マウンティング女子8つの特徴&対処方法! あなたは大丈夫?

コクハク編集部
更新日:2020-05-03 06:00
投稿日:2020-05-03 06:00
 自分よりも幸せそうな人を見ると、羨ましくなってしまう女性は多いでしょう。しかし、「私も、幸せになりたい」と思うのであればまだしも、中には「私よりも幸せなんて許せない!」と思うマウンティング女子もいます。そんな女性は、行動や発言から人間関係で苦労することも。ここでは、マウンティング女子の特徴や対処方法についてご紹介します。

あなたは当てはまってない?マウンティング女子の8つの特徴

なんでそんなに上から目線なの?(写真:iStock)
なんでそんなに上から目線なの? (写真:iStock)

 あなたの周りに、マウンティング女子はいますか?「あの子、マウンティングがすごい」なんて思っているあなたも、知らず知らずのうちにマウンティング行動をしているかもしれませんよ。そんなマウンティング女子の特徴を見ていきましょう。

1. ぶりっこで男性からモテる

 マウンティング女子は、男性の前に出ると、ぶりっこでかわいいアピールをする女性が多いです。男性と女性の前で態度が変わるため、女性からは敬遠されるタイプではありますが、男性からはモテる人が多いのが特徴でしょう。

2. 周りを下に見ている

 言葉や行動には、無意識にその人の思考が出てしまうもの。マウンティング女子は、周りを下に見ているような言動が多いのが特徴的です。そのため、相手が「自分よりも上」と感じた時には、どうにかして自分の方が上であるということを主張しようとします。

3. 価値観を押し付ける

 人の価値観というのは、それぞれ異なります。しかし、マウンティング女子は自分の価値観が正しいと思い込んでいます。そのため、自分と違った価値観を持っている人に出会うと、「そんな考え方もあるんだ」と思うことができず、自分の考えを押し付けようとする傾向にあります。

4. 話の中心にいたい

 女性同士が集まると、ついつい会話に花が咲いてしまうもの。そんな時、常に会話の中心にいようとするのが、マウンティング女子。基本、人の話には興味がなく、自分が会話の中心でなければ気が済みません。空気を読まないため、周りから「面倒な人」だと思われていても気がつかないのです。

5. 自虐ネタが多い

 マウンティング女子の中には、わざと自虐ネタを言って「褒められよう」とするタイプもいます。本心ではそんなこと思っていないのに、わざと自分を下げるようなことを言い、相手に「そんなことないよ」と、良い評価を言ってもらおうとします。

6. 意外と毒舌

 物事をはっきり言う人は、周りから見ると気持ちが良いもの。「よくぞ、言ってくれた!」なんて思うこともあるでしょう。しかし、マウンティング女子の毒舌は人を傷つけることが多いのも特徴的。その結果、人間関係を壊してしまう人も多いでしょう。

7. 誰にでもライバル意識を持つ

 仲の良い友達ともなれば、わざわざ競い合うことはありません。しかし、マウンティング女子は常に誰にでもライバル意識を燃やしています。職場に行けば同僚や先輩と競おうとしますし、仲の良い友達であっても仕事、恋愛など全てにおいて「勝ちたい」と考えています。

8. 美容意識が高く自信家

 男性からモテるマウンティング女子は、常に自分磨きを怠りません。そのため、美容意識も高く、常に努力をしています。そのため、自信家が多いのも特徴的。自信があるからこそ、自然とプライドが高くなってしまう女性も多いでしょう。

マウンティング女性に出会ったら? 上手な交わし方

プライベートの話はしないに限る(写真:iStock)
プライベートの話はしないに限る (写真:iStock)

 身近にマウンティング女子がいると、「どう接したら良いのか分からない」と、ストレスになってしまう人も多いでしょう。そんなマウンティング女子と接する際の、上手な交わし方をご紹介します。

その場は話を合わせ、聞き流す

 マウンティング女子は自分の意見が正しいと思っているため、自信満々に発言してくることが多いです。しかし、聞いている方からすると、時には「間違っている」と思うこともあるでしょう。

 でも、間違っていることを指摘するのはNG。マウンティング女子は、自分の価値観が認められるまで意見をぶつけてくるため、トラブルになることもあるからです。もしも、おかしなことや間違ったことを言っていても、上手に聞き流しましょう。

距離をおいて付き合う

 人と上手に付き合うためには、距離感を持つことも大切です。特に、「苦手だな」と思っている相手とは、距離を置いて付き合うことが欠かせません。

 マウンティング女子との付き合いも、「どう考えているのだろうか?」と深く追求せずに、一定距離を保った付き合いをしましょう。

プライベートの話はしない

 マウンティング女子は、何に対しても競う姿勢を示してきます。たとえば、買い物したもの、彼氏や家族の話などまでマウンティングしようとしてくるため、嫌な思いをする可能性が高くなります。そのため、距離感が縮まった相手であっても、あなたのプライベートの話はしないことが大切です。

あなたもマウンティング女子にならないように注意しよう!

あなたは大丈夫?(写真:iStock)
あなたは大丈夫? (写真:iStock)

 マウンティング女子は、同性からすると厄介な存在。「なぜ、そんなに競い合おうとするのだろう?」と、不思議に思う方もいると思います。

 しかし、実は、無意識に自分自身がマウンティング行動してしまっていることも! 恋愛や仕事がうまくいっている時には、特に要注意。特徴をチェックして、自分自身がマウンティング女子にならないように気をつけてくださいね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


ミッフィーのライトが寝かしつけをお手伝い 2022.7.7(木)
 夫の転勤に伴い、子どもが生まれてから2度の引っ越しを経験した我が家ですが、どのおうちでも、子どもがいる部屋のどこかに鎮...
伏し目がち“たまたま”の大人の色気…美シルエットにドキッ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
人の幸せを喜ぶには? まずは“自分ファースト”で心に余裕を
 友達が幸せそうにしていると、なぜか自分だけが取り残されたような気持ちになる人もいるでしょう。人の幸せを自分のことのよう...
開運花師激推し!夏っぽ“黄色の花”で元気&やる気をチャージ
 びっくりするほど短かった梅雨が明け、猛烈に暑い日本でございます。 「日本の気温がヨーロッパではニュースになってい...
円安でも大満足!ダナン&ホイアン満喫、世界はもう動いてる
 こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます...
「忘れ物が多い」と自覚するなら“時間ギリ子”の習慣をなくす
 常日頃、忘れ物が多いと悩んでいませんか? 仕事で必要な資料を家に忘れてきたり、お店に傘を忘れてきたなんて経験がある人は...
えっ“たまたま”が落ちてる?夏の夕暮れの路地で大胆ポーズ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 7月4日~7月10日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
「40代の女子会」手抜きメークは“ご法度”!NGマナーの確認を
 気の合う女性同士が集まって、本音を言い合いながら楽しめる「女子会」ですが、大人になると、やはりそれなりのマナーが必要で...
「枕元に麻婆豆腐置いとくわね」世界一意地悪な姑LINE3選!
 大切な息子をとられた恨みがあるからなのか、世の中には嫁をいびる意地悪な姑が存在します。今回は、運悪く意地悪な姑と家族に...
自分ファーストは難しい…他人軸で生きる人のメンタル安定術
 みなさんは、“自分のため”だけにできる行動って何かありますか? 「スキルアップに繋がる」「誰かのためになるかも」とか...
“たまたま”そっくりな口元に注目!ソファの上で寝落ち寸前!!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
暑い夏!“NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やす
 ここ数日の暑さには本当にまいっちゃいます。暑いのが大の苦手で、基本毎日薄着のワタクシ。夏だからとはいえ、女である以上脱...
悲劇のヒロイン説も浮上!「疲れるネガティブ」ちゃんへのお作法
「どうせ自分なんて」「もう嫌だ」……あなたの周囲にも「他人を疲れさせる」ネガティブな人はいませんか? 悲観的な発言を聞か...
事前準備が命!子連れ引っ越しこう乗り切る 2022.6.28(火)
 ただでさえ、やることだらけでバタバタするのがお引越しですが、小さな子がいる家族は環境の変化や子どもの体調など、心配事も...
タイ→ホーチミンへ!ベトナムドン、やっぱりゼロ多すぎ問題
こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます。...