愛と美のオンナの幸せを司る「ピンク花」のとてつもない威力

斑目茂美 開運花師
更新日:2020-06-24 06:37
投稿日:2020-06-24 06:00

悩める女性のお客様がご来店

海のイソギンチャクのようなピンクバラ「シーアネモネ」(写真:浅野光寿)
海のイソギンチャクのようなピンクバラ「シーアネモネ」 (写真:浅野光寿)

 ある日の昼下がり。

 猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんに、この日も悩める子羊がお花を買いにやってまいりました。そのお客様は、ワタクシやスタッフが数人のお客様と談笑している横を、やや強引に、猛烈な勢いで何かをお探しのご様子……。

 狭い店内をウロウロなさっているので、「何かお探しですか?」と声をかけると「ピンク! ピンク!」とおっしゃる。

ワタクシ 「ピンク色なら、どんなお花でもよろしいのでしょうか?」

お客様  「コンニチワ」

ワタクシ 「日本語OK?」

お客様  「ピンク! ピンク! コイビト! ビックサイズ!」

ワタクシ 「なんじゃ!そりゃあ~!」

 果てしなく怪しい日本語で喋るこちらのお客様は、どうやらアジアのお国の方のよう。わからない言葉の国で頑張ってらっしゃるそのお客様が、なかば血眼になって次々と指差す「ピンク色の花」は、彼女にとっての「恋愛成就のおまじない」のお花のご様子……。

 ならば、ワタクシも乗りましょう! その「おまじない」に!

 ということで、今週は「愛と美容とオンナの開運 ピンクの威力」の解説でございます。

ピンクは「若さと美しさを保つ色」

ピンクのお花はまさに女性の運気を爆上げ
ピンクのお花はまさに女性の運気を爆上げ

 “ピンク色は女性の運気を総体的に爆上げしてくれる色”、というのはわりと知られたお話。女性にとって恋愛運・結婚運・人間関係を良好にするといわれているピンク色は、近くに置いたり、身につけたりすることでアナタの女性らしさを演出するばかりか、さまざまな効果が期待されるとも申します。

 たとえば、お肌や髪、体を若く保つ効果。ピンク色は女性ホルモンの分泌を促す色としても有名ですが、交感神経に働きかけ気分を穏やかにし、血行をよくする効果があるとされていて、女性の若さと美を司る色なのでございます。

 ちなみに、お花屋さんは、「出産祝いのお花」のご注文をいただくと、優しいピンク色を積極的にセレクトいたします。その理由は、女性ホルモンの分泌を促すだけでなく、女性の子宮内膜の色とされるピンク色が出産後に穏やかな気分をもたらすからと言われているからなのでございます。

 また、色を肌で識別していることを証明する「ライトトーナス値」(両目遮光の状態で、肌に色の光を当てたことでわかる筋肉の緊張度合いの値)が、もっとも低い色とされているのが淡いピンク色。多くの産婦人科や美容整形クリニックの院内配色が、優しいピンク色で構成されている理由でもあります。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


自分の匂いで上書きニャ! 縄張りを巡回する“にゃんたま君”
 朝、パトロール中のにゃんたま君に出逢いました。  縄張りに他の猫の匂いを見つけたら、自分の匂いで上書き! そうし...
冷え性と酷暑の足元問題! 2021.7.28(水)
 始まりましたね、東京五輪。日本選手の活躍をライブで見たいとリモコンを片手にザッピングに忙しい方も少なくないのではないで...
祝福に花束を「復興の御礼とおもてなし」のビクトリーブーケ
 一年延期のオリンピック東京大会がいよいよ開催されました。初めて尽くしの今大会においては色々なお考えの方もいらっしゃるで...
やる気が出ない…家事が嫌いになる4つの原因&克服する方法
 家事をやらなくてはいけないのはわかっているのに「やる気が出ない……」と、つい後回しにしている人も多いはず。そこで今回は...
日常生活、無理…! しんどいことがあったときの持ち直し方
 失恋、離婚、対人関係、仕事の失敗……悲しいかな、大人になっても打ちのめされてしまうようなショックな出来事は時折やってき...
7月26日~8月1日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
中に入れるかにゃ?カメラバッグをチェックする“にゃんたま”
 きょうは、猫に大人気のカメラバッグに忍び寄るにゃんたまω君。  カメラバッグの蓋を開けたら、猫が入って眠っている...
熟年夫婦のLINEが面白すぎる♡ 誰もが憧れるやりとり5選
 世の中には数多くの夫婦がいますが、ラブラブ夫婦が長い年月を一緒に過ごして熟年夫婦になると、2人だけにしかわからない世界...
町田薬師池公園で大賀ハスのロマンに酔う 2021.7.24(土)
 東京・町田市の薬師池公園の大賀ハスが見ごろということで、早起きして行ってきました! 「大賀ハス」は植物学者・大賀...
これもダメ?年下に“おばさんLINE”と思われる特徴5つ
 普段、何気なく送っているLINE、もしかしたら年下の友人や彼氏に「おばさんLINE」だと思われているかもしれません。流...
初恋の気持ちを思い出す…ミステリアスな“にゃんたま”青年
 いつかどこかで出逢ったにゃんたまω青年は、美しい佇まいにセンチメンタルな眼差しでした。ちょっとミステリアスな雰囲気で、...
コロナ禍で転業を考え始めたイケメンカフェ店員の胸の内
 緊急事態宣言が発令され、街の人出が減るなか、密やかに営業を続けて穴場となっているスポットはいくつもあります。実は、イケ...
大きな葉っぱが幸運を招き入れる「モンステラ」のスゴイ威力
「あんたが寝てる部屋の下には、水脈が走っている」  実年齢の割に元気に働くことが自慢だったワタクシでございますが、...
真似できる気がしない…お手入れ中の猫ヨガな“にゃんたま”
 きょうは、お腹いっぱいごはん後の、お手入れにゃんたまωにロックオン。  これぞ、“本家”猫ヨガ?……真似できる気...
7月19日~7月26日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
猫がとろける季節になりました 2021.7.19(月)
 7月も半ばを過ぎ、暑い日も増えてきました。気温の上昇とともに、だらしなくなっていく我が家の猫たちをご紹介します。