緊急事態にも快楽優先…不倫男たちが家庭に告げた驚きの口実

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-06-03 06:00
投稿日:2020-06-03 06:00
 ステイホーム中にも、不倫に明け暮れた男性は、決して少なくない様子。非常事態を迎えて不倫を清算した人も多いなか、自由な時間が増えたことから不倫に費やす時間を捻出したツワモノも存在するのです。
 そんな男性たちは、家族に巧みに嘘をつき、不倫相手との時間を捻出……。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、家族をあざむきながら快楽へと走る男性たちが使った言い訳をご紹介します。

1:自律神経が乱れていると嘘をつき…

「昨年から単身赴任をしていて、在宅勤務に切り替わったタイミングでも家には戻りませんでした。その理由は、不倫相手とのデートもしたかったから。けれど家族にも在宅勤務に変わったことは伝えていたので、デートのときに連絡がつかなくても、平気な言い訳が必要です。

 それで僕は、『在宅勤務になって自律神経が乱れたのか、睡眠時間が乱れている。昼夜がガタガタなので、連絡をもらっても寝ているかもしれない』と妻に伝えておきました。こうすれば、デート中に電話を無視しても大丈夫ですからね。実際、何度かデート中に妻から電話がありましたが、この嘘のおかげで問題にならなずに済みました」(42歳男性/システム)

2:ニセの出張で浮気相手に直行直帰

「早くからリモート勤務になったので、最初のうちは、妻には出勤日だと嘘をついて不倫相手と会っていました。でも、東京都の感染者が増えるにつれ、だんだんと不倫相手のメンタルが不安定になっちゃって……。“怖いから、泊まりで会いたい”と懇願されたので、仕方がないから何度か出張をでっち上げ、不倫相手の家に泊まりましたよ。

 妻からは『こんなときに出張だなんて……』と言われましたが、実際に僕の同僚でやむを得ない出張をしていた人がいましたので言い訳しやすかったです。非常事態中だったから自家用車で出やすかったし、お土産を物色せずに真っ直ぐ帰宅したとも言いやすかったから、便利でしたよ」(45歳男性/サービス)

3:コロナによって事業を縮小した仲間をアリバイに…

「親しい仲間がコロナの影響で事業所を縮小したんです。それで、“片付けを手伝ってもらいたい”と言われたのを使って、浮気相手と会う口実にしてました。実際に手伝いに行ったのは2回だけなんですが、浮気相手とのデートに行くために、家には『片付けを手伝ってくる』と言って4回外出しましたよ(笑)

 引っ越し系の手伝いは、進み具合によって帰宅時間も変わるし、作業中は電話に返答しなくても不自然ではないから、便利な口実でした。実際に手伝いにも行っているからアリバイ写真も撮れましたしね。おかげで妻はまったく疑っていませんでした」(39歳男性/自営業)

 ◇  ◇  ◇

 非常事態であることを悪用し、巧みな嘘で妻を欺く不倫男たち。感染症が蔓延しているさなかでは、動きまわるほどに感染リスクも高まっているはず……。ですが、彼らには快楽が優先なのでしょう。

 どうやら、どんな環境であれ不倫をやめられない男も存在するようです。自分の夫がその部類だったとしたら……。考えただけでゾッとしますよね。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「元妻とマッチング」の後悔 即ブロせずにベッドインした47歳男の決意
「冷酷と激情のあいだvol.204〜女性編〜」では、5年間前に離婚した元夫とマッチングアプリで再会し、よりを戻したいと考...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
別れた元夫とマッチング成立!デートで確信、ガチ復縁望む44歳女の心痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
【写真でプレイバック】表情がくるくると変わる石丸伸二氏
【この写真の本文に戻る⇒】 彼が『石丸伸二さん』『ひろゆき氏』推し…論破系男性との結婚でうまくいく女性と回避法は?
彼が『石丸伸二氏』『ひろゆき氏』推し、論破系男子との結婚でうまくいく女性と回避法は?
 7日放送のフジテレビ系「Mr.サンデー“七夕決戦”都知事選SP」に出演した元乃木坂46の山崎怜奈(27)と、都知事選で...
「子供ができた♡」図々しい不倫女に怒り心頭!妻が震えた驚愕LINE10通
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫…。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら、...
恋バナ調査隊 2024-07-10 06:00 ラブ
離婚を思いとどまった“子供の一言”、反対されて改めて気づくことがある。
 ちょうど今「夫とはもう暮らせないな…」と離婚を考えている女性もいるでしょう。でももし子供がいるなら、ぜひ子供の意見も聞...
恋バナ調査隊 2024-07-10 06:00 ラブ
これぞ港区女子が生きる術か。ボンビー女が港区おぢ経営者に口説かれた話
 筆者は都心から外れたアパートに住む「そこらへんの女」だが、ボンビーなくせに実業家の知り合いが多い。港区のタワマンで行わ...
時短美容協会 2024-07-09 06:00 ラブ
夫に料理任せたら、夕飯あるのに餃子を買ってくる男のナゾに答えが見えた
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  我が家で...
豆木メイ 2024-07-09 06:00 ラブ
不倫カップルの倦怠期はチャンス? よりよい未来を選ぶためにしたいこと
 不倫カップルの多くは、妻や夫に隠れて恋愛のスリルや刺激を味わっていますが、不倫カップルといえども、ときめきはいつか冷め...
7人目説は本当?何人目の彼氏と結婚すれば幸せになれるか、先輩妻に聞く
 幸せな結婚生活を送っている女性を見て「付き合って何人目の彼氏と結婚したの?」と気になることはありませんか? 実際のとこ...
子供部屋おじさんあるある5選にゾゾッ!実家男を彼氏にすると厄介かも…
「彼氏が実家住みなんだけど、もしかして話題の子供部屋おじさん…?」と不安になっている方、集合!  今回は、子供部屋おじ...
恋バナ調査隊 2024-07-07 06:00 ラブ
「全部承知の上だから…」芸能人さえ沼らせるプロ彼女のLINE術3選
 テレビに出てくる芸能人と付き合えたら夢のようだと思ったことはありませんか? 実は、芸能人やタレントの卵とばかり付き合う...
恋バナ調査隊 2024-07-07 06:00 ラブ
妻のシナリオ通り? 覚えのないモラハラを主張され困惑する46歳夫
「冷酷と激情のあいだvol.203〜女性編〜」では、7年間連れ添った夫が、実は自分にモラハラをしていたことに最近になって...
並木まき 2024-07-06 06:00 ラブ
「このメシ、なんでこんな味になるの?」結婚7年の集大成、モラハラ夫との離婚を急ぐ43歳妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-06 06:00 ラブ
【写真特集】ホットパンツも高級ブランドのマフラーも“着こなす”安藤美姫
    【この写真の本文に戻る⇒】安藤美姫に16歳教え子との“手つなぎデート”報道 我が子がかなり年上の先生に気に入...
安藤美姫に16歳教え子との“手つなぎデート”報道 我が子がかなり年上の先生に気に入られたら?
 6月27日発売の『週刊文春』で、専任コーチを務める16歳教え子との“手つなぎデート”を報じられた元フィギュアスケート選...