告白でドキッとさせたい♡ “好き”を伝えるポイント&セリフ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-08-09 06:00
投稿日:2020-08-09 06:00
 告白をしようと考える時、「フラれたらどうしよう?」と、誰もが不安になるものです。しかし、待ってばかりでは二人の関係は進展しません。思い切って自分から告白をして、今後の関係性を変えてみませんか? そこで今回は、好きな気持ちを伝える際のポイントと効果的なセリフをご紹介します。

告白でドキッとさせる! セリフを伝える5つのポイント

一歩踏み出して思いを伝えてみよう(写真:iStock)
一歩踏み出して思いを伝えてみよう (写真:iStock)

 女性から男性に告白するのは、とても勇気がいることです。緊張で思っていることを伝えにくかったり、普段通りの自分を出すことも難しいですよね。でも、告白のポイントを知っていれば、どんなに緊張したとしても上手に気持ちを伝えることができるはずですよ。

1. 分かりやすくストレートに伝える

 告白する時、緊張や照れから頭が真っ白になり、素直に気持ちを伝えられなくなる人がいます。しかし、告白はストレートに気持ちを伝えることが大切。

 そもそも、男性は女性と違って鈍感ですので、遠回しな告白ではあなたの思いはちゃんと伝わらない可能性があります。かっこつけようとせず、素直な気持ちをストレートに伝えましょう。

2. できるだけ端的に伝える

 好きな彼に「告白をしよう」と決めたら、多くの人は「どう気持ちを伝えよう?」と考えるでしょう。彼に対する並々ならぬ思いを、「熱く語れば伝わる!」と思っている人もいるかもしれませんね。

 しかし、告白は長々とすれば良いというものではありません。長時間熱く語っても、「結局、何が言いたかったの?」と思わせてしまっては意味がないですよね。熱量も大切ですが、分かりやすく端的に伝えましょう。

3. どんなところに惹かれたのか具体的に伝える

 告白されるのは誰だって嬉しいものですが、より彼の心を掴むためには、どこに惹かれたのかを一緒に伝えることが効果的です。

「仕事に一生懸命な姿に惹かれた」「友達思いなところが好き」など具体的に伝えることで、彼は「ちゃんと見ていてくれたんだ」と思うでしょう。本気度も伝わりやすいため、良い返事が期待できるでしょう。

4. 目を見て思いを伝える

 好きな人と会話をする時、緊張したり意識をしすぎてしまい、「目を見ることができない」という人も多いと思います。

 しかし、告白するのであればまっすぐに目を見て伝えることが大事。“目は口ほどに物を言う”と言いますが、真剣度や一生懸命さが伝わりやすくなります。そんな姿に、ドキッとする男性も多いでしょう。

5. どうなりたいかを伝える

 告白する女性の中には、好きな気持ちだけ伝えて安心してしまう人もいます。確かに、これも立派な告白ではありますが、気持ちだけ伝えられた男性は「この先、どうしたいの?」と戸惑ってしまうかもしれません。

 そのため、告白をする際には気持ちを伝えるだけでなく、「付き合ってください」といった希望も一緒に伝えましょう。そうすれば、男性も返事がしやすくなるはずです。

男性がキュンとする! 効果的な告白セリフ5選

「彼女にしてください」(写真:iStock)
「彼女にしてください」 (写真:iStock)

 告白するのであれば、セリフにも注意が必要です。ドラマのようにスマートでおしゃれなセリフでは、気持ちが伝わらないこともあります。男性への告白は、分かりやすいセリフがおすすめ! そこで、効果的な告白セリフをご紹介します。

1. ストレートに「好きです」

 告白の王道はズバリ、「好きです」というストレートなセリフ。男性に限らず、言われて嬉しいセリフでもありますよね。

「好き」という言葉は鈍感な男性にもまっすぐ届きますし、そのストレートさにキュンとする方も多いでしょう。

2. 男性を立てることもできる「彼女にしてください」

 多くの男性は、「女性から立ててほしい」と思っているもの。そのため、告白のセリフに彼を立てるような言葉を選んでみるのもおすすめです。

 たとえば、「彼女にしてください」というセリフは、ちょっと下手に出た言い方になるため、陰で支える女性をイメージさせます。普段から、男性らしい振る舞いを心がけている人にとっては、キュンとするセリフになるでしょう。

3. 関係性を変えたいなら「友達のままでは嫌」

 告白を考えている女性の中には、「男友達を好きになった」という人もいるでしょう。恋愛感情が生まれれば、そのまま友達でいるのは辛くなるものです。

 そんな時には「友達のままでは嫌」と、素直に告白しましょう。このように言われた男性は、それがどういう意味なのかすぐに判断できるはず。そして、その告白が彼の心を動かすきっかけになるでしょう。

4. 健気さをアピール!「あなたの1番になりたい」

 男性の心を掴むためには、健気さをアピールした告白も効果的です。「あなたの1番になりたい」という言葉は、男性の心をぎゅっと掴むでしょう。

 そして、告白するあなたにとって、「好きです」という言葉よりも伝えやすいのもメリット。告白に自信がなくても、絶妙な距離感を保てるセリフになりますよ。

5. 照れ隠しの「付き合ってあげてもいいよ」

 告白のセリフ選びは、二人の関係性によっても変わってきます。お互いに好意を抱いているような関係であれば、「付き合ってあげてもいいよ」と、茶目っ気を出して告白するのも良いでしょう。

 ただし、相手が好意を持っていない時にこのセリフを選んでしまうと、単に「上から目線で失礼」と思われてしまうため、注意が必要です。

勇気を出したあなたからの告白が二人の関係を変える!

思いが伝わりますように♡(写真:iStock)
思いが伝わりますように♡ (写真:iStock)

 告白は、いかに自分の気持ちを素直に伝えられるかが大切です。プライドや周りの目を気にしてしまえば、伝わるはずの言葉も伝わらなくなってしまうでしょう。「告白しよう」と考えている人は、今回ご紹介したポイントやセリフを参考に、勇気を出して告白にチャレンジしてくださいね!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ