これは恋愛ではないと一気に目が覚めた…優紀さんのケース#5

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-04-20 06:00
投稿日:2020-04-20 06:00
 半同棲状態だったのに、B男はそれきり優紀さんの前に姿を現さなくなりました。会いたいとメールすると、「弁護士に相談してA氏を訴えたらどうか」と言ってきたり、そうかと思うと「グラビアモデルとしてやって行く気はないのか」と返事してきたり。一人ぼっちで学食にいると、心配して声をかけてきたのはやはりCさんでした。

彼に新しい女? 自宅に突撃してわかったこと

「お金のことばっかりじゃない?」(写真:iStock)
「お金のことばっかりじゃない?」 (写真:iStock)

 これまでの話を聞いたCさんは言いました。

「B男さんのメール、お金のことばかりだね」

「えっ、そうかなあ……?」

「ワンゲル部、マルチだって噂あるの知ってる?彼、ネットワークビジネスのリーダーなんじゃない?」

「それはないよ。私、そんなのに誘われてないし。ほかに彼女ができたんだと思う……」

 心の中にたまっていた不安を吐き出すと、ほんの少しだけ気持ちが楽になりました。

「私は女じゃないと思う。確かめてみたら?」

「でも……訴訟とかモデルやるとか、私が行動起こすまで会わないって言うの」

「じゃあ、彼の家に行ってみようよ。女がいるかどうかも、はっきりするかも」

 B男の住むマンションの名前は知っていましたが、優紀さんは一度も行ったことはありません。いきなり家に行ったらB男は怒るかも……気が進みませんでしたが、Cさんに引っ張られるようにして隣町のマンションに行きました。学生が住むにしては立派なファミリータイプのマンションでした。

見ず知らずの男から胸を凝視されて

「セミナーでいないんですよ」(写真:iStock)
「セミナーでいないんですよ」 (写真:iStock)

 郵便受けで部屋番号をたしかめ、B男の部屋の前までくると、急にドアが開きました。思わず足がすくんだ優紀さんの目の前に現れたのは、B男でもなければ女性でもない、きちんとした服装の20歳ぐらいの男性でした。

「B男さん、いますか?」

 Cさんがたずねると、男性は何かを思い出したような顔になり、

「ああ! えっと…もしかして優紀さんですか?」

「いいえ、こちらが優紀ですけど……私は友人です」

「彼、今日はセミナーでいないんです。B男さんから聞いていますよ、グラビアモデルされてるんですよね?」

 言葉は丁寧ですが、優紀さんのバストのあたりをジロジロ見ています。いったいB男さんは私のことをどんなふうに伝えているんだろう? グラビアをやるなんて決めていないのに……と困惑していると、

「いいえ。人違いですね。別の優紀さんだと思います」

 Cさんはきっぱりと言い放ち、優紀さんの腕を引っ張るようにしてその場を離れました。

恋愛に擬装してモラハラやマルチを仕掛けてくる男

誰からもお金を搾り取ろうとする(写真:iStock)
誰からもお金を搾り取ろうとする (写真:iStock)

 コンビニバイトだけにしてはB男はいつもお金を持っていたこと、セミナーということはB男はあのマンションでほかの学生を使ってネットワークビジネスをやっていたのか、と優紀さんも腑に落ちました。

「でも、私の写真が裏サイトに流れているんじゃないか、と怒っていたのに、なんでグラビアモデルだなんて言ったんだろう?」

「だから言ったじゃない、B男さんのメールってお金の話ばかりだねって」

「えっ……」

「ああいう男はね、彼女や友だちや、親戚からだってお金を吸い上げるの。

 A先生を訴えて示談金もらっても、グラビアモデルになっても、優紀の手元にお金が入るでしょう? それからマルチに誘うつもりだったんだよ」

 にわかには信じられない話でしたが、自分のこともカモにするつもりで、会いたいのにじらされていたのかも知れない――。いくら会ってくれなくてもB男を好きな気持ちは変わらなかったのに、急に力が抜けていくようでした。優紀さんはこのときの心境の変化をこう語っています。

「怒りでも悲しみでもなくて、夢から覚めたみたいな感じでした。A先生とのことを私は正直に話したのに、彼はマルチのことを私に隠していた。そんなの付き合ってるとは言えない、とやっと気がついたんです」

モラハラ男は弱みや傷に付け入ってくる

優しさだと思ったのに…(写真:iStock)
優しさだと思ったのに… (写真:iStock)

 その夜、「今日、うちに来たんだって? もしかしてA氏を告訴した?」と、B男からメールが来ましたが、「私、B男さんのビジネスには興味ないので、もうメールしないでください」とだけ返事をすると、それきり何も言ってこなくなりました。

「心の底では、そんなの誤解だ、会って話をしようって言ってくれるかも……と、まだ思っていました。でも、それで終わりでした。たまたま学生課が学内のマルチ活動について警告を出したので、彼もあっさりあきらめたんだと思います」

 優紀さんの心の底には、あまり人に言えない高額バイトをしてしまった後ろめたさと、A氏に遊ばれてしまった心の傷がありました。モラハラ男は他人の心の弱みを察知するのが得意です。B男は「行動しろ」「自分を確立しろ」と励ますように見せかけて、優紀さんを利用しようと画策していたのでしょう。

絶対に自分一人で解決しようとしないで

「生き方」まで言われると断りきれない…(写真:iStock)
「生き方」まで言われると断りきれない… (写真:iStock)

 キャンパス、バイト先、マッチングサイトなどでマルチビジネスに引きずり込まれる例が増えています。特に若い女性の場合、「君はそんな生き方でいいの?」とモラハラ的に圧をかけられると、断りたいのに断れない……ということがあります。

 Cさんは「優紀が高額バイトをしたのって、私の言葉がキッカケじゃん? ちょっと責任感じたんだよね」と言ってくれたそうです。

 もしかしたらモラハラ? もしかしたらマルチ? と思ったら、誰かに力を貸してもらいましょう。

 モラハラ男は「そんなことも自分で決められないの?」と言ってくるかもしれませんが、それも周囲からあなたを分断するための常套手段です。友だちや家族、先生、上司など、誰かに話して、決して周囲から孤立しないように気をつけてください。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 06:00 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...