心と胃袋の友「コンビニ総菜」の夕飯が“皿1枚”で劇的に変化

terumi スタイリスト
更新日:2020-06-05 11:24
投稿日:2020-06-05 06:00

緊急事態宣言解除→帰宅後はお疲れモード全開

食器は料理のキモノ by魯山人先生(写真:terumi)
食器は料理のキモノ by魯山人先生 (写真:terumi)

 こんにちは。スタイリストのterumiと申します。

 緊急事態宣言が解除されて(な、長かった自粛生活……)気持ちはウキウキしちゃいますが、自粛慣れしてしまったのか? 出かけて帰ってくるとなんだか疲れるわ~(笑)と思う今日この頃です。

 もっとも、薄れがちな記憶をたどれば、コロナ自粛の前からも(!)、疲れたわたしの生活を支えてくれていたのは、そう、コンビニです。今もなお、お世話になり続けております。

 コンビニ各社さまの社内努力のおがげで、お家へ帰ってすぐにおいしいものが食べられるのは大変ありがたいですね(感謝しかない)。ですが、ちょっと気を抜いて自分に優しくなりすぎてしまうと、ひとりごはんだし、疲れてるし、パッケージのまま食べても良くなぁい? ってなったりしてませんか? しますよねー?

 映えないどころか、自堕落な部分を目の当たりにし、とっても残念な気持ちに……。しかし、ここはほんのちょっとだけ、がんばってみましょう。お皿に移し替えるだけで見た目の視覚効果も相まって、満足度がグンとアップしますよ。

焼き鮭を丸平皿の洋食器に盛り付けてみると…

定食屋顔負け(?)の一品に(写真:terumi)
定食屋顔負け(?)の一品に (写真:terumi)

 ご覧のとおり、お皿に盛り付けただけで、「ちゃんとしてます感」満載の食卓になりますよね(ちなみにチラッと見えているお味噌汁もレトルトですw)。

 これが包丁もまな板も使わずにできるなんて、コンビニさまありがとう!

 今回使用した平皿は業務用のツルツルとした22.5cmのプレートです。本来なら、ハンバーグや魚のソテー、サラダといった洋食に向いている洋食器なのですが、あら、不思議。ザ・和食メニューでも盛り付けてみるとさらっとしたライトな雰囲気になるので、案外良いですよ!

 ツルツルした透明感が特徴の洋食器と比べ、ザラザラごつごつと土の感触を残した和食器は、実家っぽい雰囲気になってしまいがちですし。小鉢だの小皿だのと使用する食器の数が増えてしまうのも、丸皿の洋食器だと、副菜も一緒に盛り付けられる。こちらも嬉しいですね。

ホットスナック定番の「唐揚げ」がおやつから格上げ

このまま食べてもおいしいけれど…(写真:terumi)
このまま食べてもおいしいけれど… (写真:terumi)

 コンビニ総菜といえば、ホットスナックも捨てがたい! お腹がすいた~という状況で吸い寄せられるようにコンビニへ入ると、レジ前のコーナーでロックオン状態に(苦笑)。ついつい唐揚げ棒を買ってしまいます。

 でもでも、唐揚げ棒って“瞬殺”で食べ終わっちゃいませんか? ごはんのおかずというより、小腹を満たすおやつ!? ですが、ここはグッとこらえ、唐揚げ棒もお皿に盛り付けると立派なお食事になるのです!

カフェオレボウルを丼代わりに使う

ど、どーん!(苦笑)/(写真:terumi)
ど、どーん!(苦笑) /(写真:terumi)

 20年ほど前にパリかぶれだったわたしが今日まで大事にしているカフェオレボウル。当時はこれでカフェオレを飲むなんて! パリジェンヌ、めちゃお洒落!! と実家の家族に変な目で見られながら飲んでました(笑)。そんなブームはすぐに去りましたけれど。

 実は直径14cm、高さ7cmのカフェオレボウル。小さな丼として使用するのにもちょうどいいサイズです。まず、ごはんの上にレタスミックスをふんわり盛りつけます。ごはんが半分ぐらい隠れるぐらいでしょうか。次にコンビニ定番のポテトサラダを細かいことは気にせず、箸でごろごろっと盛り付けます。スプーンですくうとベタベタしがちですので、ここはぜひ、お箸でどうぞ。

 そうそう、肝心な唐揚げを盛るスペースを全体の四分の一くらい、残しておいてくださいね。棒から外した唐揚げを最後に山盛りに乗せると、見た目もドーンと迫力のある唐揚げ丼になりますよ。もちろん、この手法は唐揚げ棒ではなく、ナゲットタイプにも、一枚サイズの鶏唐揚げ(こちらは包丁でひと口大にカットして)にも使えます。

 さーて、きょうは何のコンビニ総菜にしようかな(笑)。そうそう、もやし焼きそばが映える盛り付け方についても検証しています。よろしければ、見てみてくださいね。

【まとめ】

・和食=和食器にこだわらない。洋食器を使うとカフェ風魚定食に早変わり。
・ホットスナックはおやつだけにあらず。カフェオレボウルや小丼ぶりに盛り付けると食事になる。
・ポテトサラダはスプーンより箸で取り出す。

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が、結婚後に女...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。日常的に知らず知らずにやってしまう人間観察。そんな中で育ちがよさそう!と思わ...
FILM
 毎日溜まっていく汚れたお皿や洋服、ほこり……。特に、フルタイムで働いている女性にとって家事をする時間はできるだけ短縮し...
FILM
 緊急事態宣言が解除されて早くも1カ月。まだまだ街に賑わいが戻ったとは言いがたく、慎重な生活が求められている今日この頃で...
FILM
 にゃんたまωにひたすらロックオン!  きょうも出逢ったイケてる猫に声をかけて、にゃんたまストリートスナップ撮影。...
FILM
 遥か昔、ワタクシが幼少の頃。学校の帰り道にあった大きな造園会社の塀に絡まって咲いていた、何とも摩訶不思議なお花がござい...
FILM
 バセドウ病によって甲状腺の全摘手術に至ってから、まもなく1年になろうとしています。  術後の経過は順調で、今は体力や...
FILM
 ニャンタマニアのみなさま、お待たせしました。  きょうは久しぶりに、「接写したくなるにゃんたまω」です。 ...
FILM
 ご飯作りは、毎日の生活の中で切り離せない大事な家事のひとつ。しかし、仕事で疲れていたり、献立を考えるのが面倒だったり、...
FILM
 コロナ期、私たちはSNSを利用して、リアルで減ってしまったコミュニケーションを埋めました。人と会えない期間によって、よ...
FILM
 土鍋を置いておくと、猫がまあるくなって中に入る「ネコ鍋」現象がありますが、透明ボウルを置いてみたら、やはり!入りました...
FILM
 ある日の昼下がり。  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんに、この日も悩める子羊がお花を買いにやってまいりました。...
FILM
 寛解に向かっていたバセドウ病が再燃してからは、ひとことで言うと「地獄」。何をしても良くならない症状が、日を追うごとにひ...
FILM
 世界で一番多くのにゃんたまωを撮影する、猫フェチカメラマン・芳澤です。  「いいえ、我こそがにゃんたま撮影数世界...
FILM
 みなさんこんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が結婚後に女性が...
FILM
 きょうは、小さな港地区のにゃんたま兄貴。  強くて賢くてカッコイイからみんなに一目置かれていて、次期のボス猫候補...