離婚を回避せよ!夫婦喧嘩の仲直り方法5選&喧嘩の減らし方

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-05-12 04:17
投稿日:2020-04-18 06:00
「夫婦喧嘩は犬も食わない」と言いますが、確かに、夫婦喧嘩は周りから見ればとても滑稽なもの。「今回は譲れない!」なんて、意地の張り合いが起こることもよくありますよね。
 しかし、いつまでも意地を張っていると「離婚」という思わぬ方向に進んでしまうこともあるため、喧嘩の後には仲直りをすることが欠かせません。ここでは、夫婦喧嘩の仲直りの方法&喧嘩を減らす方法をご紹介します。

夫婦喧嘩は早めに解決!5つの仲直り方法

「謝りたくない」と思っても(写真:iStock)
「謝りたくない」と思っても (写真:iStock)

 結婚してから、「まだ一度も喧嘩したことがない」という稀な夫婦もいますが、多くの夫婦は喧嘩を経験しているはず。離婚という最悪な結果にならないためにも、これからご紹介する方法で一日も早く仲直りに取り組んでくださいね。

1. あなたが大人になる

 夫婦喧嘩の内容は夫婦によっても、その時々によっても変わってくるもの。「私が悪かった」と思える喧嘩ならまだしも、「今回は絶対に旦那が悪い!」と思う時、「謝りたくない」と思うのは当然のことです。

 しかし、プライドが高く、自分から謝ることができないタイプの男性もいます。そんな場合には、あなたが大人になって歩み寄ることも大切でしょう。

2. メールや手紙で気持ちを伝える

 夫婦喧嘩が長引くと、家の中の空気が悪くなります。お子さんがいるご家庭では、その空気がお子さんに伝わってしまうこともあるでしょう。

 そんな状況から少しでも早く抜け出すには、「仲直りしたい」という素直な気持ちを伝えることが欠かせません。話しにくいのであれば、メールや手紙で思いを伝えてみると良いですよ。

3. 何事もなかったように普通に振る舞う

 夫婦喧嘩のパターンは、それぞれ異なるもの。翌日になると、互いにけろっとしている夫婦もいるでしょう。

 そんなタイプの夫婦を参考にして、喧嘩をいつまでも引きずらずに声をかけてみたり、思いやってみたりなど、いつも通りに振る舞うことも仲直りのきっかけになるはずです。

4. 相手の好きな料理を作ったり、プレゼントを用意する

 誰だって、喧嘩の後は嫌な気持ちになります。原因はともあれ、「悪かったな」と反省することもあるでしょう。

 そんな時には、相手の好きな料理を作ったり、プレゼントを用意するのも一つの方法。言葉で伝えることも大切ですが、物があることで話しかけるきっかけを作りやすくなります。

5. スキンシップで距離を縮める

 なんだかんだいっても夫婦ですから、どんなに喧嘩をしてもよっぽどのことがなければ嫌いになることはないでしょう。それは、相手にとっても同じはずです。

 仲直りしたい時には、思い切って手を繋いだり、抱きついたりしてスキンシップを取りながら、「ごめん」の気持ちを伝えるのもおすすめです。

夫婦喧嘩はないに越したことはない!夫婦喧嘩を減らすには

普段からコミュニケーションをとろう(写真:iStock)
普段からコミュニケーションをとろう (写真:iStock)

 夫婦喧嘩がコミュニケーションとなって絆が深まることもありますが、喧嘩はないに越したことはありません。では、夫婦喧嘩を減らすためにはどうすればよいのでしょうか?

1. 相手の考えや価値観も受け入れる

 夫婦喧嘩が多いと感じている人は、あなたの意見を相手に押し付けたり、相手の価値観を否定したりしていませんか?

 夫婦であっても、男女というだけで考え方も違えば、育ってきた環境も違う訳ですから、理解し合えないことがあるのは当然のこと。「違って当然」と考えるようにすれば、もう少し相手を許せる余裕ができて心が楽になるはずです。

2. 日頃から感謝の気持ちを伝える

 あなたは、相手に日頃から感謝の気持ちを伝えていますか?家事をした時など、「夫婦なんだから、当たり前」と思っていませんか?

 家族であっても、「ありがとう」の気持ちはその都度伝えることが大切。「ありがとう」の一言があれば、気持ちは変わってくるでしょう。

3. コミュニケーションをとる

 互いの意見の食い違いや考え方の違いは、夫婦喧嘩の原因になります。でも、日頃からコミュニケーションをとっていれば、喧嘩になる前に気づくことができるかも。

 ちょっとした行き違いから喧嘩にならないように、普段から夫婦でさまざまな話をしましょう。

4. 地雷を踏んだら、話題を変える

 一緒に生活をしていると、二人のパターンというのは少しずつできあがっていくもの。

 喧嘩に関しても、「この話題になると、機嫌が悪くなる」「この雰囲気はイラっとしている時」といったように、相手の地雷が見えてくるはず。万が一、地雷を踏んだら、話題を変えたり、場を離れるようにすることも大切です。

5. 干渉しすぎない

 夫婦になると、「相手のことは何でも知っておきたい」と思う人もいるかもしれませんが、相手の予定や行動をチェックし過ぎることがきっかけで、喧嘩になっている人も多いようです。

 互いに気持ちよく過ごすためには、夫婦だからこそ信頼し合って、干渉しすぎないことも必要です。

夫婦喧嘩は1秒でも早く解決すれば、離婚も未然に防げる!

こんな時期だからこそ仲直りは早めに(写真:iStock)
こんな時期だからこそ仲直りは早めに (写真:iStock)

 何度も夫婦喧嘩をしている人の中には、「どうせいつもの喧嘩」と、軽く考えている人もいるでしょう。しかし、中には度重なる喧嘩にうんざりして、相手が離婚を考えるケースもあります。

 そんな最悪な結果を防ぐためには、1秒でも早く仲直りすることが必要。大切なものを失ってしまわないように、ご紹介したような仲直りの方法を取り入れて1秒でも早く解決しましょう。

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ