愛と美のオンナの幸せを司る「ピンク花」のとてつもない威力

斑目茂美 開運花師
更新日:2020-06-24 06:37
投稿日:2020-06-24 06:00

悩める女性のお客様がご来店

海のイソギンチャクのようなピンクバラ「シーアネモネ」(写真:浅野光寿)
海のイソギンチャクのようなピンクバラ「シーアネモネ」 (写真:浅野光寿)

 ある日の昼下がり。

 猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんに、この日も悩める子羊がお花を買いにやってまいりました。そのお客様は、ワタクシやスタッフが数人のお客様と談笑している横を、やや強引に、猛烈な勢いで何かをお探しのご様子……。

 狭い店内をウロウロなさっているので、「何かお探しですか?」と声をかけると「ピンク! ピンク!」とおっしゃる。

ワタクシ 「ピンク色なら、どんなお花でもよろしいのでしょうか?」

お客様  「コンニチワ」

ワタクシ 「日本語OK?」

お客様  「ピンク! ピンク! コイビト! ビックサイズ!」

ワタクシ 「なんじゃ!そりゃあ~!」

 果てしなく怪しい日本語で喋るこちらのお客様は、どうやらアジアのお国の方のよう。わからない言葉の国で頑張ってらっしゃるそのお客様が、なかば血眼になって次々と指差す「ピンク色の花」は、彼女にとっての「恋愛成就のおまじない」のお花のご様子……。

 ならば、ワタクシも乗りましょう! その「おまじない」に!

 ということで、今週は「愛と美容とオンナの開運 ピンクの威力」の解説でございます。

ピンクは「若さと美しさを保つ色」

ピンクのお花はまさに女性の運気を爆上げ
ピンクのお花はまさに女性の運気を爆上げ

 “ピンク色は女性の運気を総体的に爆上げしてくれる色”、というのはわりと知られたお話。女性にとって恋愛運・結婚運・人間関係を良好にするといわれているピンク色は、近くに置いたり、身につけたりすることでアナタの女性らしさを演出するばかりか、さまざまな効果が期待されるとも申します。

 たとえば、お肌や髪、体を若く保つ効果。ピンク色は女性ホルモンの分泌を促す色としても有名ですが、交感神経に働きかけ気分を穏やかにし、血行をよくする効果があるとされていて、女性の若さと美を司る色なのでございます。

 ちなみに、お花屋さんは、「出産祝いのお花」のご注文をいただくと、優しいピンク色を積極的にセレクトいたします。その理由は、女性ホルモンの分泌を促すだけでなく、女性の子宮内膜の色とされるピンク色が出産後に穏やかな気分をもたらすからと言われているからなのでございます。

 また、色を肌で識別していることを証明する「ライトトーナス値」(両目遮光の状態で、肌に色の光を当てたことでわかる筋肉の緊張度合いの値)が、もっとも低い色とされているのが淡いピンク色。多くの産婦人科や美容整形クリニックの院内配色が、優しいピンク色で構成されている理由でもあります。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


円安でも大満足!ダナン&ホイアン満喫、世界はもう動いてる
 こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます...
「忘れ物が多い」と自覚するなら“時間ギリ子”の習慣をなくす
 常日頃、忘れ物が多いと悩んでいませんか? 仕事で必要な資料を家に忘れてきたり、お店に傘を忘れてきたなんて経験がある人は...
えっ“たまたま”が落ちてる?夏の夕暮れの路地で大胆ポーズ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 7月4日~7月10日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
「40代の女子会」手抜きメークは“ご法度”!NGマナーの確認を
 気の合う女性同士が集まって、本音を言い合いながら楽しめる「女子会」ですが、大人になると、やはりそれなりのマナーが必要で...
「枕元に麻婆豆腐置いとくわね」世界一意地悪な姑LINE3選!
 大切な息子をとられた恨みがあるからなのか、世の中には嫁をいびる意地悪な姑が存在します。今回は、運悪く意地悪な姑と家族に...
自分ファーストは難しい…他人軸で生きる人のメンタル安定術
 みなさんは、“自分のため”だけにできる行動って何かありますか? 「スキルアップに繋がる」「誰かのためになるかも」とか...
“たまたま”そっくりな口元に注目!ソファの上で寝落ち寸前!!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
暑い夏!“NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やす
 ここ数日の暑さには本当にまいっちゃいます。暑いのが大の苦手で、基本毎日薄着のワタクシ。夏だからとはいえ、女である以上脱...
悲劇のヒロイン説も浮上!「疲れるネガティブ」ちゃんへのお作法
「どうせ自分なんて」「もう嫌だ」……あなたの周囲にも「他人を疲れさせる」ネガティブな人はいませんか? 悲観的な発言を聞か...
事前準備が命!子連れ引っ越しこう乗り切る 2022.6.28(火)
 ただでさえ、やることだらけでバタバタするのがお引越しですが、小さな子がいる家族は環境の変化や子どもの体調など、心配事も...
タイ→ホーチミンへ!ベトナムドン、やっぱりゼロ多すぎ問題
こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます。...
招き猫“たまたま”の「おいでおいで♪」に吸い寄せられちゃう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 6月27日~7月4日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
すいかばかと呼ばれる男<2>ハッパ64で10年に一度のすいかを
 山梨県のすいかの生産量は全国で最下位の47位。その山梨県北杜市で、ひとりこだわりのすいかを作る男がいる。寿風土(ことぶ...
「40こえたら大変」うぜえ!思い込み激しい系からの迷惑LINE
「思い込み」は、本人が気づいていないからやっかいなもの。悪気があるわけでもないから、こちらが傷ついても文句が言えないのも...