彼女がいてよかったと男性が思う7つの瞬間♡心を掴むには?

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-05-28 06:00
投稿日:2020-05-28 06:00
 現在、彼氏がいる人は、どんな時に「彼がいてよかった」と感じますか? そう感じた瞬間、彼氏に対しての愛情がグッと高まる方も多いでしょう。これは男性だって同じです。
 そこで今回は、男性が「彼女がいてよかった」と思う瞬間や、そう思ってもらうためにはどうすれば良いのか、彼の心を掴む方法をご紹介します。

男性が「彼女がいてよかった」と思う7つの瞬間!

彼の愛情がぐっと深まる瞬間は?(写真:iStock)
彼の愛情がぐっと深まる瞬間は? (写真:iStock)

 誰だって彼氏に「私がいてよかったと思ってほしい」と思うものでしょう。彼氏にとって、替えがきかない存在になりたいと考える人も多いはず。では、男性はどんな時に「彼女がいてよかった」と感じているのでしょうか?

1. デートが楽しい時

 恋人同士にとって、デートは大切なもの。一緒にいる時間が増えれば増えるほど、相手のことを知ることができますし、思い出もたくさんできますよね。そんなデートの時に、素直に「楽しいな」と感じることができて、彼女も「楽しそうにしてくれているな」と感じた時、男性は「彼女がいてよかった」と感じるようです。

2. イベントがある時期

 イベントがある時期、恋人がいないと寂しい思いや空しい思いを感じる人は多いでしょう。特にバレンタインやクリスマスは、恋人同士にとって大切なイベント。こういったイベント時期になると、「ひとりじゃなくてよかった」とホッとする男性が少なくありません。

3. 仕事で嫌なことや疲れている時

 どんなに好きな仕事だとしても、嫌なことや疲れてしまうことはあるでしょう。そんな時、彼女の声を聞いたり顔を見ることで元気を取り戻す男性は多いです。彼女に癒された時、その存在の大きさを再確認して「いてくれてよかった」と思うのです。

4. 風邪などで寝込んだ時

 風邪などで寝込んだ時には、誰だって心細い気持ちになるもの。特に一人暮らしの人の場合には、体調不良により水や食料の確保すら不便なこともあるでしょう。そんな時に彼女がいれば、買い物をしてきてくれたり、料理を作ってもらうことができます。「彼女がいなければ、このままどうなっていたんだろう?」という不安を感じた時、感謝の気持ちを感じる男性は多いようです。

5. 友達に羨ましがられた時

 デート中、友達や同僚にバッタリ会うことはあります。そんな時、「素敵な彼女だね」「優しそうな人だね」なんて言われた時、心の中でガッツポーズをする男性は多いでしょう。友達に羨ましがられることで、自分の幸せを再確認するケースは多いでしょう。

6. 甲斐甲斐しくお世話してくれた時

 一人暮らしの男性の中には、彼女ができたことで「部屋の中が綺麗になった」「美味しい手料理が食べられるようになった」と、喜んでいる人が少なくありません。彼女が甲斐甲斐しくお世話してくれる姿に、あらためて惹かれてしまう男性は多いでしょう。

7. 生活にハリがあると感じた時

 彼女がいなかった時には、家と職場の往復の毎日を過ごしていた男性も多いはず。そんな男性の多くは、彼女ができたことで「生活にハリができた」と感じます。「次の休みはデートを楽しもう」と思うことで、「仕事を頑張ろう」と、モチベーションアップにつながる人もいるでしょう。

何気ない時間で彼の心を掴む5つの方法

気持ちは素直に伝えること(写真:iStock)
気持ちは素直に伝えること (写真:iStock)

 男性が「彼女がいてよかった」と感じる瞬間は、何も特別な時間ではありません。日頃の何気ない時間に、実感している人がほとんど。ということは、特別なことをしなくても、あなたという存在は特別なものになれるということです。

 では、何気ない時間でどうすれば彼の心を掴むことができるのか、ご紹介しましょう。

1. 一緒に過ごす時は笑顔を心がける

 デートなど、二人の時間は互いに笑顔でいられることが理想的。ときに喧嘩をしてしまうことはあると思いますが、なるべく常に笑顔を意識するようにしましょう。仕事で嫌なことがあったり、友達関係でトラブルがあった時でも、彼に当たらず笑顔を心がけていれば、自然と癒しの存在になれるはずです。

2. 自分の気持ちばかり押し付けない

 自分のことばかり考えていては、互いに必要だと思える関係は成立しません。よっぽど相手が大人でなければ、あなたのわがままに付き合い続けることは難しいでしょう。彼にとってかけがえのない存在になるためには、常に相手の気持ちを考えて行動することが大切です。

3. 束縛しすぎない

 適度な束縛は、恋愛をする上でスパイスになるはずです。特に交際始めの頃には、相手の気持ちを計る物差しにもなりますね。しかし、交際期間が長くなってきているのにも関わらずに束縛をすることは、男性にとって重荷になってしまう場合があります。過度な束縛は「信頼していない」と思われるリスクもあります。そうなれば、二人の関係は壊れやすくなってしまうでしょう。

4. 気持ちは素直に伝える

 鈍感な男性は多く、「こうしてほしい」という女性の気持ちに、なかなか気づくことができません。そのため、「溜め込まずに素直に気持ちを伝えてくれた方が良い!」と思う男性は多いようです。「恥ずかしい」「今さら伝える必要はない」なんて思わずに、気持ちは素直に伝え続けるようにしましょう。

5. 自分磨きを忘れない

 どんなに彼があなたに惚れていたとしても、それに甘んじていれば彼の心は離れていってしまう可能性があります。いつまでも彼の心を掴み続けるためには、自分磨きは必須! 自分磨きというと、外見を磨くことばかりに目が行ってしまいがちですが、仕事や趣味でのスキルアップを目指したりすることで内面も素敵な女性になれますよ。

「彼女がいてよかった」と思える存在を目指そう!

一緒にいてくれてありがとう(写真:iStock)
一緒にいてくれてありがとう (写真:iStock)

 交際がスタートしたということは、互いに愛情があるからこそ。しかし、この愛情は無条件で続く訳ではありません。保つためには、日頃から彼の気持ちを掴んで離さないような言動や行動が必要です。

「彼女がいてよかった」と思う瞬間を知れば、そのヒントが見えてくるはずですよ。ぜひ、彼氏にとって唯一無二の存在になってくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...