男性に告白させる5つの方法♡告白してこない心理をチェック

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-07-05 06:00
投稿日:2020-07-05 06:00
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれば、なおさら告白を待ってしまいますよね。しかし、男性の中には、好意を抱きながらもなかなか告白しない人がいます。
 そこで今回は、そんな男性の心理&告白させる方法についてご紹介します。

良い雰囲気なのに告白してこない……男性の心理とは?

まだ「告白」してくれないの?(写真:iStock)
まだ「告白」してくれないの? (写真:iStock)

 好きな男性ができると、「相手から告白してほしい」と思っている女性は多いものです。しかし、距離が縮まったにも関わらずなかなか告白されないと、不安やもどかしさを感じてしまいますよね。

 まずは、良い雰囲気なのに告白してこない男性には、どんな心理が隠れているのかご紹介します。

1. 片思いだと思い込んでいる

 男性は鈍感な人が多く、どんなに脈ありアピールをしても気づかない人がいます。距離が縮まっても、女性の気持ちに気づくことができず、「片思いだろう」と思い込んでいる男性も少なくありません。

 誰だって好きな人に振られるのは怖いですから、今の関係が壊れることを恐れ、告白せずにいる男性もいます。  

2. 告白するタイミングがわからない

 気が合い、仲が良くなると、互いの雰囲気から「両想いだろうな」と気づくことがあります。そして、一緒にいる時間が増えれば増えるほど、愛情も大きくなるでしょう。

 しかし、距離が縮まりすぎたゆえに、告白のタイミングを失ってしまう男性もいます。特に、恋愛経験が少ない、シャイな男性はきっかけを掴むことがなかなかできないこともあるでしょう。

3. どんな人なのか見極めている

「彼からの告白を待っている」という女性は、すでに彼との交際イメージができているでしょう。交際前に「別れる」といった、ネガティブなことを考える女性はほとんどいません。

 しかし、男性は交際前から「すぐに別れることにならないだろうか?」など、慎重に考える人が多いです。社会人ともなれば結婚も意識するため、ゆっくりと見極めようと思っているのかもしれません。

4. まだ告白は早いと思っている

 女性に好意を抱きながらも、なかなか告白しない男性の中には「告白はまだ早い」と思っている人もいます。

 女性から見れば、「もう、十分仲良くなっているのに…」と思われるかもしれませんが、恋愛経験が少なかったり、何事にも慎重な男性は失敗や後悔を恐れ、「時間をかけたい」と考えてしまうのです。

5. 単純に友達だと割り切って付き合っている

 好意を抱いている男性と距離が縮まると、「これは脈ありだろう」と思う女性が多いでしょう。会う回数、連絡の頻度が増えれば、「彼も同じ気持ち」と思うのは自然なことです。

 しかし、男性の中には友達と割り切っているからこそ、距離を縮められる男性もいます。この場合には、恋愛感情ではないため、告白をしてこないのは当然のことでもありますね。

片思い中の女性必見!男性から告白させる5つの方法

「もうずっと彼氏いないんだよね」(写真:iStock)
「もうずっと彼氏いないんだよね」 (写真:iStock)

 好きな人ができれば、「付き合いたい」と思うのは自然なことでしょう。しかし、付き合うためには「告白」というステップを踏まなければ、前に進むことはできません。

 告白はどちらからしてもOKですが、「男性からしてほしい」と思うのであれば、ちょっとしたテクニックが必要です。

1. 彼氏がいないことをアピール

 男性から告白させるためには、まずは「可能性がある!」と思わせることが必要です。そのためには、彼氏がいないことをアピールする必要があるでしょう。

「別れてから、しばらく彼氏がいないんだよね」と伝えることで、「俺にもチャンスがあるかも」と、彼の背中を押すきっかけになるかもしれません。

2. 自分から告白できないタイプであることを伝える

 女性の中には自分からぐいぐいとアプローチしたり、告白できる人がいます。もちろん、そんな女性が存在することを男性は知っています。つまりは、男性によっては「女性からの告白を待っている」という人もいるということなんです。

 しかし、互いに待ってばかりいては、当然、交際に発展することはできません。それを阻止するためには、「私は、自分から告白できないタイプなんだ」と、あらかじめ伝えておくことが必要です。

3. 脈ありサインを送る

 どんなにモテる男性でも、最初から「振られる」と分かっている女性にアプローチすることはありません。なぜなら、負け戦はしたくないから。

 男性は鈍感な人が多いため、分かりやすい脈ありサインを出すことで、「これはイケる!」と、自信をもって告白を促すことができるでしょう。

4. ほかの男性の存在をチラつかせる

 男性は、「俺に気があるかも……?」と思うと、ついついカッコつけてしまうもの。余裕をかまして、相手からの告白を待つ人もいます。

 そんな男性の背中を押すには、ほかの男性の存在をチラつかせることが効果的です。「〇〇さんから誘われているんだ」なんて聞けば、「ほかの男に取られたくない」という気持ちが芽生え、慌てて告白してくるかもしれませんよ。

5. 誘いやすい雰囲気を作る

 誰もが振り返るような美人なのに、なぜかモテない女性がいます。そんな女性の多くは、高嶺の花と思われてしまっているため、男性側からすればアプローチしにくいのでしょう。

 男性から告白されるためには、隙を見せ、誘いやすい雰囲気を作ることが大切です。どんなに美人でスタイルが良くても、隙が無ければ男性は誘うことにハードルを感じてしまいます。

テクニックを身につけて片思いの男性から告白させよう!

素敵な夏になりますように(写真:iStock)
素敵な夏になりますように (写真:iStock)

 いくつになっても、告白というのは緊張するものです。社会人になると経験が増え、将来的なことも考えるため、なおさら自分から告白できなくなる女性もいます。しかし、告白というステップがなければ、次に進むことができません。

 そんな時には、ちょっとしたテクニックを身につけて、男性から告白させましょう。あなたの恋が上手くいきますように!!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ
年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ