マウンティング女子8つの特徴&対処方法! あなたは大丈夫?

コクハク編集部
更新日:2020-05-03 06:00
投稿日:2020-05-03 06:00
 自分よりも幸せそうな人を見ると、羨ましくなってしまう女性は多いでしょう。しかし、「私も、幸せになりたい」と思うのであればまだしも、中には「私よりも幸せなんて許せない!」と思うマウンティング女子もいます。そんな女性は、行動や発言から人間関係で苦労することも。ここでは、マウンティング女子の特徴や対処方法についてご紹介します。

あなたは当てはまってない?マウンティング女子の8つの特徴

なんでそんなに上から目線なの?(写真:iStock)
なんでそんなに上から目線なの? (写真:iStock)

 あなたの周りに、マウンティング女子はいますか?「あの子、マウンティングがすごい」なんて思っているあなたも、知らず知らずのうちにマウンティング行動をしているかもしれませんよ。そんなマウンティング女子の特徴を見ていきましょう。

1. ぶりっこで男性からモテる

 マウンティング女子は、男性の前に出ると、ぶりっこでかわいいアピールをする女性が多いです。男性と女性の前で態度が変わるため、女性からは敬遠されるタイプではありますが、男性からはモテる人が多いのが特徴でしょう。

2. 周りを下に見ている

 言葉や行動には、無意識にその人の思考が出てしまうもの。マウンティング女子は、周りを下に見ているような言動が多いのが特徴的です。そのため、相手が「自分よりも上」と感じた時には、どうにかして自分の方が上であるということを主張しようとします。

3. 価値観を押し付ける

 人の価値観というのは、それぞれ異なります。しかし、マウンティング女子は自分の価値観が正しいと思い込んでいます。そのため、自分と違った価値観を持っている人に出会うと、「そんな考え方もあるんだ」と思うことができず、自分の考えを押し付けようとする傾向にあります。

4. 話の中心にいたい

 女性同士が集まると、ついつい会話に花が咲いてしまうもの。そんな時、常に会話の中心にいようとするのが、マウンティング女子。基本、人の話には興味がなく、自分が会話の中心でなければ気が済みません。空気を読まないため、周りから「面倒な人」だと思われていても気がつかないのです。

5. 自虐ネタが多い

 マウンティング女子の中には、わざと自虐ネタを言って「褒められよう」とするタイプもいます。本心ではそんなこと思っていないのに、わざと自分を下げるようなことを言い、相手に「そんなことないよ」と、良い評価を言ってもらおうとします。

6. 意外と毒舌

 物事をはっきり言う人は、周りから見ると気持ちが良いもの。「よくぞ、言ってくれた!」なんて思うこともあるでしょう。しかし、マウンティング女子の毒舌は人を傷つけることが多いのも特徴的。その結果、人間関係を壊してしまう人も多いでしょう。

7. 誰にでもライバル意識を持つ

 仲の良い友達ともなれば、わざわざ競い合うことはありません。しかし、マウンティング女子は常に誰にでもライバル意識を燃やしています。職場に行けば同僚や先輩と競おうとしますし、仲の良い友達であっても仕事、恋愛など全てにおいて「勝ちたい」と考えています。

8. 美容意識が高く自信家

 男性からモテるマウンティング女子は、常に自分磨きを怠りません。そのため、美容意識も高く、常に努力をしています。そのため、自信家が多いのも特徴的。自信があるからこそ、自然とプライドが高くなってしまう女性も多いでしょう。

マウンティング女性に出会ったら? 上手な交わし方

プライベートの話はしないに限る(写真:iStock)
プライベートの話はしないに限る (写真:iStock)

 身近にマウンティング女子がいると、「どう接したら良いのか分からない」と、ストレスになってしまう人も多いでしょう。そんなマウンティング女子と接する際の、上手な交わし方をご紹介します。

その場は話を合わせ、聞き流す

 マウンティング女子は自分の意見が正しいと思っているため、自信満々に発言してくることが多いです。しかし、聞いている方からすると、時には「間違っている」と思うこともあるでしょう。

 でも、間違っていることを指摘するのはNG。マウンティング女子は、自分の価値観が認められるまで意見をぶつけてくるため、トラブルになることもあるからです。もしも、おかしなことや間違ったことを言っていても、上手に聞き流しましょう。

距離をおいて付き合う

 人と上手に付き合うためには、距離感を持つことも大切です。特に、「苦手だな」と思っている相手とは、距離を置いて付き合うことが欠かせません。

 マウンティング女子との付き合いも、「どう考えているのだろうか?」と深く追求せずに、一定距離を保った付き合いをしましょう。

プライベートの話はしない

 マウンティング女子は、何に対しても競う姿勢を示してきます。たとえば、買い物したもの、彼氏や家族の話などまでマウンティングしようとしてくるため、嫌な思いをする可能性が高くなります。そのため、距離感が縮まった相手であっても、あなたのプライベートの話はしないことが大切です。

あなたもマウンティング女子にならないように注意しよう!

あなたは大丈夫?(写真:iStock)
あなたは大丈夫? (写真:iStock)

 マウンティング女子は、同性からすると厄介な存在。「なぜ、そんなに競い合おうとするのだろう?」と、不思議に思う方もいると思います。

 しかし、実は、無意識に自分自身がマウンティング行動してしまっていることも! 恋愛や仕事がうまくいっている時には、特に要注意。特徴をチェックして、自分自身がマウンティング女子にならないように気をつけてくださいね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


10月25日~31日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
どれにしようかにゃ♪ 猫じゃらしを吟味する“にゃんたま”君
 たくさんあってどれにじゃれようか目移りしちゃう!  きょうは、風に揺れる天然の「猫じゃらし」で遊びたい放題です。...
角川武蔵野ミュージアムに行ってみた 2021.10.24(日)
 埼玉県所沢市に誕生した「ところざわサクラタウン」は、アニメホテル×ミュージアム×レストラン×多目的ホールなどで構成され...
ママ友のひどいLINE…空気が読めない&常識知らずな内容5選
 保育園や幼稚園の保護者同士でやりとりするママ友LINE。同じクラスのママに誘われて断るわけにもいかず、半ば強制的にグル...
醜すぎる女性同士のバトル! 姑・友人・姉妹のドロドロLINE
 女性同士のケンカって、ドロドロしがちですよね。「本気でぶつかり合えばすっきり解決!」ができる男性に比べて、女性同士のケ...
あなたは大丈夫…? ”不幸中毒”になっていたお客さんの話
 自分のことを「不幸だな」「不運だな」と感じることはありますか?もちろん生活の中でそんなふうに感じる瞬間はあると思います...
断捨離で社会貢献 「古着deワクチン」レポ 2021.10.22(金)
 整理整頓が苦手です。特に洋服。気が付くとクロゼットはいつもパンパン。そのくせ着る服はいつも一緒という残念な事態に。この...
猫は「きもちいい」の天才! 日差しにウットリ“にゃんたま”
 猫は「きもちいい」の天才です。  きょうは柔らかな日差し。ただでさえ気持ちの良い日なのに、にゃんたま君は背中を伸...
「ガーデンシクラメン」攻略法! 間違った園芸方法に決別を
 10月も半ばともなると、あんなに暑かった夏もいつの間にか過ぎ、早くも年末のカウントダウンがはじまった気がいたします。 ...
GU「スタイルヒート」で“ダサ見え”を解決 2021.10.19(火)
 すっかり肌寒くなり、朝晩冷え込んできました。気温が下がってきたら活躍するのは、ヒートテックですよね。急激に気温が下がっ...
シングルマザーになったら突然色眼鏡がかかってしまう不思議
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月18日~24日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
男同士の方が楽しいの? 尻尾を絡ませる“にゃんたま”君たち
 美にゃんな三毛猫のお嬢さんと見つめ合うにゃんたま君。  スマートなお尻を見せつけて、自分の魅力をアピールしている...
なにが違うの?努力して憧れの存在に近づける人と遠ざかる人
 皆さんには憧れの人はいますか? 仕事ができる先輩や上司、友人や家族、著名人の名前をあげる人もいるかもしれません。私はた...
プロレスごっこで力加減を勉強中!“にゃんたま”兄弟をパチリ
 きょうは、プロレスごっこに夢中なにゃんたま兄弟。これは格闘の練習です。  獲物をつかまえる時の練習にもなっていて...
花と色の相乗効果! ビタミンカラーで心も身体もポジティブに
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋は、カントリー風情たっぷりな立地でありながら、なんだかんだで毎日のように外国人のお客様がご...