「ひとり離婚式」のススメ! 悲しい記憶にサヨナラを言おう

七味さや 漫画家・イラストレーター
更新日:2020-05-15 06:00
投稿日:2020-05-15 06:00
 悲しみや憎しみ、罵倒や交渉……離婚は結婚以上に膨大なエネルギーを使うものです。無事に全て終わって離婚届を出した後も、そこから前に進むためのパワーが必要です。
 気持ちを切り替えて新たなスタートを切るために、今回は「ひとり離婚式」なるものをオススメしたいと思います!

(漫画:七味さや)
(漫画:七味さや)

新しい一歩のため「ひとり離婚式」をしよう

 昨今、「離婚式」というものが流行っているそうです。結婚式と同じように友人や親族を招待し、ゲストの前で結婚指輪を叩き割るとか。楽しそうだとは思うのですが、費用がかさみますし円満離婚じゃないとなかなか難しいですよね。

 そこで「ひとり離婚式」のご提案です! 思い出の品を全て燃やすもよし。喪服を着て指輪を海に投げるもよし。指輪投げは筆者もやりたかったのですが、環境のことを考えてできませんでした(笑)

 その代わりに、京都にある「安井金比羅宮」にお参りに行きました。悪縁を断ち良縁を結ぶことで有名な神社で、その効果がやばいとSNSで話題になっていたので、ずっと気になっていたのです!

 平日の午後イチだったにもかかわらず結構な人が来ており、ほとんどが日本人女性。ここにいる人はみんなしんどいことがあったのかな……と妙な仲間意識を感じました。

 リコちゃんのように参拝し、穴もくぐり、自分の中での離婚式を終えました。おかげさまで今は夜な夜な泣くようなこともなくなり、少しずつですが前を向くことができています。未練も断ち切れたかも……御利益、恐るべし。

 ちなみに付き添ってくれたのは元夫の叔母でした。見届けてくれた人がいたことも、けじめをつけるために良かったのかもしれません。

 悲しみや憎しみを断ち切るため、新しい一歩を踏み出すため――。けじめとしての費用をかけない離婚式、オススメします!

登場人物紹介

(漫画:七味さや)
(漫画:七味さや)

リコ
幸せな生活が一転、離婚してどん底なアラサー。離婚協議中に10件占いをしたが、全ての占い師に「離婚は避けられない」と言われた。御朱印集めが趣味。

ノラ
リコの高校時代からの友人。占いや非科学的なことは信じないが、寺社仏閣巡りは意外と好き。観光地では歴史に想いを馳せるタイプ。というか日本刀にめちゃめちゃ詳しいタイプ。

七味さや
記事一覧
漫画家・イラストレーター
離婚済アラサー漫画家。不注意型ADHD傾向ありの綱渡り人生。世界中からゆるされたくて、「ゆるし系」漫画やキャラクターを描いています。やさしい世界をつくりたい。Xでも随時漫画更新中。お仕事実績はこちら:https://shichimin.com/

関連キーワード

ラブ 新着一覧


お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ