恋愛あるある!男女の価値観の違い8選&壁を乗り越える方法

コクハク編集部
更新日:2020-07-25 06:00
投稿日:2020-07-25 06:00
 日本における離婚の大きな原因が「価値観の違い」というのは、有名な話。でも、個人の価値観という前に、そもそも性別による価値観の違いがあるのをご存知でしょうか? そこで今回は、恋愛における男女の価値観の違いや、違いを感じた時の対処法についてご紹介します。

恋愛あるある!恋愛における男女の価値観の違い8選!

どうしてわかってくれないの?(写真:iStock)
どうしてわかってくれないの? (写真:iStock)

「彼氏とこんなところが合わない」と、不満を感じている女性は多いでしょう。この不満の多くは、価値観の違いであったりします。

 そもそも「価値観」とは、“自分が何に価値を置くのか?”と判断する考え方のこと。個々が持つ価値観はもちろん、性別による男女の価値観にも特徴があります。知っておくことで、後のトラブルを回避することができるかも? さっそく、見ていきましょう。

1.【恋愛が始まる時】男性は瞬間的、女性は継続的

 恋愛が始まる時、男性は女性を見て瞬間的に恋に落ちます。男性は視覚で恋をするとも言われますが、見た目の情報で相手を判断するという性質を持っています。

 対して女性は、ほとんどの場合、継続的に恋をします。安心感や信頼感を持てるかどうか、距離を縮めつつ慎重に判断しながら好きな気持ちを募らせていきます。

2.【相手に対しての気持ち】男性は加点、女性は減点

「男性は加点方式、女性は減点方式」というのも、恋愛あるあるでしょう。男性は女性と比べると許容範囲が広いため、恋愛が始まった時に相手に対しての評価、期待は、ほぼ0点。付き合ってから相手の良さを知って、愛情を深めます。

 その点、女性はじっくりと相手を見極めてから恋愛をするため、100点の相手だと思ってお付き合いが始まります。そこから、相手の悪いところが目につき、減点していくのです。喧嘩の際に「最初はこうだったのに」と言う女性が多いのにも、納得できますね。

3.【愛情表現】男性は行動、女性は言葉

 恋愛において愛情表現は大切ですが、基本的に男性は行動で、女性は言葉で愛を伝えます。「私ばかりが“好き”って言ってる」という不満を抱える女性に対して、「言わなくてもわかるだろう」と考える男性が多いのも、これが理由。

 男性からすると、「忙しい中、少しでも会う時間を作る」「プレゼントを買う」など、行動で示すことが愛情表現だと思っています。

4.【愛情の受け取り方】男性は量より質、女性は質より量

 お付き合いを続ける上で、お互いの愛情表現は大切です。しかし、愛情の受け取り方にも男女差があります。

 男性は愛情を量より質で、女性は質より量で判断します。たとえば、女性は男性からの連絡の頻度や「好き」などの愛情表現の多さを重視することに対して、男性は自分にどんな言葉をかけてくれるか、どんな行動をとってくれるかを見る傾向にあります。

5.【優先順位】男性は一点集中、女性はマルチタスク

 女性が男性に問う「私と仕事、どっちが大事なの!?」という決まり文句がありますが、恋愛に対する優先順位にも、男女の価値観は表れます。

 男性の多くは、仕事や趣味、恋愛を同時に行うことができません。そのため、一番、二番と、その時々で順位が変わります。

 そんな一点集中をする男性に対して、女性はたくさんのタスクを同時進行できます。仕事と恋愛の両方をこなすのも自由自在。優先順位をつけることなく、どれも成立させることができるのです。

6.【浮気】男性は本能、女性は感情

 浮気問題なんて、ないに越したことはないですが、浮気に対する価値観も男女で大きく異なります。

 許容範囲の広い男性は、言ってみればハンター。その場の雰囲気で、本能で浮気をします。対して女性は、寂しさや高揚感など感情が動いた時に浮気をします。さらには、体を許した相手を好きになる傾向があるため、男性よりも浮気が本気になるケースも少なくありません。

7.【過去の恋愛】男性はフォルダごと保存、女性は上書き保存

 過去の恋愛に対しての捉え方にも、男女の価値観が大きく現れます。よくたとえられるのが、「男性はフォルダごと保存、女性は上書き保存」ということ。

 男性は過去の女性1人1人をしっかり記憶しているため、別れた後、いつまでも引きずる方が多いのです。対して女性は、別れた当初は大きく落ち込みますが、次の相手が見つかったりと切り替えができ次第、新しい男性を過去に重ねて上書きします。さっぱりと次に向かえるのは、女性の特技ともいえるでしょう。

8.【結婚】男性は終わり、女性は始まり

「結婚は人生の墓場」という言葉が、男性の心をよく表しているでしょう。結婚は男性にとって、「縛られるもの」というイメージがあります。「終わり」とも表現できるかもしれません。しかし、そうはいっても子孫を反映させるために、時間をかけて心の準備をして、結婚へと向かいます。

 対して、女性にとっての結婚は始まりです。愛する人と結婚をしたら、出産をしてマイホームを買い、子供を育て上げたら穏やかな老後が待っている……と、夢を着実に叶えたいと思うのです。

男女の価値観を感じたら?乗り越えるための方法

お互いの価値観を認める(写真:iStock)
お互いの価値観を認める (写真:iStock)

 ご紹介してきたように、男女の価値観にはとても大きな壁があります。そんな壁に気づいたら、どのように乗り越えていけば良いのでしょうか?

お互いの価値観が違うことを認める

 性別だけでも、こんなに違う価値観。これに個人個人の価値観を加えると、どうしたって違いは発生するものでしょう。しかし、これを責めたところで、根本的な違いは埋められません。

 そのため、価値観の違いを感じたら、まずは否定しないことが大切。「なるほど、そんな考え方があるんだ」と、まずは受け入れて認めることが大切でしょう。

価値観の違いを感じた時には伝える

「この価値観に違いがある」と感じたら、その違いを相手に伝えることも大事。喧嘩腰ではなく、穏やかに「あなたはそう言ったけど、私はこう思ったよ」など、お互いの余裕がある時にライトに伝えてみましょう。

 違いを受け入れた上で、どう寄り添っていけば良いのかをお互いが考えることが、価値観の壁を乗り越えるポイントになります。

共通の「なにか」を探す

 価値観の違いはあれど、好き同士の2人です。共通の趣味や目標などを持つことで、その一瞬だけでも同じ方向を向くことができるようになります。

 また、そのことに向かって、努力する姿を見せることも大切でしょう。「こんなところはあるけど、あんなところがあるから許せる」というように、相手を尊敬する心は価値観を超えることもあるはずです。

男女の価値観は違って当たり前! 違いを楽しむ余裕を持って♡  

違うからこそ楽しい♡ (写真:iStock)
違うからこそ楽しい♡ (写真:iStock)

 男女の価値観の違い、いかがでしょうか? 「あるある」と、思い当たる節があった方も多いでしょう。今回ご紹介したのは恋愛における価値観ですが、生活面や仕事面などでも価値観の違いはまだまだ出てきます。

 しかし、違うからこそ面白いのが、男女の関係でもあります。価値観の違いを把握して、むしろ楽しむ余裕をお互いが持てたら、二人の距離はどんどん縮まるでしょう。ぜひ、参考にしてくださいね。

ラブ 新着一覧


10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ