2度の流産に苦しむ私に…同じ悩みを抱えた友人がくれた言葉

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2020-07-19 06:21
投稿日:2020-07-19 06:00
 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が、結婚後に女性が悩むであろう妊活の真っ最中です。妊活中の方やこれから妊活をする方に少しでも生の声を届けたく、この連載を始めることにしました。

本格に妊活を再開していいのか…

同い年の友人も同じ悩みを抱えていた(写真:iStock)
同い年の友人も同じ悩みを抱えていた (写真:iStock)

 2度の流産をし、また振り出しに戻った私は、今後どうするか本当に悩みました。

 どうして私は流産してしまうのか、はっきりと理由もわからないまま、本格的に妊活を再開していいのか――?

 今振り返って思うことは、適切なアドバイスをくれる人やどれだけの情報に出会えるかが、とても重要だということ。私を救ってくれたのは、同い年の友人の言葉でした。

 串カツ屋さんで一緒にご飯をしていた時、婚活の話で盛り上がり、そこから妊活の話に。

 実は、周りには言ってないけれど……と、体外受精をしていることを話してくれたのです。

 ただ、彼女にはすでに子供が1人います。

 “普通に子供ができたのに、なんで2人目は体外受精なの?”と不思議に思う私の気持ちを察したのか、彼女はたくさんのことを教えてくれました。

「実は、私も『多嚢胞性卵胞症候群』って若い時から言われてて、排卵がわかりにくいから、タイミングが取りにくいんだよね」

 まさしく、私と同じ悩みを近くにいた彼女も持っていたのです。

 そして、私の価値観を大きく変えてくれる情報をくれました。

「多嚢胞ってさ、確かに排卵はしにくいからタイミングは取りにくいんだけど、卵子が溜まっていくから採卵するとめっちゃとれるんだよ! 普通の人が3個から5個なのに、私は20個近くとれたんだから!(笑)」

 ええええ! 20個!?

「それって、すごくない!?」と驚く私に、「そうだよ! 20個もとれたら受精卵になるチャンスも多いし、受精卵さえ出来ちゃえば多嚢胞の悩みである排卵なんてもはや関係ないからさ。生まれちゃえば子供が可愛いのは一緒だもん」

 私は環境が変わることに恐れを抱いていたんだと、その時気がつきました。

ライフスタイル 新着一覧


12月5日~12月11日 あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
青空猫集会に突撃!サービス満点“たまたま”の完璧ポージング
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
40代、人生変えたい!10年後が想像できた気になってませんか
 若い頃は、何をするにも希望や夢を抱いていたものです。が、年齢を重ねるごとに現実を知り 、人生に諦めを感じはじめていつの...
渦中のロイホ「パンケーキ」を“公式推奨”で食べてきた結果は
 ファミリーレストランチェーン「ロイヤルホスト」のパンケーキがにわかに注目を集めています。きっかけは人気バラエティー「ジ...
鼻チューまで! 甘えん坊“たまたま”のストレートな愛情表現
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「ナンキンハゼ」知ってる? 白い実×♡の葉で“ずるかわいい”
 本格的な寒さを迎え、楽しいイベントが目白押しで心が躍る気分でございます。加えて、通勤途中、車窓から眺める公園や道路脇に...
予言より的中!七色翡翠の12星座別パワーワード占い【12月】
 日本ではタロットカードやオラクルカードに比べると、知名度が低いルノルマンカード(※)ですが、「ルノルマンのほうが当たる...
おばあちゃんになっても恋したい? 2022.11.30(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
値上げの冬に負けない!一人暮らしの「防寒術」侮るべからず
 冬の一人暮らしって、家族と過ごすよりも寒く感じますよね……。とはいえ、値上がりする電気代に困っている人も多いはず。今回...
あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...