緊急事態にも快楽優先…不倫男たちが家庭に告げた驚きの口実

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-06-03 06:00
投稿日:2020-06-03 06:00
 ステイホーム中にも、不倫に明け暮れた男性は、決して少なくない様子。非常事態を迎えて不倫を清算した人も多いなか、自由な時間が増えたことから不倫に費やす時間を捻出したツワモノも存在するのです。
 そんな男性たちは、家族に巧みに嘘をつき、不倫相手との時間を捻出……。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、家族をあざむきながら快楽へと走る男性たちが使った言い訳をご紹介します。

1:自律神経が乱れていると嘘をつき…

嘘の言い訳で彼女とデート(写真:iStock)
嘘の言い訳で彼女とデート (写真:iStock)

「昨年から単身赴任をしていて、在宅勤務に切り替わったタイミングでも家には戻りませんでした。その理由は、不倫相手とのデートもしたかったから。けれど家族にも在宅勤務に変わったことは伝えていたので、デートのときに連絡がつかなくても、平気な言い訳が必要です。

 それで僕は、『在宅勤務になって自律神経が乱れたのか、睡眠時間が乱れている。昼夜がガタガタなので、連絡をもらっても寝ているかもしれない』と妻に伝えておきました。こうすれば、デート中に電話を無視しても大丈夫ですからね。実際、何度かデート中に妻から電話がありましたが、この嘘のおかげで問題にならなずに済みました」(42歳男性/システム)

2:ニセの出張で浮気相手に直行直帰

出張にかこつけて実際は…(写真:iStock)
出張にかこつけて実際は… (写真:iStock)

「早くからリモート勤務になったので、最初のうちは、妻には出勤日だと嘘をついて不倫相手と会っていました。でも、東京都の感染者が増えるにつれ、だんだんと不倫相手のメンタルが不安定になっちゃって……。“怖いから、泊まりで会いたい”と懇願されたので、仕方がないから何度か出張をでっち上げ、不倫相手の家に泊まりましたよ。

 妻からは『こんなときに出張だなんて……』と言われましたが、実際に僕の同僚でやむを得ない出張をしていた人がいましたので言い訳しやすかったです。非常事態中だったから自家用車で出やすかったし、お土産を物色せずに真っ直ぐ帰宅したとも言いやすかったから、便利でしたよ」(45歳男性/サービス)

3:コロナによって事業を縮小した仲間をアリバイに…

自分の夫だったらと思うと辛すぎる(写真:iStock)
自分の夫だったらと思うと辛すぎる (写真:iStock)

「親しい仲間がコロナの影響で事業所を縮小したんです。それで、“片付けを手伝ってもらいたい”と言われたのを使って、浮気相手と会う口実にしてました。実際に手伝いに行ったのは2回だけなんですが、浮気相手とのデートに行くために、家には『片付けを手伝ってくる』と言って4回外出しましたよ(笑)

 引っ越し系の手伝いは、進み具合によって帰宅時間も変わるし、作業中は電話に返答しなくても不自然ではないから、便利な口実でした。実際に手伝いにも行っているからアリバイ写真も撮れましたしね。おかげで妻はまったく疑っていませんでした」(39歳男性/自営業)

 ◇  ◇  ◇

 非常事態であることを悪用し、巧みな嘘で妻を欺く不倫男たち。感染症が蔓延しているさなかでは、動きまわるほどに感染リスクも高まっているはず……。ですが、彼らには快楽が優先なのでしょう。

 どうやら、どんな環境であれ不倫をやめられない男も存在するようです。自分の夫がその部類だったとしたら……。考えただけでゾッとしますよね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-27 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:04 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ