肉食男性って苦手…! 女性が嫌う6つの理由&上手な断り方

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-10 06:00
投稿日:2020-09-10 06:00
 女性の男性の好みは人それぞれ。穏やかすぎる草食男性が物足りなくて苦手だと感じる人もいれば、ぐいぐいとアプローチをしてくる肉食男性が苦手だという人もいます。そんな今回は、「肉食男性が苦手!」だという人をピックアップ! 女性から敬遠される6つの理由や、誘われた時の上手な断り方をご紹介します。

“肉食男性って苦手!”と女性が感じる6つの理由

肉食男性は好きですか?(写真:iStock)
肉食男性は好きですか? (写真:iStock)

 恋愛に積極的な肉食男性はクセのある性格の持ち主が多く、女性に「苦手」と言われてしまうことも多いのだそう。まずはじめに、肉食男性が苦手だと感じてしまう6つの理由をひとつずつ見ていきましょう。

1. 連絡が多い

 人見知りしない肉食男性は、気になる女性ができると積極的にアプローチします。用事がある時は仕方ないですが、付き合ってもないのに頻繁に連絡してきたりすることも多く、女性から「面倒くさい」と思われてしまうこともあるようです。

2. 馴れ馴れしく距離を縮めてくる

 肉食男性は、「誰とでもすぐに仲良くなれる」という特技を持っています。良く言えば親しみやすいのですが、悪く言えば馴れ馴れしいとも言えるでしょう。

 出会って間もないのに名前を呼び捨てされたり、親しい感じで距離を縮められると引いてしまう女性も多く、苦手意識が生まれてしまいます。

3. スキンシップが多い

 相手との距離が近い肉食男性は、スキンシップが大胆で回数も多め。飲み会の席など、人の目を気にせずスキンシップをしてくる肉食男性に対して、女性は「空気が読めない人」だと思ってしまうそう。

 スキンシップが多い男性は「遊び慣れている」というイメージが強いので、彼氏候補からは外れてしまうことが多いのかもしれませんね。

4. ナルシストで自意識過剰

 肉食男性は自分に自信を持っている人が多いので、ナルシストで自意識過剰な部分が目立つでしょう。恋愛においても、気になる女性にはグイグイ強めにアプローチを仕掛けます。

 押しが強いために女性が引いてしまうこともありますが、狙った獲物を逃さないというポリシーを持つ肉食男性は気にしません。そのような行動を見て、つい避けたくなる女性は多いでしょう。

5. 諦めが悪い

 自分が欲しいと思ったものは、どうしても手に入れたいと思う肉食男性。「彼女にしたい」と思う女性がいたら、たとえ振られたとしても、何度でもアプローチします。

 ハッキリ断られない限りアプローチをやめないので、ハッキリ断れない女性からは「苦手だなぁ」と思われてしまうようです。

6. 女性好きが多い

 肉食男性が、女性から苦手だと言われている最大の理由は「女性好き」なところでしょう。これは本能的なものですので、どうにもできない問題です。

 男性とお付き合いするなら、自分だけを見てもらいたいと思うのは当然のこと。浮気がちな肉食男性とわざわざ付き合いたいという女性は、少数派でしょう。

苦手な肉食男性を上手に断る4つのポイント

律儀に返信する必要はない(写真:iStock)
律儀に返信する必要はない (写真:iStock)

 比較的、肉食男性はモテる人が多く、自分に自信があるのでアプローチも強め。苦手だと思っていたとしても、グイグイ来る肉食男性を断るのは至難の業ですよね。

 そこで次に、肉食男性の誘いを上手に断る方法をご紹介します。「肉食男性に言い寄られて困っている」という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

1. 連絡を取る頻度を減らす

 積極的な肉食男性は、連絡がとてもマメ。こちらから連絡すれば、すぐに返信を返してくれます。しかし、頻繁に連絡を取ってしまうと「好意を持たれている」と、勘違いさせてしまう可能性もあるでしょう。

 なんとも思っていないのであれば、頻繁に連絡を取ることはやめましょう。できれば連絡先を交換せずに、SNSでつながる程度にしておくのが理想的です。

2. 肉食男性が苦手だと伝える

 肉食男性が自分に好意を持っていることがわかったら、たとえば、「草食系の男性が好み」「肉食男性が苦手」など、会話の中で自分の男性の好みを伝えてみましょう。

 やんわりと伝えるよりも、具体的に言った方が相手には伝わります。思わせぶりな態度を取らないことが、大事なポイントになります。

3. 会話は敬語を貫く

 肉食男性は、コミュニケーションを取るのが得意。出会って間もない相手に対しても、タメ口などで距離を縮めようとします。

 こちらも同じようにタメ口を使ってしまうと、あっという間に二人の距離が縮まってしまうため、好意がないのであれば敬語を貫いて、距離を縮めないようにするのもひとつの方法でしょう。

4. 脈がないことをハッキリと伝える

 どんな方法を使っても効果がない場合は、脈がないことをはっきり伝えましょう。なかなか言いづらいことなので、最後の手段に取っておいても良いかもしれません。

 曖昧な言い方では伝わらないので、「迷惑です」や「どうしても好きになれません」など、少々強めに伝えることが重要です。たとえ傷つけることになっても、結果的には相手のためになるはずですよ。

苦手な肉食男性は特徴を理解して上手に断ろう!

受け入れられなければ早めに対処!(写真:iStock)
受け入れられなければ早めに対処! (写真:iStock)

 肉食男性はコミュニケーション能力が高いため、交友関係が広く、女性からもモテるタイプの人が多い傾向があります。男性から好意を持たれるのは嬉しいことですが、好みのタイプは人それぞれなので、中には苦手だと感じてしまう人もいるでしょう。

 もしも苦手な肉食男性と出会ってしまっても、相手の性格を理解していれば悩むことは無くなります。肉食男性の特徴を理解して、好意がない場合は上手に断る勇気を持ってくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ