恋愛の駆け引き上手になるには?効果的なテクニック&注意点

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-16 06:00
投稿日:2020-09-16 06:00
 “駆け引き”と聞くと、あまり良いイメージを持たない方も多いでしょう。しかし、恋愛においては、時に駆け引きが必要なことも。直球勝負が通用しない場合には、変化球が効果的なこともあるんですよ♡ そこで今回は、駆け引き上手になるためのテクニックや注意点をご紹介します。

駆け引き上手になるにはどうすればいい?5つのテクニック

 恋の駆け引きというと、「私にはできない」と思っている人が多いでしょう。確かに、相手の気持ちを試すような方法であれば、避けたいですよね。

 でも、ちょっとしたテクニックで好きな人の心を動かすことができるとなれば、「試してみたい!」と思いませんか? アプローチ方法を、ちょっと工夫するだけで、彼の反応が変わるかもしれませんよ。

1. 全てをさらけ出さず、ミステリアスな部分を残す

 好きな彼には、「私のことを知ってほしい!」と思うもの。全てをわかってもらった上で交際に発展すれば、お互いに無理をせずに付き合うことができるでしょう。

 しかし、付き合う前に全てをさらけ出してしまうと、男性心をくすぐることができなくなってしまいます。男性はミステリアスな部分があればあるほど、興味をそそられるもの。知らない部分があるからこそ、「知りたい」という欲求を持たせることができます。

2. 押した後は引く

 好意を抱く男性にアプローチしようとすると、「振り向いてほしい」という思いのあまり、押しまくる女性がいます。アプローチ自体は悪いことではありませんが、これでは「ガッツいている」と引かれてしまったり、都合のよい相手にされてしまう可能性があります。

 男性の心を掴むためには押すだけでなく、引くことも大切。たとえば、アプローチしていた男性から誘われたら一度断ってみたり、LINEの返信を遅らせてみましょう。引くことで、男性は「俺のこと好きだったんじゃなかったの?」と戸惑い、気になる存在になるでしょう。ただし、やりすぎは禁物。相手に「脈なし」だと思われ、引かれてしまう場合もあります。

3. 媚びて合わせすぎない

 好きな人には、誰だって好かれたいもの。そのため、ついつい話を合わせてしまうこともあります。本当は好きでもない映画なのに、「私も好き♡」なんて言ってしまった経験がある人も多いでしょう。

 しかし、好かれようと媚びてばかりでは、相手の心は掴めません。時には、「私は、好きじゃないな」と、はっきりと自分の意見を言うことも大切。媚びることの方が駆け引きに思えますが、実は思い通りにいかない相手の方が、男性の心を掴むこともあるのです。

4. メールはすぐ返信せず、長文は避ける

 好意を抱いている男性からメールがきたら、誰だって嬉しいもの。「すぐに返信しなくちゃ」と思うでしょう。

 しかし、駆け引き上手になるには、時にはやきもきさせることも必要です。いつもすぐに返信している人も、5回に1度程度は返信を遅らせてみましょう。いつもすぐにくる返信がこないと、「あれ、返信がないな」と、心配になるはずです。

5. 的確な距離感を見つける

 人付き合いの方法は、それぞれ異なります。恋愛も同様に、人によって感覚が異なるものです。

 そのため、好きな彼にアプローチする際には、彼との距離感を上手に見つけることも大切なテクニックのひとつ。距離感が近いことで親近感を感じる人もいれば、それが鬱陶しいと思う人もいます。この距離感を掴むことが、駆け引きする上でも最も重要なポイントとなるでしょう。

駆け引き上手になるために、注意したい3つのこと

「気になる彼を落とすために、駆け引き上手になろう」と思っている人もいるはず。この記事を参考にして、アプローチに取り入れようと考えている人もいるでしょう。しかし、駆け引きをする際には注意も必要です。せっかくの駆け引きが台無しにならないように、気を付けましょう。

1. 駆け引きであることはバレないように、自然に振舞う

 恋の駆け引きは、あくまでも自然に振舞うことが鉄則。相手によっては、駆け引きがバレると、「計算高い女」と感じて気持ちが冷めてしまう人も。

 そうならないためには、普段通りを装うことが必須。日頃の自分とかけ離れた言動は避け、違和感がないように振舞いましょう。

2. 興味がないと勘違いされないように、ポイントは押さえる

 彼の心を射止めるため、時にはそっけない態度を取って駆け引きしようとする人もいます。確かに、駆け引きでは押すだけでなく、引くことも必要。

 しかし、その引き方を間違えてしまうと、「俺に気があると思っていたのは、勘違いだったんだ」と、思われてしまう可能性があります。引く場合は、「気があるように見せる」というポイントは押さえておきましょう。

3. 駆け引き方法は、相手のタイプによって使い分ける

 恋の駆け引き方法は、誰にでも同じ方法が通用する訳ではありません。「前に、この方法がうまくいったから」といって、現在気になっている男性に効果があるとは限らないということ。

 駆け引きをする際には、相手のタイプを見極め、効果の高い方法を取り入れることが必要です。 

駆け引き上手になれば、諦めていた彼の心も動くかも!?

 好きな彼にアプローチしているに進展がない場合には、ちょっとした駆け引きをしてみましょう。「好きです」と分かりやすいアプローチでダメなら、気のないフリで彼を「あれ?」と思わせることが、恋のスパイスになるはずです。

 駆け引きが上手になれば、諦めていた片思いの彼の心も動かすことができるかもしれません。ぜひ、自然に振舞える駆け引きテクニックを身につけてくださいね♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「元妻とマッチング」の後悔 即ブロせずにベッドインした47歳男の決意
「冷酷と激情のあいだvol.204〜女性編〜」では、5年間前に離婚した元夫とマッチングアプリで再会し、よりを戻したいと考...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
別れた元夫とマッチング成立!デートで確信、ガチ復縁望む44歳女の心痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
【写真でプレイバック】表情がくるくると変わる石丸伸二氏
【この写真の本文に戻る⇒】 彼が『石丸伸二さん』『ひろゆき氏』推し…論破系男性との結婚でうまくいく女性と回避法は?
彼が『石丸伸二氏』『ひろゆき氏』推し、論破系男子との結婚でうまくいく女性と回避法は?
 7日放送のフジテレビ系「Mr.サンデー“七夕決戦”都知事選SP」に出演した元乃木坂46の山崎怜奈(27)と、都知事選で...
「子供ができた♡」図々しい不倫女に怒り心頭!妻が震えた驚愕LINE10通
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫…。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら、...
恋バナ調査隊 2024-07-10 06:00 ラブ
離婚を思いとどまった“子供の一言”、反対されて改めて気づくことがある。
 ちょうど今「夫とはもう暮らせないな…」と離婚を考えている女性もいるでしょう。でももし子供がいるなら、ぜひ子供の意見も聞...
恋バナ調査隊 2024-07-10 06:00 ラブ
これぞ港区女子が生きる術か。ボンビー女が港区おぢ経営者に口説かれた話
 筆者は都心から外れたアパートに住む「そこらへんの女」だが、ボンビーなくせに実業家の知り合いが多い。港区のタワマンで行わ...
時短美容協会 2024-07-09 06:00 ラブ
夫に料理任せたら、夕飯あるのに餃子を買ってくる男のナゾに答えが見えた
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  我が家で...
豆木メイ 2024-07-09 06:00 ラブ
不倫カップルの倦怠期はチャンス? よりよい未来を選ぶためにしたいこと
 不倫カップルの多くは、妻や夫に隠れて恋愛のスリルや刺激を味わっていますが、不倫カップルといえども、ときめきはいつか冷め...
7人目説は本当?何人目の彼氏と結婚すれば幸せになれるか、先輩妻に聞く
 幸せな結婚生活を送っている女性を見て「付き合って何人目の彼氏と結婚したの?」と気になることはありませんか? 実際のとこ...
子供部屋おじさんあるある5選にゾゾッ!実家男を彼氏にすると厄介かも…
「彼氏が実家住みなんだけど、もしかして話題の子供部屋おじさん…?」と不安になっている方、集合!  今回は、子供部屋おじ...
恋バナ調査隊 2024-07-07 06:00 ラブ
「全部承知の上だから…」芸能人さえ沼らせるプロ彼女のLINE術3選
 テレビに出てくる芸能人と付き合えたら夢のようだと思ったことはありませんか? 実は、芸能人やタレントの卵とばかり付き合う...
恋バナ調査隊 2024-07-07 06:00 ラブ
妻のシナリオ通り? 覚えのないモラハラを主張され困惑する46歳夫
「冷酷と激情のあいだvol.203〜女性編〜」では、7年間連れ添った夫が、実は自分にモラハラをしていたことに最近になって...
並木まき 2024-07-06 06:00 ラブ
「このメシ、なんでこんな味になるの?」結婚7年の集大成、モラハラ夫との離婚を急ぐ43歳妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-06 06:00 ラブ
【写真特集】ホットパンツも高級ブランドのマフラーも“着こなす”安藤美姫
    【この写真の本文に戻る⇒】安藤美姫に16歳教え子との“手つなぎデート”報道 我が子がかなり年上の先生に気に入...
安藤美姫に16歳教え子との“手つなぎデート”報道 我が子がかなり年上の先生に気に入られたら?
 6月27日発売の『週刊文春』で、専任コーチを務める16歳教え子との“手つなぎデート”を報じられた元フィギュアスケート選...