2度の流産に苦しむ私に…同じ悩みを抱えた友人がくれた言葉

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2020-07-19 06:21
投稿日:2020-07-19 06:00
 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が、結婚後に女性が悩むであろう妊活の真っ最中です。妊活中の方やこれから妊活をする方に少しでも生の声を届けたく、この連載を始めることにしました。

本格に妊活を再開していいのか…

同い年の友人も同じ悩みを抱えていた(写真:iStock)
同い年の友人も同じ悩みを抱えていた (写真:iStock)

 2度の流産をし、また振り出しに戻った私は、今後どうするか本当に悩みました。

 どうして私は流産してしまうのか、はっきりと理由もわからないまま、本格的に妊活を再開していいのか――?

 今振り返って思うことは、適切なアドバイスをくれる人やどれだけの情報に出会えるかが、とても重要だということ。私を救ってくれたのは、同い年の友人の言葉でした。

 串カツ屋さんで一緒にご飯をしていた時、婚活の話で盛り上がり、そこから妊活の話に。

 実は、周りには言ってないけれど……と、体外受精をしていることを話してくれたのです。

 ただ、彼女にはすでに子供が1人います。

 “普通に子供ができたのに、なんで2人目は体外受精なの?”と不思議に思う私の気持ちを察したのか、彼女はたくさんのことを教えてくれました。

「実は、私も『多嚢胞性卵胞症候群』って若い時から言われてて、排卵がわかりにくいから、タイミングが取りにくいんだよね」

 まさしく、私と同じ悩みを近くにいた彼女も持っていたのです。

 そして、私の価値観を大きく変えてくれる情報をくれました。

「多嚢胞ってさ、確かに排卵はしにくいからタイミングは取りにくいんだけど、卵子が溜まっていくから採卵するとめっちゃとれるんだよ! 普通の人が3個から5個なのに、私は20個近くとれたんだから!(笑)」

 ええええ! 20個!?

「それって、すごくない!?」と驚く私に、「そうだよ! 20個もとれたら受精卵になるチャンスも多いし、受精卵さえ出来ちゃえば多嚢胞の悩みである排卵なんてもはや関係ないからさ。生まれちゃえば子供が可愛いのは一緒だもん」

 私は環境が変わることに恐れを抱いていたんだと、その時気がつきました。

ライフスタイル 新着一覧


「おこもりキャンプ」レポ 2021.11.28(日)
 昨今のキャンプブームと“三密回避”の需要が相まって、人気沸騰中の「おこもりキャンプ」。今回は、埼玉県越生町にあるビオリ...
お金が貯まらない…貯金できない人の特徴&貯蓄する方法6つ
 社会人になれば自分で稼いだお金で好きな物を買い、生活することになります。収入は人によって異なりますが、中には、「なかな...
お母さんのおもしろ誤字LINE5選!なんでそうなっちゃった?
 現代の家族間での連絡手段といえば、やはり主流は「LINE」でしょう。そんな家族LINEには、面白い内容がたくさん! 特...
デキる大人は見逃さない!メンタルが弱っているサイン6選
 あなたは自分のことをどのくらいよく分かっているでしょうか。私はそろそろ大人歴(20歳が大人のスタート)が10年になろう...
ぐっすり眠る“にゃんたま”をクンクン…乙女心の行方は?
 きょうは、無防備に眠るにゃんたま君に忍び寄る……の巻。  ゆっくりゆっくり、にゃんたまωにそ~っと顔を近づけるの...
アナタの観葉植物は大丈夫? 不調の原因&冬のお手入れ3カ条
 今年もなんだかんだで残すところ、あと1カ月ちょっと。  思えばほとんどが緊急事態宣言下だった今年、ようやく少し賑...
息子のお友達から“シングルマザーだもんね!”と言われた日
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月22日~28日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
自分の魅力を熟知! クールな視線がかっこいい“にゃんたま”
 カッコいいにゃんたまωポーズ、クールな視線、キマッてるね!  にゃんたま君は自分の魅力を知っていて、写真の撮られ...
多頭飼いは“つかず離れず”がちょうどいい 2021.11.21(日)
 我が家には2匹の猫がいます。マンチカンのもん様こと主水、スコティッシュフォールドのこっちゃんことコロナ。  もん...
恥ずかしすぎて消えたい…職場グループに送った誤爆LINE5選
 職場のグループLINEは、仕事を円滑に進めるために、今や欠かせないものでしょう。でも、あろうことかそんな職場LINEに...
破壊力ありすぎ! おばあちゃんから届いた“勘違いLINE”5選
 いろんな時代や多くの困難を経験して乗り越えてきたおばあちゃんたちって、本当にたくましいですよね。ガラケー時代をなんなく...
無意味どころか不可能?!他人との比較が無駄といわれるワケ
 他人と比較しても意味がない——。そんな言葉を毎日のように目にします。この認識が広まるのはとても大切だと思いますし、みん...
まるでドラえもん! もふもふのお腹が魅力的な"にゃんたま”
 きょうは、ふしぎなポッケを持っていそうな、ドラえもんみたいなにゃんたま君です。  丁寧な毛繕いで、ふわっふわにな...
見た目のインパクトがすごい!「フウセントウワタ」の魅力
 近年、猫の細かなパーツに特化した、写真やグッズが人気のようでございます。  猫の肉球やお尻、足、シッポなどいわゆ...
嫌いな同僚と上手に付き合うには?6つのポイント&NG行動
 職場にはさまざまな年代、価値観の人が働いているため、中には「どうしても、気が合わない」と思う人もいるでしょう。中には、...