令和にも出没…古典的な嫁イビリをする“性悪な義母”の暴言

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-08-02 06:00
投稿日:2020-08-02 06:00
 令和の時代になっても、昭和かと思うほどに、古典的な嫁イビリをする義母が散見されます。そんな義母との関係によって、想像を超えるストレスに見舞われているお嫁さんも……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、性悪義母の許し難い暴言に迫ります。

1:「イチゴにメロンに」とワガママ放題

かわいそうだと思ったのに(写真:iStock)
かわいそうだと思ったのに (写真:iStock)

「先日、一人暮らしの義母が高熱を出し、普段から意地悪をされているものの、さすがにかわいそうだからと私が看病に行きました。

 ところが、体調が悪くても意地悪な性格は健在で……。その日、食欲がないという義母が『イチゴなら食べられそう。イチゴが食べたい』と言うので買いに行って戻ってくると『イチゴが食べたいなんて言ってない。こんな硬いものを私に食べさせようとするなんて、信じられない。私はメロンが食べたいのに』と暴言を吐かれました。

 やり合うのも面倒くさいので今度はメロンを買って帰ってきたら『病人を置いて買い物ばかり行くなんて、ありえない。どんな教育を受けてきたら、こんな非常識な行動ができるの?』と罵られました。

 義母は普段からこんな調子なんですが、具合が悪くても暴言を繰り返す様子には、怒りしか感じません。もう、本気で関わりたくないです」(42歳女性)

2:嫁の料理を「まずそうなもの」と一蹴

息子の分は私が作る!(写真:iStock)
息子の分は私が作る! (写真:iStock)

「義母は我が家に遊びに来るたびに、お手製のおかずを夫の分だけ小分けにして、しこたま持参します。それで、勝手に我が家の冷蔵庫を開けて、私が作ったものや買った食材を黙って処分してしまうんです。

 そんなときの決まり文句は『こんなにまずそうなものばかり食べさせられて、息子が本当にかわいそう!』。私は管理栄養士の資格もありますし、料理には自信があるほうなのですが……。

 家が近いのと、夫がマザコンで家の合鍵を義母に渡しているので、阻止できません。本気でうざいし、困っています」(36歳女性)

3:「頭が悪い」「気が利かない」古典的悪口のオンパレード

心が壊れそう…(写真:iStock)
心が壊れそう… (写真:iStock)

「結婚して1年半です。義母とは、今年の初めから同居生活が始まりましたが、信じられないことに朝から晩まで、義母は面と向かって私の悪口を言い続けます。

『息子は、こんな頭の悪い子のどこがよかったのかしら。若さしか取り柄がないのにね』『気も利かないし、家事も下手だし、みっともない女よね』など、かなり辛辣なことばかり言われ、メンタルも限界です。

 夫に相談したら、まさかのマザコンも発覚し……。夫は私ではなく義母の味方ばかりします。エンドレスで続く嫁イビリに、心が壊れそう」(34歳女性)

暴言は「記録に残して耳からは流す」

 信じがたいほどの暴言を繰り返す義母に対し、いちいちまともにとりあっていたら、お嫁さんの心身がもちません。性悪義母のひどい性格は長年のものなので、一朝一夕には変わらないのも事実でしょう。

 あまりにも暴言が繰り返される場合には、もしものときに備え、スマホのレコード機能などを使って記録に残しておくことも大事です。それと同時に、頭からは即座に消し去らないとメンタルが疲弊しますから、義母の暴言は「記録に残して耳からは流す」のが、お嫁さんの心を守る術にもなるでしょう。

 こんな義母がいると、結婚生活は、すべてが憂鬱になりがち。正面から受け止めすぎるとダメージを受けますから、まずはご自身の心を守る方法を優先させてくださいね。

【並木まきオンラインサロン】スマホ時間で毎日を楽しく!

 コクハク内の並木まき公式オンラインサロン「#まきコク」では、現在新規メンバーを募集中。

 自宅でライタースキルの資格が取得でき、大好評の「オンラインライター講座」、悩める妻をサポートする「集まれ!毒義母の森~ヨメノミカタプロジェクト~」など多彩なコンテンツ。

 いつものスマホ時間を使って自分磨きしてみませんか?

↓詳細はこちら↓
https://salon.kokuhaku.love/namikimaki

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「恋の寿命は3年」って、よく言われますよね。実際、今感じている新鮮な気持ちを3年経った頃にも感じていられると断言できる人...
恋バナ調査隊 2020-10-28 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-27 18:14 ラブ