緊急事態にも快楽優先…不倫男たちが家庭に告げた驚きの口実

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-06-03 06:00
投稿日:2020-06-03 06:00
 ステイホーム中にも、不倫に明け暮れた男性は、決して少なくない様子。非常事態を迎えて不倫を清算した人も多いなか、自由な時間が増えたことから不倫に費やす時間を捻出したツワモノも存在するのです。
 そんな男性たちは、家族に巧みに嘘をつき、不倫相手との時間を捻出……。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、家族をあざむきながら快楽へと走る男性たちが使った言い訳をご紹介します。

1:自律神経が乱れていると嘘をつき…

嘘の言い訳で彼女とデート(写真:iStock)
嘘の言い訳で彼女とデート (写真:iStock)

「昨年から単身赴任をしていて、在宅勤務に切り替わったタイミングでも家には戻りませんでした。その理由は、不倫相手とのデートもしたかったから。けれど家族にも在宅勤務に変わったことは伝えていたので、デートのときに連絡がつかなくても、平気な言い訳が必要です。

 それで僕は、『在宅勤務になって自律神経が乱れたのか、睡眠時間が乱れている。昼夜がガタガタなので、連絡をもらっても寝ているかもしれない』と妻に伝えておきました。こうすれば、デート中に電話を無視しても大丈夫ですからね。実際、何度かデート中に妻から電話がありましたが、この嘘のおかげで問題にならなずに済みました」(42歳男性/システム)

2:ニセの出張で浮気相手に直行直帰

出張にかこつけて実際は…(写真:iStock)
出張にかこつけて実際は… (写真:iStock)

「早くからリモート勤務になったので、最初のうちは、妻には出勤日だと嘘をついて不倫相手と会っていました。でも、東京都の感染者が増えるにつれ、だんだんと不倫相手のメンタルが不安定になっちゃって……。“怖いから、泊まりで会いたい”と懇願されたので、仕方がないから何度か出張をでっち上げ、不倫相手の家に泊まりましたよ。

 妻からは『こんなときに出張だなんて……』と言われましたが、実際に僕の同僚でやむを得ない出張をしていた人がいましたので言い訳しやすかったです。非常事態中だったから自家用車で出やすかったし、お土産を物色せずに真っ直ぐ帰宅したとも言いやすかったから、便利でしたよ」(45歳男性/サービス)

3:コロナによって事業を縮小した仲間をアリバイに…

自分の夫だったらと思うと辛すぎる(写真:iStock)
自分の夫だったらと思うと辛すぎる (写真:iStock)

「親しい仲間がコロナの影響で事業所を縮小したんです。それで、“片付けを手伝ってもらいたい”と言われたのを使って、浮気相手と会う口実にしてました。実際に手伝いに行ったのは2回だけなんですが、浮気相手とのデートに行くために、家には『片付けを手伝ってくる』と言って4回外出しましたよ(笑)

 引っ越し系の手伝いは、進み具合によって帰宅時間も変わるし、作業中は電話に返答しなくても不自然ではないから、便利な口実でした。実際に手伝いにも行っているからアリバイ写真も撮れましたしね。おかげで妻はまったく疑っていませんでした」(39歳男性/自営業)

 ◇  ◇  ◇

 非常事態であることを悪用し、巧みな嘘で妻を欺く不倫男たち。感染症が蔓延しているさなかでは、動きまわるほどに感染リスクも高まっているはず……。ですが、彼らには快楽が優先なのでしょう。

 どうやら、どんな環境であれ不倫をやめられない男も存在するようです。自分の夫がその部類だったとしたら……。考えただけでゾッとしますよね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-04 06:01 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-04 06:01 ラブ
FILM
 仕事などでしばらく会えていなかった彼に、久しぶりに会えるデートの日♡ それなのに、生理が来てしまった……なんて時もあり...
ミクニシオリ 2020-07-04 06:00 ラブ
FILM
 友人や近しい人の離婚。自分が離婚を経験していないと、何て言葉をかければいいかわからないですよね。何を言っても傷つけてし...
七味さや 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
「異性と遊ぶ」というと、男性をイメージする方が多いと思いますが、男遊びをする女性はたくさん存在します。今回は、そんな女性...
リタ・トーコ 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
 前回に続き、浮気男に対処する妻(彼女)たちのエピソードです。  昔から「男の胃袋をつかめ」という言葉がありますが、多...
うかみ綾乃 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 彼氏との旅行は本当に楽しみでドキドキしますよね。その反面、長い時間一緒にいることでボロが出てしまわないか不安な部分もあ...
恋バナ調査隊 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 恋人と別れる理由は人それぞれですが、ある程度時間が経って冷静になると「やっぱり好き」「ヨリを戻したい」という気持ちにな...
恋バナ調査隊 2020-07-01 06:00 ラブ
FILM
 今や出会いは、マッチングアプリで見つけられる時代。  マッチングアプリを利用した人の約7割が「出会えた!」、そし...
田中絵音 2020-06-30 06:25 ラブ
FILM
 気になる男性とのドキドキのLINE交換! その後、一生懸命にアプローチをしている女性は多いでしょう。しかし、そんな女性...
恋バナ調査隊 2020-06-30 06:07 ラブ
FILM
 恋愛教本やモテ術など、世間にはたくさんの恋愛テクニックで溢れています。よく私も参考にするのですが、男性側のモテ本には何...
若林杏樹 2020-06-29 10:21 ラブ
FILM
 外出自粛が緩和されてから日も経過し、少しずつ日常を取り戻しつつありますね。では、完全に「コロナ前」のような過ごし方に戻...
ミクニシオリ 2020-06-29 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして! 愛知県在住、社会人の27歳です!  付き合って1年になる遠距離恋愛中の彼とのことで相談です。彼は...
神崎メリ 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 人との出会いというのは、とても不思議なもの。自然な出会いもあれば、必然的な出会いもあるでしょう。マッチングアプリの出会...
恋バナ調査隊 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:57 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:50 ラブ