性格か? 価値観か? 離婚しないための最適な相手の見つけ方

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-08-11 06:00
投稿日:2019-08-11 06:00
離婚理由でおなじみの「性格の不一致」と「価値観の違い」(写真:iStock)
離婚理由でおなじみの「性格の不一致」と「価値観の違い」 (写真:iStock)

 離婚理由としておなじみの「性格の不一致」「価値観の違い」

 これらは似ているようでいて実は全く異なるものです。「結婚相手に大事なのは中身だよね」と言いつつも、“中身って何?”ということがよくわかっていないケースは多々あります。

「中身」という言葉を紐解いていくと、大きくはこの「性格」と「価値観」に分類されるのですが、この2つのワードは似たようなニュアンスを持ちながらも、それぞれ相手との関係性の中で役割が違っているのです。

 この2つの違いを理解すれば、あなたにとって理想の結婚相手を選ぶ際の指針にもなると思いますので、その違いを解説したいと思います。

「性格」と「価値観」の違いとは?

若いころは“なんとなく楽しい”で良かったけど…(写真:iStock)
若いころは“なんとなく楽しい”で良かったけど… (写真:iStock)

 まずは「性格」と「価値観」とは何かについてご説明しましょう。

 2人の関係性において、性格と価値観が合うとはどういうことでしょうか?

 性格の一致  = 一緒の楽しい時間を過ごすことができるかどうか


 価値観の一致 = 一緒にいてお互いに不幸にならないかどうか

 性格の一致とは、例えば笑いのツボが近く同じタイミングで笑えたり、時間を共有した時に自然体でいられたり、日常のふとした瞬間にキュンとできたり。一致といっても同じ性格をしている必要はなく、性格の相性が良いことを一致ということができるでしょう。

 一方、価値観の一致とは、人生や考え方、金銭感覚といったものです。仮に一致していなくても、毎日を過ごすだけでは実はあまり問題ありません。しかし、長期的に「家族」という集団を運用していく時に、お互いのずれが生じ、対立が起こりやすくなったり、片方が相手に対して不満を持ちやすくなったりするのです。

 若い時の恋愛は、価値観が問題になることはあまりなく、なんとなくフィーリングが合えば楽しくいられるもの。でも、大人になって色々な制約が出てくると、価値観の部分も合っていないと一緒にいることが難しくなってきますよね?

結婚における価値観で重要なものは何?

いくつになってもお互いを尊重できる(写真:iStock)
いくつになってもお互いを尊重できる (写真:iStock)

 結婚生活を不幸にするさまざまな出来事を「問題」とし、それが起こった場合、その解決を図るためにはお互いの「価値観」の相性が良い必要があります。

 しかし、価値観の相性が合うかどうかは、なかなか判別がつきにくいですよね? そうした中で、まず見るべきポイントは何なのでしょうか?

 それは「互いの違いを受け入れることができるかどうか」です。

 価値観の中には、「自分と違う他者への許容度」という観点があります。許容度が高い人は、例えば自分と相手の考え方が違っていたとしても、何が違うのか、違う中でどうしたら互いにとって良い関わり方ができるのか、という視点で考えていくことができるんです。

 これは、「思いやり」とか「やさしさ」という性格的な要素ではなく、実は価値観として持っているかどうか、というものなんですよね。

 一方、許容度が低い人は「自分が正しい、相手が間違っている」というところから思考が離れないため、何を言われても自分は理不尽に攻撃されていると感じたり、相手のことを非難したりする傾向にあります。

 言い換えれば、「価値観の違いがあっても、お互いを尊重できる価値観」こそ、一番パートナーに求めるべき価値観なのです。

まとめ

「性格」と「価値観」の違い、お分かりいただけましたか?

 新しい異性との出会いがあった時に、性格と価値観という2つの軸を意識しながら相手を見ていると、今まで見えてなかったものもきっと見えてくるはず。

 好きになる理由を「フィーリング」の一言で片付けてしまっては、後になってさまざまな落とし穴にハマりがちになってしまいますよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 仕事でもプライベートでも、仲良くなりたい相手との話が合わない時ってありますよね。生まれた年代や趣味が違いすぎて、共通の...
若林杏樹 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 いつまでも仲良くいたくても、恋人との関係は思いがけない方法に進んでしまうことがあります。一方的に別れを切り出されること...
恋バナ調査隊 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 男性は「過去に付き合った彼女は、いつまでも自分のことを好き」だと思っていることが多いようです。それでも復縁したくなるほ...
恋バナ調査隊 2020-08-03 06:00 ラブ
FILM
 甘え上手な女性は同性から見ると、少しマイナスなイメージを持たれがち。しかし、それと同時に異性に上手に甘える彼女たちを見...
恋バナ調査隊 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 令和の時代になっても、昭和かと思うほどに、古典的な嫁イビリをする義母が散見されます。そんな義母との関係によって、想像を...
並木まき 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。人間の五感(視覚 聴覚 味覚 触覚 嗅覚)を超越した直感を“第六感”と呼びま...
山崎世美子 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性の中には、夫を思い通りにコントロールできないと、不機嫌になるタイプも珍しくありません。さらには自分の...
並木まき 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 離婚後の大きな不安の一つ、お金の問題。結婚や出産によって女性が仕事を辞めざるを得ないケースも多い中、離婚すれば経済的に...
七味さや 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 もはや調子に乗っているとしか思えない義母の態度や発言に対し、我慢の限界を迎える女性も。そんな義母に対して、真実や本音を...
並木まき 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 まだまだ感染症の心配が残り、慎重な行動が求められる今日このごろですが、出会い系にはまだ「今日会える人いませんか?」と呼...
内藤みか 2020-07-30 06:00 ラブ
FILM
 初婚の婚活女子なら、その多くが「結婚相手はなるべく初婚がいい」と言います。まあ、そう思う気持ちはよくわかります。ただ、...
田中絵音 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 H美さんの言葉に、一同の男女が感心しています。(前回の話はこちら) 「やっぱりなぁ。さすが心が広いというか、腹の...
うかみ綾乃 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 色気のある女性は同性から見ても、とても魅力的で憧れる存在。でも、「色気を出したい!」と思っても、どうすれば良いか悩んで...
恋バナ調査隊 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 一昔前とは違って、現代では離婚は珍しいことではありません。周りから後ろ指を差されたり、肩身が狭い思いをすることもないで...
恋バナ調査隊 2020-07-28 06:00 ラブ
FILM
 あなたは過去に、男性に浮気をされた経験がありますか? 裏切られた苦しみを一度でも味わうと、相手が変わったとしても「また...
リタ・トーコ 2020-07-28 06:00 ラブ
FILM
 仲が良くて気が合う片思い中の男性がいたとします。しかし、カレから見て自分が恋愛対象外だったらツライですよね。このまま動...
若林杏樹 2020-07-27 06:00 ラブ