コロナ自粛中のイライラ育児は仕方ない! どう乗り越える?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-05-07 06:00
投稿日:2020-05-07 06:00
 突然やってきたコロナ自粛。緊急事態宣言を境に、生活が一転したご家庭は多いでしょう。ウイルスと戦うという根本的な問題はありますが、「目の前の育児こそが戦い!」そんな風に思うママも多いと思います。そこで今回は、4歳男児と向き合う1人のママとして、自粛中のイライラとどう向き合うか、乗り越え方を考えてみました。

突然のコロナ自粛! ママがイライラする理由はたくさん!

親も子ももう限界!(写真:iStock)
親も子ももう限界! (写真:iStock)

 コロナ禍の今、TwitterなどのSNSを覗くとストレスが溜まっているママたちの声をよく目にします。自粛は仕方がないことだし、医療従事者の方々はきっともっと大変。分かっていても、イライラしてしまう理由はたくさんありますよね。

幼稚園や学校の休校

 突然始まった幼稚園や小学校などの休校。兼業主婦の方は、「リモートワークになるのか?」「保育園や学童に預けられるのか?」「満足な手当を受けられるのか?」と、不安は尽きないばかり。

 家にいられることになっても、「子どもと朝から晩まで一緒……どうしよう?何しよう?」と、頭を抱えている方も多くいます。

子どもを連れて行く場所がない

 毎日がお正月のような、長い自粛期間。アクティブに「テーマパークに行こう!」「旅行に行こう!」と動けないため、子どもを遊ばせるのは、近所の公園や自宅の目の前の道路など。子どもを連れて行く場所がないことで、毎朝「今日は何をして過ごそう……?」と頭を悩ませるママも多いでしょう。

「スーパーに子どもを連れて行っても良いの?」という論争も起こっていましたが、小さな子どもを残して外出をするわけにはいかないご家庭が多いのが現状です。世間の目もなんだか厳しいですし、子どもにスーパーで騒がれたりでもしたらなおさらイライラは募ります。

夫&自分の仕事環境や家事負担などの変化

「コロナ離婚」という言葉も流行っていますが、夫や自分の仕事環境や家事負担の変化もイライラの原因。

 積極的に家事分担を行ってくれるならまだしも、「自分は働いているから、家事は妻の仕事だろう」と、ただただ座って仕事をしているだけのパパもいるそうです。3食の献立を考えるだけでも負担になりますし、食器や洗濯物の数も単純に増えます。「大きい子どもが1人増えた!」と、イライラしてしまうママも多いでしょう。

コロナ自粛中の育児でイライラしないためには?

今しか出来ないことをしてみる(写真:iStock)
今しか出来ないことをしてみる (写真:iStock)

 コロナ自粛というだけでも異常な環境なのに、そこに育児や家事、リモートワークがあると、手一杯になってしまうのは仕方がないこと。しばらくは同じような毎日なのが、またつらい。まずは、自分がイライラしないためにはどうすれば良いのかを考えてみました。

子どもにとってもストレスな環境だと理解する

 当たり前のように行っていた幼稚園や学校はもちろん、児童館や友達の家にも気軽に遊びに行けなくなってしまった子どもたち。思う存分、運動もできないし、なんだかママもパパもイライラしている……。

 自粛の理由を理解できる年齢の子どもだったとしても、改善策を設けないとストレスは溜まっていく一方。子どもだって等しくコロナ被害を受けていることを、まずは理解することが大切なのかな、と思います。

頑張りすぎずに手抜きをする

 宿題や課題が課せられている年の子どもがいる場合、時間割を立てて、毎日規則正しい生活を心がけているご家庭も多いでしょう。それを家族一丸となって楽しめるなら良いですが、その合間に家事や仕事をこなさなければならないママは、息が詰まってしまうと感じることもあるのではないでしょうか?

 そんな時には、頑張りすぎずに手抜きをすることも大切です。時には、カップラーメンやレトルト、テイクアウトでも良いじゃないですか? 洗い物や洗濯、お風呂を1日さぼったくらいで、人は死にません。心が死んでしまう前に手抜きをした方が、よっぽど笑顔でいられると思います。

人生であるかないかの貴重な体験だと考える

 絶対に喜ばしいことではないですが、パンデミックなんて人生で1度あるかないかの出来事。私たち親にとってはもちろん、子どもにとってもそうです。

 でも、子どもにとって今は、通園バスや学校の授業、部活動など、明日のことを考えずにいられる滅多にない時間。「ベランダで星座を観察しながらテントを張って寝る」など、プチ自由研究に取り組んでみたり、「今日は1日だらだらする日」と、ひたすらDVD観賞をしたりと、普段はできない親子でできるイベントを一緒に考えてみるのも良いかもしれません。

キツくなったら頼る

 世界中が我慢の時期、「つらい」「キツい」と言い出せない風潮になっています。しかし、どうしてもキツくなったら、誰かを頼ることも大切でしょう。自粛中に虐待やDVが増えているという問題もありますが、決して他人事ではないと思います。

 夫や両親など頼れる家族がいるのなら一番ですが、それが難しいのであれば数時間だけでもベビーシッターに預けてみたり、各地域の電話サポートなどに気持ちを話してみるだけでも楽になるかもしれません。

子どもに見習って「1日1つ、ワクワクを見つけること」

子どもにとっては毎日が新しい(写真:iStock)
子どもにとっては毎日が新しい (写真:iStock)

 そんな私には4歳の息子がいますが、どんなに愛しくても朝から晩までずっと一緒にいると、時にはやっぱりイライラしたりもします。

 でも、そんな息子に「毎日同じでつまらなくない?」と聞いたら、「ぜんぜん! 楽しい! 今日も自転車に乗りたい!」との答えが。息子の自転車練習、私はすでに飽き飽きしているのですが。でも、「子どもにとっては、毎日が新しいんだな」と思った次第です。

 同じような日々ですが、「1日1つ、何かしらのワクワクを見つけること」を子どもに見習って始めてみると、明日が少し楽しみになるのかもしれません。

 そんな私の最近の“ワクワク”は、夜のドライブ。歯磨きまでを済ませ、音楽を聴きながら息子と2人出かけます。寝かしつけもできて一石二鳥。「三密」にもなりませんし、なにより自分の息抜きにもなるので、おすすめですよ。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


ミッフィーのライトが寝かしつけをお手伝い 2022.7.7(木)
 夫の転勤に伴い、子どもが生まれてから2度の引っ越しを経験した我が家ですが、どのおうちでも、子どもがいる部屋のどこかに鎮...
伏し目がち“たまたま”の大人の色気…美シルエットにドキッ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
人の幸せを喜ぶには? まずは“自分ファースト”で心に余裕を
 友達が幸せそうにしていると、なぜか自分だけが取り残されたような気持ちになる人もいるでしょう。人の幸せを自分のことのよう...
開運花師激推し!夏っぽ“黄色の花”で元気&やる気をチャージ
 びっくりするほど短かった梅雨が明け、猛烈に暑い日本でございます。 「日本の気温がヨーロッパではニュースになってい...
円安でも大満足!ダナン&ホイアン満喫、世界はもう動いてる
 こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます...
「忘れ物が多い」と自覚するなら“時間ギリ子”の習慣をなくす
 常日頃、忘れ物が多いと悩んでいませんか? 仕事で必要な資料を家に忘れてきたり、お店に傘を忘れてきたなんて経験がある人は...
えっ“たまたま”が落ちてる?夏の夕暮れの路地で大胆ポーズ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 7月4日~7月10日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
「40代の女子会」手抜きメークは“ご法度”!NGマナーの確認を
 気の合う女性同士が集まって、本音を言い合いながら楽しめる「女子会」ですが、大人になると、やはりそれなりのマナーが必要で...
「枕元に麻婆豆腐置いとくわね」世界一意地悪な姑LINE3選!
 大切な息子をとられた恨みがあるからなのか、世の中には嫁をいびる意地悪な姑が存在します。今回は、運悪く意地悪な姑と家族に...
自分ファーストは難しい…他人軸で生きる人のメンタル安定術
 みなさんは、“自分のため”だけにできる行動って何かありますか? 「スキルアップに繋がる」「誰かのためになるかも」とか...
“たまたま”そっくりな口元に注目!ソファの上で寝落ち寸前!!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
暑い夏!“NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やす
 ここ数日の暑さには本当にまいっちゃいます。暑いのが大の苦手で、基本毎日薄着のワタクシ。夏だからとはいえ、女である以上脱...
悲劇のヒロイン説も浮上!「疲れるネガティブ」ちゃんへのお作法
「どうせ自分なんて」「もう嫌だ」……あなたの周囲にも「他人を疲れさせる」ネガティブな人はいませんか? 悲観的な発言を聞か...
事前準備が命!子連れ引っ越しこう乗り切る 2022.6.28(火)
 ただでさえ、やることだらけでバタバタするのがお引越しですが、小さな子がいる家族は環境の変化や子どもの体調など、心配事も...
タイ→ホーチミンへ!ベトナムドン、やっぱりゼロ多すぎ問題
こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます。...