これは恋愛ではないと一気に目が覚めた…優紀さんのケース#5

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-04-20 06:00
投稿日:2020-04-20 06:00
 半同棲状態だったのに、B男はそれきり優紀さんの前に姿を現さなくなりました。会いたいとメールすると、「弁護士に相談してA氏を訴えたらどうか」と言ってきたり、そうかと思うと「グラビアモデルとしてやって行く気はないのか」と返事してきたり。一人ぼっちで学食にいると、心配して声をかけてきたのはやはりCさんでした。

彼に新しい女? 自宅に突撃してわかったこと

「お金のことばっかりじゃない?」(写真:iStock)
「お金のことばっかりじゃない?」 (写真:iStock)

 これまでの話を聞いたCさんは言いました。

「B男さんのメール、お金のことばかりだね」

「えっ、そうかなあ……?」

「ワンゲル部、マルチだって噂あるの知ってる?彼、ネットワークビジネスのリーダーなんじゃない?」

「それはないよ。私、そんなのに誘われてないし。ほかに彼女ができたんだと思う……」

 心の中にたまっていた不安を吐き出すと、ほんの少しだけ気持ちが楽になりました。

「私は女じゃないと思う。確かめてみたら?」

「でも……訴訟とかモデルやるとか、私が行動起こすまで会わないって言うの」

「じゃあ、彼の家に行ってみようよ。女がいるかどうかも、はっきりするかも」

 B男の住むマンションの名前は知っていましたが、優紀さんは一度も行ったことはありません。いきなり家に行ったらB男は怒るかも……気が進みませんでしたが、Cさんに引っ張られるようにして隣町のマンションに行きました。学生が住むにしては立派なファミリータイプのマンションでした。

見ず知らずの男から胸を凝視されて

「セミナーでいないんですよ」(写真:iStock)
「セミナーでいないんですよ」 (写真:iStock)

 郵便受けで部屋番号をたしかめ、B男の部屋の前までくると、急にドアが開きました。思わず足がすくんだ優紀さんの目の前に現れたのは、B男でもなければ女性でもない、きちんとした服装の20歳ぐらいの男性でした。

「B男さん、いますか?」

 Cさんがたずねると、男性は何かを思い出したような顔になり、

「ああ! えっと…もしかして優紀さんですか?」

「いいえ、こちらが優紀ですけど……私は友人です」

「彼、今日はセミナーでいないんです。B男さんから聞いていますよ、グラビアモデルされてるんですよね?」

 言葉は丁寧ですが、優紀さんのバストのあたりをジロジロ見ています。いったいB男さんは私のことをどんなふうに伝えているんだろう? グラビアをやるなんて決めていないのに……と困惑していると、

「いいえ。人違いですね。別の優紀さんだと思います」

 Cさんはきっぱりと言い放ち、優紀さんの腕を引っ張るようにしてその場を離れました。

恋愛に擬装してモラハラやマルチを仕掛けてくる男

誰からもお金を搾り取ろうとする(写真:iStock)
誰からもお金を搾り取ろうとする (写真:iStock)

 コンビニバイトだけにしてはB男はいつもお金を持っていたこと、セミナーということはB男はあのマンションでほかの学生を使ってネットワークビジネスをやっていたのか、と優紀さんも腑に落ちました。

「でも、私の写真が裏サイトに流れているんじゃないか、と怒っていたのに、なんでグラビアモデルだなんて言ったんだろう?」

「だから言ったじゃない、B男さんのメールってお金の話ばかりだねって」

「えっ……」

「ああいう男はね、彼女や友だちや、親戚からだってお金を吸い上げるの。

 A先生を訴えて示談金もらっても、グラビアモデルになっても、優紀の手元にお金が入るでしょう? それからマルチに誘うつもりだったんだよ」

 にわかには信じられない話でしたが、自分のこともカモにするつもりで、会いたいのにじらされていたのかも知れない――。いくら会ってくれなくてもB男を好きな気持ちは変わらなかったのに、急に力が抜けていくようでした。優紀さんはこのときの心境の変化をこう語っています。

「怒りでも悲しみでもなくて、夢から覚めたみたいな感じでした。A先生とのことを私は正直に話したのに、彼はマルチのことを私に隠していた。そんなの付き合ってるとは言えない、とやっと気がついたんです」

モラハラ男は弱みや傷に付け入ってくる

優しさだと思ったのに…(写真:iStock)
優しさだと思ったのに… (写真:iStock)

 その夜、「今日、うちに来たんだって? もしかしてA氏を告訴した?」と、B男からメールが来ましたが、「私、B男さんのビジネスには興味ないので、もうメールしないでください」とだけ返事をすると、それきり何も言ってこなくなりました。

「心の底では、そんなの誤解だ、会って話をしようって言ってくれるかも……と、まだ思っていました。でも、それで終わりでした。たまたま学生課が学内のマルチ活動について警告を出したので、彼もあっさりあきらめたんだと思います」

 優紀さんの心の底には、あまり人に言えない高額バイトをしてしまった後ろめたさと、A氏に遊ばれてしまった心の傷がありました。モラハラ男は他人の心の弱みを察知するのが得意です。B男は「行動しろ」「自分を確立しろ」と励ますように見せかけて、優紀さんを利用しようと画策していたのでしょう。

絶対に自分一人で解決しようとしないで

「生き方」まで言われると断りきれない…(写真:iStock)
「生き方」まで言われると断りきれない… (写真:iStock)

 キャンパス、バイト先、マッチングサイトなどでマルチビジネスに引きずり込まれる例が増えています。特に若い女性の場合、「君はそんな生き方でいいの?」とモラハラ的に圧をかけられると、断りたいのに断れない……ということがあります。

 Cさんは「優紀が高額バイトをしたのって、私の言葉がキッカケじゃん? ちょっと責任感じたんだよね」と言ってくれたそうです。

 もしかしたらモラハラ? もしかしたらマルチ? と思ったら、誰かに力を貸してもらいましょう。

 モラハラ男は「そんなことも自分で決められないの?」と言ってくるかもしれませんが、それも周囲からあなたを分断するための常套手段です。友だちや家族、先生、上司など、誰かに話して、決して周囲から孤立しないように気をつけてください。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
彼からずっと愛される女性は何が違う? 5つの特徴&NG行動
 多くの女性が、大好きな彼からずっと愛される女性でいたいと思っているでしょう。しかし、現実は価値観の違いやマンネリ化が原...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
逆効果! 間違いモテ仕草4つ&モテるorモテないの境界線は?
 男性がドキッとする「モテ仕草」は、多くの雑誌やサイトでも紹介されていますよね。でも実はそれ、男性から見るとただの下心見...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ
“ご褒美彼女”になって彼を癒す存在になる♡ 4つのポイント
 社会で戦う男性たちの疲れを、包み込んで癒す「ご褒美彼女」。女性から会いたいと言わなくても、「頑張ったから会いたい!」「...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ
イケてる男性を自分のトリコにして浮気もさせない方法とは?
 皆さん、浮気をされたことはありますか? 浮気されるととてもツライですよね。競争率が高い男性を見事GETしても、この先ま...
若林杏樹 2021-07-21 06:00 ラブ
はじめての待ち合わせデート♡印象をアップさせる方法まとめ
 大好きな彼と、はじめての待ち合わせデート♡ ウキウキドキドキしてしまいますよね! 「このデートを成功させて、絶対に恋を...
恋バナ調査隊 2021-07-21 06:00 ラブ