思わせぶりな女性になってない? 特徴&気を付けたいこと

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-03-11 06:00
投稿日:2020-03-11 06:00
 誰だって「異性からモテたい」と思うもの。でも、モテたい一心で、ついつい“思わせぶり”をしていませんか?そんな思わせぶりな女性は、周りの人に「あざとい」と思われて、逆に反感を買ってしまう可能性もあります。そこで、思わせぶりな女性の特徴や気を付けたいことを、今回はご紹介します。

あなたは大丈夫?思わせぶりな女性に見られる6つの特徴

 気になる男性を振り向かせるために一生懸命努力をしたり、アプローチするのはおかしなことではありません。

 しかし、特に好意を抱いているわけではないのに、「男性からチヤホヤされたい」という理由から思わせぶりな態度をとってしまう女性もいます。そんな思わせぶりな女性の特徴を、1つずつ見ていきましょう。

1. 体に触れる

 思わせぶりな女性は、ボディタッチがやたらと多いという特徴があります。何かにつけ、肩や手、足など触れ、男性をドキッとさせるのです。

 そんな女性のボディタッチに特別な意味はありません。しかし、男性からすれば体に触れられる好意というのは、期待を抱いてしまうもの。気がないのであれば、紛らわしい行動は避けた方が良いでしょう。

2. 意識的に目を合わせる

 好きな人と目が合うと、ドキドキしますよね。実は、思わせぶりな女性はこれをあえて行っています。

 まるで男性の心を弄ぶかのように視線を送り、「俺に気があるのでは?」と思い込ませるのが上手なのです。

3. 頻繁に連絡をする

 特に用事がないのにも関わらず、「今、何しているの?」など、男性に対して頻繁に連絡を取るのも、思わせぶりな女性の特徴。そんなメッセージが届いたら、「こんなに連絡してくるということは、アプローチされてる?」と感じてしまう男性もいるでしょう

 中には、「暇だから」「寂しいから」といった理由で連絡を取る人もいます。

4. 好きでもない男性にも甘えられる

 男性は、女性から甘えられると嬉しいもの。彼女という存在ではなくても、女性から甘えられるとついつい心を許してしまう男性も多いでしょう。

 思わせぶりな女性は、そんな男性心を理解しています。そして、好きでもない男性に対し、平気で甘えるのです。「あなたにしか頼めないんだよね」なんて頼ったり、可愛らしくお願いをして、男性の心を射止めてしまう女性もいます。

5. 必要以上に褒める

 誰だって、異性に褒められるのは嬉しいでしょう。褒められた男性は気分が良くなり、その女性に好意を抱きやすくなるのも分かりますね。

 しかし、思わせぶりな女性は、必要以上に男性を褒める傾向にあります。なぜなら、自分に関心を持ってほしいから。しかし、関心といっても愛情があるわけではないため、ひとたび自分に関心が向けば満足して興味がなくなることもよくあります。

6. 彼氏ほしいアピールをする

 思わせぶりな女性は「彼氏がほしい」といった、男性の心を揺さぶるような発言をするのも特徴でしょう。

 しかし、この発言は好意を持ってもらうためのものではなく、単にチヤホヤされたいだけ。この計算的発言に「誘われているのだろうか?」と、本気になってしまう男性も少なくありません。

思わせぶりな女性にならないために気を付けたいこと

 上記でご紹介した「思わせぶりな女性の特徴」に、思い当たる節はありませんか?思わせぶりな態度は時に相手を傷つけてしまいますし、場合によってはトラブルに発展するケースもあります。そこで、気を付けたいことをチェックしていきましょう。

異性を前にすると態度が変わる

 普段はサバサバとしているのに、男性の前に出ると急にしおらしい態度をとるなど、男性の前に行くと態度が変わる女性は無駄に男性を勘違いさせてしまう可能性が高いです。あまりに目に余ると、同性にも嫌われる存在になってしまうでしょう。

 好きな男性の前以外は誰に対しても同じ態度で接するなど、気を付けることが大切です。

暇、寂しいという理由で連絡しない

 予定のない休日、寂しい夜に、「誰かに会いたい」と思うことはあります。しかし、そんな時、好きでもない男性に連絡をするのは避ける必要があります。相手も「友達」という認識であれば問題ありませんが、そうでない場合には勘違いさせてしまうかもしれません。

 気軽にとった行動で相手を傷つけてしまう可能性があることを、頭に入れておきましょう。

男性の心を弄ばない

「モテたい」と思っている女性の中には、男性の気持ちの変化をゲームのように楽しんでいる人もいます。思い通りに相手から告白してきたら、あっさりと「その気はない」と伝えるケースもあるでしょう。

 そんなあなたの行動を、周りの人はちゃんと見ています。そんなことを続けていたら、あなたが本気になった相手が現れた時に同じ仕打ちをされるかもしれません。男性の心を弄ぶのはやめましょう。

思わせぶりな態度がトラブルに発展することもある

 思わせぶりな女性は、男性の心を掴むのが上手。でも、そんな思わせぶりな態度を続けていると、トラブルに発展することだってあります。

 あなたにはそのつもりがなくても相手が本気になってしまえば、その誤解を解くために相当な労力が必要となるのです。そうならないためには、気の無い男性に思わせぶりな態度は取らないことが一番!ぜひ、好きな男性にだけ、“思わせぶり”アプローチを行ってくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ