“恋”と“愛”の違いって何? 恋が愛に変わる「4つの瞬間」♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-06-23 06:00
投稿日:2020-06-23 06:00
「恋愛」は“恋”と“愛”という字で構成されていますが、この2つの文字の違いについて考えたことがある方はそう多くはないのではないでしょうか? 今回は、そんな恋と愛の違いについて解説していきます。併せて、恋が愛へと変わる瞬間に感じる4つのポイントについても、見ていきましょう。

“恋”と“愛”ってどう違うの?おもな3つの違い

愛ってなんですか?(写真:iStock)
愛ってなんですか? (写真:iStock)

 “恋”と“愛”とは、組み合わせることで「恋愛」という一つの言葉になります。では、この「恋すること」と「愛すること」では、どのような違いがあるのでしょうか。まずは、おもな3つの違いをチェックしていきましょう。

恋と愛の違い1:恋は盲目であり愛は現実と向き合うもの

 “恋”と“愛”では、見える景色が違うという方が多くいらっしゃいます。恋は、恋人だけを見つめ、周りが見えなくなってしまうもの。自分と恋人を中心に世界が広がっているという感覚があれば、それは恋でしょう。

 一方、愛とは現実と向き合うものです。好きという気持ちだけで続くものではなく、愛しているからこそ、寄り添うこともあれば離れる時もあるという印象です。

 つまりは、恋は盲目であり、愛は現実と向き合うものだと言えるでしょう。

恋と愛の違い2:恋は一方的で愛は育むもの

 恋は、一方通行のような片思いの状態でも成り立つものです。しかし、愛は互いに思い合って二人で育んでいくものです。愛の形はカップルによってさまざまですが、必ず言えることは“一緒にその愛を育てる”ということでしょう。

 片思いでも成り立つ恋とは違い、愛は両方の矢が互いに向いていないと成り立ちません。これも、“恋”と“愛”の大きな違いだと言えるでしょう。

恋と愛の違い3:恋は刺激を求めるもので愛は安定感を求める

 “恋”と“愛”とでは、求めるものにも違いがあると言われています。恋は、一時的な気持ちの高揚感から刺激もスパイスの1つになりますが、愛は、先のことを考えて互いに安心感を求めるものです。

 恋と愛を「付き合うこと」と「結婚すること」に置き換えた時、その違いが明確に分かるのではないでしょうか。付き合う場合には一時的な関係になることがありますが、結婚するということはそれなりの責任が生じます。愛を育んでいくためには、刺激的な関係よりも安心感のある関係の方が育みやすさも増します。

“恋”が“愛”へと変わる4つの瞬間

 ご紹介したように、“恋”と“愛”の性質はそれぞれ違うものの、時に恋は愛へと変化することもあります。次は、そんな4つの瞬間についてご紹介しましょう。

1. 疑わないようになる

 恋が愛へと変わる瞬間1つ目は、「疑わないようになること」でしょう。

「浮気をしていないか?」「どこで何しているんだろう?」など、何かと不安を抱えて相手に対して疑いの目を向けてしまう時期は“恋”。対して、自然と相手との深い絆ができ、信じることができるようになったのであれば、それは“愛”へと変わった瞬間だと言えるでしょう。

2. 相手を第一に考えられる

「相手を第一に考えられるようになること」も、恋が愛へと変わった瞬間に起こること。

 恋をしている時期は、周りのカップルと比べて「相手が自分のためにどんなことをしてくれるか?」と思ったりなど、相手の気持ちよりも自分の思いを優先してしまいがちです。

 しかし、恋が愛へと変わると、いつの間にか自分のことよりも相手を優先的に考えることができるようになります。相手の気持ちを尊重し、「自分が相手のために何ができるか?」と思えるようになったのであれば、それは、恋から愛へと変わった証拠と言えるでしょう。

3. 相手の嫌なところも含めて好き

「相手の嫌なところも含めて好きになる」ことも、恋から愛への変化かもしれません。

 人は、なんらかの良いところが見えた時、誰かを好きになるものです。しかし、時が経つにつれて、良いところだけではなく悪いところが見えてくるでしょう。場合によっては、その悪いところが、別れの原因になることもあります。

 しかし、嫌な部分も相手の一部だと認識して受け入れることができるようになると、それは愛になり、本当の愛情を注げるようになるのでしょう。

4. 見返りを求めない

「見返りを求めなくなること」も愛を語る上では、外せないことでしょう。

 これは、先にご紹介した「第一に相手のことを考えること」にもつながるポイントでもありますが、「これをしたから、相手からも何かしてもらいたい」というようなギブアンドテイクの関係ではなく、無条件で相手を喜ばせたいと思えるようになるかどうかが、恋から愛へと変わる鍵になるでしょう。

「何かをしてあげる」という気持ちよりも、相手の喜ぶ顔を思い浮かべられるようになったのであれば、それは愛だと思います。

“恋”と“愛”の大きな違いは絆の深さ!愛を2人で育もう!

 “恋”と“愛”についてお伝えしてきましたが、もっとも大きな違いは「絆の深さ」なのではないのかな、と思います。疑いを持ったり、見返りを求めたりするなどの自分中心の考えから、相手を信頼して全てを受け入れられるようになることで、絆の深さが強まっていくのでしょう。

 楽しくドキドキとした刺激的な“恋”の時期を越え、マンネリではなく、お互いの気持ちを確かめ合える穏やかな“愛”へと変わっていく瞬間を、ぜひパートナーと感じてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ