コロナ禍の今だからこそ…オトナ女子が見直したい3つのこと

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-04-18 06:00
投稿日:2020-04-18 06:00

コロナの話題ばかりで不安だけど…

STAY HOME(写真:iStock)
STAY HOME (写真:iStock)

 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。TVやネットニュース。世間はコロナウイルスの話題ばかりで、精神的にも経済的にも不安は拭えません。

 明日はどうなることやらと、ウイルスを恐れてマスクをつけて外出していますが、気づくと口紅をつけなくなった自分がいました。メイクでマスクが汚れるのが嫌で薄化粧になった女性は多いはずです。

 テレワークが増え、動きやすい服装に変わりました。気分もふさぎ、女子力もだだ下がりです。

 “STAY HOME”――自宅で過ごす時間が増えました。コロナウィルスの収束のメドもついていませんが、あえて滅多にないこんな時間をポジティブに使う、抱えている問題も一度手放してみるなど、自分を前向きに奮い立たせてみませんか。

1. 幸せ体質に変えてみる

家事は協力して分担を(写真:iStock)
家事は協力して分担を (写真:iStock)

 政府のコロナ対策案がどうなるのか、感染者はどうだなど、毎日ニュースに釘付けになって、後手後手に回るカメ国会(遅っ!)にイラ立ちも覚えていましたが、気持ちを切り替える事にしました。

 予想もしない状況下で、私は誰かの決断待ちをする依存型になっていたのです。

 自分ができることは自分で考えてやってみる。他人が手を差し伸べてくれることは、当たり前ではなくありがたいこと。そう思いを変えることができれば元気が出ました。

コロナ離婚」に発展する多くも期待と依存からくる不満の蓄積です。

 それらを減らすことも“幸せ体質”への近道です。家庭内でもひとりで頑張る必要はありません。

 この際、遠慮することなく“できることを、できる人が、できる時にしましょう”、そうハッキリ伝えてみませんか。

 女性だけが家事をする時代はもう終わりました。同居する者は皆、家のことはやるべきなのです。専業主婦さんでも、自分だけがやらなきゃと頑張らないことです。

 不満の種は取り除きましょう。

2. 離婚を考えている人達へ

子どもがいる人はよく考えて(写真:iStock)
子どもがいる人はよく考えて (写真:iStock)

 杏さん、東出さん夫婦は本当に離婚するのでしょうか?

 いまだかつてない人類の危機的状態が訪れています。女優の杏さんのケースでお話をしますと、結婚当初から人には言えない、気苦労や苦しみがあったと思います。妊娠中の浮気ほど妻が一生恨みを引きずることはありません。

 数多くの相談を受けてきた私が思うに、日本は平和で幸せな国であったと言うことです。

 食糧もなくて疫病や紛争などで、いつ命を落とすかどうか分からない国では、浮気なんてありません。生きるのに必死だからこそ、大切な物がはっきりと分かるのでしょう。

 今、離婚を考えている人に申し上げたいことは、相手に万が一何かあっても悲しまないし、なんとも思わない。そんな気持ちであれば離婚を選択してもいいと思います。潮時です。さっさと別れるのがお互いのタメかもしれません。

 しかし、ほんの少しでも愛情が残っていて、相手が死ぬほど反省し懺悔している限りは、最後にもう一度歩み寄ってもいいかもしれません。子供がいる夫婦ならなおさらです。自分に何かがあった時に、子供を守ってくれるのは父親です。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


「島のえき」での出会い…食欲旺盛なもふもふ“にゃんたま”
 きょうは、たくさんの猫が暮らす田代島の「島のえき」にお邪魔しました。  ここは誰でも休憩が出来て、島産の牡蠣がふ...
自虐発言していない? 褒められた時の上手な「謙虚」の方法
 謙虚さは美徳だと思います。慎み深く、驕らない姿勢はどんな人の目にも美しく映るものです。ところが少しでもやり過ぎると自虐...
風水で地位高し!心身を癒す神秘の花“シンピジューム”の威力
 お花屋さんは、いろいろな方にお会いできる誠に楽しいお商売でございます。  以前、定期的にお花を届けに伺っていた、...
激レアさん!縞三毛“にゃんたま”が説く猫島暮らしの秘訣とは
 きょうは、宮城県の猫の島「田代島」で出逢った、縞三毛の貴重で有り難いにゃんたま様。  島の中でもここは、にゃんた...
“自分へのご褒美”で得られるメリット&おすすめご褒美4選
 資格取得などで目標を達成した時、仕事で成功した時、あなたは自分にご褒美をあげていますか? 「自分に甘すぎる」と思う人も...
“八方美人”に見られているかも? 6つの特徴&抜け出す方法!
 誰だって、「人から嫌われたくない」と思うもの。たとえ、相手が好きな人ではなかったとしても、「良く思われたい」と、つい思...
アピール失敗…大好きな彼女の拒否反応に怯む“にゃんたま君”
 きょうは、前回のつづき。いとしのハチワレちゃんに求愛するにゃんたま君、ふたりの距離が縮まってきたその時……! 「...
沈黙は金じゃない!圧の強い人との関係で大切にしたいこと
「雄弁は銀、沈黙は金」と言う名言があります。何を言うかではなく、何を言わないかが大事であるというのはどんな場面でも重要に...
「喪中はがき」が届いたらどうする?マナーと優しさのお話
 11月から12月にかけての今ごろの時期になると、届き始めるのが「喪中はがき」でございます。コロナ禍の今年は人の集まるイ...
「会社に行きたくない…」と思ってしまう5つの原因&対処法
 朝起きた時に、「会社に行きたくない」と思った経験がある人は多いでしょう。仕事内容や人間関係、給料の問題など、理由は人そ...
クールな彼女が好き!コロコロ転がって誘う“にゃんたま君”
 クールで賢く、品性を兼ね備えるハチワレ(額の模様が「八」の字のような柄の猫)。にゃんたま君は彼女のことが好きで好きでた...
モチベーションを上げる6つの方法♪ キープで効率アップ!
 仕事や家事を楽しく効率的に進めるためには、モチベーションを上げる必要があります。しかし、「やらなくちゃ」と思っているの...
時間にルーズだと命とりになるかも…?5つの特徴&克服方法
 仕事もプライベートも全て、「時間」によって進められます。仕事であればスケジュールや納期が決まっていますし、友達や彼氏と...
怪しい穴…“にゃんたま”君の尻尾がピン「なんだか匂うにゃ」
 こんなところに怪しい穴があるぞ。クンクン……なんだか匂うなあ。  気を付けてにゃんたま君! マルコヴィッチの穴か...
口癖は「私が悪かった」 そんな人に欠けているものって…?
 何か問題が起きたとき、すぐに周りの人や環境のせいにするのは良いことではありません。でも、「私が悪かった」という言葉を口...
ほっこり冬の幸せ!天使の口づけ「パンジー&ビオラ」の育て方
 暦は立冬を迎えました。ぼちぼち寒くなり、あたりが秋から冬の気配へと変わり始めると、お花好きの皆さま「今年もそろそろよね...