モテ期到来かも!? 見逃したらもったいない7つのサイン♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-02 06:00
投稿日:2020-09-02 06:00
 いつ訪れるのかわからない「モテ期」。そんなモテ期到来のサインがわかれば、素敵な相手を探せるチャンスもぐっと広がるでしょう。しかし、中にはそのサインをキャッチできず、気づけば素敵な相手を逃してしまう人も多いようなんです……。
 そこでこの記事では、モテ期到来のサインをご紹介します。ぜひ、自分に当てはめてみて、チャンスを掴んでくださいね。

意外と気づかない!? モテ期到来の7つのサイン♡

もしかして…モテ期?(写真:iStock)
もしかして…モテ期? (写真:iStock)

 人生において何度訪れるかわからない「モテ期」。サインを敏感に察知できれば良いものの、「実は今、すごくモテているのに気がついていない……」そんな人も多いです。

 モテ期を確実にチャンスに変えるためにも、さっそくモテ期が到来した時に起こりがちなサインをご紹介します!

1. 男性からの誘いが多くなる

「なぜか最近男性から誘われるな~」もし、そんな風に感じたら、それはモテ期のサインかもしれません。会社の人やあまり話したことのない同級生など、普段からあまり絡みのない男性からも誘いがある場合は要チェックです。

 このような時は、素直にそのお誘いに乗ってみましょう。もしかしたら、運命の男性と出会えるかもしれません! もしも今現在、興味がない相手だったとしても、印象が変わる可能性だってあります。ぜひ、少しの時間でも顔を出してみましょう。

2. 出会いの場へのお誘いが増える

 合コンやイベントなど男女が集まる場所へのお誘いが増えてきたら、モテ期到来かもしれません。自分を良く見せようと着飾ったり身構えたりして男性に向かうより、素の自分を出して自然体で参加した方が好印象につながることもあります。

「恋人が欲しい時にはできないのに、思ってない時ほど素敵な彼氏ができた!」そんな話もよく聞きますよね。今まで彼氏が欲しくて頑張ってきたけど実を結ばなかった……もし、そんな経験があるなら、このチャンスを逃さないでください。

3. 男性から褒められることが増える

 大人になると、面と向かって褒められることは少なくなります。でも、「最近なぜか男性から褒められることが多いな~♪ 」と感じるのであれば、それは男性があなたをよく見ているという証拠。女性として意識されているのかもしれませんし、何気ない言動がその男性にとって良く捉えられたのかもしれません。

 いずれにしても、「褒められる=好印象」には違いないため、これもチャンスと思っていいでしょう。

4. 疎遠だった男性からの連絡が増える

 学生時代の同級生や以前務めていた会社の同僚など、今は疎遠になっている男性からの連絡が急に増えた……これも、モテ期のサイン!

 普段は連絡をとっていない相手でも、1本の連絡がきっかけとなって、そこから付き合いが始まる……そんなシチュエーションも十分にありえます。知らない仲ではないため、昔の話に花が咲き、会話も弾むことでしょう。

仕事にやりがいを感じ始めたタイミング(写真:iStock)
仕事にやりがいを感じ始めたタイミング (写真:iStock)

5. 男性からよく声をかけられるようになる

 街中やお得意先の会社、大学のキャンパスなどで男性から声をかけられることが多くなったのであれば、気づかないうちにあなたの魅力がアップしているのかもしれません。

 特にモテようと思っていなくても声をかけられるのは、あなたにモテ期が来ているから。誰にでも声をかけるような軽いナンパ男性はしっかり見極めて、気になる男性がいたらお食事に行ってみるのもありでしょう。

6. 気持ちが落ち着いていて人に優しくなれる

 不思議と気持ちが落ち着いて人に優しくなれる時も、モテ期が来やすい時。イライラしていたり、笑顔が少ない女性は男性に敬遠されますが、気持ちが穏やかになると人に優しくなれるため、結果的に多くの男性に好印象を与えるきっかけになります。笑顔もたくさん増えるので、そんなあなたに魅力を感じる男性も多くなるでしょう。

7. 恋人が欲しいと思わなくなる

 プライベートや仕事で充実していて恋人が欲しいと思わなくなる時にも、モテ期は到来しやすいです。

 先述しましたが、恋人が欲しいと自ら合コンや婚活など出会いの場へ積極的に参加するよりも、疲れて諦めかけた時に恋人ができるケースは意外と多いんです。

 男性といても素の自分で何でも話せるあなたは、魅力的に見えることでしょう。ルックスだけでなく、心のメイクを落としたスッピンのあなたを男性は「可愛い」と思ってくれますよ。ただし、恋人が欲しいと思わなかったとしても、女磨きは忘れずに! いつでも恋愛モードに持っていける準備をしておきましょう。

モテ期は一瞬! チャンスを逃さずに素敵な彼をGetしよう♡

この機会を逃さないで!(写真:iStock)
この機会を逃さないで! (写真:iStock)

 人生に何度訪れるかわからない「モテ期」。普段よりも男性に声をかけられたり、出会いの場に誘われる、それはモテ期が来ているサインですよ。また、焦って合コンや婚活をしている時より、心が穏やかで笑顔が溢れる時、あなたに惹かれる男性が多いことも意識してみると良いですね。

 モテ期は一瞬! サインを見逃さずに、ステキな恋をGetしてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ