男性からOKをもらえるデートの誘い方のポイント&注意点

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-05-29 06:00
投稿日:2020-05-29 06:00
 あなたは、男性をデートに誘ったことがありますか? 気になる男性がいるのに、何も行動できない女性は多いでしょう。しかし、何もしなければこの恋は片思いのまま終わってしまうかもしれません。せっかく気になる男性が現れたのであれば、自分からアプローチしてみませんか? そこで今回は、デートの誘い方のポイントや注意点をご紹介します。

男性からOKをもらうには?デートの誘い方のポイント6選

彼の好みに合わせれば自然に誘える(写真:iStock)
彼の好みに合わせれば自然に誘える (写真:iStock)

 気になる男性ができた時、自分から誘えずに彼からの誘いを待っている人も多いでしょう。しかし、彼が動かない場合、このままでは何も進展しません。女性からアプローチするというのは勇気がいることですが、思い切ってデートに誘ってみませんか? OKしてもらいやすい、デートの誘い方のポイントを見ていきましょう。

1. 理由をつけて誘う

 突然、「デートしてください」と言われたら、引いてしまう人は多いでしょう。そのため、デートに誘う際には「今日、ご飯行かない?」など、理由をつけて誘うことがポイント。何も思っていない相手だったとしても、ご飯という理由があれば構えずに気軽にOKしてくれる可能性が高いです。

2. 回りくどい言い方はやめて、簡潔に伝える

 女性からアプローチする場合、「慣れていない」「照れがある」といった理由から、ついつい遠回しにデートの誘いをしてしまう人もいます。

 しかし、男性は鈍感な人が多いため、回りくどい言い方をしてしまうと、ちゃんと伝わりません。誘う際には、簡潔に伝えるようにしましょう。

3. 言葉で伝えにくければLINEを活用する

 アプローチすることに慣れていない場合には、言葉で直接伝えるのではなく、LINEを活用するのがおすすめ。文章であれば事前に内容を考えてチェックすることもできますし、顔を見て直接伝えるよりも気軽に誘うことができるはずです。

4. 彼の好きなものに誘う

 男性をデートに誘う際には、彼が好きなものを目的とすることもポイントです。たとえば、ラーメン好きな彼であれば、「美味しいラーメン屋さんを見つけたんだけど、一緒に行かない?」と、誘えば気軽にOKしやすくなります。

 食べ物だけでなく、映画やスポーツ観戦など、相手の好みに合わせて自然に誘うことができれば良いですね。

5. 友達感覚で気軽に声をかける

「デートに誘う」と考えると、ついつい力が入ってしまう人も多いでしょう。緊張して、堅苦しい雰囲気になってしまう人もいます。

 しかし、これでは相手も構えてしまうことになるでしょう。そうならないためには、友達感覚で気軽に声をかけることが大切です。

6. なるべく近々の日にちに設定する

「そのうち行きましょう」という誘い方では、社交辞令になってしまう可能性があるためデートに誘う際には、具体的な日にちを提案することも大切です。

「次の日曜日、空いている?」といったように、なるべく近々の日にち設定をすることがポイント。近々に設定していれば、相手が忘れたり、リスケされる心配も少なくなります。

男性をデートに誘う際に注意したい3つのこと

照れ隠しでも高飛車な態度はNG(写真:iStock)
照れ隠しでも高飛車な態度はNG (写真:iStock)

 男性をデートに誘えずにいる人の中には、「万が一、断られたらどうしよう?」という不安から、声をかけられずにいる人もいるでしょう。しかし、関係性を変えるためには、あなたが行動を起こすしかありません。そこで、男性をデートに誘う際に注意しなければいけないことをまとめました。

1. 相手の予定に合わせる

 勇気を出して好意ある男性を誘ったにも関わらず、予想外の返事がくると焦ってしまい、自分の都合でデートの約束をしようと必死になってしまう人もいます。しかし、これではOKをもらうことはできないでしょう。デートの誘いは、相手の都合が最優先です。相手が無理しないタイミングであったり、行きたい場所をリサーチしてから誘いましょう。

2. 上から目線で誘わない

 自分からデートに誘うというと、緊張してしまいますし、関係性によっては照れが出てしまう人もいるでしょう。そんな緊張や照れを隠そうという思いから、ついつい上から目線でデートに誘ってしまう人も多いです。しかし、これでは相手を不快にさせてしまうため、照れを捨てて、可愛らしく声をかけることが大切です。

3. 「相手は誰でも良い」といった態度をとらない

 声をかける際、「周りに、彼に好意を持っていることを知られたくない」という人もいるはず。彼にすら、好意を抱いていることを知られたくないと思い、「誰でも良いから、私に付き合って」といった態度をとってしまう人もいます。

 しかし、そんな態度をする女性に対して男性は真剣に向き合おうとしませんし、「他をあたったら?」と、冷めた目で見られる可能性もあります。「あなたと行きたい」という気持ちで、誘うようにしましょう。

待っているだけじゃ進まない!積極的に誘って彼の心を掴もう

楽しいデートになりますように(写真:iStock)
楽しいデートになりますように (写真:iStock)

 気になる男がいても自分からアプローチできない女性は多いようです。「そのうち、彼から誘ってくれる」と、男性からのアプローチをずっと待っている人もいます。

 しかし、そんなことをしている間にライバルに彼を奪われてしまうかもしれません。後々、「アプローチしておけばよかった」と後悔したくないのであれば、今が行動を起こす時!OKをもらいやすい誘い方で、積極的にアプローチしてみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


子どもの口グセで判明…悟ってしまったママ友の「鬼嫁事情」
 外ではどんなに取り繕っていても、家庭内では、“鬼嫁”っぷりを発揮している女性も散見されますよね。一方、子どもは正直なの...
並木まき 2021-12-06 06:00 ラブ
駆け引き上手な男性の特徴&振り回されない5つの対処方法
 男性からアプローチをされたら当然嬉しいものですが、もしも駆け引きだと感じたら戸惑う人も多いでしょう。たとえ好意を抱いて...
恋バナ調査隊 2021-12-06 06:00 ラブ
男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ