妻が触ったところを除菌…コロナ禍の“神経質すぎる夫”の生態

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-09-06 06:00
投稿日:2020-09-06 06:00
 神経質すぎる夫との共同生活は「想像以上にストレス……」と嘆く妻も少なくありません。パートナーの性格はガサツすぎるのも問題なら、細かすぎる性分もなかなか厄介ですよね。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、妻たちを悩ませる神経質すぎる夫の実像をご紹介します。

1:独自ルールを押し付ける夫

神経質すぎる夫にウンザリ(写真:iStock)
神経質すぎる夫にウンザリ (写真:iStock)

「もともと神経質な夫はコロナ禍になってから、さらにその性分が強くなりました。自分が神経質なだけならいいんだけど、私にまで、同じレベルでの清潔さを要求するので、本当にウンザリ……!

 例えば、郵便物が届いたらアルコール消毒をして、完全に乾いてから開封し、さらにその手紙は丸一日、ベランダで日光に当てて干してからしまうといったありさまです。

 たしかにコロナは心配だし、用心するに越したことはないんだと思いますが、そんなに気になるなら自分でやってよ!と言いたいです…」(41歳・女性)

2:自分が使わないスペースにまで文句

口だけで何もやらないくせに(写真:iStock)
口だけで何もやらないくせに (写真:iStock)

「ひとまわり以上年上の夫は、年齢を重ねるにつれて、さらに神経質になり困っています。歳を取れば大らかになるかなと期待していたのに、逆でしたね……。

 一番うっとうしいのは、自分は台所仕事を一切やらないくせに、水まわりの状態にやたら細かいこと。まな板を立ててあるスペースの後ろに、少しでも水滴が落ちていると『これで家が腐ったら、どうするんだよ!』と怒り出します。

 マイホームを建てたので清潔に使いたい気持ちはわかるけれど、ならば、気づいた人が拭けばいいだけだし、モラハラっぽい言い方にイライラが止まりません」(43歳・女性)

関連キーワード

ラブ 新着一覧


好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ
年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ
同棲彼氏とのマンネリに悩まない!ラブラブに過ごす方法とは
 カレと同棲を初めてある程度月日が経過すると、お互いにいい意味でも悪い意味でも慣れてしまい、コミュニケーションが少なくな...
若林杏樹 2021-05-05 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? モテない女性の共通点5つ&卒業する方法
 女性の中には、「どうして私はモテないのだろう?」と、疑問を抱いている人がいます。自分のことは1番分かっているつもりでも...
恋バナ調査隊 2021-05-05 06:01 ラブ
付き合っていることを隠す彼氏の男性心理5つ&NG行動は?
 せっかく彼氏ができても、付き合っていることを周囲に隠されていると、「もしかして遊ばれているのかな……」「私を紹介するの...
恋バナ調査隊 2021-05-04 06:00 ラブ
一番に顔が思い浮かぶのは…? パートナーとの価値観の違い
 うれしいことやつらいことがあった時に、いちばんに思い浮かぶのは誰の顔ですか? 誰に真っ先に伝えたいと思うでしょうか? ...
七味さや 2021-05-03 06:00 ラブ
理系女子の恋愛あるある5つ♡ 相性バツグンの男性の特徴は?
 いつも理論的な、「リケジョ」こと理系女子。頭の回転が早くて、なんとなく甘えるのが苦手そうな彼女たちは、いったいどんな恋...
恋バナ調査隊 2021-05-03 06:00 ラブ
やっぱりピュアな人が一番モテる♡ 心が綺麗な女性の特徴7つ
 心がピュアな女性というと、真っ白くて純粋な心を持ち、人の苦しむ姿に涙する……なんて、まさに、“デキた人柄”を思い浮かべ...
恋バナ調査隊 2021-05-02 06:00 ラブ
コロナ禍のLINE恋愛術5選♡彼との距離をぐっと縮めよう
 長引くコロナ禍によって、人と会う機会が大幅に減ってしまった昨今。その影響は、これから彼氏を作ろうと思っていた女性たちに...
恋バナ調査隊 2021-05-02 06:00 ラブ
運命の結婚相手とは相性が悪いという少しスピリチュアルなお話
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。出会って一緒になった運命の相手。結婚披露宴は人生で一番と言っていいほど“自分...
山崎世美子 2021-05-01 12:56 ラブ
法律婚から事実婚へ…結婚関係の格下げを提案された夫の狼狽
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-01 06:22 ラブ
この人とはもう無理…法律婚を解消し事実婚を望んだ妻の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.37〜男性編〜」では、法律婚をしていた妻から「事実婚」への変更を提案され、どうしても受け入れ...
並木まき 2021-05-01 06:19 ラブ
ルノルマン占い〜5月の恋愛運〜 後半の混乱期を乗り切るには
 ルノルマンカードとは、18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トラ...
七色翡翠 2021-05-01 06:00 ラブ
コロナ禍の結婚はコスパ良し? これからの婚活方法を考える
 新型コロナウィルスの猛威により、外出自粛生活が始まって早一年。3度目の緊急事態宣言が発令され、マスクなしで生活ができる...
田中絵音 2021-04-30 06:00 ラブ