欅坂46・non-noモデル渡邉理佐の包容力!平手も赤ちゃんに…

こじらぶ ライター
更新日:2020-06-20 06:00
投稿日:2020-06-20 06:00

渡邉理佐のクール&ドSキャラにギャップ萌え

平手(左)を「赤ちゃん」として溺愛した渡邉(右)。彼女が見せてきた包容力とは…(C)日刊ゲンダイ
平手(左)を「赤ちゃん」として溺愛した渡邉(右)。彼女が見せてきた包容力とは… (C)日刊ゲンダイ

 先日放送された欅坂46の冠番組「欅って、書けない?」(テレビ東京系、以下「けやかけ」)では、メンバーがリモート出演。その中でもう一度見たい過去の名シーンとして紹介されたのが、16年放送の楽屋隠し撮り企画だ。当時、渡邉理佐(21)の面倒見のいいお姉さんぶりが明らかになった。

 楽屋で誰に言われるでもなく率先して片付けをしたり、他のメンバーがアイスをこぼし自身の服を汚してしまうと、ドスのきいた低い声で「こぼしてんじゃねーよ!」と言いながらも即座にティッシュを渡してあげていた。

 グループ結成当初から端正な顔立ちと抜群のスタイル、クールな佇まいで人気を博していた彼女だが、ドSっぽいのにめっちゃ優しいお姉さんというこのギャップにやられてしまったファンも多かった(筆者もそのうちの一人だ)。

 もしアイドルになっていなかったら保育士になりたかったという彼女は面倒見が良く、母性の強いタイプの女性なのだろう。18年放送の“けやかけ”でも可愛くて大好きなメンバーを激しすぎるほど強くハグしてしまう理由について、「赤ちゃんとかってめっちゃ潰したくなるじゃないですか」と独特な表現で説明していた。

 近年、欅坂46で「赤ちゃん」といえば最年少だった平手友梨奈(18)。気を許したメンバーやスタッフの前での甘えん坊な姿に加え、普段の天然な行動からもそれが見られていた。

 18年9月に収録された豪邸でメンバーだけで過ごす企画において、平手のTシャツの首元からタグが全開ではみ出ていた時も「タグ出てるよ」と直してあげていた渡邉。平手の「しまっといて。ありがとう」の声が尋常じゃない赤ちゃんみを醸し出していた。

渡邉と平手友梨奈の“特別”な関係

デビュー年初めて2人で「non-no」に登場した際のショット。良好な関係ではあったが常に行動を共にするような仲ではなかった/「non-no」公式Instagram(2016年12月31日付)より
デビュー年初めて2人で「non-no」に登場した際のショット。良好な関係ではあったが常に行動を共にするような仲ではなかった /「non-no」公式Instagram(2016年12月31日付)より

 もとより、欅坂46初期から楽曲でポジションが近いことなどもあり良好な関係だった2人だが、特別大の仲良しというわけではなく、それぞれ別のメンバーと過ごす時間の方が長かった。

 だが18年上半期、平手が欅坂46の活動を部分的に休止しながら、自身初出演にして初主演した映画「響-Hibiki-」の撮影時、突然「家に行っていい?」と初めて向かったのが渡邉の家だった。その時のことを渡邉は、「他愛もない話をしただけです。お互いそんなに社交的なタイプじゃないから、その後に一緒に何かをしたっていうわけじゃないんですけど」と語っている(「ORICON NEWS」2019年4月3日配信)。

 グループから離れ初主演映画撮影で何か思い詰めるところがあったのか、メンバーと話がしたくなったと思われる平手が、まだ微妙に距離がある中でも足を運んで頼りたくなる、そんな包容力が渡邉にはあるのだろう。

「避雷針」と「黒い羊」の振り付けで変化が…

 そんな微妙な距離がありながらも、平手が渡邉に懐くきっかけになったのは5thシングルカップリング「避雷針」と、8thシングル「黒い羊」の振付けではないだろうか。

 もともと「避雷針」の振付けでは、グループの中心で叩きに遭いやすい平手を避雷針のように守る志田愛佳(21=18年5月から体調不良により活動休止後、同年11月卒業)の構図が描かれていた。曲中の平手が助走をつけダッシュで駆け込み、ジャンプして志田に抱き付くというものだ。志田は平手を妹のように可愛がり、平手もまた志田を心から慕っていた。

 そんな志田が活動休止に入ってから「避雷針」のそのポジションに代わりに就いたのが渡邉だった。まだ平手・志田ほどの距離感ではなかった渡邉がそこに入ったのは、単純にポジションが志田のシンメトリーに位置していただけだからなのか、秋元氏もしくは振付師が渡邉に志田のような役割を持たせようとしたのかは分からないが結果的にそうなった。

 19年2月発売の8thシングル「黒い羊」では平手演じる僕が他人と分かり合おうと必死に抱きしめに行っては突き返される様が描かれる振りで、渡邉は抱きしめに来た平手を一度受け止め抱っこしたままクルリと一周回って優しく平手を下す。振付けとはいえ、こうした抱擁の繰り返しが本人たちの微妙な距離感を解きほぐしていくことになったのではないか(加えて、渡邉も平手も精神的に支えとしていた志田や長濱ねる(21=19年3月卒業発表後、同年7月卒業)がグループからいなくなってしまったという外的要因もあっただろう)。

エンタメ 新着一覧


山中秀樹さんの泥酔事件 夜のニュースでろれつが回らず…
【今だから語れる涙と笑いの酒人生】  山中秀樹さん(フリーアナウンサー/62歳)  元フジテレビのアナウンサーで現在...
2021-06-21 17:03 エンタメ
リポーター菊田あや子さん「終活」常任理事&講師で活動中
【あの人は今こうしている】 菊田あや子さん(タレント、リポーター/61歳)  ◇  ◇  ◇  かつて「ルックルッ...
2021-06-21 17:03 エンタメ
わざわざ挨拶に…ARBのメンバーはとっても律儀だった
【ロフト創業者が見たライブハウス50年】#50  これまで時系列にLOFTを振り返ってきたわけではないが……。1969...
2021-06-21 17:03 エンタメ
女道楽・内海英華さん「入院14回」貯金できると体を壊し…
【役者・芸人「貧乏物語」】  内海英華さん(女道楽・61歳)  講談や漫談など、2000年代から上方で長らく途絶えて...
2021-06-21 17:03 エンタメ
波瑠「ナイト・ドクター」フジ月9の“先制パンチ”は吉か?
 フジテレビ月9の夏クールは、竹野内豊(50)主演の「イチケイのカラス」が終わってすぐの翌週21日から、波瑠(30)主演...
2021-06-21 08:08 エンタメ
菅田将暉と小松菜奈の報道に漂う宣伝臭 写真も逸話もナシ
【芋澤貞雄「裏の裏まで徹底取材」】  発売中の『女性セブン』(21年7月1日・8日号)が、菅田将暉(28)と小松菜奈(...
2021-06-21 08:08 エンタメ
熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた
 5月18日、会社経営者の夫から暴行を受けたと警察に通報したタレントの熊田曜子(39)。夫は逮捕された後に釈放されたが、...
2021-06-21 08:08 エンタメ
宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」
【私が東京五輪に断固反対する理由】#3  宮本亞門さん(演出家)  ◇  ◇  ◇  このパンデミック禍でなぜ今、...
2021-06-20 17:03 エンタメ
佐々木希に馬淵優佳…“スキャンダル夫”を支える賢い妻たち
 スキャンダル夫を支える妻の奮闘が目につく。  15日放送「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に元飛び込み日本代表...
2021-06-20 17:03 エンタメ
佐藤二朗は大活躍 ドラマを面白くしているのは個性派だ!
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  佐藤二朗の活躍が目覚ましい。自身が主宰する演劇ユニット「ちからわざ」の舞台を映画...
2021-06-20 17:03 エンタメ
大学時代は理論派だった ハナコ岡部の先輩の「難しい笑い」
【今週グサッときた名言珍言】 「すごい的確なアドバイスしてくれる宮下さんっていう先輩がいたんですけど、その宮下さんが、...
2021-06-20 17:03 エンタメ
広瀬すず&橋本環奈 不仲説を囁かれた二人が急接近した理由
 これまで同じ作品に出たことがなかったため、“不仲説”まで飛び交っていた広瀬すず(23)と橋本環奈(22)。2人が共演し...
2021-06-20 17:03 エンタメ
大政絢「飯テロドラマ」でコロナ後“ひとり飲み女子”急増?
 今月4日にスタートしたWOWOWオリジナルドラマ「ひとりで飲めるもん!」が、SNSなどで、〈飯テロ……お腹が減った〉な...
2021-06-20 17:03 エンタメ
ぶっちゃあさんは豚足と間違えて自分の手をかじった
【ダンカンの笑撃回顧録】#97  サンミュージックの秘話(5)  ◇  ◇  ◇  40年以上ものお笑い仲間のブッ...
2021-06-20 17:03 エンタメ
小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動
【皇室のトリビア】#20  秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約内定者である小室圭さんが、留学していた米国フォーダム大学のロ...
2021-06-20 17:03 エンタメ
大島優子は名脇役に成長 今や元AKB48で一番の「勝ち組」に
【テレビが10倍面白くなるコラム】 「AKB48」上がりのキワモノとみられた大島優子(32)をドラマに起用したら、「あ...
2021-06-20 17:03 エンタメ