これは恋愛ではないと一気に目が覚めた…優紀さんのケース#5

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-04-20 06:00
投稿日:2020-04-20 06:00
 半同棲状態だったのに、B男はそれきり優紀さんの前に姿を現さなくなりました。会いたいとメールすると、「弁護士に相談してA氏を訴えたらどうか」と言ってきたり、そうかと思うと「グラビアモデルとしてやって行く気はないのか」と返事してきたり。一人ぼっちで学食にいると、心配して声をかけてきたのはやはりCさんでした。

彼に新しい女? 自宅に突撃してわかったこと

「お金のことばっかりじゃない?」(写真:iStock)
「お金のことばっかりじゃない?」 (写真:iStock)

 これまでの話を聞いたCさんは言いました。

「B男さんのメール、お金のことばかりだね」

「えっ、そうかなあ……?」

「ワンゲル部、マルチだって噂あるの知ってる?彼、ネットワークビジネスのリーダーなんじゃない?」

「それはないよ。私、そんなのに誘われてないし。ほかに彼女ができたんだと思う……」

 心の中にたまっていた不安を吐き出すと、ほんの少しだけ気持ちが楽になりました。

「私は女じゃないと思う。確かめてみたら?」

「でも……訴訟とかモデルやるとか、私が行動起こすまで会わないって言うの」

「じゃあ、彼の家に行ってみようよ。女がいるかどうかも、はっきりするかも」

 B男の住むマンションの名前は知っていましたが、優紀さんは一度も行ったことはありません。いきなり家に行ったらB男は怒るかも……気が進みませんでしたが、Cさんに引っ張られるようにして隣町のマンションに行きました。学生が住むにしては立派なファミリータイプのマンションでした。

見ず知らずの男から胸を凝視されて

「セミナーでいないんですよ」(写真:iStock)
「セミナーでいないんですよ」 (写真:iStock)

 郵便受けで部屋番号をたしかめ、B男の部屋の前までくると、急にドアが開きました。思わず足がすくんだ優紀さんの目の前に現れたのは、B男でもなければ女性でもない、きちんとした服装の20歳ぐらいの男性でした。

「B男さん、いますか?」

 Cさんがたずねると、男性は何かを思い出したような顔になり、

「ああ! えっと…もしかして優紀さんですか?」

「いいえ、こちらが優紀ですけど……私は友人です」

「彼、今日はセミナーでいないんです。B男さんから聞いていますよ、グラビアモデルされてるんですよね?」

 言葉は丁寧ですが、優紀さんのバストのあたりをジロジロ見ています。いったいB男さんは私のことをどんなふうに伝えているんだろう? グラビアをやるなんて決めていないのに……と困惑していると、

「いいえ。人違いですね。別の優紀さんだと思います」

 Cさんはきっぱりと言い放ち、優紀さんの腕を引っ張るようにしてその場を離れました。

恋愛に擬装してモラハラやマルチを仕掛けてくる男

誰からもお金を搾り取ろうとする(写真:iStock)
誰からもお金を搾り取ろうとする (写真:iStock)

 コンビニバイトだけにしてはB男はいつもお金を持っていたこと、セミナーということはB男はあのマンションでほかの学生を使ってネットワークビジネスをやっていたのか、と優紀さんも腑に落ちました。

「でも、私の写真が裏サイトに流れているんじゃないか、と怒っていたのに、なんでグラビアモデルだなんて言ったんだろう?」

「だから言ったじゃない、B男さんのメールってお金の話ばかりだねって」

「えっ……」

「ああいう男はね、彼女や友だちや、親戚からだってお金を吸い上げるの。

 A先生を訴えて示談金もらっても、グラビアモデルになっても、優紀の手元にお金が入るでしょう? それからマルチに誘うつもりだったんだよ」

 にわかには信じられない話でしたが、自分のこともカモにするつもりで、会いたいのにじらされていたのかも知れない――。いくら会ってくれなくてもB男を好きな気持ちは変わらなかったのに、急に力が抜けていくようでした。優紀さんはこのときの心境の変化をこう語っています。

「怒りでも悲しみでもなくて、夢から覚めたみたいな感じでした。A先生とのことを私は正直に話したのに、彼はマルチのことを私に隠していた。そんなの付き合ってるとは言えない、とやっと気がついたんです」

モラハラ男は弱みや傷に付け入ってくる

優しさだと思ったのに…(写真:iStock)
優しさだと思ったのに… (写真:iStock)

 その夜、「今日、うちに来たんだって? もしかしてA氏を告訴した?」と、B男からメールが来ましたが、「私、B男さんのビジネスには興味ないので、もうメールしないでください」とだけ返事をすると、それきり何も言ってこなくなりました。

「心の底では、そんなの誤解だ、会って話をしようって言ってくれるかも……と、まだ思っていました。でも、それで終わりでした。たまたま学生課が学内のマルチ活動について警告を出したので、彼もあっさりあきらめたんだと思います」

 優紀さんの心の底には、あまり人に言えない高額バイトをしてしまった後ろめたさと、A氏に遊ばれてしまった心の傷がありました。モラハラ男は他人の心の弱みを察知するのが得意です。B男は「行動しろ」「自分を確立しろ」と励ますように見せかけて、優紀さんを利用しようと画策していたのでしょう。

絶対に自分一人で解決しようとしないで

「生き方」まで言われると断りきれない…(写真:iStock)
「生き方」まで言われると断りきれない… (写真:iStock)

 キャンパス、バイト先、マッチングサイトなどでマルチビジネスに引きずり込まれる例が増えています。特に若い女性の場合、「君はそんな生き方でいいの?」とモラハラ的に圧をかけられると、断りたいのに断れない……ということがあります。

 Cさんは「優紀が高額バイトをしたのって、私の言葉がキッカケじゃん? ちょっと責任感じたんだよね」と言ってくれたそうです。

 もしかしたらモラハラ? もしかしたらマルチ? と思ったら、誰かに力を貸してもらいましょう。

 モラハラ男は「そんなことも自分で決められないの?」と言ってくるかもしれませんが、それも周囲からあなたを分断するための常套手段です。友だちや家族、先生、上司など、誰かに話して、決して周囲から孤立しないように気をつけてください。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


好きになりたいのに…未練を断たずに次の恋愛はできるの?
 離婚後にモテ期が到来して二度目の独身を謳歌する人もいれば、傷心のまま新しい恋愛に踏み出せない人も。いざ恋愛のチャンスが...
七味さや 2020-11-27 06:00 ラブ
飽きない彼女になりたい♡ いつまでも愛される女性の特徴5つ
 彼氏と長続きしたいけれど、いつもマンネリ化して結局別れてしまうと悩んでいる人は多いようです。でも、中には長く続くほどに...
恋バナ調査隊 2020-11-27 06:00 ラブ
願いは書けば叶う?ママ活男子の“夢見るプロフィール”の中身
 願いごとがあるのなら、それを書く(もしくはスマホなどに入力する)ことで、叶いやすくなるという話をよく聞きます。ママ活男...
内藤みか 2020-11-26 06:00 ラブ
恋が終わる残念なLINEの特徴6つ&男性が喜ぶ返信の仕方
 好きな人とLINEを交換できたのはいいものの、LINEがつまらなさすぎて自然消滅してしまった……という経験をお持ちの人...
恋バナ調査隊 2020-11-26 06:00 ラブ
男性がドキっとする女性のギャップとは? 作り方4つのコツ♡
 恋愛を進展させるためには、「ギャップ」が効果的。コツさえ掴めば誰にでも簡単に身につけられる恋愛テクニックですが、何から...
恋バナ調査隊 2020-11-25 06:00 ラブ
28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 16:03 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ