思わせぶりな女性になってない? 特徴&気を付けたいこと

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-03-11 06:00
投稿日:2020-03-11 06:00
 誰だって「異性からモテたい」と思うもの。でも、モテたい一心で、ついつい“思わせぶり”をしていませんか?そんな思わせぶりな女性は、周りの人に「あざとい」と思われて、逆に反感を買ってしまう可能性もあります。そこで、思わせぶりな女性の特徴や気を付けたいことを、今回はご紹介します。

あなたは大丈夫?思わせぶりな女性に見られる6つの特徴

ボティタッチに男性はドキドキ(写真:iStock)
ボティタッチに男性はドキドキ (写真:iStock)

 気になる男性を振り向かせるために一生懸命努力をしたり、アプローチするのはおかしなことではありません。

 しかし、特に好意を抱いているわけではないのに、「男性からチヤホヤされたい」という理由から思わせぶりな態度をとってしまう女性もいます。そんな思わせぶりな女性の特徴を、1つずつ見ていきましょう。

1. 体に触れる

 思わせぶりな女性は、ボディタッチがやたらと多いという特徴があります。何かにつけ、肩や手、足など触れ、男性をドキッとさせるのです。

 そんな女性のボディタッチに特別な意味はありません。しかし、男性からすれば体に触れられる好意というのは、期待を抱いてしまうもの。気がないのであれば、紛らわしい行動は避けた方が良いでしょう。

2. 意識的に目を合わせる

 好きな人と目が合うと、ドキドキしますよね。実は、思わせぶりな女性はこれをあえて行っています。

 まるで男性の心を弄ぶかのように視線を送り、「俺に気があるのでは?」と思い込ませるのが上手なのです。

3. 頻繁に連絡をする

 特に用事がないのにも関わらず、「今、何しているの?」など、男性に対して頻繁に連絡を取るのも、思わせぶりな女性の特徴。そんなメッセージが届いたら、「こんなに連絡してくるということは、アプローチされてる?」と感じてしまう男性もいるでしょう

 中には、「暇だから」「寂しいから」といった理由で連絡を取る人もいます。

4. 好きでもない男性にも甘えられる

 男性は、女性から甘えられると嬉しいもの。彼女という存在ではなくても、女性から甘えられるとついつい心を許してしまう男性も多いでしょう。

 思わせぶりな女性は、そんな男性心を理解しています。そして、好きでもない男性に対し、平気で甘えるのです。「あなたにしか頼めないんだよね」なんて頼ったり、可愛らしくお願いをして、男性の心を射止めてしまう女性もいます。

5. 必要以上に褒める

 誰だって、異性に褒められるのは嬉しいでしょう。褒められた男性は気分が良くなり、その女性に好意を抱きやすくなるのも分かりますね。

 しかし、思わせぶりな女性は、必要以上に男性を褒める傾向にあります。なぜなら、自分に関心を持ってほしいから。しかし、関心といっても愛情があるわけではないため、ひとたび自分に関心が向けば満足して興味がなくなることもよくあります。

6. 彼氏ほしいアピールをする

 思わせぶりな女性は「彼氏がほしい」といった、男性の心を揺さぶるような発言をするのも特徴でしょう。

 しかし、この発言は好意を持ってもらうためのものではなく、単にチヤホヤされたいだけ。この計算的発言に「誘われているのだろうか?」と、本気になってしまう男性も少なくありません。

思わせぶりな女性にならないために気を付けたいこと

軽い気持ちで連絡をしない(写真:iStock)
軽い気持ちで連絡をしない (写真:iStock)

 上記でご紹介した「思わせぶりな女性の特徴」に、思い当たる節はありませんか?思わせぶりな態度は時に相手を傷つけてしまいますし、場合によってはトラブルに発展するケースもあります。そこで、気を付けたいことをチェックしていきましょう。

異性を前にすると態度が変わる

 普段はサバサバとしているのに、男性の前に出ると急にしおらしい態度をとるなど、男性の前に行くと態度が変わる女性は無駄に男性を勘違いさせてしまう可能性が高いです。あまりに目に余ると、同性にも嫌われる存在になってしまうでしょう。

 好きな男性の前以外は誰に対しても同じ態度で接するなど、気を付けることが大切です。

暇、寂しいという理由で連絡しない

 予定のない休日、寂しい夜に、「誰かに会いたい」と思うことはあります。しかし、そんな時、好きでもない男性に連絡をするのは避ける必要があります。相手も「友達」という認識であれば問題ありませんが、そうでない場合には勘違いさせてしまうかもしれません。

 気軽にとった行動で相手を傷つけてしまう可能性があることを、頭に入れておきましょう。

男性の心を弄ばない

「モテたい」と思っている女性の中には、男性の気持ちの変化をゲームのように楽しんでいる人もいます。思い通りに相手から告白してきたら、あっさりと「その気はない」と伝えるケースもあるでしょう。

 そんなあなたの行動を、周りの人はちゃんと見ています。そんなことを続けていたら、あなたが本気になった相手が現れた時に同じ仕打ちをされるかもしれません。男性の心を弄ぶのはやめましょう。

思わせぶりな態度がトラブルに発展することもある

思わぬトラブルになることも…(写真:iStock)
思わぬトラブルになることも… (写真:iStock)

 思わせぶりな女性は、男性の心を掴むのが上手。でも、そんな思わせぶりな態度を続けていると、トラブルに発展することだってあります。

 あなたにはそのつもりがなくても相手が本気になってしまえば、その誤解を解くために相当な労力が必要となるのです。そうならないためには、気の無い男性に思わせぶりな態度は取らないことが一番!ぜひ、好きな男性にだけ、“思わせぶり”アプローチを行ってくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ
年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ
同棲彼氏とのマンネリに悩まない!ラブラブに過ごす方法とは
 カレと同棲を初めてある程度月日が経過すると、お互いにいい意味でも悪い意味でも慣れてしまい、コミュニケーションが少なくな...
若林杏樹 2021-05-05 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? モテない女性の共通点5つ&卒業する方法
 女性の中には、「どうして私はモテないのだろう?」と、疑問を抱いている人がいます。自分のことは1番分かっているつもりでも...
恋バナ調査隊 2021-05-05 06:01 ラブ