“女の勘”はある! 嘘を見抜ける理由&疑う前にできること

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-04-08 06:00
投稿日:2020-04-08 06:00
「女の勘はするどい」と、聞いたことがある方は多いでしょう。男性からしてみると厄介な“女の勘”ですが、実は不思議と当たってしまう根拠があったのです。そこで、“女の勘”が当たる理由や、その“勘”が働いた時、疑う前にできることをご紹介していきます。

“女の勘”はある! 納得の3つの理由

女性の勘がするどいと言われる理由は…(写真:iStock)
女性の勘がするどいと言われる理由は… (写真:iStock)

「いつもと違う彼の様子にピンと来て問い詰めたら、彼の浮気が発覚した」というケース、意外とたくさんありますよね。この「ピンと来させる」のが、今回のテーマである“女の勘”です。

 まずは、女性の勘がするどい3つの理由をチェックしていきましょう。

1. 脳の仕組みが“勘”を働かせるから

 人間の脳には、左脳と右脳があります。左脳は言語や計算など、論理的思考を司る働きがあり、対して右脳は記憶、想像力、直感力などを司る働きがあると言われています。

 脳の中には、この左脳と右脳を結びつける「脳梁」という部分がありますが、女性はこの脳梁の数が男性よりも多く、一説によると男性の1.5倍も細胞が密集しているそう。

 つまり、右脳で感じたことをスムーズに左脳に伝えて判断を行うため、男性のちょっとした変化などを見て瞬時に「怪しい!」と感じることができるのです。

2. 子育てをする使命があるから

 大昔から、女性には「子育てを行う」という使命があります。子育てをする上で大切なのが、言葉を話すことができない赤ちゃんの表情や泣き方を見て、「今、何を訴えているのか」を判断すること。いち早く様子の変化に気づくことで、命の危険を察知することもできますから。

 この「気持ちを読み取る」というスキルは、男性よりも女性の方が優れていると言います。ただ、現代では、育児に協力的な男性も勘がするどい傾向にあるのだとか。「勘」というのは、環境に順応した結果によって生まれるものなのかもしれませんね。

3. 自分を守るための本能

 昔は社会的にも、「男性は強く、女性は弱いもの」という考えが一般的でした。さらに、立場だけではなく、女性は男性よりも体格が小さく、力も弱いことがほとんど。そのため、女性は自分で自分を守る「自己防衛の本能」が研ぎ澄まされてきたと言います。

 たとえば、その本能の1つが「マルチタスクをこなせること」。左脳と右脳の間の情報交換がスムーズなため、1つのことに一点集中する男性に対して、女性は同時にいくつかのことをこなすことができる傾向にあるそうです。

 先にご紹介した脳梁の数に関係してきますが、情報処理能力に長けているため、勘がするどいのでしょう。

恋愛で“女の勘”が働いたら? 彼を疑う前にできること

ただ疑心暗鬼になっているだけ?(写真:iStock)
ただ疑心暗鬼になっているだけ? (写真:iStock)

「この道を通らない方が良い気がする」「この子、結婚しそう」など、“女の勘”は、さまざまなシーンで自然と働くものです。でも、もっとも注目されるのが、恋愛での“女の勘”。もしも、彼を「怪しい」と感じた時には、どうすれば良いのでしょうか?

怪しいと思った理由を突き詰める

 恋愛で“女の勘”が働く時、その多くが「彼の嘘」に対してでしょう。でも、その自分の“女の勘”を信じて、いきなり彼を疑ってかかるのは危険!

 根拠もないのに「怪しい」と疑われてしまったら、実は“シロ”だった時、あなたに対しての不満や、不信感が生まれることは避けられません。まずは、怪しいと思った理由を突き詰めて考えてみましょう。いつ、どこで、なぜ、そう思ったのかを書き出してみたりと、冷静な視点で検証することが必要です。

自分自身が心配しているだけではないのかを考える

 “女の勘”が働き、言いようのない不安感を覚えた時、自分自身がただ疑心暗鬼になって心配しているだけではないのかを考えてみることも大切です。

 誰だって、嘘をつかれるのは嫌なもの。しかし、彼を疑ってしまうタイプの女性は、過去に浮気などをされてトラウマを抱えていたり、彼に依存していたりなど、感情の振り幅が大きく、過度に不安に陥ってしまう傾向にあります。

 しっかりした証拠でもない限りは、問い詰める前に自分自身の心と向き合ってみましょう。

浮気をしていない男性の3つの特徴

どんどん不安が募るけど(写真:iStock)
どんどん不安が募るけど (写真:iStock)

 恋愛をする上で、浮気を心配し続けるのは辛いものです。もしもあなたの“女の勘”が、彼の「浮気」に対してピンと働いたら、以下の3つの特徴をチェックしてみてください。きっと、安心できることもあると思います。

1. 外見に無頓着

 男性に限ったことではありませんが、浮気をすると、人は外見に少なからずこだわりを見せるようになります。見慣れない服が増えたり、髪型をやけに気にするなど、いつもと違うことをし始めたら注意が必要かも。

 しかし、外見に対して彼が相変わらず無頓着な様子を見せているのであれば、浮気を疑うのは早計です。しかし、もともとおしゃれ好きな男性であることもありますし、あなたの前でだけそういったフリをしている可能性もあるため、“女の勘”は引き続きスタンバイさせておきましょう。

2. 何を聞いても答えてくれる

 たとえば、スケジュールなど何を聞いてもすぐに答えてくれるのであれば、彼は潔白である可能性が高いと思われます。

 あれこれ聞かれることを嫌う男性は多いですが、特に浮気をしている事実に触れると男性は饒舌になるか、機嫌が悪くなるか、もしくは焦って挙動不審になるか、など、とにかく不審な行動になりがち。

 やましいことがなければ、きっと目を見てきちんと話してくれるはずです。ただ、あなたの誕生日など、特別な日のサプライズを用意したりする時には、話をはぐらかされる場合もあるため、日付に注目してみるのも良いかもしれません。

3. いつでも連絡が取れる

 いつでも連絡が取れる彼であれば、浮気なんて疑う余地もないでしょう。ただ、浮気を疑う時、女性はほんの些細なことで不安になってしまいます。

「昨日は連絡がなかった」「夜に連絡がつながらないなんて何してるんだろう」など、ちょっとしたほころびが“女の勘”を呼び覚ますのです。

 不安になったら、あれこれ考えずに連絡をしてみては? 意外とあっけらかんと電話に出て対応してくれる彼の姿を見て、女の勘はひゅっと身を潜めるかもしれません。

“女の勘”よりも目の前の相手を見つめよう

 “女の勘”の根拠を見て、「やっぱりね!」と言いたくなった方も多いでしょう。でも、女の勘が働く時、そのほとんどが自分にとってあまり嬉しくない結果になるのも事実。

 時に男性は、「疑うなんて、信用していない証拠!」と怒ったりもします。でも、「疑いたくなるような行動をするな!」と言いたいのが女性。

 でも、個人的には、世の中には“女の勘”を働かせすぎない方が良いこともある、とも思うのです。もしも、“女の勘”で心がざわついたら、そんな時こそ目の前の相手を見つめて、自分の納得できる方法で愛情を確認してくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ