思わせぶりな女性になってない? 特徴&気を付けたいこと

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-03-11 06:00
投稿日:2020-03-11 06:00
 誰だって「異性からモテたい」と思うもの。でも、モテたい一心で、ついつい“思わせぶり”をしていませんか?そんな思わせぶりな女性は、周りの人に「あざとい」と思われて、逆に反感を買ってしまう可能性もあります。そこで、思わせぶりな女性の特徴や気を付けたいことを、今回はご紹介します。

あなたは大丈夫?思わせぶりな女性に見られる6つの特徴

ボティタッチに男性はドキドキ(写真:iStock)
ボティタッチに男性はドキドキ (写真:iStock)

 気になる男性を振り向かせるために一生懸命努力をしたり、アプローチするのはおかしなことではありません。

 しかし、特に好意を抱いているわけではないのに、「男性からチヤホヤされたい」という理由から思わせぶりな態度をとってしまう女性もいます。そんな思わせぶりな女性の特徴を、1つずつ見ていきましょう。

1. 体に触れる

 思わせぶりな女性は、ボディタッチがやたらと多いという特徴があります。何かにつけ、肩や手、足など触れ、男性をドキッとさせるのです。

 そんな女性のボディタッチに特別な意味はありません。しかし、男性からすれば体に触れられる好意というのは、期待を抱いてしまうもの。気がないのであれば、紛らわしい行動は避けた方が良いでしょう。

2. 意識的に目を合わせる

 好きな人と目が合うと、ドキドキしますよね。実は、思わせぶりな女性はこれをあえて行っています。

 まるで男性の心を弄ぶかのように視線を送り、「俺に気があるのでは?」と思い込ませるのが上手なのです。

3. 頻繁に連絡をする

 特に用事がないのにも関わらず、「今、何しているの?」など、男性に対して頻繁に連絡を取るのも、思わせぶりな女性の特徴。そんなメッセージが届いたら、「こんなに連絡してくるということは、アプローチされてる?」と感じてしまう男性もいるでしょう

 中には、「暇だから」「寂しいから」といった理由で連絡を取る人もいます。

4. 好きでもない男性にも甘えられる

 男性は、女性から甘えられると嬉しいもの。彼女という存在ではなくても、女性から甘えられるとついつい心を許してしまう男性も多いでしょう。

 思わせぶりな女性は、そんな男性心を理解しています。そして、好きでもない男性に対し、平気で甘えるのです。「あなたにしか頼めないんだよね」なんて頼ったり、可愛らしくお願いをして、男性の心を射止めてしまう女性もいます。

5. 必要以上に褒める

 誰だって、異性に褒められるのは嬉しいでしょう。褒められた男性は気分が良くなり、その女性に好意を抱きやすくなるのも分かりますね。

 しかし、思わせぶりな女性は、必要以上に男性を褒める傾向にあります。なぜなら、自分に関心を持ってほしいから。しかし、関心といっても愛情があるわけではないため、ひとたび自分に関心が向けば満足して興味がなくなることもよくあります。

6. 彼氏ほしいアピールをする

 思わせぶりな女性は「彼氏がほしい」といった、男性の心を揺さぶるような発言をするのも特徴でしょう。

 しかし、この発言は好意を持ってもらうためのものではなく、単にチヤホヤされたいだけ。この計算的発言に「誘われているのだろうか?」と、本気になってしまう男性も少なくありません。

思わせぶりな女性にならないために気を付けたいこと

軽い気持ちで連絡をしない(写真:iStock)
軽い気持ちで連絡をしない (写真:iStock)

 上記でご紹介した「思わせぶりな女性の特徴」に、思い当たる節はありませんか?思わせぶりな態度は時に相手を傷つけてしまいますし、場合によってはトラブルに発展するケースもあります。そこで、気を付けたいことをチェックしていきましょう。

異性を前にすると態度が変わる

 普段はサバサバとしているのに、男性の前に出ると急にしおらしい態度をとるなど、男性の前に行くと態度が変わる女性は無駄に男性を勘違いさせてしまう可能性が高いです。あまりに目に余ると、同性にも嫌われる存在になってしまうでしょう。

 好きな男性の前以外は誰に対しても同じ態度で接するなど、気を付けることが大切です。

暇、寂しいという理由で連絡しない

 予定のない休日、寂しい夜に、「誰かに会いたい」と思うことはあります。しかし、そんな時、好きでもない男性に連絡をするのは避ける必要があります。相手も「友達」という認識であれば問題ありませんが、そうでない場合には勘違いさせてしまうかもしれません。

 気軽にとった行動で相手を傷つけてしまう可能性があることを、頭に入れておきましょう。

男性の心を弄ばない

「モテたい」と思っている女性の中には、男性の気持ちの変化をゲームのように楽しんでいる人もいます。思い通りに相手から告白してきたら、あっさりと「その気はない」と伝えるケースもあるでしょう。

 そんなあなたの行動を、周りの人はちゃんと見ています。そんなことを続けていたら、あなたが本気になった相手が現れた時に同じ仕打ちをされるかもしれません。男性の心を弄ぶのはやめましょう。

思わせぶりな態度がトラブルに発展することもある

思わぬトラブルになることも…(写真:iStock)
思わぬトラブルになることも… (写真:iStock)

 思わせぶりな女性は、男性の心を掴むのが上手。でも、そんな思わせぶりな態度を続けていると、トラブルに発展することだってあります。

 あなたにはそのつもりがなくても相手が本気になってしまえば、その誤解を解くために相当な労力が必要となるのです。そうならないためには、気の無い男性に思わせぶりな態度は取らないことが一番!ぜひ、好きな男性にだけ、“思わせぶり”アプローチを行ってくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...