恋愛対象外だと思われる女性の特徴5つ&男性の脈なしサイン

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-08-19 06:00
投稿日:2020-08-19 06:00
 好きな人にアプローチする際、脈ありなのか脈なしなのかは気になるもの。男性に「恋愛対象外」だと思われていたら、どんなにアプローチをしても振り向かせることは難しいでしょう。そこで今回は、恋愛対象外になりがちな女性の特徴や、男性からの脈なしサインについてご紹介します。

恋愛対象外になりがちな女性の5つの特徴

強い女はカッコいいけど…(写真:iStock)
強い女はカッコいいけど… (写真:iStock)

 好きな人ができたら、誰だって「好かれたい」と思うもの。彼の前にいくと、自分の魅力をアピールしようとする人も多いでしょう。しかし、男性があなたのことを「恋愛対象外」だと思っていれば、どんなアピールも届かないのが現実。

 彼の恋愛対象内に入るためにも、まずは、どんな女性が恋愛対象外になるのかチェックしておきましょう。

1. 世話を焼き過ぎる

 好きな男性や彼氏ができると母性本能が働き、世話を焼いてしまう女性は多いでしょう。好きな人のために、「何かをしたい」と思うのは当然のことです。

 しかし、あまりにも世話を焼き過ぎると"お母さん"的な存在となってしまい、恋愛対象から外されてしまうことがあるので注意が必要です。

2. 頼れる姉後肌

 最近では「女性に引っ張ってほしい」と思うオクテな男性もいますが、基本的に男性は「主導権を握りたい」と思う傾向にあります。

 そのため、姉後肌の女性も男性にとっては恋愛対象外になりがち。何でも相談できたり、頼れる女性は好かれますが、「守ってあげたい」という存在にはなりにくいのです。

3. 下ネタもいけるおしゃべり好き

 女性の中には、誰とでも仲良く話せる人がいます。年齢問わず、どんな人とも話を合わせられる人は魅力的に映り、同性から「羨ましい」と思われることもあるでしょう。

 しかし、下ネタも平気で話せるそんな女性は、"男友達"的な感覚を与えてしまいがち。男性にとってサバサバした女性は、一緒にいて楽しい相手になることはできますが、恋愛対象外にされることが多いです。

4. 男友達が多い

 女性の中には「女友達よりも男友達の方が多い」という人もいるでしょう。しかし実は、男友達が多い女性も恋愛対象外にされやすい傾向にあるようです。

 なぜなら、"男友達が多い=遊んでいる"と、イメージされるため。友達以上の関係ではなくても、周りに男性が多いことはネガティブに捉えられてしまうかもしれません。

5. 女性らしさが欠けている

 男性は、見た目はもちろん、内面も女性らしい女性を求めている人が多いです。そのため、どんなに美人でスタイルが良くても、メイクやファッションを気にしなければ、女性としての魅力を感じることはないでしょう。

 また、見た目は完璧でも言葉遣いが悪かったり、がさつな言動をすれば恋愛対象外として見られてしまいます。

恋愛対象外の女性に出す男性からの脈なしサイン5つ

全然LINEがこない(写真:iStock)
全然LINEがこない (写真:iStock)

 実は、男性は恋愛対象外の女性に対して、さりげないサインを出しています。好きな人にアプローチしても「手応えがない」と感じている人は、もしかすると恋愛対象外と思われているのかも?

 そのサインに気づくことができれば、今後の対策も見えてくるのではないでしょうか?

1. 二人きりになることを避ける

 好きな男性と二人きりの状態を作ることができれば、連絡先を聞いたり、デートに誘いやすくなります。

 しかし、あなたを恋愛対象外と思っている男性は、そのチャンスをあえて作ろうとしません。あなたの気持ちに気づいていればなおさら、「気持ちに応えることができない」という思いから、二人きりになることを避けるでしょう。

2. おしゃれをしない

 誰だって、好意を抱いている相手には「自分を良く見せたい」と思うでしょう。男性も好きな女性の前では「カッコいいところを見せたい」と、意気込むものです。

 そのため、あなたと会う時におしゃれをしてこない場合には、恋愛対象だと考えていない可能性が高いです。洋服にどれだけ気合いが入っているのかは、脈ありor脈なしを見分けるバロメーターになるでしょう。

3. 敬語を使って距離を縮めようとしない

 二人きりになると急に会話が少なくなったり、敬語を使う男性がいます。そんな男性は、恋愛対象外の女性と「仲良くなりたい」と思っていないため、他人行儀な「敬語」で距離を置こうとしている可能性があります。

 これは、LINEでのやり取りの際にも当てはまること。知り合って間もないのであればまだしも、どんなに時間が経っても堅苦しい文章が続くようであれば、脈なしサインであることもあるので注目してみましょう。

4. LINEなどの反応が悪い

 男性は、好きな女性には一生懸命に向き合おうとするため、気になる女性からのLINEには、比較的すぐに返信します。

 しかし、恋愛対象外の女性となれば話は別。「急いで返信する必要はないだろう」と考え、反応が悪くなります。既読はついているのに返信に時間がかかる、そっけない返事しか来ない場合には、恋愛対象外と思われている可能性が高いでしょう。

5. 女扱いしない

 好意を抱いている男性と距離が縮まり、親しげな態度を取られるのは嬉しいものです。しかし、男友達を相手にするようなデリカシーのない発言をされた時には要注意。

「女扱いされていない」と感じたら、距離が縮まったのではなく、恋愛対象外と判断されてしまったのかもしれません。

恋愛対象外だと思われない魅力的な女性を目指そう!

愛される女性になろう(写真:iStock)
愛される女性になろう (写真:iStock)

 好きな男性から好意を抱かれないだけでなく、「恋愛対象外」と思われるのは辛いものです。しかし、どんな女性がそう思われるのかを知っていれば、気を付けることができるはず。

 恋愛対象外になる女性の特徴やサインをチェックして、魅力的な女性を目指しましょう!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 LINEでの恋の駆け引きテクニックはいろいろありますが、意外にみんな使いこなせていないのが、スタンプテクニック。実は、...
恋バナ調査隊 2020-09-30 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ