恋愛の駆け引き上手になるには?効果的なテクニック&注意点

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-16 06:00
投稿日:2020-09-16 06:00
 “駆け引き”と聞くと、あまり良いイメージを持たない方も多いでしょう。しかし、恋愛においては、時に駆け引きが必要なことも。直球勝負が通用しない場合には、変化球が効果的なこともあるんですよ♡ そこで今回は、駆け引き上手になるためのテクニックや注意点をご紹介します。

駆け引き上手になるにはどうすればいい?5つのテクニック

恋の駆け引きしてみましょ♡(写真:iStock)
恋の駆け引きしてみましょ♡ (写真:iStock)

 恋の駆け引きというと、「私にはできない」と思っている人が多いでしょう。確かに、相手の気持ちを試すような方法であれば、避けたいですよね。

 でも、ちょっとしたテクニックで好きな人の心を動かすことができるとなれば、「試してみたい!」と思いませんか? アプローチ方法を、ちょっと工夫するだけで、彼の反応が変わるかもしれませんよ。

1. 全てをさらけ出さず、ミステリアスな部分を残す

 好きな彼には、「私のことを知ってほしい!」と思うもの。全てをわかってもらった上で交際に発展すれば、お互いに無理をせずに付き合うことができるでしょう。

 しかし、付き合う前に全てをさらけ出してしまうと、男性心をくすぐることができなくなってしまいます。男性はミステリアスな部分があればあるほど、興味をそそられるもの。知らない部分があるからこそ、「知りたい」という欲求を持たせることができます。

2. 押した後は引く

 好意を抱く男性にアプローチしようとすると、「振り向いてほしい」という思いのあまり、押しまくる女性がいます。アプローチ自体は悪いことではありませんが、これでは「ガッツいている」と引かれてしまったり、都合のよい相手にされてしまう可能性があります。

 男性の心を掴むためには押すだけでなく、引くことも大切。たとえば、アプローチしていた男性から誘われたら一度断ってみたり、LINEの返信を遅らせてみましょう。引くことで、男性は「俺のこと好きだったんじゃなかったの?」と戸惑い、気になる存在になるでしょう。ただし、やりすぎは禁物。相手に「脈なし」だと思われ、引かれてしまう場合もあります。

3. 媚びて合わせすぎない

 好きな人には、誰だって好かれたいもの。そのため、ついつい話を合わせてしまうこともあります。本当は好きでもない映画なのに、「私も好き♡」なんて言ってしまった経験がある人も多いでしょう。

 しかし、好かれようと媚びてばかりでは、相手の心は掴めません。時には、「私は、好きじゃないな」と、はっきりと自分の意見を言うことも大切。媚びることの方が駆け引きに思えますが、実は思い通りにいかない相手の方が、男性の心を掴むこともあるのです。

4. メールはすぐ返信せず、長文は避ける

 好意を抱いている男性からメールがきたら、誰だって嬉しいもの。「すぐに返信しなくちゃ」と思うでしょう。

 しかし、駆け引き上手になるには、時にはやきもきさせることも必要です。いつもすぐに返信している人も、5回に1度程度は返信を遅らせてみましょう。いつもすぐにくる返信がこないと、「あれ、返信がないな」と、心配になるはずです。

5. 的確な距離感を見つける

 人付き合いの方法は、それぞれ異なります。恋愛も同様に、人によって感覚が異なるものです。

 そのため、好きな彼にアプローチする際には、彼との距離感を上手に見つけることも大切なテクニックのひとつ。距離感が近いことで親近感を感じる人もいれば、それが鬱陶しいと思う人もいます。この距離感を掴むことが、駆け引きする上でも最も重要なポイントとなるでしょう。

駆け引き上手になるために、注意したい3つのこと

自然さを忘れずに!(写真:iStock)
自然さを忘れずに! (写真:iStock)

「気になる彼を落とすために、駆け引き上手になろう」と思っている人もいるはず。この記事を参考にして、アプローチに取り入れようと考えている人もいるでしょう。しかし、駆け引きをする際には注意も必要です。せっかくの駆け引きが台無しにならないように、気を付けましょう。

1. 駆け引きであることはバレないように、自然に振舞う

 恋の駆け引きは、あくまでも自然に振舞うことが鉄則。相手によっては、駆け引きがバレると、「計算高い女」と感じて気持ちが冷めてしまう人も。

 そうならないためには、普段通りを装うことが必須。日頃の自分とかけ離れた言動は避け、違和感がないように振舞いましょう。

2. 興味がないと勘違いされないように、ポイントは押さえる

 彼の心を射止めるため、時にはそっけない態度を取って駆け引きしようとする人もいます。確かに、駆け引きでは押すだけでなく、引くことも必要。

 しかし、その引き方を間違えてしまうと、「俺に気があると思っていたのは、勘違いだったんだ」と、思われてしまう可能性があります。引く場合は、「気があるように見せる」というポイントは押さえておきましょう。

3. 駆け引き方法は、相手のタイプによって使い分ける

 恋の駆け引き方法は、誰にでも同じ方法が通用する訳ではありません。「前に、この方法がうまくいったから」といって、現在気になっている男性に効果があるとは限らないということ。

 駆け引きをする際には、相手のタイプを見極め、効果の高い方法を取り入れることが必要です。 

駆け引き上手になれば、諦めていた彼の心も動くかも!?

彼の心を独り占め(写真:iStock)
彼の心を独り占め (写真:iStock)

 好きな彼にアプローチしているに進展がない場合には、ちょっとした駆け引きをしてみましょう。「好きです」と分かりやすいアプローチでダメなら、気のないフリで彼を「あれ?」と思わせることが、恋のスパイスになるはずです。

 駆け引きが上手になれば、諦めていた片思いの彼の心も動かすことができるかもしれません。ぜひ、自然に振舞える駆け引きテクニックを身につけてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ