「天命」を受け入れ死にゆく友人へ…最期にしてあげたいこと

斑目茂美 開運花師
更新日:2020-08-12 06:25
投稿日:2020-08-12 06:00

人を想う商売

 考えてみるとお花屋さんというお商売は、亡くなるご本人やそのご家族、あるいは、その知人との距離が微妙に近い不思議な職業でございます。

 人間や動物に限らず、生き物が「死ぬということ」。

 花屋は、毎日生き物が死ぬ前と後、そしてもっとさらにその先をこれから亡くなるご本人やその家族、知人との会話の中で、「死んで別れる」ということに自分の想像の強弱をつけながら、花に触るお仕事でございます。

 死にゆく者へ、そして死んだ者へ……。

 一歩下がったところで、寄り添うことの許されたお商売。それが花屋でございます。

 ワタクシたちの商売道具である、「花」にまつわるお話。アナタは花の持つ不思議なチカラを信じますか?

 ということで、今回の「笑う花には福来たる」は、「天命を受け入れる花」のお話でございます。

ガンに冒された女性が最期に残したもの

ガンであることを受け入れる(写真:iStock)
ガンであることを受け入れる (写真:iStock)

 ある日、遠くイギリスに住む女性からいただいたご注文でございます。

 その女性Hさんは、SNSがきっかけで知り合ったワタクシと同世代の素敵な女性。

 ガンに蝕まれたHさんのお母様のご友人が、いよいよ「さよなら」の時が近づいてきたとのこと。

 コロナ禍でもう会いに行くことはできないけれど、彼女がこの世で最期を過ごす時間が穏やかであって欲しいというご友人たちのお心で、その大切な時間のための花を作ってもらいたい、とのご依頼でございました。

この世の最期の時間に見る穏やかで美しい花

 おそらく気絶しそうなほどの痛みに耐えながら毎日を過ごしていらっしゃる方に、いったい慰めの花なんてあるのか……ハッキリ言ってワタクシ、責任重大でございます。

 一輪の花を際立てたスタイルにしようか。いや、「あの一輪の花が枯れる頃に私は死ぬ」って思われたら困るからやめた方がいい、とか。元気が出るようにヒマワリでもバーンといれようか。いや、「私が寝ている間にいつの間にか夏になってたの?」って思われると傷つけてしまうかもしれないからやめた方がいい、とか……。

 さんざん迷った揚げ句、横になったまま、たとえ細かいものが見えなくても彼女の目の前が穏やかな色で満たされる、たくさんのお花で構成された縦に長いスタイルのアレンジメントをお作りいたしました。

 どうか、ご友人たちの友を想う優しい気持ちが病で死の淵にいる彼女に届きますように……ワタクシの指先から一本一本の花に願いをこめてお作りさせていただいたのでございます。

 イギリスに住むHさんから、お母様のご友人がお亡くなりになられたとのご連絡をいただきましたのは、お花をお届けしてから一週間もしない、ある日の夕暮れでございました。

Hさん 「それがね、斑目さん。不思議なんですが、亡くなったお母さんのお友達から手紙が届いたらしいです。」

ワタクシ 「え!」

Hさん 「こんなご時世、お通夜もお葬式も人数制限があって行けなかったみたいで結局会うことは叶わなかったけど、手紙の最初と最後に花のことが書いてあったみたいです。

 お母さんのお友達は花を見ながら、最後の気力を振り絞って書いた手紙だったんでしょうね。『天命を受け入れる』って。悟ってるよね。花ってすごい。綺麗なお花を見ながら最期の数日を過ごすって、ホントに素敵」

「いただいたお花を毎日眺めながら気力を養っています」から始まる手紙。まもなく命の灯が消える彼女からの人生最期の手紙には、ある日突然元気だった自分に突きつけられた”命の期限”についての悩み、葛藤。そしてHさんのお母様へ、今まで友人であってくれたこと、気力を養う花への感謝の言葉が綴られていたようでございます。

「ガンであることを天命と思って受け入れ、闘う」

 そう最後に書かれた手紙がHさんのお母様のお手元に届いてすぐ、彼女はあの世へと旅立ったのでございます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


ミッフィーのライトが寝かしつけをお手伝い 2022.7.7(木)
 夫の転勤に伴い、子どもが生まれてから2度の引っ越しを経験した我が家ですが、どのおうちでも、子どもがいる部屋のどこかに鎮...
伏し目がち“たまたま”の大人の色気…美シルエットにドキッ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
人の幸せを喜ぶには? まずは“自分ファースト”で心に余裕を
 友達が幸せそうにしていると、なぜか自分だけが取り残されたような気持ちになる人もいるでしょう。人の幸せを自分のことのよう...
開運花師激推し!夏っぽ“黄色の花”で元気&やる気をチャージ
 びっくりするほど短かった梅雨が明け、猛烈に暑い日本でございます。 「日本の気温がヨーロッパではニュースになってい...
円安でも大満足!ダナン&ホイアン満喫、世界はもう動いてる
 こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます...
「忘れ物が多い」と自覚するなら“時間ギリ子”の習慣をなくす
 常日頃、忘れ物が多いと悩んでいませんか? 仕事で必要な資料を家に忘れてきたり、お店に傘を忘れてきたなんて経験がある人は...
えっ“たまたま”が落ちてる?夏の夕暮れの路地で大胆ポーズ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 7月4日~7月10日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
「40代の女子会」手抜きメークは“ご法度”!NGマナーの確認を
 気の合う女性同士が集まって、本音を言い合いながら楽しめる「女子会」ですが、大人になると、やはりそれなりのマナーが必要で...
「枕元に麻婆豆腐置いとくわね」世界一意地悪な姑LINE3選!
 大切な息子をとられた恨みがあるからなのか、世の中には嫁をいびる意地悪な姑が存在します。今回は、運悪く意地悪な姑と家族に...
自分ファーストは難しい…他人軸で生きる人のメンタル安定術
 みなさんは、“自分のため”だけにできる行動って何かありますか? 「スキルアップに繋がる」「誰かのためになるかも」とか...
“たまたま”そっくりな口元に注目!ソファの上で寝落ち寸前!!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
暑い夏!“NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やす
 ここ数日の暑さには本当にまいっちゃいます。暑いのが大の苦手で、基本毎日薄着のワタクシ。夏だからとはいえ、女である以上脱...
悲劇のヒロイン説も浮上!「疲れるネガティブ」ちゃんへのお作法
「どうせ自分なんて」「もう嫌だ」……あなたの周囲にも「他人を疲れさせる」ネガティブな人はいませんか? 悲観的な発言を聞か...
事前準備が命!子連れ引っ越しこう乗り切る 2022.6.28(火)
 ただでさえ、やることだらけでバタバタするのがお引越しですが、小さな子がいる家族は環境の変化や子どもの体調など、心配事も...
タイ→ホーチミンへ!ベトナムドン、やっぱりゼロ多すぎ問題
こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます。...