緊急事態にも快楽優先…不倫男たちが家庭に告げた驚きの口実

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-06-03 06:00
投稿日:2020-06-03 06:00
 ステイホーム中にも、不倫に明け暮れた男性は、決して少なくない様子。非常事態を迎えて不倫を清算した人も多いなか、自由な時間が増えたことから不倫に費やす時間を捻出したツワモノも存在するのです。
 そんな男性たちは、家族に巧みに嘘をつき、不倫相手との時間を捻出……。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、家族をあざむきながら快楽へと走る男性たちが使った言い訳をご紹介します。

1:自律神経が乱れていると嘘をつき…

嘘の言い訳で彼女とデート(写真:iStock)
嘘の言い訳で彼女とデート (写真:iStock)

「昨年から単身赴任をしていて、在宅勤務に切り替わったタイミングでも家には戻りませんでした。その理由は、不倫相手とのデートもしたかったから。けれど家族にも在宅勤務に変わったことは伝えていたので、デートのときに連絡がつかなくても、平気な言い訳が必要です。

 それで僕は、『在宅勤務になって自律神経が乱れたのか、睡眠時間が乱れている。昼夜がガタガタなので、連絡をもらっても寝ているかもしれない』と妻に伝えておきました。こうすれば、デート中に電話を無視しても大丈夫ですからね。実際、何度かデート中に妻から電話がありましたが、この嘘のおかげで問題にならなずに済みました」(42歳男性/システム)

2:ニセの出張で浮気相手に直行直帰

出張にかこつけて実際は…(写真:iStock)
出張にかこつけて実際は… (写真:iStock)

「早くからリモート勤務になったので、最初のうちは、妻には出勤日だと嘘をついて不倫相手と会っていました。でも、東京都の感染者が増えるにつれ、だんだんと不倫相手のメンタルが不安定になっちゃって……。“怖いから、泊まりで会いたい”と懇願されたので、仕方がないから何度か出張をでっち上げ、不倫相手の家に泊まりましたよ。

 妻からは『こんなときに出張だなんて……』と言われましたが、実際に僕の同僚でやむを得ない出張をしていた人がいましたので言い訳しやすかったです。非常事態中だったから自家用車で出やすかったし、お土産を物色せずに真っ直ぐ帰宅したとも言いやすかったから、便利でしたよ」(45歳男性/サービス)

3:コロナによって事業を縮小した仲間をアリバイに…

自分の夫だったらと思うと辛すぎる(写真:iStock)
自分の夫だったらと思うと辛すぎる (写真:iStock)

「親しい仲間がコロナの影響で事業所を縮小したんです。それで、“片付けを手伝ってもらいたい”と言われたのを使って、浮気相手と会う口実にしてました。実際に手伝いに行ったのは2回だけなんですが、浮気相手とのデートに行くために、家には『片付けを手伝ってくる』と言って4回外出しましたよ(笑)

 引っ越し系の手伝いは、進み具合によって帰宅時間も変わるし、作業中は電話に返答しなくても不自然ではないから、便利な口実でした。実際に手伝いにも行っているからアリバイ写真も撮れましたしね。おかげで妻はまったく疑っていませんでした」(39歳男性/自営業)

 ◇  ◇  ◇

 非常事態であることを悪用し、巧みな嘘で妻を欺く不倫男たち。感染症が蔓延しているさなかでは、動きまわるほどに感染リスクも高まっているはず……。ですが、彼らには快楽が優先なのでしょう。

 どうやら、どんな環境であれ不倫をやめられない男も存在するようです。自分の夫がその部類だったとしたら……。考えただけでゾッとしますよね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ