長文で送るのはNG…男性からウザいと思われないLINEの仕方

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-05-27 06:12
投稿日:2020-05-27 06:00
 緊急事態宣言は解除されたものの、まだまだ誰とでも楽しく遊ぼう、と思えるほどにはコロナも収束せず、家で悶々と過ごしているという人も多いことでしょう。
 気になる相手をデートに誘えない、でも、LINEではつながっていたい。そんなあなたのための、彼にウザがられないLINEテクをお教えいたします。

長文の義務っぽいLINEは恋人でもNG

これ全部に返信しないとダメなの?(C)コクハク
これ全部に返信しないとダメなの? (C)コクハク

 今、会えない恋人や異性からの連絡で、男性から一番「面倒になる」と聞くのが長文で送られてくるLINEです。トピックごとに内容が分かれていると全部に返答しなくてはならないような気になるんだそう。短文のLINEに比べると、ちょっとしっかり返さないといけないような気持ちになりますよね。

 恋愛を優先順位の最上位に持ってくる男性は少ないので、多くの男性にとって異性とのLINEのコミュニケーションは、よほど楽しくない限り面倒なもの。ダラダラと毎日続けたいのはわかりますが、続けることを目標にしてしまうと、内容のない長文LINEを送ることになりがちなので注意が必要です。

日記っぽい報告LINEは男性には理解不能? 

だから、何?(C)コクハク
だから、何? (C)コクハク

 同じくLINEをすることを目標にしてしまった時に起こりがちなのが、SNSのつぶやきのような内容を彼に送ってしまうこと。

 この手のLINEはシンプルに「言うべきことがない」というのが男性の感想だそうです。SNSで見かけても、いいね!を押すだけだろうし、「いいじゃん」以外に言うことがないんだそう(笑)。

 せめて彼に関係のあることならまだしも、全く関係ないことなら、彼が興味を持ってくれるトピックかどうか考えましょう。女性は興味のない話に共感することが得意な人も多いですが、男性は自分に全く関係のないことを会話することが苦手な人も多いです。

会話がなくなったらあっさり引いて!細切れに送ろう

 上記のようなLINEを送った後に、男性からあいづちのようなLINEしか返って来なかったり、LINEの頻度がとても少なくなっている時などは、意を決して自分から一度LINEを切りましょう。日にちが立たないと会話の方向の修正がしづらいですし、そもそも彼にとってタイミングの悪い時なのかもしれません。

 会話が続けづらいような返答が返ってきたら、無理にLINEを続けないこと。これができるようになれば、友人に送る時のようなLINEをたまに送って、しばらくしたら切れるという自然な流れが作れます。そもそも文章でのコミュニケーションは、お互いに相当興味がないと毎日は難しいものですよ。

なるべく「用事」と結びつけよう

相談風のLINEは返信率高め(C)コクハク
相談風のLINEは返信率高め (C)コクハク

 一度打ち切った後のLINEは、何かしら「用事」っぽいきっかけで送ると、相手も気軽に返しやすいと思います。用事のないLINEは切るタイミングもわからず、相手に「ダラダラ続きそうだな……」と思わせるため敬遠されることも多いでしょう。

 今はなかなか用事っぽい用事も思いつきにくいかもしれませんが、なんでもいいので彼が返信したくなるような、相談やアドバイスを求める内容だったりするといいかもしれませんね。

相手のLINEの仕方に合わせよう

彼がどんなタイプなのかを考えて(写真:iStock)
彼がどんなタイプなのかを考えて (写真:iStock)

 LINEも一つのコミュニケーションなので、どちらかに熱量がかたよっていると会話が成立しません。

 送る頻度や内容など、ある程度相手の気持ちもくみ取って、「ダラダラLINEが好きな人」なのか「文章でのコミュニケーションが苦手そう」な人なのかなど、相手のことを想像しながら送ってみるといいでしょう。

 あなたはじれったく感じることもあるかもしれませんが、少なくとも相手に合わせておけば、“ウザいな……”とLINEを切られることはなくなるはずですよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ
年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ