“女の勘”はある! 嘘を見抜ける理由&疑う前にできること

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-04-08 06:00
投稿日:2020-04-08 06:00
「女の勘はするどい」と、聞いたことがある方は多いでしょう。男性からしてみると厄介な“女の勘”ですが、実は不思議と当たってしまう根拠があったのです。そこで、“女の勘”が当たる理由や、その“勘”が働いた時、疑う前にできることをご紹介していきます。

“女の勘”はある! 納得の3つの理由

女性の勘がするどいと言われる理由は…(写真:iStock)
女性の勘がするどいと言われる理由は… (写真:iStock)

「いつもと違う彼の様子にピンと来て問い詰めたら、彼の浮気が発覚した」というケース、意外とたくさんありますよね。この「ピンと来させる」のが、今回のテーマである“女の勘”です。

 まずは、女性の勘がするどい3つの理由をチェックしていきましょう。

1. 脳の仕組みが“勘”を働かせるから

 人間の脳には、左脳と右脳があります。左脳は言語や計算など、論理的思考を司る働きがあり、対して右脳は記憶、想像力、直感力などを司る働きがあると言われています。

 脳の中には、この左脳と右脳を結びつける「脳梁」という部分がありますが、女性はこの脳梁の数が男性よりも多く、一説によると男性の1.5倍も細胞が密集しているそう。

 つまり、右脳で感じたことをスムーズに左脳に伝えて判断を行うため、男性のちょっとした変化などを見て瞬時に「怪しい!」と感じることができるのです。

2. 子育てをする使命があるから

 大昔から、女性には「子育てを行う」という使命があります。子育てをする上で大切なのが、言葉を話すことができない赤ちゃんの表情や泣き方を見て、「今、何を訴えているのか」を判断すること。いち早く様子の変化に気づくことで、命の危険を察知することもできますから。

 この「気持ちを読み取る」というスキルは、男性よりも女性の方が優れていると言います。ただ、現代では、育児に協力的な男性も勘がするどい傾向にあるのだとか。「勘」というのは、環境に順応した結果によって生まれるものなのかもしれませんね。

3. 自分を守るための本能

 昔は社会的にも、「男性は強く、女性は弱いもの」という考えが一般的でした。さらに、立場だけではなく、女性は男性よりも体格が小さく、力も弱いことがほとんど。そのため、女性は自分で自分を守る「自己防衛の本能」が研ぎ澄まされてきたと言います。

 たとえば、その本能の1つが「マルチタスクをこなせること」。左脳と右脳の間の情報交換がスムーズなため、1つのことに一点集中する男性に対して、女性は同時にいくつかのことをこなすことができる傾向にあるそうです。

 先にご紹介した脳梁の数に関係してきますが、情報処理能力に長けているため、勘がするどいのでしょう。

恋愛で“女の勘”が働いたら? 彼を疑う前にできること

ただ疑心暗鬼になっているだけ?(写真:iStock)
ただ疑心暗鬼になっているだけ? (写真:iStock)

「この道を通らない方が良い気がする」「この子、結婚しそう」など、“女の勘”は、さまざまなシーンで自然と働くものです。でも、もっとも注目されるのが、恋愛での“女の勘”。もしも、彼を「怪しい」と感じた時には、どうすれば良いのでしょうか?

怪しいと思った理由を突き詰める

 恋愛で“女の勘”が働く時、その多くが「彼の嘘」に対してでしょう。でも、その自分の“女の勘”を信じて、いきなり彼を疑ってかかるのは危険!

 根拠もないのに「怪しい」と疑われてしまったら、実は“シロ”だった時、あなたに対しての不満や、不信感が生まれることは避けられません。まずは、怪しいと思った理由を突き詰めて考えてみましょう。いつ、どこで、なぜ、そう思ったのかを書き出してみたりと、冷静な視点で検証することが必要です。

自分自身が心配しているだけではないのかを考える

 “女の勘”が働き、言いようのない不安感を覚えた時、自分自身がただ疑心暗鬼になって心配しているだけではないのかを考えてみることも大切です。

 誰だって、嘘をつかれるのは嫌なもの。しかし、彼を疑ってしまうタイプの女性は、過去に浮気などをされてトラウマを抱えていたり、彼に依存していたりなど、感情の振り幅が大きく、過度に不安に陥ってしまう傾向にあります。

 しっかりした証拠でもない限りは、問い詰める前に自分自身の心と向き合ってみましょう。

浮気をしていない男性の3つの特徴

どんどん不安が募るけど(写真:iStock)
どんどん不安が募るけど (写真:iStock)

 恋愛をする上で、浮気を心配し続けるのは辛いものです。もしもあなたの“女の勘”が、彼の「浮気」に対してピンと働いたら、以下の3つの特徴をチェックしてみてください。きっと、安心できることもあると思います。

1. 外見に無頓着

 男性に限ったことではありませんが、浮気をすると、人は外見に少なからずこだわりを見せるようになります。見慣れない服が増えたり、髪型をやけに気にするなど、いつもと違うことをし始めたら注意が必要かも。

 しかし、外見に対して彼が相変わらず無頓着な様子を見せているのであれば、浮気を疑うのは早計です。しかし、もともとおしゃれ好きな男性であることもありますし、あなたの前でだけそういったフリをしている可能性もあるため、“女の勘”は引き続きスタンバイさせておきましょう。

2. 何を聞いても答えてくれる

 たとえば、スケジュールなど何を聞いてもすぐに答えてくれるのであれば、彼は潔白である可能性が高いと思われます。

 あれこれ聞かれることを嫌う男性は多いですが、特に浮気をしている事実に触れると男性は饒舌になるか、機嫌が悪くなるか、もしくは焦って挙動不審になるか、など、とにかく不審な行動になりがち。

 やましいことがなければ、きっと目を見てきちんと話してくれるはずです。ただ、あなたの誕生日など、特別な日のサプライズを用意したりする時には、話をはぐらかされる場合もあるため、日付に注目してみるのも良いかもしれません。

3. いつでも連絡が取れる

 いつでも連絡が取れる彼であれば、浮気なんて疑う余地もないでしょう。ただ、浮気を疑う時、女性はほんの些細なことで不安になってしまいます。

「昨日は連絡がなかった」「夜に連絡がつながらないなんて何してるんだろう」など、ちょっとしたほころびが“女の勘”を呼び覚ますのです。

 不安になったら、あれこれ考えずに連絡をしてみては? 意外とあっけらかんと電話に出て対応してくれる彼の姿を見て、女の勘はひゅっと身を潜めるかもしれません。

“女の勘”よりも目の前の相手を見つめよう

 “女の勘”の根拠を見て、「やっぱりね!」と言いたくなった方も多いでしょう。でも、女の勘が働く時、そのほとんどが自分にとってあまり嬉しくない結果になるのも事実。

 時に男性は、「疑うなんて、信用していない証拠!」と怒ったりもします。でも、「疑いたくなるような行動をするな!」と言いたいのが女性。

 でも、個人的には、世の中には“女の勘”を働かせすぎない方が良いこともある、とも思うのです。もしも、“女の勘”で心がざわついたら、そんな時こそ目の前の相手を見つめて、自分の納得できる方法で愛情を確認してくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“女子アナ”上等!結婚願望が叶わないトホホ女性の共通点とは
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)...
内埜さくら 2021-03-09 06:15 ラブ
男性にモテる癒し系女性になりたい♡ 性格&外見9つの特徴
 男性は、付き合う女性に癒しを求めているもの。そのため、一緒にいて安心できるふんわりした印象の「癒し系女性」は、いつの時...
恋バナ調査隊 2021-03-09 06:04 ラブ
不安が尽きない彼…別れるべき?安心をくれる人との違いとは
 パートナーによって人生って変わりますよね。相性の良いパートナーを得て以前よりも幸せそうになった人、パートナーとうまくい...
七味さや 2021-03-08 12:34 ラブ
誠実な男性の5つの見分け方♡ 選ばれる女性になる準備とは?
 多くの女性が、理想の男性に求める条件として挙げるのが「誠実さ」でしょう。だって、誠実に向き合ってくれる男性となら、「幸...
恋バナ調査隊 2021-03-08 06:00 ラブ
あざとい女性がモテるのはなぜ?理由&真似したい5つの特徴
 “あざとい女性”というと、「計算高そう」というイメージが強いですよね。少し前まで、そんなあざとい女性は、同性からだけで...
恋バナ調査隊 2021-03-07 06:00 ラブ
男が依存してしまう…離れられなくなる女性の“絶対法則”4選
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。世界人口74億人。パートナーとの出会いはすごいご縁です。できれば仲良くやって...
山崎世美子 2021-03-06 06:00 ラブ
夫婦に言葉は必要?妻のダメ出しが理解できずレスに苦しむ夫
「冷酷と激情のあいだvol.33〜女性編〜」では、心のこもっていない言葉を交わす夫にうんざりしている妻・Fさんの疲弊をご...
並木まき 2021-03-06 05:04 ラブ
ロボットといるみたい…薄っぺらい夫の言葉に疲弊する女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-03-06 05:06 ラブ
他人を不快にする“非モテ行為5選”!自分の格まで下げないで
 緊急事態宣言の解除の日が待ち遠しい昨今。桜の開花とともに、かつてのようなリアル対面での交流が増えてくるかもしれません。...
蒼井凜花 2021-03-05 06:00 ラブ
よい出会いのために…超スローマッチンング時代にできること
 2度目の緊急事態宣で出会いや恋愛の機会を奪われた人が大勢います。長引くコロナ禍により、男女のマッチングにかなりのスロー...
内藤みか 2021-03-04 06:00 ラブ
付き合う前に見極めて! 嘘つき男性の特徴&見破るポイント
 どんなにタイプの男性でも、嘘つきと分かれば気持ちは冷めてしまうもの。付き合ってから、信用できない相手だと知るのは辛いで...
恋バナ調査隊 2021-03-04 06:00 ラブ
そんなに頑張らなくてもOK!男性の気を引く簡単な方法って?
 皆さんは「カレを落としたい!」と思った時、どんな行動を取りますか? 美容にお金をかけたり、ボディラインがきれいに見える...
若林杏樹 2021-03-03 06:00 ラブ
成婚数No.1仲人姉さんが告白!大人婚できる人は質問でわかる
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)...
内埜さくら 2021-03-09 10:40 ラブ
思わずゾワ〜ッ…勘違い男性からの“背筋が寒くなるLINE”6選
 LINEに届く内容の中でも、特に困るのが男性からのちょっと痛いLINEです。相手を傷つけたり、面倒なことになったりしな...
結婚相手の選び方♡重視するポイント&男性が求めている条件
結婚は、女性にとって人生を大きく変える最大のイベントです。そのため、結婚願望はあっても「本当にこの人でいいのか……」と、...
恋バナ調査隊 2021-03-02 06:21 ラブ
離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ