欅坂46・non-noモデル渡邉理佐の包容力!平手も赤ちゃんに…

こじらぶ ライター
更新日:2020-06-20 06:00
投稿日:2020-06-20 06:00

渡邉理佐のクール&ドSキャラにギャップ萌え

平手(左)を「赤ちゃん」として溺愛した渡邉(右)。彼女が見せてきた包容力とは…(C)日刊ゲンダイ
平手(左)を「赤ちゃん」として溺愛した渡邉(右)。彼女が見せてきた包容力とは… (C)日刊ゲンダイ

 先日放送された欅坂46の冠番組「欅って、書けない?」(テレビ東京系、以下「けやかけ」)では、メンバーがリモート出演。その中でもう一度見たい過去の名シーンとして紹介されたのが、16年放送の楽屋隠し撮り企画だ。当時、渡邉理佐(21)の面倒見のいいお姉さんぶりが明らかになった。

 楽屋で誰に言われるでもなく率先して片付けをしたり、他のメンバーがアイスをこぼし自身の服を汚してしまうと、ドスのきいた低い声で「こぼしてんじゃねーよ!」と言いながらも即座にティッシュを渡してあげていた。

 グループ結成当初から端正な顔立ちと抜群のスタイル、クールな佇まいで人気を博していた彼女だが、ドSっぽいのにめっちゃ優しいお姉さんというこのギャップにやられてしまったファンも多かった(筆者もそのうちの一人だ)。

 もしアイドルになっていなかったら保育士になりたかったという彼女は面倒見が良く、母性の強いタイプの女性なのだろう。18年放送の“けやかけ”でも可愛くて大好きなメンバーを激しすぎるほど強くハグしてしまう理由について、「赤ちゃんとかってめっちゃ潰したくなるじゃないですか」と独特な表現で説明していた。

 近年、欅坂46で「赤ちゃん」といえば最年少だった平手友梨奈(18)。気を許したメンバーやスタッフの前での甘えん坊な姿に加え、普段の天然な行動からもそれが見られていた。

 18年9月に収録された豪邸でメンバーだけで過ごす企画において、平手のTシャツの首元からタグが全開ではみ出ていた時も「タグ出てるよ」と直してあげていた渡邉。平手の「しまっといて。ありがとう」の声が尋常じゃない赤ちゃんみを醸し出していた。

渡邉と平手友梨奈の“特別”な関係

デビュー年初めて2人で「non-no」に登場した際のショット。良好な関係ではあったが常に行動を共にするような仲ではなかった/「non-no」公式Instagram(2016年12月31日付)より
デビュー年初めて2人で「non-no」に登場した際のショット。良好な関係ではあったが常に行動を共にするような仲ではなかった /「non-no」公式Instagram(2016年12月31日付)より

 もとより、欅坂46初期から楽曲でポジションが近いことなどもあり良好な関係だった2人だが、特別大の仲良しというわけではなく、それぞれ別のメンバーと過ごす時間の方が長かった。

 だが18年上半期、平手が欅坂46の活動を部分的に休止しながら、自身初出演にして初主演した映画「響-Hibiki-」の撮影時、突然「家に行っていい?」と初めて向かったのが渡邉の家だった。その時のことを渡邉は、「他愛もない話をしただけです。お互いそんなに社交的なタイプじゃないから、その後に一緒に何かをしたっていうわけじゃないんですけど」と語っている(「ORICON NEWS」2019年4月3日配信)。

 グループから離れ初主演映画撮影で何か思い詰めるところがあったのか、メンバーと話がしたくなったと思われる平手が、まだ微妙に距離がある中でも足を運んで頼りたくなる、そんな包容力が渡邉にはあるのだろう。

「避雷針」と「黒い羊」の振り付けで変化が…

 そんな微妙な距離がありながらも、平手が渡邉に懐くきっかけになったのは5thシングルカップリング「避雷針」と、8thシングル「黒い羊」の振付けではないだろうか。

 もともと「避雷針」の振付けでは、グループの中心で叩きに遭いやすい平手を避雷針のように守る志田愛佳(21=18年5月から体調不良により活動休止後、同年11月卒業)の構図が描かれていた。曲中の平手が助走をつけダッシュで駆け込み、ジャンプして志田に抱き付くというものだ。志田は平手を妹のように可愛がり、平手もまた志田を心から慕っていた。

 そんな志田が活動休止に入ってから「避雷針」のそのポジションに代わりに就いたのが渡邉だった。まだ平手・志田ほどの距離感ではなかった渡邉がそこに入ったのは、単純にポジションが志田のシンメトリーに位置していただけだからなのか、秋元氏もしくは振付師が渡邉に志田のような役割を持たせようとしたのかは分からないが結果的にそうなった。

 19年2月発売の8thシングル「黒い羊」では平手演じる僕が他人と分かり合おうと必死に抱きしめに行っては突き返される様が描かれる振りで、渡邉は抱きしめに来た平手を一度受け止め抱っこしたままクルリと一周回って優しく平手を下す。振付けとはいえ、こうした抱擁の繰り返しが本人たちの微妙な距離感を解きほぐしていくことになったのではないか(加えて、渡邉も平手も精神的に支えとしていた志田や長濱ねる(21=19年3月卒業発表後、同年7月卒業)がグループからいなくなってしまったという外的要因もあっただろう)。

エンタメ 新着一覧


FILM
 週末の日本列島に衝撃の訃報が届いた。人気女優の竹内結子さん(享年40)が東京都渋谷区の自宅マンションで急逝。昨年2月に...
2020-09-29 17:03 エンタメ
FILM
 公園で遊ばせている長男が「ママ、ママァ」と呼ぶと、満面の笑みで駆け寄って抱き上げ、抱きしめる――。このほど都内の高級住...
2020-09-29 17:03 エンタメ
FILM
“コント日本一”を決める「キングオブコント2020」決勝戦が26日行われ、13代目キングの栄冠を手にしたジャルジャル(後...
2020-09-29 17:03 エンタメ
FILM
「日本の芸能界では自殺者が相次いでいる」――海外メディアも驚きを持って伝えている。  女優・竹内結子さん(40)の27...
2020-09-29 17:03 エンタメ
FILM
【大ブーム!韓流エンタメの光と影】#1  映画「パラサイト」やドラマ「愛の不時着」の大ヒット、韓国のプロデューサーJ....
2020-09-29 17:03 エンタメ
FILM
 コンサートとか、イベントとか、少しずつだけど始まりましたね。  演歌界の貴公子、大好きな山内惠介くんの武道館コンサー...
2020-09-29 17:03 エンタメ
FILM
 今年は7月に、売れっ子俳優の三浦春馬さんが30歳の若さで自ら死を選んだ。9月には女優の芦名星さん(享年36)が春馬さん...
2020-09-29 17:03 エンタメ
FILM
【芸能記者稼業 血風録】#72  アイドル歌手に続いて芸能界の一大勢力を築いたのが雑誌のグラビアから生まれたアイドルた...
2020-09-29 17:03 エンタメ
FILM
 負の連鎖が止まらない。  9月27日未明、女優の竹内結子さん(享年40)が東京・渋谷区の自宅マンションで急死した。こ...
2020-09-29 17:03 エンタメ
FILM
 今年に入り、実に多くの所属タレントが大手芸能事務所「オスカープロダクション」から退社し、「次は誰が退社するのか?」とい...
2020-09-28 17:03 エンタメ
FILM
 福士蒼汰(27)主演のドラマ「DIVER-特殊潜入班-」(カンテレ・フジテレビ系=火曜午後9時)が22日にスタート。世...
2020-09-28 17:03 エンタメ
FILM
 自殺とみられている女優の竹内結子さん(40)の急死に「なぜ?」とショックが広がっている。 「27日午前2時ごろ、東京...
2020-09-29 10:48 エンタメ
FILM
 女優・竹内結子さん(40)の27日の訃報に、業界内には「産後うつだったのか?」と勘繰る向きもある。  竹内さんは昨年...
2020-09-29 10:48 エンタメ
FILM
「半沢直樹」とともに話題になった「私の家政夫ナギサさん」では多部未華子と大森南朋が注目されたが、ヒットを支えたのは若い多...
2020-09-27 17:03 エンタメ
FILM
【あれもこれも言わせて】  このところの芦田愛菜(16)の活躍ぶりには目を見張るものがある。まずCM。梅沢富美男相手に...
2020-09-27 17:03 エンタメ
FILM
【今週グサッときた名言珍言】 「カッコいい顔なんか、いらんのよ、東京では。必要な顔は負け顔と泣き顔やから」(濱家隆一「...
2020-09-27 17:03 エンタメ