恋愛あるある!男女の価値観の違い8選&壁を乗り越える方法

コクハク編集部
更新日:2020-07-25 06:00
投稿日:2020-07-25 06:00
 日本における離婚の大きな原因が「価値観の違い」というのは、有名な話。でも、個人の価値観という前に、そもそも性別による価値観の違いがあるのをご存知でしょうか? そこで今回は、恋愛における男女の価値観の違いや、違いを感じた時の対処法についてご紹介します。

恋愛あるある!恋愛における男女の価値観の違い8選!

どうしてわかってくれないの?(写真:iStock)
どうしてわかってくれないの? (写真:iStock)

「彼氏とこんなところが合わない」と、不満を感じている女性は多いでしょう。この不満の多くは、価値観の違いであったりします。

 そもそも「価値観」とは、“自分が何に価値を置くのか?”と判断する考え方のこと。個々が持つ価値観はもちろん、性別による男女の価値観にも特徴があります。知っておくことで、後のトラブルを回避することができるかも? さっそく、見ていきましょう。

1.【恋愛が始まる時】男性は瞬間的、女性は継続的

 恋愛が始まる時、男性は女性を見て瞬間的に恋に落ちます。男性は視覚で恋をするとも言われますが、見た目の情報で相手を判断するという性質を持っています。

 対して女性は、ほとんどの場合、継続的に恋をします。安心感や信頼感を持てるかどうか、距離を縮めつつ慎重に判断しながら好きな気持ちを募らせていきます。

2.【相手に対しての気持ち】男性は加点、女性は減点

「男性は加点方式、女性は減点方式」というのも、恋愛あるあるでしょう。男性は女性と比べると許容範囲が広いため、恋愛が始まった時に相手に対しての評価、期待は、ほぼ0点。付き合ってから相手の良さを知って、愛情を深めます。

 その点、女性はじっくりと相手を見極めてから恋愛をするため、100点の相手だと思ってお付き合いが始まります。そこから、相手の悪いところが目につき、減点していくのです。喧嘩の際に「最初はこうだったのに」と言う女性が多いのにも、納得できますね。

3.【愛情表現】男性は行動、女性は言葉

 恋愛において愛情表現は大切ですが、基本的に男性は行動で、女性は言葉で愛を伝えます。「私ばかりが“好き”って言ってる」という不満を抱える女性に対して、「言わなくてもわかるだろう」と考える男性が多いのも、これが理由。

 男性からすると、「忙しい中、少しでも会う時間を作る」「プレゼントを買う」など、行動で示すことが愛情表現だと思っています。

4.【愛情の受け取り方】男性は量より質、女性は質より量

 お付き合いを続ける上で、お互いの愛情表現は大切です。しかし、愛情の受け取り方にも男女差があります。

 男性は愛情を量より質で、女性は質より量で判断します。たとえば、女性は男性からの連絡の頻度や「好き」などの愛情表現の多さを重視することに対して、男性は自分にどんな言葉をかけてくれるか、どんな行動をとってくれるかを見る傾向にあります。

5.【優先順位】男性は一点集中、女性はマルチタスク

 女性が男性に問う「私と仕事、どっちが大事なの!?」という決まり文句がありますが、恋愛に対する優先順位にも、男女の価値観は表れます。

 男性の多くは、仕事や趣味、恋愛を同時に行うことができません。そのため、一番、二番と、その時々で順位が変わります。

 そんな一点集中をする男性に対して、女性はたくさんのタスクを同時進行できます。仕事と恋愛の両方をこなすのも自由自在。優先順位をつけることなく、どれも成立させることができるのです。

6.【浮気】男性は本能、女性は感情

 浮気問題なんて、ないに越したことはないですが、浮気に対する価値観も男女で大きく異なります。

 許容範囲の広い男性は、言ってみればハンター。その場の雰囲気で、本能で浮気をします。対して女性は、寂しさや高揚感など感情が動いた時に浮気をします。さらには、体を許した相手を好きになる傾向があるため、男性よりも浮気が本気になるケースも少なくありません。

7.【過去の恋愛】男性はフォルダごと保存、女性は上書き保存

 過去の恋愛に対しての捉え方にも、男女の価値観が大きく現れます。よくたとえられるのが、「男性はフォルダごと保存、女性は上書き保存」ということ。

 男性は過去の女性1人1人をしっかり記憶しているため、別れた後、いつまでも引きずる方が多いのです。対して女性は、別れた当初は大きく落ち込みますが、次の相手が見つかったりと切り替えができ次第、新しい男性を過去に重ねて上書きします。さっぱりと次に向かえるのは、女性の特技ともいえるでしょう。

8.【結婚】男性は終わり、女性は始まり

「結婚は人生の墓場」という言葉が、男性の心をよく表しているでしょう。結婚は男性にとって、「縛られるもの」というイメージがあります。「終わり」とも表現できるかもしれません。しかし、そうはいっても子孫を反映させるために、時間をかけて心の準備をして、結婚へと向かいます。

 対して、女性にとっての結婚は始まりです。愛する人と結婚をしたら、出産をしてマイホームを買い、子供を育て上げたら穏やかな老後が待っている……と、夢を着実に叶えたいと思うのです。

男女の価値観を感じたら?乗り越えるための方法

お互いの価値観を認める(写真:iStock)
お互いの価値観を認める (写真:iStock)

 ご紹介してきたように、男女の価値観にはとても大きな壁があります。そんな壁に気づいたら、どのように乗り越えていけば良いのでしょうか?

お互いの価値観が違うことを認める

 性別だけでも、こんなに違う価値観。これに個人個人の価値観を加えると、どうしたって違いは発生するものでしょう。しかし、これを責めたところで、根本的な違いは埋められません。

 そのため、価値観の違いを感じたら、まずは否定しないことが大切。「なるほど、そんな考え方があるんだ」と、まずは受け入れて認めることが大切でしょう。

価値観の違いを感じた時には伝える

「この価値観に違いがある」と感じたら、その違いを相手に伝えることも大事。喧嘩腰ではなく、穏やかに「あなたはそう言ったけど、私はこう思ったよ」など、お互いの余裕がある時にライトに伝えてみましょう。

 違いを受け入れた上で、どう寄り添っていけば良いのかをお互いが考えることが、価値観の壁を乗り越えるポイントになります。

共通の「なにか」を探す

 価値観の違いはあれど、好き同士の2人です。共通の趣味や目標などを持つことで、その一瞬だけでも同じ方向を向くことができるようになります。

 また、そのことに向かって、努力する姿を見せることも大切でしょう。「こんなところはあるけど、あんなところがあるから許せる」というように、相手を尊敬する心は価値観を超えることもあるはずです。

男女の価値観は違って当たり前! 違いを楽しむ余裕を持って♡  

違うからこそ楽しい♡ (写真:iStock)
違うからこそ楽しい♡ (写真:iStock)

 男女の価値観の違い、いかがでしょうか? 「あるある」と、思い当たる節があった方も多いでしょう。今回ご紹介したのは恋愛における価値観ですが、生活面や仕事面などでも価値観の違いはまだまだ出てきます。

 しかし、違うからこそ面白いのが、男女の関係でもあります。価値観の違いを把握して、むしろ楽しむ余裕をお互いが持てたら、二人の距離はどんどん縮まるでしょう。ぜひ、参考にしてくださいね。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ラブ 新着一覧


不倫2回、なにかあるとお母さん…夫に優しくできない納得すぎる理由5選
 人前で夫を批判したり、夫と頻繁に喧嘩したり。そんな女性を見て、外野は「もっと旦那さんに優しくしたら?」なんて言いたくな...
恋バナ調査隊 2024-04-15 06:00 ラブ
「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-04-12 10:18 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ
40代女性実家暮らし「やばい」認定は当然? 恋愛・結婚“対象外”のワケ
 40代女性で、実家暮らしをしている人はたくさんいますよね。でも実は恋愛面においては、「40代女性の実家暮らしはやばい」...
恋バナ調査隊 2024-04-10 06:00 ラブ
離婚後にイチから恋愛できるモチベ残ってる? 年々臆病になる自分に喝を
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  夫との長年の...
まめ 2024-04-09 06:00 ラブ
正論で返してくる彼氏への対抗策 愚痴や不満をこぼすのも許されない…
 彼氏は心を許している身近で特別な存在。そんな彼に、日々の愚痴や不満をこぼすときもあるでしょう。でも、彼氏が正論しか言わ...
恋バナ調査隊 2024-04-09 06:00 ラブ
妻が怒り狂う夫の呆れた浪費先4選 家計は家族みんなのものでしょ!
 今回は「夫の無駄遣い」をテーマに、女性たちの怒りや不満を集めてみました。  使う金額こと以上にその使い道に納得がいっ...
恋バナ調査隊 2024-04-08 06:00 ラブ
2年前の48歳まで処女として過ごした“こじらせ恋愛観”の根源
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかったよもやま話を綴っていま...
mirae.(みれ) 2024-04-08 06:00 ラブ
課長「なにが楽しみで会社に?」の業務LINEで崩壊!不倫きっかけは些細
 不倫カップルがいつどうやって一線を越えたのか気になりませんか? 「ダメだ」と分かっている中、なにがきっかけで盛り上がっ...
恋バナ調査隊 2024-04-07 06:00 ラブ
処女バレは絶対回避!必死過ぎる見栄を張ったあの頃の私たち
 女性なら共感すること間違いなし! 今回は、女性が処女バレしないように見栄を張るときの、あるあるエピソードを紹介します。...
恋バナ調査隊 2024-04-06 06:00 ラブ
モラハラ夫って本気ですか? 再婚妻の態度に我こそ被害者だと主張する男
「冷酷と激情のあいだvol.189〜女性編〜」では、新婚1年にして、すでに夫との離婚を真剣に考えている42歳の美香さん(...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ