令和にも出没…古典的な嫁イビリをする“性悪な義母”の暴言

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-08-02 06:00
投稿日:2020-08-02 06:00
 令和の時代になっても、昭和かと思うほどに、古典的な嫁イビリをする義母が散見されます。そんな義母との関係によって、想像を超えるストレスに見舞われているお嫁さんも……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、性悪義母の許し難い暴言に迫ります。

1:「イチゴにメロンに」とワガママ放題

かわいそうだと思ったのに(写真:iStock)
かわいそうだと思ったのに (写真:iStock)

「先日、一人暮らしの義母が高熱を出し、普段から意地悪をされているものの、さすがにかわいそうだからと私が看病に行きました。

 ところが、体調が悪くても意地悪な性格は健在で……。その日、食欲がないという義母が『イチゴなら食べられそう。イチゴが食べたい』と言うので買いに行って戻ってくると『イチゴが食べたいなんて言ってない。こんな硬いものを私に食べさせようとするなんて、信じられない。私はメロンが食べたいのに』と暴言を吐かれました。

 やり合うのも面倒くさいので今度はメロンを買って帰ってきたら『病人を置いて買い物ばかり行くなんて、ありえない。どんな教育を受けてきたら、こんな非常識な行動ができるの?』と罵られました。

 義母は普段からこんな調子なんですが、具合が悪くても暴言を繰り返す様子には、怒りしか感じません。もう、本気で関わりたくないです」(42歳女性)

2:嫁の料理を「まずそうなもの」と一蹴

息子の分は私が作る!(写真:iStock)
息子の分は私が作る! (写真:iStock)

「義母は我が家に遊びに来るたびに、お手製のおかずを夫の分だけ小分けにして、しこたま持参します。それで、勝手に我が家の冷蔵庫を開けて、私が作ったものや買った食材を黙って処分してしまうんです。

 そんなときの決まり文句は『こんなにまずそうなものばかり食べさせられて、息子が本当にかわいそう!』。私は管理栄養士の資格もありますし、料理には自信があるほうなのですが……。

 家が近いのと、夫がマザコンで家の合鍵を義母に渡しているので、阻止できません。本気でうざいし、困っています」(36歳女性)

3:「頭が悪い」「気が利かない」古典的悪口のオンパレード

心が壊れそう…(写真:iStock)
心が壊れそう… (写真:iStock)

「結婚して1年半です。義母とは、今年の初めから同居生活が始まりましたが、信じられないことに朝から晩まで、義母は面と向かって私の悪口を言い続けます。

『息子は、こんな頭の悪い子のどこがよかったのかしら。若さしか取り柄がないのにね』『気も利かないし、家事も下手だし、みっともない女よね』など、かなり辛辣なことばかり言われ、メンタルも限界です。

 夫に相談したら、まさかのマザコンも発覚し……。夫は私ではなく義母の味方ばかりします。エンドレスで続く嫁イビリに、心が壊れそう」(34歳女性)

暴言は「記録に残して耳からは流す」

 信じがたいほどの暴言を繰り返す義母に対し、いちいちまともにとりあっていたら、お嫁さんの心身がもちません。性悪義母のひどい性格は長年のものなので、一朝一夕には変わらないのも事実でしょう。

 あまりにも暴言が繰り返される場合には、もしものときに備え、スマホのレコード機能などを使って記録に残しておくことも大事です。それと同時に、頭からは即座に消し去らないとメンタルが疲弊しますから、義母の暴言は「記録に残して耳からは流す」のが、お嫁さんの心を守る術にもなるでしょう。

 こんな義母がいると、結婚生活は、すべてが憂鬱になりがち。正面から受け止めすぎるとダメージを受けますから、まずはご自身の心を守る方法を優先させてくださいね。

【並木まきオンラインサロン】スマホ時間で毎日を楽しく!

 コクハク内の並木まき公式オンラインサロン「#まきコク」では、現在新規メンバーを募集中。

 自宅でライタースキルの資格が取得でき、大好評の「オンラインライター講座」、悩める妻をサポートする「集まれ!毒義母の森~ヨメノミカタプロジェクト~」など多彩なコンテンツ。

 いつものスマホ時間を使って自分磨きしてみませんか?

↓詳細はこちら↓
https://salon.kokuhaku.love/namikimaki

関連キーワード

ラブ 新着一覧


あざとい女性がモテるのはなぜ?理由&真似したい5つの特徴
 “あざとい女性”というと、「計算高そう」というイメージが強いですよね。少し前まで、そんなあざとい女性は、同性からだけで...
恋バナ調査隊 2021-03-07 06:00 ラブ
男が依存してしまう…離れられなくなる女性の“絶対法則”4選
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。世界人口74億人。パートナーとの出会いはすごいご縁です。できれば仲良くやって...
山崎世美子 2021-03-06 06:00 ラブ
夫婦に言葉は必要?妻のダメ出しが理解できずレスに苦しむ夫
「冷酷と激情のあいだvol.33〜女性編〜」では、心のこもっていない言葉を交わす夫にうんざりしている妻・Fさんの疲弊をご...
並木まき 2021-03-06 05:04 ラブ
ロボットといるみたい…薄っぺらい夫の言葉に疲弊する女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-03-06 05:06 ラブ
他人を不快にする“非モテ行為5選”!自分の格まで下げないで
 緊急事態宣言の解除の日が待ち遠しい昨今。桜の開花とともに、かつてのようなリアル対面での交流が増えてくるかもしれません。...
蒼井凜花 2021-03-05 06:00 ラブ
よい出会いのために…超スローマッチンング時代にできること
 2度目の緊急事態宣で出会いや恋愛の機会を奪われた人が大勢います。長引くコロナ禍により、男女のマッチングにかなりのスロー...
内藤みか 2021-03-04 06:00 ラブ
付き合う前に見極めて! 嘘つき男性の特徴&見破るポイント
 どんなにタイプの男性でも、嘘つきと分かれば気持ちは冷めてしまうもの。付き合ってから、信用できない相手だと知るのは辛いで...
恋バナ調査隊 2021-03-04 06:00 ラブ
そんなに頑張らなくてもOK!男性の気を引く簡単な方法って?
 皆さんは「カレを落としたい!」と思った時、どんな行動を取りますか? 美容にお金をかけたり、ボディラインがきれいに見える...
若林杏樹 2021-03-03 06:00 ラブ
成婚数No.1仲人姉さんが告白!大人婚できる人は質問でわかる
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)...
内埜さくら 2021-03-03 06:00 ラブ
思わずゾワ〜ッ…勘違い男性からの“背筋が寒くなるLINE”6選
 LINEに届く内容の中でも、特に困るのが男性からのちょっと痛いLINEです。相手を傷つけたり、面倒なことになったりしな...
結婚相手の選び方♡重視するポイント&男性が求めている条件
結婚は、女性にとって人生を大きく変える最大のイベントです。そのため、結婚願望はあっても「本当にこの人でいいのか……」と、...
恋バナ調査隊 2021-03-02 06:21 ラブ
離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ
結婚相談所での出会いってどう? 利用者から学べる注意点5つ
「結婚したいけど、出会いがないまま30代……」と、婚活を始めようとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-03-01 06:00 ラブ
浮気する女性の5つの心理や特徴! 浮気中に見せるサインも
 近年、芸能人の浮気や不倫が話題になっていますが、身近な友人で浮気する女性がいるという人も多いでしょう。実は、浮気をする...
恋バナ調査隊 2021-02-28 06:00 ラブ
独身でいた方が良かった…夫が結婚を後悔する一番の不満とは
 結婚は人生の墓場か、はたまた天国なのか——。多くの著名人や偉人が結婚にまつわる恐ろしい名言を残しています。長い人生を共...
山崎世美子 2021-02-27 06:00 ラブ
復縁を望む元カノの心を悟りつつも…応えられない男性の本音
「冷酷と激情のあいだvol.32〜女性編〜」では、元カレと復縁したいのに、あと一歩のところで関係が進まない女性・Yさんの...
並木まき 2021-02-27 03:05 ラブ