どういうつもり? 恋人に2年間も結婚を先延ばしされている女

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-07-18 07:49
投稿日:2020-07-18 06:00

彼の気持ちが理解できない

結婚話を進めようとしても暖簾に腕押し(写真:iStock)
結婚話を進めようとしても暖簾に腕押し (写真:iStock)

 Rさんは、自分の友人たちが、RさんとTさんより後から付き合った恋人と続々と結婚していくのを見ているうちに、だんだんと焦りも強まってきたとのこと。

 けれど、尋ねても「NO」ではなく「YES」の返事が戻ってくるので、それ以上、話を進めるのが逆に難しいと感じているのだそうです。

「『結婚は、もう少しあとにしよう』とか『迷っている』とか言ってくれれば、なんで?って聞けるけど『する』って言っている人を問い詰めるのって、難しいんです。世間によくある結婚テクみたいなのも読み漁り、家に結婚情報誌を置いたり、うちの親が上京するときに『一緒に食事をしよう』って誘ったりしましたが、進展なし。

 彼の仕事が忙しい時期もあったので、そのときは『落ち着いてから結婚するつもりかな』って待っていましたが、最近はそこまで仕事も大変そうじゃないし、いったい、どんなつもりなのか……まったく理解できません」

進展が見込めないなら強硬手段も…

どうしたら彼の気持ちが固まるのか?(写真:iStock)
どうしたら彼の気持ちが固まるのか? (写真:iStock)

 そんななか、コロナ禍に突入し、いよいよ独身生活が心細くなってきたというRさん。ステイホーム中には「みんなは家族で過ごしているのに、なんで私は、ひとりで家にいるんだろう」と虚しくなったと口にします。

「2年も待たされた挙句、コロナ禍で心細いのに、まだ結婚に向けて前進しない彼にイライラしています。『さみしい』って言うと『ごめんね』とは言われるけれど、私が望んでいるのは、そういうことじゃないし。彼は優しいけれど、優柔不断なのでしょうか? 結婚に関しては、何を考えているのかまったくわからなくて、どうしたら私の想いが伝わるんだろうって感じです。なので、優柔不断な彼にはこっちからリードしないとダメかなって、もうちょっと私からも積極的になろうと考えています」

 このままではまだまだ進展が見込めないであろうことから、強硬手段も考えているというRさん。近いうちに、役所で婚姻届をもらい、記入したものをTさんに突きつける予定だそうです。

 ところが、恋人であるTさんの思惑はかなり異なるようで……。

 次回は、Tさんの心情をお届けします。

【並木まきオンラインサロン】スマホ時間を有意義なものに変えませんか?

 コクハク内の並木まき公式オンラインサロン「#まきコク」では、現在新規メンバーを募集中!

 在宅でも安定して稼げるプロライターになれる近道をメインコンテンツとして提供し、家にいながらライタースキルの資格が取得できる「オンラインライター講座」は、副業でライターをしたい人にも大人気。また、令和時代の嫁姑問題に悩める女性たちと解決策を模索する「令和の嫁姑問題相談所」は、気持ちを同じくするメンバーと共感・成長・学びや気づきが得られる場として大好評。

 単発で購入できるお悩み相談も充実。自身の経験に加え多くの人々の嫁姑問題に向き合ってきている並木まきだからこそアドバイスできる「“嫁姑問題”駆け込み寺」や、人には言いにくい恋愛相談にも多くのメディアでの恋愛連載から培ったアドバイスを贈る「パーソナル恋愛相談」、社)時短美容協会のトップであるプロ目線でビューティーアドバイスがもらえる「美容ワンポイントレッスン」など、並木まきのキャリアを活かした多彩なユニットで実益のあるコンテンツにあふれています。

↓詳細はこちら↓
https://salon.kokuhaku.love/namikimaki

関連キーワード

ラブ 新着一覧


レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ