体外受精前にタイミング法を試すも…コロナの影響が出始めて

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2023-01-26 20:16
投稿日:2020-09-06 06:00
 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が、結婚後に女性が悩むであろう妊活の真っ最中です。妊活中の方やこれから妊活をする方に少しでも生の声を届けたく、この連載を始めることにしました。

まずは検査とタイミング法を

赤ちゃんが欲しい(写真:iStock)
赤ちゃんが欲しい (写真:iStock)

 不妊治療のために通院した2つ目の病院は、口コに書かれていたように、ほぼ予約時間通りに診察をしてくれました。ちょっと早口だけど丁寧な院長の説明のもと、治療方針を立てるところから始めました。

「すぐに体外受精をしたい」と伝えたのですが、体外受精をするには、まず夫と一緒に説明会を受けなくてはならないそう。そして私の2度の流産経験を考慮して、いきなり体外受精をするのではなく、検査をしてから考えることになりました。

 検査をする1カ月の間に、タイミング法を行うことも決め、まずは血液検査をしました。結果は問題なし。2度の流産の原因を調べる前にタイミング法でもう一度頑張ってみましょう、と言われました。

 先生から「まだ若いし、受精はしているわけだから。体外受精をしても着床しなければ意味ないからね」と言われたので、「そうか。私はすぐにでも体外受精と思っていたけど、不育症の可能性もあるし……今一度タイミング法をしてみよう」と決意しました。

 それから病院に週に1度、通う妊活が始まりました。

3カ月間の成果は…

診察台になかなか慣れない(写真:iStock)
診察台になかなか慣れない (写真:iStock)

 通院するたびに診察台に乗り、子宮の状態を見られる。正直、診察台で脚を開くのは何度経験していても屈辱的です。

 そんな時はいつも「私は他人、私は他人……」と謎の合言葉で、今この経験をしているのは他人の私である、と暗示をかけていました。

「今日からこの日の間で2回くらいタイミングを取ってみてね」と子作りをする日を指定されたので、仕方なく夫にLINEで「病院に行ってきたよ。タイミングはこの日とこの日らしいです」と伝えました。

 ドラマでよくある「今日だからね!」と念押しする妻に、夫は萎えてしまう……そんな構図で報告するしかない状態でした。

 妊活をするまで、ロマンチックな展開で「やだ! 妊娠した! ハッピー♪」みたいな、誰もが思い描いているような展開をイメージしていたのに。「きっと夫は萎えているんだろう」と想像するだけで、申し訳なさと悲しさでいっぱいになりました。

 女性だって「今日だよ」なんて伝えて業務的にしたいなんて思っていないはず。しかし、そう伝えなければ「疲れてるから」と逃げる男性もいます。

 だとしたら、あのドラマのような展開は、旦那の行動一つでロマンチックなものに変えられるのでは? 男女の妊活への捉え方の違いで解消できるかも。でも実際は難しいのかな……そんな想像をしながら、気がつけば3カ月が過ぎました。

 何度も言うように、タイミング法で妊娠のタイミングを取れるのは月に1度、つまり年間12回。私の場合、多嚢胞性卵胞症候群のため年間12回もありません。

 タイミング法は成功せず、期待をしては妊娠に至ることなく、がっかりする3カ月を過ごしました。

「私は妊娠できるのかな……」

 やっぱり、いつも不安で不安で先が見えない妊活にストレスを感じる日々でした。

山本早織
記事一覧
結婚につながる恋のコンサル
16歳で芸能デビュー。ヤングジャンプやマガジンなどの雑誌やドラマや舞台で活動後、24歳で引退。フラワーデザイナーとして独立し、スクールで恋愛アドバイスをしていたところ、生徒10名を結婚へ導いた。現在は結婚相談所事業と仲人BARを運営し、婚活男女を結婚へ導いている。https://saoriyamamoto.com

ライフスタイル 新着一覧


現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
最新「グダグダなLINEやり取りの終わらせ方」知らないのは無防備すぎる
 仕事からプライベートまで、コミュニケーションツールとして使えるLINE。便利かつ気軽ではありますが、それゆえにダラダラ...
スマホを持たないサブカル老人の願い「本屋に行く楽しみを奪わないで~」
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(63)。多忙な現役時代を経て、56歳...
クレクレママの実態 買い換えるなら「車くれない?」っておねだりする!?
 人のものをすぐに欲しがるクレクレママ、あなたの周りにはいませんか? おさがりなどをもらってくれて助かることもあるけれど...
44歳独身、今からでも遅くない?ズル休み→大学進学を決めた“無敵の女”
 八王子の居酒屋で契約社員として働く由紀は、信じていた学生バイトに蔑まれ、客の若者にも罵られる日々。見かねた学生バイトの...
私の時給はパフェより低い…置き去り氷河期世代の苦悩「感覚死んでる」
 八王子の居酒屋で契約社員として働く由紀は、特段面白みのない毎日を過ごしている。元気な学生バイトたちに囲まれ慌ただしい日...