好きな人と今こそハグを♡優れた6つの効果で心身を健やかに

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-05-04 06:00
投稿日:2020-05-04 06:00
 あなたは、最近誰かとハグをしましたか?大人になると他人はもちろん、恋人や家族間でも接触する機会がだんだんと減ってしまいがち。でも実は、ハグの持つ効果ってすごいんですよ。今回は、そんなハグの優れた効果や、効果的な方法についてご紹介していきます。

好きな人とのハグってすごい!知られざる6つの効果

ハグにはメリットがいっぱい(写真:iStock)
ハグにはメリットがいっぱい (写真:iStock)

「ハグ」とは、ぎゅっと抱きしめ合うことをいいます。恋人や夫、子どもとのハグは、愛情を確認できるコミュニケーションの1つ。でも、実はハグには知られざる効果がたくさんあるんです。

1. 幸せな気持ちになれる

 ハグをすると脳内では、「βエンドルフィン・オキシトシン・セロトニン」などのホルモンが分泌されると言われています。それぞれの働きは異なるものの、共通点は「幸福を感じた時に出るホルモン」だということ。

 好きな人とハグをして幸福感で満たされると、笑顔が増えたり穏やかに過ごせたりすることができます。

2. ストレス軽減ができる

 オキシトシンは女性が出産、授乳をする時に多く分泌されるホルモンとして知られていますが、そのほか自律神経に作用してストレスを軽減、リラックスを促すことが分かっているようです。

「30秒のハグは1日のストレスの1/3を軽減できる」と、唱えている研究結果もありました。多かれ少なかれストレスは誰もが抱えるものですが、毎日のストレス解消にハグを取り入れてみるのもおすすめです。

3. 病気の予防になる

 一部の医療機関で使われている、「ハグヒーリング」という療法があります。これは、母親が子どもを抱きしめることで痛みなどの不調を和らげるというものですが、ハグをすると分泌されるホルモンによって、痛みの緩和や不眠症の改善、高血圧や心臓病のリスクまでもが軽減されると言われています。

 また、ストレスを緩和できることで、免疫力アップにも期待できるそう。大きく見て、ハグが病気の予防に何らかの良い影響を与えると言えるでしょう。

4. 相手との絆を深めてくれる

 恋愛初期にドキドキや快感をもたらす「PEA」というホルモンがありますが、実はこのPEAは数年すれば減少する傾向にあります。でも、恋愛の賞味期限を越えて恋が愛に変わる時、代わりに分泌量が増加するのが「βエンドルフィン」。このホルモンは、ハグをすると分泌されるものです。

 深い愛情を感じさせたり、相手との絆を深めるホルモンでもあるため、習慣的にハグをすることはお互いに愛情を保つポイントにもなるでしょう。

【あわせて読みたい】絆を深めて…毎日の「7秒ハグ」が恋人や子供にもたらす効果

5. ダイエット効果も期待できる

 ハグをはじめとしたスキンシップは、実はダイエット効果にも期待ができます。オキシトシンの分泌は代謝を高めて内臓脂肪や皮下脂肪を減らすほか、食欲や体重増加を抑える作用があることが、最近の研究で分かってきました。

 逆に、スキンシップが不足すると愛情が満たされないことから、過食が起こる傾向にもあるそうですよ。

6. 学力が高まる

 ハグはコミュニケーションを促すのはもちろん、学力アップを促すことにもつながるようです。オキシトシンには、不安や心配を解消して精神的に落ち着いた状態を作る働きがあるため、集中力を高めて勉強に集中させる効果が得られるとのこと。

 ハグのほか、撫でたり触れたり、目を合わせたりするだけでも、オキシトシンは分泌されるそうですので、お子様がいる方は楽しいスキンシップを毎日行えたら良いですね。

効果を高めるハグの方法&知っておきたいNGなハグ

ペットとのハグでもOK(写真:iStock)
ペットとのハグでもOK (写真:iStock)

 ハグにはたくさんの良いメリットがありますが、より効果を高めるための方法&NGなハグについても併せてお伝えします。

ハグは30秒以上!できるだけ長く行うのが◎

 ハグで分泌されるオキシトシンは、体に触れてから5分ほど経ってから量が多くなるというデータもありました。5分以上は難しくても、ハグの効果を高めるためにはせめて30秒以上、できれば長く行うのが◎。

 また、ハグはお互いに密着する部分を多くするのが良いそうです。正面からだけではなく、バックハグなど、好きな人と超密着してみてください。

ハグをしながら背中などに触れる

 体に触れて痛みやストレスを改善させる「タッチケア」という方法がありますが、ハグをしながら背中などに触れるのもおすすめです。

 これは、たとえハグをしていなくても、する方される方の両方にオキシトシンが出るため、お互いが癒し効果を感じられるでしょう。

ペットや人形でもOK

 ハグをできる相手がいなかったら?という質問もあるでしょう。でも、心配無用です。実は、オキシトシンはペットや人形をハグするだけでも分泌されるそう。

 ただし、この場合にはハグする対象がお気に入りであったり、愛おしいと思う気持ちがあることが前提。不眠にお悩みの方は、抱き枕などを利用してみるのも良いですね。

嫌いな人とのハグはNG

 さまざまな良い効果をもたらしてくれるハグですが、嫌いな人とのハグだけは避けるようにした方が良いでしょう。逆に、ストレスを増加させてしまうそうです。

 また、喧嘩をしていたり、何かに集中している時のハグにもあまり効果はないよう。好きな人とのハグは、リラックスできるタイミングを見計って行うことをおすすめします。

密着!好きな人とのハグで心身を健やかに♡

ハグで毎日をハッピーに(写真:iStock)
ハグで毎日をハッピーに (写真:iStock)

 好きな人とハグをすると、いつでもあたたかく幸せな気持ちになれます。科学的にも効果が証明されているのを知ると、「納得!」と、思った方も多いのではないでしょうか?

 大人になると、どうしてもハグをする機会は減ってしまいがち。でも、こんな今だからこそ、好きな人、そして自分の心身を健やかに保つため、日常的にハグを取り入れてみるのはいかがでしょうか?

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


角川武蔵野ミュージアムに行ってみた 2021.10.24(日)
 埼玉県所沢市に誕生した「ところざわサクラタウン」は、アニメホテル×ミュージアム×レストラン×多目的ホールなどで構成され...
ママ友のひどいLINE…空気が読めない&常識知らずな内容5選
 保育園や幼稚園の保護者同士でやりとりするママ友LINE。同じクラスのママに誘われて断るわけにもいかず、半ば強制的にグル...
醜すぎる女性同士のバトル! 姑・友人・姉妹のドロドロLINE
 女性同士のケンカって、ドロドロしがちですよね。「本気でぶつかり合えばすっきり解決!」ができる男性に比べて、女性同士のケ...
あなたは大丈夫…? ”不幸中毒”になっていたお客さんの話
 自分のことを「不幸だな」「不運だな」と感じることはありますか?もちろん生活の中でそんなふうに感じる瞬間はあると思います...
断捨離で社会貢献 「古着deワクチン」レポ 2021.10.22(金)
 整理整頓が苦手です。特に洋服。気が付くとクロゼットはいつもパンパン。そのくせ着る服はいつも一緒という残念な事態に。この...
猫は「きもちいい」の天才! 日差しにウットリ“にゃんたま”
 猫は「きもちいい」の天才です。  きょうは柔らかな日差し。ただでさえ気持ちの良い日なのに、にゃんたま君は背中を伸...
「ガーデンシクラメン」攻略法! 間違った園芸方法に決別を
 10月も半ばともなると、あんなに暑かった夏もいつの間にか過ぎ、早くも年末のカウントダウンがはじまった気がいたします。 ...
GU「スタイルヒート」で“ダサ見え”を解決 2021.10.19(火)
 すっかり肌寒くなり、朝晩冷え込んできました。気温が下がってきたら活躍するのは、ヒートテックですよね。急激に気温が下がっ...
シングルマザーになったら突然色眼鏡がかかってしまう不思議
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月18日~24日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
男同士の方が楽しいの? 尻尾を絡ませる“にゃんたま”君たち
 美にゃんな三毛猫のお嬢さんと見つめ合うにゃんたま君。  スマートなお尻を見せつけて、自分の魅力をアピールしている...
なにが違うの?努力して憧れの存在に近づける人と遠ざかる人
 皆さんには憧れの人はいますか? 仕事ができる先輩や上司、友人や家族、著名人の名前をあげる人もいるかもしれません。私はた...
プロレスごっこで力加減を勉強中!“にゃんたま”兄弟をパチリ
 きょうは、プロレスごっこに夢中なにゃんたま兄弟。これは格闘の練習です。  獲物をつかまえる時の練習にもなっていて...
花と色の相乗効果! ビタミンカラーで心も身体もポジティブに
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋は、カントリー風情たっぷりな立地でありながら、なんだかんだで毎日のように外国人のお客様がご...
褒め言葉を理解? ドヤ顔する猫がかわいい 2021.10.12(火)
 猫の知能は1歳半~2歳半の子ども程度だとされています。一説によると、80語くらいの人間の言葉を認識できるそう。彼らが覚...
ムカつきながらも息子の前では「パパを立てる」と決めたこと
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...