生活保護者の柩に添えられた友人からの別れの花は「心の花」

斑目茂美 開運花師
更新日:2020-02-15 06:00
投稿日:2020-02-15 06:00
 たとえお花を特別意識していない方であっても、長い人生の中で「心に残る花」と出会う場面にいつか遭遇するかもしれません。そんなお花に出逢ってしまうと、ふとしたきっかけで思い出す「心の花」がどれだけアナタを慰め癒してくれるのか……。
 今回の「笑う花には福来たる」は、そんな花に出逢ってしまった人たちの「サヨナラの花は心の花」のお話でございます。

ある生活保護者のお別れ

忘れられない花の思い出
忘れられない花の思い出

「あの小菊は忘れられないわ」

 接客をしていたスタッフさんが、ご注文の仏花を作りながら、彼女のご近所の方が亡くなった話をしていた時の会話でございます。スタッフさんといっても、ワタクシが母の様に慕う方。我が花屋の初代社長の奥方ミッちゃんございます。

 お客様がお帰りになった後、「どうしたの?」と尋ねると、ミッちゃんは「それがさぁ……」と目を潤ませながら、彼女の心に焼き付いた「あの日」の出来事を語り始めたのでございます。

 ある日、ミッちゃんが「Aちゃん」と呼ぶ近所のご年配の方が、長い闘病生活の果てにいよいよ亡くなったとの回覧板が回ってまいりました。

 ミッちゃんが住む場所はいまだ古いしきたりが残っており、いわゆる「組内」の者が亡くなると「隣り組」主導の近所中で盛大なお葬式を行うお土地柄。

 それなのに回覧板にお葬式の日取りについての記載はなく、不思議に思ったミッちゃんは「Aちゃん」が住んでいた貸家の大家さんにお葬式の日取りを尋ねると、「できないんだよ……」とポツリ。

「なんで?」と聞いたら、「だってAちゃんは生活保護者だからね」と思ってもいなかった答えが返ってきたのでございます。

「生活保護者はお葬式を上げちゃいけないの?」とびっくりして聞くと、

「そうだよ。だから最期のお別れは斎場でするの。私は大家だし民生委員だから立ち会うけど、ミッちゃんも行く?」

 このAちゃんご一家は、ご近所の誰しも気にかかるご一家だったそうで、Aちゃんは息子さんとの二人暮らし。

 Aちゃんの親の残した莫大な遺産を、心の病で理性の効かなくなった息子さんが全てギャンブルで使い果し、借金で家も売り払って、面倒をみていた民生委員さんが持っている貸家を提供。働けない息子さんを抱えた高齢のAちゃん一家は、生活保護を受けることになってしまったようでございます。

 そしていよいよ彼女の持病が重くなり、病院を転々とした揚げ句、亡くなったのでございます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 突然ですがみなさん、「フェムテック-Femtech-」って聞いたことがありますか? フェムテックとは、女性の悩みをテク...
FILM
 みなさんは、マッチングサイトの「ハッピーメール」をご存知ですか? きっと、「見たり聞いたりしたことはある」「ネットで出...
FILM
 潜在的な患者も含めるとおよそ30〜60人にひとりの女性がかかると言われている甲状腺疾患。バセドウ病は、甲状腺機能が亢進...
FILM
 女性ウケと男性ウケが違うのはわかるんですが、男性からモテたいと思ったとき、避けては通れない要素、それは「色気」。はぁ…...
FILM
 新学期、転校生と校門で目が合って、声を掛けようとしたらサッと行ってしまった…….  きょうは、そんなことを思い出...
FILM
 A氏からのメールには、写真の仕上がりを見せたいから事務所に来てほしい、と書いてありました。「新しい優紀が誕生したよ。俺...
FILM
 あなたは、“媚び”を上手に使っていますか?「媚びを売る」というと、異性の前でぶりっこをしたり、色目を使ったりと何かとマ...
FILM
 およそ1ヶ月の「自粛」があったからこそ今の感染者数で収まっているのか、あるいは、実は殆ど意味なんて無かったのか……。個...
FILM
 一昔前までは、女性は結婚したら家庭を守るのが当たり前でしたが、今では結婚後も仕事を続ける女性がほとんど。兼業主婦として...
FILM
 米アカデミー賞4冠に輝いた韓国映画「パラサイト 半地下の家族」は、半地下に住む家族が金持ちに“パラサイト”していくスト...
FILM
 きょうは、仲良しωωにゃんたま兄弟です。  真っ黒なあんこ玉君と、白黒のタオ君、  ふたりはずっとくっつき...
FILM
 Gをセクハラパワハラで訴えるか否か。現在、弁護士たちと協議を重ねているところです。つくづく、訴訟を起こすには多大な時間...
FILM
 日々の生活の中で、気づけばイライラしてしまっている人も多いのではないでしょうか。できることなら、小さなことで心を乱され...
FILM
 潜在的な患者も含めるとおよそ30〜60人にひとりの女性がかかると言われている甲状腺疾患。バセドウ病は、甲状腺機能が亢進...
FILM
 周りが新しいことにチャレンジし始めたり、環境が変わって進んでいると「本当に自分がこのままでいいのか」と、モヤモヤするこ...
FILM
 富士山の麓、朝霧高原を闊歩する「ふじお」。一見、強面のルックスですが、裏腹に女性にはめっぽう弱いのです。  富士...