告白でドキッとさせたい♡ “好き”を伝えるポイント&セリフ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-08-09 06:00
投稿日:2020-08-09 06:00
 告白をしようと考える時、「フラれたらどうしよう?」と、誰もが不安になるものです。しかし、待ってばかりでは二人の関係は進展しません。思い切って自分から告白をして、今後の関係性を変えてみませんか? そこで今回は、好きな気持ちを伝える際のポイントと効果的なセリフをご紹介します。

告白でドキッとさせる! セリフを伝える5つのポイント

一歩踏み出して思いを伝えてみよう(写真:iStock)
一歩踏み出して思いを伝えてみよう (写真:iStock)

 女性から男性に告白するのは、とても勇気がいることです。緊張で思っていることを伝えにくかったり、普段通りの自分を出すことも難しいですよね。でも、告白のポイントを知っていれば、どんなに緊張したとしても上手に気持ちを伝えることができるはずですよ。

1. 分かりやすくストレートに伝える

 告白する時、緊張や照れから頭が真っ白になり、素直に気持ちを伝えられなくなる人がいます。しかし、告白はストレートに気持ちを伝えることが大切。

 そもそも、男性は女性と違って鈍感ですので、遠回しな告白ではあなたの思いはちゃんと伝わらない可能性があります。かっこつけようとせず、素直な気持ちをストレートに伝えましょう。

2. できるだけ端的に伝える

 好きな彼に「告白をしよう」と決めたら、多くの人は「どう気持ちを伝えよう?」と考えるでしょう。彼に対する並々ならぬ思いを、「熱く語れば伝わる!」と思っている人もいるかもしれませんね。

 しかし、告白は長々とすれば良いというものではありません。長時間熱く語っても、「結局、何が言いたかったの?」と思わせてしまっては意味がないですよね。熱量も大切ですが、分かりやすく端的に伝えましょう。

3. どんなところに惹かれたのか具体的に伝える

 告白されるのは誰だって嬉しいものですが、より彼の心を掴むためには、どこに惹かれたのかを一緒に伝えることが効果的です。

「仕事に一生懸命な姿に惹かれた」「友達思いなところが好き」など具体的に伝えることで、彼は「ちゃんと見ていてくれたんだ」と思うでしょう。本気度も伝わりやすいため、良い返事が期待できるでしょう。

4. 目を見て思いを伝える

 好きな人と会話をする時、緊張したり意識をしすぎてしまい、「目を見ることができない」という人も多いと思います。

 しかし、告白するのであればまっすぐに目を見て伝えることが大事。“目は口ほどに物を言う”と言いますが、真剣度や一生懸命さが伝わりやすくなります。そんな姿に、ドキッとする男性も多いでしょう。

5. どうなりたいかを伝える

 告白する女性の中には、好きな気持ちだけ伝えて安心してしまう人もいます。確かに、これも立派な告白ではありますが、気持ちだけ伝えられた男性は「この先、どうしたいの?」と戸惑ってしまうかもしれません。

 そのため、告白をする際には気持ちを伝えるだけでなく、「付き合ってください」といった希望も一緒に伝えましょう。そうすれば、男性も返事がしやすくなるはずです。

男性がキュンとする! 効果的な告白セリフ5選

「彼女にしてください」(写真:iStock)
「彼女にしてください」 (写真:iStock)

 告白するのであれば、セリフにも注意が必要です。ドラマのようにスマートでおしゃれなセリフでは、気持ちが伝わらないこともあります。男性への告白は、分かりやすいセリフがおすすめ! そこで、効果的な告白セリフをご紹介します。

1. ストレートに「好きです」

 告白の王道はズバリ、「好きです」というストレートなセリフ。男性に限らず、言われて嬉しいセリフでもありますよね。

「好き」という言葉は鈍感な男性にもまっすぐ届きますし、そのストレートさにキュンとする方も多いでしょう。

2. 男性を立てることもできる「彼女にしてください」

 多くの男性は、「女性から立ててほしい」と思っているもの。そのため、告白のセリフに彼を立てるような言葉を選んでみるのもおすすめです。

 たとえば、「彼女にしてください」というセリフは、ちょっと下手に出た言い方になるため、陰で支える女性をイメージさせます。普段から、男性らしい振る舞いを心がけている人にとっては、キュンとするセリフになるでしょう。

3. 関係性を変えたいなら「友達のままでは嫌」

 告白を考えている女性の中には、「男友達を好きになった」という人もいるでしょう。恋愛感情が生まれれば、そのまま友達でいるのは辛くなるものです。

 そんな時には「友達のままでは嫌」と、素直に告白しましょう。このように言われた男性は、それがどういう意味なのかすぐに判断できるはず。そして、その告白が彼の心を動かすきっかけになるでしょう。

4. 健気さをアピール!「あなたの1番になりたい」

 男性の心を掴むためには、健気さをアピールした告白も効果的です。「あなたの1番になりたい」という言葉は、男性の心をぎゅっと掴むでしょう。

 そして、告白するあなたにとって、「好きです」という言葉よりも伝えやすいのもメリット。告白に自信がなくても、絶妙な距離感を保てるセリフになりますよ。

5. 照れ隠しの「付き合ってあげてもいいよ」

 告白のセリフ選びは、二人の関係性によっても変わってきます。お互いに好意を抱いているような関係であれば、「付き合ってあげてもいいよ」と、茶目っ気を出して告白するのも良いでしょう。

 ただし、相手が好意を持っていない時にこのセリフを選んでしまうと、単に「上から目線で失礼」と思われてしまうため、注意が必要です。

勇気を出したあなたからの告白が二人の関係を変える!

思いが伝わりますように♡(写真:iStock)
思いが伝わりますように♡ (写真:iStock)

 告白は、いかに自分の気持ちを素直に伝えられるかが大切です。プライドや周りの目を気にしてしまえば、伝わるはずの言葉も伝わらなくなってしまうでしょう。「告白しよう」と考えている人は、今回ご紹介したポイントやセリフを参考に、勇気を出して告白にチャレンジしてくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ