまたま”が落ちてる?夏の夕暮れの路地で大胆ポーズ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 7月4日~7月10日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
「40代の女子会」手抜きメークは“ご法度”!NGマナーの確認を
 気の合う女性同士が集まって、本音を言い合いながら楽しめる「女子会」ですが、大人になると、やはりそれなりのマナーが必要で...
「枕元に麻婆豆腐置いとくわね」世界一意地悪な姑LINE3選!
 大切な息子をとられた恨みがあるからなのか、世の中には嫁をいびる意地悪な姑が存在します。今回は、運悪く意地悪な姑と家族に...
自分ファーストは難しい…他人軸で生きる人のメンタル安定術
 みなさんは、“自分のため”だけにできる行動って何かありますか? 「スキルアップに繋がる」「誰かのためになるかも」とか...
“たまたま”そっくりな口元に注目!ソファの上で寝落ち寸前!!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
暑い夏!“NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やす
 ここ数日の暑さには本当にまいっちゃいます。暑いのが大の苦手で、基本毎日薄着のワタクシ。夏だからとはいえ、女である以上脱...
悲劇のヒロイン説も浮上!「疲れるネガティブ」ちゃんへのお作法
「どうせ自分なんて」「もう嫌だ」……あなたの周囲にも「他人を疲れさせる」ネガティブな人はいませんか? 悲観的な発言を聞か...
事前準備が命!子連れ引っ越しこう乗り切る 2022.6.28(火)
 ただでさえ、やることだらけでバタバタするのがお引越しですが、小さな子がいる家族は環境の変化や子どもの体調など、心配事も...
タイ→ホーチミンへ!ベトナムドン、やっぱりゼロ多すぎ問題
こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます。...
招き猫“たまたま”の「おいでおいで♪」に吸い寄せられちゃう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 6月27日~7月4日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
すいかばかと呼ばれる男<2>ハッパ64で10年に一度のすいかを
 山梨県のすいかの生産量は全国で最下位の47位。その山梨県北杜市で、ひとりこだわりのすいかを作る男がいる。寿風土(ことぶ...