「天命」を受け入れ死にゆく友人へ…最期にしてあげたいこと

斑目茂美 開運花師
更新日:2020-08-12 06:25
投稿日:2020-08-12 06:00

人を想う商売

 考えてみるとお花屋さんというお商売は、亡くなるご本人やそのご家族、あるいは、その知人との距離が微妙に近い不思議な職業でございます。

 人間や動物に限らず、生き物が「死ぬということ」。

 花屋は、毎日生き物が死ぬ前と後、そしてもっとさらにその先をこれから亡くなるご本人やその家族、知人との会話の中で、「死んで別れる」ということに自分の想像の強弱をつけながら、花に触るお仕事でございます。

 死にゆく者へ、そして死んだ者へ……。

 一歩下がったところで、寄り添うことの許されたお商売。それが花屋でございます。

 ワタクシたちの商売道具である、「花」にまつわるお話。アナタは花の持つ不思議なチカラを信じますか?

 ということで、今回の「笑う花には福来たる」は、「天命を受け入れる花」のお話でございます。

ガンに冒された女性が最期に残したもの

ガンであることを受け入れる(写真:iStock)
ガンであることを受け入れる (写真:iStock)

 ある日、遠くイギリスに住む女性からいただいたご注文でございます。

 その女性Hさんは、SNSがきっかけで知り合ったワタクシと同世代の素敵な女性。

 ガンに蝕まれたHさんのお母様のご友人が、いよいよ「さよなら」の時が近づいてきたとのこと。

 コロナ禍でもう会いに行くことはできないけれど、彼女がこの世で最期を過ごす時間が穏やかであって欲しいというご友人たちのお心で、その大切な時間のための花を作ってもらいたい、とのご依頼でございました。

この世の最期の時間に見る穏やかで美しい花

 おそらく気絶しそうなほどの痛みに耐えながら毎日を過ごしていらっしゃる方に、いったい慰めの花なんてあるのか……ハッキリ言ってワタクシ、責任重大でございます。

 一輪の花を際立てたスタイルにしようか。いや、「あの一輪の花が枯れる頃に私は死ぬ」って思われたら困るからやめた方がいい、とか。元気が出るようにヒマワリでもバーンといれようか。いや、「私が寝ている間にいつの間にか夏になってたの?」って思われると傷つけてしまうかもしれないからやめた方がいい、とか……。

 さんざん迷った揚げ句、横になったまま、たとえ細かいものが見えなくても彼女の目の前が穏やかな色で満たされる、たくさんのお花で構成された縦に長いスタイルのアレンジメントをお作りいたしました。

 どうか、ご友人たちの友を想う優しい気持ちが病で死の淵にいる彼女に届きますように……ワタクシの指先から一本一本の花に願いをこめてお作りさせていただいたのでございます。

 イギリスに住むHさんから、お母様のご友人がお亡くなりになられたとのご連絡をいただきましたのは、お花をお届けしてから一週間もしない、ある日の夕暮れでございました。

Hさん 「それがね、斑目さん。不思議なんですが、亡くなったお母さんのお友達から手紙が届いたらしいです。」

ワタクシ 「え!」

Hさん 「こんなご時世、お通夜もお葬式も人数制限があって行けなかったみたいで結局会うことは叶わなかったけど、手紙の最初と最後に花のことが書いてあったみたいです。

 お母さんのお友達は花を見ながら、最後の気力を振り絞って書いた手紙だったんでしょうね。『天命を受け入れる』って。悟ってるよね。花ってすごい。綺麗なお花を見ながら最期の数日を過ごすって、ホントに素敵」

「いただいたお花を毎日眺めながら気力を養っています」から始まる手紙。まもなく命の灯が消える彼女からの人生最期の手紙には、ある日突然元気だった自分に突きつけられた”命の期限”についての悩み、葛藤。そしてHさんのお母様へ、今まで友人であってくれたこと、気力を養う花への感謝の言葉が綴られていたようでございます。

「ガンであることを天命と思って受け入れ、闘う」

 そう最後に書かれた手紙がHさんのお母様のお手元に届いてすぐ、彼女はあの世へと旅立ったのでございます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
「今年も無事に収穫が終わったよ~」  秋の収穫シーズンになると、ご来店くださったお客様から毎年こんな会話が聞こえて...
FILM
 毎日定時で帰る人を見ると「羨ましいな」と思う半面、「定時で帰るなんて、ちゃんと仕事をしているのだろうか?」と思う人も多...
FILM
 にゃんたま君は、日が沈むこの時間が大好き。  地面はお日様のぬくもりが残っていてほんわか温かくて、海を渡って来る...
FILM
 SNSが当たり前の時代。今では、ほとんどの人がSNSを活用しているでしょう。しかし、SNSは便利な半面、トラブルに巻き...
FILM
 好感度の高い女性というと、「美人でスタイルが良い女性」というイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、どんなに見た...
FILM
 きょうは、職業・猫フェチカメラマンのつぶやき。  神が作った最高傑作と云われる「にゃんたま」を、どのように記録し...
FILM
 ただいま世の中、「ドライフラワー流行り」でございます。  以前は、お花屋さんの片隅にちょっぴり「スキマ商売」感覚...
FILM
 “女の友情はハムより薄い”という言葉があるように、女性同士の交友関係はとても複雑で、難しいものですよね。昨日まで「私た...
FILM
 きょうも、にゃんたまωにロックオン♪  キリっとしたクールな眼差しに、栗饅頭のような癒しのフォルムω……。 ...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。学生時代から付き合いがある相手なのに、なんとなく最近話が合わない。一緒にいる...
FILM
 この夏は新型コロナ禍の外出自粛で溜まったストレスの羽を伸ばす人たちが散見されました。しかし、秋、冬とインフルエンザの流...
FILM
 きょうは、にゃんたまを探せ!  写真の中に、にゃんたまωをスグに見つけたアナタはもう立派なニャンタマニアです。 ...
FILM
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋に、某有名私立男子校の先生が本日もご来店でございます。  この先生、その筋では大変に...
FILM
 外出しなくても、おうちの中で気分転換する方法があるととっても便利です。自分に合ったストレス発散方法があると、気分の切り...
FILM
「機嫌悪い人がいると気になってしまう」「LINEを送ったら既読スルー、怒らせちゃったかな」「もはや生きているだけで疲れる...
FILM
 にゃんたまωカレンダー2020を飾って下さっている方々から、多くのラッキー報告を頂きました。ありがとうございます!!!...