イベント自粛で影響大も…凜とした花「カラー」にもらう勇気

斑目茂美 開運花師
更新日:2020-03-21 06:00
投稿日:2020-03-21 06:00

優しい医学博士直伝のコロナ対策

カラーは仏炎苞が特徴的(写真:中山朋子)
カラーは仏炎苞が特徴的 (写真:中山朋子)

 ある日、ワタクシのお店に懇意にしていただいている大学教授がフラリと立ち寄ってくださいました。

 ニコニコと人懐っこい笑顔でスーパーのビニル袋をブラブラ振り回しながら店先に立っていらっしゃる医学博士N先生は、世界的権威のある方とは到底思えない、まるで大人になった「のび太君」みたいに可愛らしいお方。

「お店の前をたまたま通っただけだよ~」だなんて言いながら、「みんなちゃんと手を洗って予防してる?」と憎たらしいコロナ野郎の弱点や予防方法を色々とさりげなく伝授するためにきてくださった、優しい教授なのでございます。

「まずはこまめに手を洗うこと。それから湿度が弱点だから加湿器で店内湿度と温度を上げて、作業台の上はこまめに消毒するといいよ。仮にウイルスがこの作業台の上に付いちゃうと3、4日滞留しちゃうから、こまめに消毒ね。もしアルコール消毒がなければ70度のお酒をスプレーすれば大丈夫。ウイルスも無くなるし、仕事しながらお酒の香りも楽しめて最高だね」 

 だなんて、これまたコロナ野郎にビビりまくりの高齢スタッフさんたちに、ユーモアを交えながら分かりやすく、ウイルスが目の前に存在するものという前提で普段生活に戻すにはウイルスとどう上手に付き合っていくかの「ウイルス防衛策」を伝授してくださったのございます。

「だけど、斑目ちゃん。今ニュースでお花が大変だっていってるけど大丈夫?」

 そうなんです。イベントキャンセルの余波はさまざまな分野に暗い影を落としておりますが、花業界も同じ話。

 アーティストライブやスポーツイベント、各種イベントの自粛・延期だけでなく、卒業式や学校行事も中止あるいは規模縮小、パーティーや結婚式などの祝賀イベントの中止による外食産業の落ち込みは、残念ながらそのまま花業界にズドンと響いておるのでございます。

 スタッフさんから「大変な苦境に立たされている生産農家さんがテレビに出ていたよ」と聞いており、どうにか花屋としてもっと何かできることはないものかと考えていた矢先の教授からのお言葉でございました。

 確かに事態はそうかもしれませんが、世の中暗いニュースばかりではございません。今週も普段通りに「お花のステキあれこれ」を承りの会話の中に盛り込んだ、実に嬉しいご注文をくださるお客様がいらっしゃいます。

 希望をもって今年も旬を迎えたお花をご紹介させていただきたいと思う所存でございます。

 ということで、今週の「笑う花には福来たる」は「変幻自在でタフな彼女!美貌の女神カラー」の解説でございます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


生田緑地ばら苑で「ベルばら」を思う 2021.5.15(土)
 生田緑地ばら苑に行ってきました。雑木林を抜けると春のバラが豪華絢爛に咲き乱れていました。まさに秘密の花園。マスク越しに...
仲良し家族のLINEあるある5選♡ 幸せを感じちゃう面白い内容
 多くの場合、仲良し家族はLINEグループを作っているそう。そんなLINEを覗いてみると、それぞれの家族の独特の世界観を...
カギは後輩にあり!あなたが良い先輩なのかを簡単に知る方法
「自分は先輩としてちゃんとやれているのか」と考えたことはありますか?私は後輩がいる時は常に気になっていたし、考えていまし...
防波堤でほっこり"にゃんたま”君の視線の先には何がある?
 きょうは、お日様で温まった防波堤のコンクリートにぺったりお腹をつけ、ほっこりのにゃんたま君。  お饅頭みたいな平...
“母の日”にもらったカーネーション鉢を長持ちさせる6つの秘訣
 毎年母の日が過ぎて1週間ほど経ったころ、花屋には電話やご来店などでご相談にやってくる方がポツポツいらっしゃいます。「花...
スーパー&コンビニでGet!ご馳走ビール3選 2021.5.11(火)
 ビールが好きです。根っからのビール党です。「ビールはお腹がいっぱいになるから苦手」という意見がわかりません(笑)。むし...
敬遠されがち…思い込みが激しい人の5つの特徴&脱け出す方法
 何気ない人の言葉や行動に傷ついたり、落ち込んだりすることってありますよね。実は、そんな人の中には、思い込みが激しい人も...
やりたいことがわからない…自分の「好き」を見つけるには?
 好きなことで生きていく……なんて言葉がもてはやされる昨今。そんなこと言われても、好きなことなんてわからないよ!という人...
5月10日~5月16日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
フェチ心をくすぐる1枚! "にゃんたま”の毛繕いにドキドキ
 きょうは、毛繕い中に失礼します。視線はにゃんたま様の見事なωに一点集中。  ポロリ(こぼれ落ちる様)やチラリズム...
次に活かせばそれで良し!心をすり減らさない“反省のルール”
 仕事でのミスや人との会話でやらかしたことって、すぐに忘れられますか? 私は何回も反芻してしまい、どんどん凹むタイプです...
「猫の誤飲」疑惑!病院に行くべき?お家でできる確認法は?
 さて、わが家のおてんば猫・虹ちゃんですが、クローゼット閉じ込め以外にも何度も事件や事故を起こしています。  うち...
満月と東京スカイツリーの話 2021.5.9(日)
 4月27日の満月は、ピンクムーン(Pink Moon)でした。  アメリカでは4月の満月を「ピンクムーン」と呼ぶ...
母の日に読み返したい!お母さんの天然すぎて可愛いLINE5選
 連絡ツールとして年代問わず多くの人が使っているLINEアプリは、家族間の連絡にも重宝しますよね。買い物の連絡など、いろ...
真似したい! ストレスフリーな人の5つの特徴&目指す方法
 あなたの周りに、どんな時でも疲れを感じさせないストレスフリーな人はいますか? ストレス社会とも言われる時代ですが、意識...
おいしい晩ごはんが待ってるにゃ♪ 家路を急ぐ“にゃんたま”
 にゃんたま君の住む町は、夕方5時になると町の放送スピーカーからドヴォルザーク作曲「新世界より」第二楽章(邦題は「家路」...