令和にも出没…古典的な嫁イビリをする“性悪な義母”の暴言

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-08-02 06:00
投稿日:2020-08-02 06:00
 令和の時代になっても、昭和かと思うほどに、古典的な嫁イビリをする義母が散見されます。そんな義母との関係によって、想像を超えるストレスに見舞われているお嫁さんも……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、性悪義母の許し難い暴言に迫ります。

1:「イチゴにメロンに」とワガママ放題

かわいそうだと思ったのに(写真:iStock)
かわいそうだと思ったのに (写真:iStock)

「先日、一人暮らしの義母が高熱を出し、普段から意地悪をされているものの、さすがにかわいそうだからと私が看病に行きました。

 ところが、体調が悪くても意地悪な性格は健在で……。その日、食欲がないという義母が『イチゴなら食べられそう。イチゴが食べたい』と言うので買いに行って戻ってくると『イチゴが食べたいなんて言ってない。こんな硬いものを私に食べさせようとするなんて、信じられない。私はメロンが食べたいのに』と暴言を吐かれました。

 やり合うのも面倒くさいので今度はメロンを買って帰ってきたら『病人を置いて買い物ばかり行くなんて、ありえない。どんな教育を受けてきたら、こんな非常識な行動ができるの?』と罵られました。

 義母は普段からこんな調子なんですが、具合が悪くても暴言を繰り返す様子には、怒りしか感じません。もう、本気で関わりたくないです」(42歳女性)

2:嫁の料理を「まずそうなもの」と一蹴

息子の分は私が作る!(写真:iStock)
息子の分は私が作る! (写真:iStock)

「義母は我が家に遊びに来るたびに、お手製のおかずを夫の分だけ小分けにして、しこたま持参します。それで、勝手に我が家の冷蔵庫を開けて、私が作ったものや買った食材を黙って処分してしまうんです。

 そんなときの決まり文句は『こんなにまずそうなものばかり食べさせられて、息子が本当にかわいそう!』。私は管理栄養士の資格もありますし、料理には自信があるほうなのですが……。

 家が近いのと、夫がマザコンで家の合鍵を義母に渡しているので、阻止できません。本気でうざいし、困っています」(36歳女性)

3:「頭が悪い」「気が利かない」古典的悪口のオンパレード

心が壊れそう…(写真:iStock)
心が壊れそう… (写真:iStock)

「結婚して1年半です。義母とは、今年の初めから同居生活が始まりましたが、信じられないことに朝から晩まで、義母は面と向かって私の悪口を言い続けます。

『息子は、こんな頭の悪い子のどこがよかったのかしら。若さしか取り柄がないのにね』『気も利かないし、家事も下手だし、みっともない女よね』など、かなり辛辣なことばかり言われ、メンタルも限界です。

 夫に相談したら、まさかのマザコンも発覚し……。夫は私ではなく義母の味方ばかりします。エンドレスで続く嫁イビリに、心が壊れそう」(34歳女性)

暴言は「記録に残して耳からは流す」

 信じがたいほどの暴言を繰り返す義母に対し、いちいちまともにとりあっていたら、お嫁さんの心身がもちません。性悪義母のひどい性格は長年のものなので、一朝一夕には変わらないのも事実でしょう。

 あまりにも暴言が繰り返される場合には、もしものときに備え、スマホのレコード機能などを使って記録に残しておくことも大事です。それと同時に、頭からは即座に消し去らないとメンタルが疲弊しますから、義母の暴言は「記録に残して耳からは流す」のが、お嫁さんの心を守る術にもなるでしょう。

 こんな義母がいると、結婚生活は、すべてが憂鬱になりがち。正面から受け止めすぎるとダメージを受けますから、まずはご自身の心を守る方法を優先させてくださいね。

【並木まきオンラインサロン】スマホ時間で毎日を楽しく!

 コクハク内の並木まき公式オンラインサロン「#まきコク」では、現在新規メンバーを募集中。

 自宅でライタースキルの資格が取得でき、大好評の「オンラインライター講座」、悩める妻をサポートする「集まれ!毒義母の森~ヨメノミカタプロジェクト~」など多彩なコンテンツ。

 いつものスマホ時間を使って自分磨きしてみませんか?

↓詳細はこちら↓
https://salon.kokuhaku.love/namikimaki

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-23 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ