性格か? 価値観か? 離婚しないための最適な相手の見つけ方

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-08-11 06:00
投稿日:2019-08-11 06:00
離婚理由でおなじみの「性格の不一致」と「価値観の違い」(写真:iStock)
離婚理由でおなじみの「性格の不一致」と「価値観の違い」 (写真:iStock)

 離婚理由としておなじみの「性格の不一致」「価値観の違い」

 これらは似ているようでいて実は全く異なるものです。「結婚相手に大事なのは中身だよね」と言いつつも、“中身って何?”ということがよくわかっていないケースは多々あります。

「中身」という言葉を紐解いていくと、大きくはこの「性格」と「価値観」に分類されるのですが、この2つのワードは似たようなニュアンスを持ちながらも、それぞれ相手との関係性の中で役割が違っているのです。

 この2つの違いを理解すれば、あなたにとって理想の結婚相手を選ぶ際の指針にもなると思いますので、その違いを解説したいと思います。

「性格」と「価値観」の違いとは?

若いころは“なんとなく楽しい”で良かったけど…(写真:iStock)
若いころは“なんとなく楽しい”で良かったけど… (写真:iStock)

 まずは「性格」と「価値観」とは何かについてご説明しましょう。

 2人の関係性において、性格と価値観が合うとはどういうことでしょうか?

 性格の一致  = 一緒の楽しい時間を過ごすことができるかどうか


 価値観の一致 = 一緒にいてお互いに不幸にならないかどうか

 性格の一致とは、例えば笑いのツボが近く同じタイミングで笑えたり、時間を共有した時に自然体でいられたり、日常のふとした瞬間にキュンとできたり。一致といっても同じ性格をしている必要はなく、性格の相性が良いことを一致ということができるでしょう。

 一方、価値観の一致とは、人生や考え方、金銭感覚といったものです。仮に一致していなくても、毎日を過ごすだけでは実はあまり問題ありません。しかし、長期的に「家族」という集団を運用していく時に、お互いのずれが生じ、対立が起こりやすくなったり、片方が相手に対して不満を持ちやすくなったりするのです。

 若い時の恋愛は、価値観が問題になることはあまりなく、なんとなくフィーリングが合えば楽しくいられるもの。でも、大人になって色々な制約が出てくると、価値観の部分も合っていないと一緒にいることが難しくなってきますよね?

結婚における価値観で重要なものは何?

いくつになってもお互いを尊重できる(写真:iStock)
いくつになってもお互いを尊重できる (写真:iStock)

 結婚生活を不幸にするさまざまな出来事を「問題」とし、それが起こった場合、その解決を図るためにはお互いの「価値観」の相性が良い必要があります。

 しかし、価値観の相性が合うかどうかは、なかなか判別がつきにくいですよね? そうした中で、まず見るべきポイントは何なのでしょうか?

 それは「互いの違いを受け入れることができるかどうか」です。

 価値観の中には、「自分と違う他者への許容度」という観点があります。許容度が高い人は、例えば自分と相手の考え方が違っていたとしても、何が違うのか、違う中でどうしたら互いにとって良い関わり方ができるのか、という視点で考えていくことができるんです。

 これは、「思いやり」とか「やさしさ」という性格的な要素ではなく、実は価値観として持っているかどうか、というものなんですよね。

 一方、許容度が低い人は「自分が正しい、相手が間違っている」というところから思考が離れないため、何を言われても自分は理不尽に攻撃されていると感じたり、相手のことを非難したりする傾向にあります。

 言い換えれば、「価値観の違いがあっても、お互いを尊重できる価値観」こそ、一番パートナーに求めるべき価値観なのです。

まとめ

「性格」と「価値観」の違い、お分かりいただけましたか?

 新しい異性との出会いがあった時に、性格と価値観という2つの軸を意識しながら相手を見ていると、今まで見えてなかったものもきっと見えてくるはず。

 好きになる理由を「フィーリング」の一言で片付けてしまっては、後になってさまざまな落とし穴にハマりがちになってしまいますよ。

ラブ 新着一覧


子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ
私のキャリアより性欲優先? 同棲に疲弊した33歳女性の憂鬱
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-19 06:00 ラブ
最低最悪彼氏実録エピ~人の財布からお金を抜いてパチンコ!?
 恋愛は、人の数ほどストーリーがあります。胸が熱くなるような純愛エピソードもあれば、時には信じられないくらいの最低最悪彼...
恋バナ調査隊 2022-11-19 06:00 ラブ
贅沢な悩み?「人が良すぎる彼氏」とのお付き合いってどうよ
 人が良すぎる彼氏。一見メリットだらけに感じる男性ですが、意外とそうとは限らないようです。  今回は、人が良すぎる...
恋バナ調査隊 2022-11-18 06:00 ラブ
高学歴男性と結婚するには?東大卒と結婚して感じたメリット
 高学歴の男性と結婚したいと考える女性は少なくありません。  必ずしも学歴が高いイコール高収入というわけではないのです...
内藤みか 2022-11-17 06:00 ラブ