体外受精前にタイミング法を試すも…コロナの影響が出始めて

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2020-09-06 06:00
投稿日:2020-09-06 06:00
 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が、結婚後に女性が悩むであろう妊活の真っ最中です。妊活中の方やこれから妊活をする方に少しでも生の声を届けたく、この連載を始めることにしました。

まずは検査とタイミング法を

赤ちゃんが欲しい(写真:iStock)
赤ちゃんが欲しい (写真:iStock)

 不妊治療のために通院した2つ目の病院は、口コに書かれていたように、ほぼ予約時間通りに診察をしてくれました。ちょっと早口だけど丁寧な院長の説明のもと、治療方針を立てるところから始めました。

「すぐに体外受精をしたい」と伝えたのですが、体外受精をするには、まず夫と一緒に説明会を受けなくてはならないそう。そして私の2度の流産経験を考慮して、いきなり体外受精をするのではなく、検査をしてから考えることになりました。

 検査をする1カ月の間に、タイミング法を行うことも決め、まずは血液検査をしました。結果は問題なし。2度の流産の原因を調べる前にタイミング法でもう一度頑張ってみましょう、と言われました。

 先生から「まだ若いし、受精はしているわけだから。体外受精をしても着床しなければ意味ないからね」と言われたので、「そうか。私はすぐにでも体外受精と思っていたけど、不育症の可能性もあるし……今一度タイミング法をしてみよう」と決意しました。

 それから病院に週に1度、通う妊活が始まりました。

3カ月間の成果は…

診察台になかなか慣れない(写真:iStock)
診察台になかなか慣れない (写真:iStock)

 通院するたびに診察台に乗り、子宮の状態を見られる。正直、診察台で脚を開くのは何度経験していても屈辱的です。

 そんな時はいつも「私は他人、私は他人……」と謎の合言葉で、今この経験をしているのは他人の私である、と暗示をかけていました。

「今日からこの日の間で2回くらいタイミングを取ってみてね」と子作りをする日を指定されたので、仕方なく夫にLINEで「病院に行ってきたよ。タイミングはこの日とこの日らしいです」と伝えました。

 ドラマでよくある「今日だからね!」と念押しする妻に、夫は萎えてしまう……そんな構図で報告するしかない状態でした。

 妊活をするまで、ロマンチックな展開で「やだ! 妊娠した! ハッピー♪」みたいな、誰もが思い描いているような展開をイメージしていたのに。「きっと夫は萎えているんだろう」と想像するだけで、申し訳なさと悲しさでいっぱいになりました。

 女性だって「今日だよ」なんて伝えて業務的にしたいなんて思っていないはず。しかし、そう伝えなければ「疲れてるから」と逃げる男性もいます。

 だとしたら、あのドラマのような展開は、旦那の行動一つでロマンチックなものに変えられるのでは? 男女の妊活への捉え方の違いで解消できるかも。でも実際は難しいのかな……そんな想像をしながら、気がつけば3カ月が過ぎました。

 何度も言うように、タイミング法で妊娠のタイミングを取れるのは月に1度、つまり年間12回。私の場合、多嚢胞性卵胞症候群のため年間12回もありません。

 タイミング法は成功せず、期待をしては妊娠に至ることなく、がっかりする3カ月を過ごしました。

「私は妊娠できるのかな……」

 やっぱり、いつも不安で不安で先が見えない妊活にストレスを感じる日々でした。

ライフスタイル 新着一覧


100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...