外国では急増…外出自粛中にパートナーのDVから身を守る方法

内藤みか 作家
更新日:2020-04-09 06:00
投稿日:2020-04-09 06:00
 家にいる時間が長いと、同居のパートナーと顔を突き合わせる時間も増えます。相手とラブラブならばむしろ幸せに感じるかもしれませんが、あまり相性が良くないカップルの場合、DVが始まる可能性を含んでいます。すでに外国では被害が急増しています。

フランスで被害3割増

DV被害が増えている国も(写真:iStock)
DV被害が増えている国も (写真:iStock)

 外出禁止令下のフランスでは、DVの通報が普段の3割以上増加したという報告もされています。加害者であるパートナーと24時間顔を突き合わせていると、暴力を振るわれる確率も上がるし、気が休まる暇もありません。さらに今まで電話相談ができたのに、パートナーがそばにいるのでそれができないという事態も想定されています。

 フランスでは、対策として、24時間対応のチャット相談システムやメール相談システムを告知しています。イギリスでも被害が報告されており、外出自粛状況下で配偶者からの暴力から身を守る方法が、世界中で模索されています。

日本では相談窓口閉鎖も

相談手段の整備を(写真:iStock)
相談手段の整備を (写真:iStock)

 日本でも3月30日に特定非営利活動法人「全国女性シェルターネット」が要望書を提出しました。そこには、今後困難が予想されるDV被害者への支援、それからシェルターなどに身を潜めているため住所を明かすことができない被害女性へも給付金が届けられることなどが提案されていました。

 コロナウイルス拡大防止のため、相談窓口が時間短縮されたり閉鎖される可能性も出てきています。

 日本ではDVのメール相談は見かけても、チャット相談への対応は十分ではない様子。通常行われている面談での相談は感染のリスクに加え「どこに行くんだ」ととがめられるため、なかなか出て行きづらいのです。

 パートナーに知られず、声を出すことなく相談できる手段の整備が急がれます。

逃げ場のない女性を襲う暴力

逃げ場がない・・・(写真:iStock)
逃げ場がない・・・ (写真:iStock)

 DVのきっかけの大きなひとつに仕事上のストレスがあります。

 なので、外出規制で出勤が減り給与がダウンした、勤務している店が閉鎖となり仕事がない、というように仕事のストレスが想定外にかかった場合、その鬱憤を目の前にいる配偶者にぶつけてしまう人がいるかもしれません。

 ストレスのはけ口として人を痛めつけるということは、もちろんあってはならないこと。

 けれど、カッとなると手が出てしまう、というタイプの人は、残念ながら存在します。

 いつキレるかわからない相手と24時間一緒にいる恐怖は相当なもの。外出禁止令が出ている場合、逃げることすらままならないでしょう。密室でのDVを減らすために、どのような方法が考えられるでしょうか。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


職場や取引先で「パワハラ交際」を強要される女性たちの葛藤
 職場の上司や取引先の人に気に入られたら、どうしますか? 仕事上メリットがあるかもしれないと思うし、仕事関係の人に無下な...
なぜ“にゃんたま”を撮り続ける?カメラマンの気持ちいい瞬間
 私はなぜ、にゃんたまωを撮り続けるのか?  きっと、にゃんたまを撮影している時が一番「集中力」が高まるから。 ...
6月21日~6月27日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ママ友より平和!猫のおかあさんになって変わった交友関係
 猫が来てから、人がうちに遊びに来るようになりました(引っ越して我が家が最寄り駅から近くなったことも理由かもしれませんが...
父の日に読みたい♪ お父さんの不器用でも愛を感じるLINE5選
 家では威厳のある態度を見せているのに、LINEでは、なんだか可愛く見えてしまうお父さんたち。なぜか、どのお父さんのLI...
隠す必要なし! 自分の弱さを正直に吐き出す大きなメリット
 あなたは他人からどう思われたいですか? もしかしたら、現実の自分より良く見せたいと思っている人もいるかもしれません。で...
戦士のつかの間の休息…ワイルド“にゃんたま”をこっそり激写
 この島で暮らすにゃんたま君たちはみんな戦士。強くなればなるほど縄張りエリアは拡大し、パトロールにも体力を要します。 ...
運命変わる土用の丑の日に…金運UPの花「アナベル」の育て方
「今日は何を買おうかな~」  猫店長「さぶ」率いる我が花屋、仕入れるお花の選定のため、最寄りの花市場にワタクシほぼ...
鎌倉大仏に手を合わせる 2021.6.16(水)
 長らくご無沙汰していた鎌倉大仏にご挨拶に行ってきました! お天気にも恵まれて、大仏様を拝んでいるとパワーをもらった気が...
“推し活=オタク”なんて古い! 推しの種類&得られるメリット
 実は今、年代問わず“推し活”をする人が増えてきています。推し活というと「暗い」「オタク」といったネガティブなイメージを...
6月14日~6月20日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
うらめしポーズでごめんにゃさい…ツボ刺激中の“にゃんたま”
 きょうは、電池切れ……? うらめしポーズのにゃんたまω君に出逢いました。  こんなにゃんたま君が道に落ちていたら...
相模原北公園で雨上がりの紫陽花を愛でる 2021.6.14(月)
 雨は大嫌いだけど紫陽花は好きです。とある日曜日に、紫陽花見物としゃれこんでみました。
のめり込んでない? 占いや風水との“上手な付き合い方”って
 例えば好きな人と別れてしまったり、仕事がうまくいかない日が続いた時、自分の運気を調べた経験はありませんか? 私はけっこ...
猫飼いたいけどお金が心配…固定費用は?ペット保険は必要?
「猫を飼うのにどのくらいお金がかかるの?」とたまに聞かれますので、改めてまとめてみようと思います(野良猫譲渡時のお迎え費...
あなただけのコーヒー豆をみつけよう 2021.6.11(金)
 KALDIといえば、コーヒーと輸入食品のお店。店頭に美しく並ぶコーヒー豆のディスプレイを眺めつつも、今まで買ったことが...