コロナ禍の今だからこそ…オトナ女子が見直したい3つのこと

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-04-18 06:00
投稿日:2020-04-18 06:00

コロナの話題ばかりで不安だけど…

STAY HOME(写真:iStock)
STAY HOME (写真:iStock)

 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。TVやネットニュース。世間はコロナウイルスの話題ばかりで、精神的にも経済的にも不安は拭えません。

 明日はどうなることやらと、ウイルスを恐れてマスクをつけて外出していますが、気づくと口紅をつけなくなった自分がいました。メイクでマスクが汚れるのが嫌で薄化粧になった女性は多いはずです。

 テレワークが増え、動きやすい服装に変わりました。気分もふさぎ、女子力もだだ下がりです。

 “STAY HOME”――自宅で過ごす時間が増えました。コロナウィルスの収束のメドもついていませんが、あえて滅多にないこんな時間をポジティブに使う、抱えている問題も一度手放してみるなど、自分を前向きに奮い立たせてみませんか。

1. 幸せ体質に変えてみる

家事は協力して分担を(写真:iStock)
家事は協力して分担を (写真:iStock)

 政府のコロナ対策案がどうなるのか、感染者はどうだなど、毎日ニュースに釘付けになって、後手後手に回るカメ国会(遅っ!)にイラ立ちも覚えていましたが、気持ちを切り替える事にしました。

 予想もしない状況下で、私は誰かの決断待ちをする依存型になっていたのです。

 自分ができることは自分で考えてやってみる。他人が手を差し伸べてくれることは、当たり前ではなくありがたいこと。そう思いを変えることができれば元気が出ました。

コロナ離婚」に発展する多くも期待と依存からくる不満の蓄積です。

 それらを減らすことも“幸せ体質”への近道です。家庭内でもひとりで頑張る必要はありません。

 この際、遠慮することなく“できることを、できる人が、できる時にしましょう”、そうハッキリ伝えてみませんか。

 女性だけが家事をする時代はもう終わりました。同居する者は皆、家のことはやるべきなのです。専業主婦さんでも、自分だけがやらなきゃと頑張らないことです。

 不満の種は取り除きましょう。

2. 離婚を考えている人達へ

子どもがいる人はよく考えて(写真:iStock)
子どもがいる人はよく考えて (写真:iStock)

 杏さん、東出さん夫婦は本当に離婚するのでしょうか?

 いまだかつてない人類の危機的状態が訪れています。女優の杏さんのケースでお話をしますと、結婚当初から人には言えない、気苦労や苦しみがあったと思います。妊娠中の浮気ほど妻が一生恨みを引きずることはありません。

 数多くの相談を受けてきた私が思うに、日本は平和で幸せな国であったと言うことです。

 食糧もなくて疫病や紛争などで、いつ命を落とすかどうか分からない国では、浮気なんてありません。生きるのに必死だからこそ、大切な物がはっきりと分かるのでしょう。

 今、離婚を考えている人に申し上げたいことは、相手に万が一何かあっても悲しまないし、なんとも思わない。そんな気持ちであれば離婚を選択してもいいと思います。潮時です。さっさと別れるのがお互いのタメかもしれません。

 しかし、ほんの少しでも愛情が残っていて、相手が死ぬほど反省し懺悔している限りは、最後にもう一度歩み寄ってもいいかもしれません。子供がいる夫婦ならなおさらです。自分に何かがあった時に、子供を守ってくれるのは父親です。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


会話が途切れる瞬間が怖い…口下手な人にオススメの会話術
 会話のキャッチボールが続かなくて気まずい……。そんな嫌な汗が出るような空気を味わったことはありますか? きっと誰しも一...
ネットカフェの落し穴…女性が少しでも安心できる利用方法
 先日、ネットカフェで男性客が女性店員を人質にとり、個室に長時間立てこもるという事件が起きました。ネットカフェは本来はと...
23区内では初登場「ポケふた」ゲット大作戦 2021.6.24(木)
 先日ご紹介したポケモンマンホール通称「ポケふた」に、新しい仲間が加わりました。  ポケGO大好きかつ、マンホール...
ルール違反はダメにゃ!ボス“にゃんたま”が若頭に怒りの鉄拳
 ごはん場で出逢ったにゃんたまωにロックオン。  猫の世界では、ごはんを食べる順番は大概、ボスにゃんたま君からとい...
燃えるように美しい…炎の花「グロリオサ」の簡単アレンジ法
 ワタクシ、残念ながら子供に恵まれず、子供がいないゆえ他人の子供を可愛がっております。花屋とお花の講師をしていますが、生...
職場や取引先で「パワハラ交際」を強要される女性たちの葛藤
 職場の上司や取引先の人に気に入られたら、どうしますか? 仕事上メリットがあるかもしれないと思うし、仕事関係の人に無下な...
なぜ“にゃんたま”を撮り続ける?カメラマンの気持ちいい瞬間
 私はなぜ、にゃんたまωを撮り続けるのか?  きっと、にゃんたまを撮影している時が一番「集中力」が高まるから。 ...
6月21日~6月27日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ママ友より平和!猫のおかあさんになって変わった交友関係
 猫が来てから、人がうちに遊びに来るようになりました(引っ越して我が家が最寄り駅から近くなったことも理由かもしれませんが...
父の日に読みたい♪ お父さんの不器用でも愛を感じるLINE5選
 家では威厳のある態度を見せているのに、LINEでは、なんだか可愛く見えてしまうお父さんたち。なぜか、どのお父さんのLI...
隠す必要なし! 自分の弱さを正直に吐き出す大きなメリット
 あなたは他人からどう思われたいですか? もしかしたら、現実の自分より良く見せたいと思っている人もいるかもしれません。で...
戦士のつかの間の休息…ワイルド“にゃんたま”をこっそり激写
 この島で暮らすにゃんたま君たちはみんな戦士。強くなればなるほど縄張りエリアは拡大し、パトロールにも体力を要します。 ...
運命変わる土用の丑の日に…金運UPの花「アナベル」の育て方
「今日は何を買おうかな~」  猫店長「さぶ」率いる我が花屋、仕入れるお花の選定のため、最寄りの花市場にワタクシほぼ...
鎌倉大仏に手を合わせる 2021.6.16(水)
 長らくご無沙汰していた鎌倉大仏にご挨拶に行ってきました! お天気にも恵まれて、大仏様を拝んでいるとパワーをもらった気が...
“推し活=オタク”なんて古い! 推しの種類&得られるメリット
 実は今、年代問わず“推し活”をする人が増えてきています。推し活というと「暗い」「オタク」といったネガティブなイメージを...
6月14日~6月20日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...