恋愛の駆け引き上手になるには?効果的なテクニック&注意点

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-16 06:00
投稿日:2020-09-16 06:00
 “駆け引き”と聞くと、あまり良いイメージを持たない方も多いでしょう。しかし、恋愛においては、時に駆け引きが必要なことも。直球勝負が通用しない場合には、変化球が効果的なこともあるんですよ♡ そこで今回は、駆け引き上手になるためのテクニックや注意点をご紹介します。

駆け引き上手になるにはどうすればいい?5つのテクニック

恋の駆け引きしてみましょ♡(写真:iStock)
恋の駆け引きしてみましょ♡ (写真:iStock)

 恋の駆け引きというと、「私にはできない」と思っている人が多いでしょう。確かに、相手の気持ちを試すような方法であれば、避けたいですよね。

 でも、ちょっとしたテクニックで好きな人の心を動かすことができるとなれば、「試してみたい!」と思いませんか? アプローチ方法を、ちょっと工夫するだけで、彼の反応が変わるかもしれませんよ。

1. 全てをさらけ出さず、ミステリアスな部分を残す

 好きな彼には、「私のことを知ってほしい!」と思うもの。全てをわかってもらった上で交際に発展すれば、お互いに無理をせずに付き合うことができるでしょう。

 しかし、付き合う前に全てをさらけ出してしまうと、男性心をくすぐることができなくなってしまいます。男性はミステリアスな部分があればあるほど、興味をそそられるもの。知らない部分があるからこそ、「知りたい」という欲求を持たせることができます。

2. 押した後は引く

 好意を抱く男性にアプローチしようとすると、「振り向いてほしい」という思いのあまり、押しまくる女性がいます。アプローチ自体は悪いことではありませんが、これでは「ガッツいている」と引かれてしまったり、都合のよい相手にされてしまう可能性があります。

 男性の心を掴むためには押すだけでなく、引くことも大切。たとえば、アプローチしていた男性から誘われたら一度断ってみたり、LINEの返信を遅らせてみましょう。引くことで、男性は「俺のこと好きだったんじゃなかったの?」と戸惑い、気になる存在になるでしょう。ただし、やりすぎは禁物。相手に「脈なし」だと思われ、引かれてしまう場合もあります。

3. 媚びて合わせすぎない

 好きな人には、誰だって好かれたいもの。そのため、ついつい話を合わせてしまうこともあります。本当は好きでもない映画なのに、「私も好き♡」なんて言ってしまった経験がある人も多いでしょう。

 しかし、好かれようと媚びてばかりでは、相手の心は掴めません。時には、「私は、好きじゃないな」と、はっきりと自分の意見を言うことも大切。媚びることの方が駆け引きに思えますが、実は思い通りにいかない相手の方が、男性の心を掴むこともあるのです。

4. メールはすぐ返信せず、長文は避ける

 好意を抱いている男性からメールがきたら、誰だって嬉しいもの。「すぐに返信しなくちゃ」と思うでしょう。

 しかし、駆け引き上手になるには、時にはやきもきさせることも必要です。いつもすぐに返信している人も、5回に1度程度は返信を遅らせてみましょう。いつもすぐにくる返信がこないと、「あれ、返信がないな」と、心配になるはずです。

5. 的確な距離感を見つける

 人付き合いの方法は、それぞれ異なります。恋愛も同様に、人によって感覚が異なるものです。

 そのため、好きな彼にアプローチする際には、彼との距離感を上手に見つけることも大切なテクニックのひとつ。距離感が近いことで親近感を感じる人もいれば、それが鬱陶しいと思う人もいます。この距離感を掴むことが、駆け引きする上でも最も重要なポイントとなるでしょう。

駆け引き上手になるために、注意したい3つのこと

自然さを忘れずに!(写真:iStock)
自然さを忘れずに! (写真:iStock)

「気になる彼を落とすために、駆け引き上手になろう」と思っている人もいるはず。この記事を参考にして、アプローチに取り入れようと考えている人もいるでしょう。しかし、駆け引きをする際には注意も必要です。せっかくの駆け引きが台無しにならないように、気を付けましょう。

1. 駆け引きであることはバレないように、自然に振舞う

 恋の駆け引きは、あくまでも自然に振舞うことが鉄則。相手によっては、駆け引きがバレると、「計算高い女」と感じて気持ちが冷めてしまう人も。

 そうならないためには、普段通りを装うことが必須。日頃の自分とかけ離れた言動は避け、違和感がないように振舞いましょう。

2. 興味がないと勘違いされないように、ポイントは押さえる

 彼の心を射止めるため、時にはそっけない態度を取って駆け引きしようとする人もいます。確かに、駆け引きでは押すだけでなく、引くことも必要。

 しかし、その引き方を間違えてしまうと、「俺に気があると思っていたのは、勘違いだったんだ」と、思われてしまう可能性があります。引く場合は、「気があるように見せる」というポイントは押さえておきましょう。

3. 駆け引き方法は、相手のタイプによって使い分ける

 恋の駆け引き方法は、誰にでも同じ方法が通用する訳ではありません。「前に、この方法がうまくいったから」といって、現在気になっている男性に効果があるとは限らないということ。

 駆け引きをする際には、相手のタイプを見極め、効果の高い方法を取り入れることが必要です。 

駆け引き上手になれば、諦めていた彼の心も動くかも!?

彼の心を独り占め(写真:iStock)
彼の心を独り占め (写真:iStock)

 好きな彼にアプローチしているに進展がない場合には、ちょっとした駆け引きをしてみましょう。「好きです」と分かりやすいアプローチでダメなら、気のないフリで彼を「あれ?」と思わせることが、恋のスパイスになるはずです。

 駆け引きが上手になれば、諦めていた片思いの彼の心も動かすことができるかもしれません。ぜひ、自然に振舞える駆け引きテクニックを身につけてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ