生活保護者の柩に添えられた友人からの別れの花は「心の花」

斑目茂美 開運花師
更新日:2020-02-15 06:00
投稿日:2020-02-15 06:00
 たとえお花を特別意識していない方であっても、長い人生の中で「心に残る花」と出会う場面にいつか遭遇するかもしれません。そんなお花に出逢ってしまうと、ふとしたきっかけで思い出す「心の花」がどれだけアナタを慰め癒してくれるのか……。
 今回の「笑う花には福来たる」は、そんな花に出逢ってしまった人たちの「サヨナラの花は心の花」のお話でございます。

ある生活保護者のお別れ

忘れられない花の思い出
忘れられない花の思い出

「あの小菊は忘れられないわ」

 接客をしていたスタッフさんが、ご注文の仏花を作りながら、彼女のご近所の方が亡くなった話をしていた時の会話でございます。スタッフさんといっても、ワタクシが母の様に慕う方。我が花屋の初代社長の奥方ミッちゃんございます。

 お客様がお帰りになった後、「どうしたの?」と尋ねると、ミッちゃんは「それがさぁ……」と目を潤ませながら、彼女の心に焼き付いた「あの日」の出来事を語り始めたのでございます。

 ある日、ミッちゃんが「Aちゃん」と呼ぶ近所のご年配の方が、長い闘病生活の果てにいよいよ亡くなったとの回覧板が回ってまいりました。

 ミッちゃんが住む場所はいまだ古いしきたりが残っており、いわゆる「組内」の者が亡くなると「隣り組」主導の近所中で盛大なお葬式を行うお土地柄。

 それなのに回覧板にお葬式の日取りについての記載はなく、不思議に思ったミッちゃんは「Aちゃん」が住んでいた貸家の大家さんにお葬式の日取りを尋ねると、「できないんだよ……」とポツリ。

「なんで?」と聞いたら、「だってAちゃんは生活保護者だからね」と思ってもいなかった答えが返ってきたのでございます。

「生活保護者はお葬式を上げちゃいけないの?」とびっくりして聞くと、

「そうだよ。だから最期のお別れは斎場でするの。私は大家だし民生委員だから立ち会うけど、ミッちゃんも行く?」

 このAちゃんご一家は、ご近所の誰しも気にかかるご一家だったそうで、Aちゃんは息子さんとの二人暮らし。

 Aちゃんの親の残した莫大な遺産を、心の病で理性の効かなくなった息子さんが全てギャンブルで使い果し、借金で家も売り払って、面倒をみていた民生委員さんが持っている貸家を提供。働けない息子さんを抱えた高齢のAちゃん一家は、生活保護を受けることになってしまったようでございます。

 そしていよいよ彼女の持病が重くなり、病院を転々とした揚げ句、亡くなったのでございます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 義母とお嫁さんの関係になると、いつの時代も、トラブルはつきものなのかもしれません。しかし問題が起き、完全に義母側に非が...
FILM
 きょうは、瀬戸のにゃんたま三兄弟ωωω。  小さな猫の島で、こんなにも華やかで雅な光景が見れるとは!  長...
FILM
 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が、結婚後に女...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。日常的に知らず知らずにやってしまう人間観察。そんな中で育ちがよさそう!と思わ...
FILM
 毎日溜まっていく汚れたお皿や洋服、ほこり……。特に、フルタイムで働いている女性にとって家事をする時間はできるだけ短縮し...
FILM
 緊急事態宣言が解除されて早くも1カ月。まだまだ街に賑わいが戻ったとは言いがたく、慎重な生活が求められている今日この頃で...
FILM
 にゃんたまωにひたすらロックオン!  きょうも出逢ったイケてる猫に声をかけて、にゃんたまストリートスナップ撮影。...
FILM
 遥か昔、ワタクシが幼少の頃。学校の帰り道にあった大きな造園会社の塀に絡まって咲いていた、何とも摩訶不思議なお花がござい...
FILM
 バセドウ病によって甲状腺の全摘手術に至ってから、まもなく1年になろうとしています。  術後の経過は順調で、今は体力や...
FILM
 ニャンタマニアのみなさま、お待たせしました。  きょうは久しぶりに、「接写したくなるにゃんたまω」です。 ...
FILM
 ご飯作りは、毎日の生活の中で切り離せない大事な家事のひとつ。しかし、仕事で疲れていたり、献立を考えるのが面倒だったり、...
FILM
 コロナ期、私たちはSNSを利用して、リアルで減ってしまったコミュニケーションを埋めました。人と会えない期間によって、よ...
FILM
 土鍋を置いておくと、猫がまあるくなって中に入る「ネコ鍋」現象がありますが、透明ボウルを置いてみたら、やはり!入りました...
FILM
 ある日の昼下がり。  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんに、この日も悩める子羊がお花を買いにやってまいりました。...
FILM
 寛解に向かっていたバセドウ病が再燃してからは、ひとことで言うと「地獄」。何をしても良くならない症状が、日を追うごとにひ...
FILM
 世界で一番多くのにゃんたまωを撮影する、猫フェチカメラマン・芳澤です。  「いいえ、我こそがにゃんたま撮影数世界...