別れるべき? 彼氏に飽きたかも…と思う5つの瞬間&対処法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-19 06:00
投稿日:2020-09-19 06:00
 好きだった彼と付き合うことになったら、誰だって「ずっと一緒にいたい」と思うものでしょう。しかし、一緒にいる時間が長くなればなるほど慣れが出てきてしまい、「もう、彼に飽きたかも……」と、すぐに別れを決断してしまう人もいます。しかし、それだと大切な人を失い、後悔してしまうかもしれません。そこで今回は、彼氏に飽きたかも……と思う瞬間や対処法をご紹介します。

彼氏に飽きたかも…と思う5つの瞬間

 彼氏に「飽きた」という気持ちを覚えた時、「あんなに好きだった人を、こんなふうに思うなんて」と罪悪感を感じてしまう人もいるでしょう。まずは、女性はどんな時に彼氏に「飽きたかも…」と感じるのか、5つの瞬間を見てみましょう。

1. 連絡を面倒だと感じる

 交際当初は、彼から連絡が来るたびにドキドキして、すぐに返信していた人が多いでしょう。

 しかし、付き合いが長くなれば連絡は当たり前になってしまうもの。彼の連絡に一喜一憂していたはずが、今では「またLINEがきた」とか、「返信は後回しでいいか」なんて思うようになる人が少なくありません。

2. スキンシップが嫌

 恋人同士にとって、スキンシップは大切なコミュニケーションのひとつ。デートの際には、常に手をつないで歩いているカップルも多いでしょう。

 そんな仲の良かったカップルのはずが、手を繋いだり、彼に触れられることに嫌悪感を感じた時、「交際を続けていけない……」と思う女性もいます。

3. 次のデートの約束が楽しみじゃなくなった

 交際が順調に進んでいる時には、次のデートの約束が楽しみなもの。「どこに行こう?」「何を着ていこう?」なんて、ワクワクするものです。

 しかし、彼氏に「飽きたかも」と感じ始めた人は、次のデートの約束すら「楽しみ」と感じなくなってしまいます。中には、「デートが面倒だな」と、思ってしまう人もいるでしょう。

4. 一緒にいても面白くない

 大好きな彼氏と一緒にいる時間は、スペシャルな時間。何をしても、どこに出かけても「楽しい」と感じるでしょう。

 しかし、一緒にいる時間が長くなれば、それだけ新鮮味もなくなりますし、マンネリ化することも。その結果、以前のように面白いと思えなくなり「一緒にいてもつまらない」と感じる人もいるでしょう。

5. 彼を喜ばせたいという気持ちがなくなった

 好きだった彼と恋人同士になった当初は、少しでも「彼に好かれたい」「彼を喜ばせたい」という気持ちから、努力をしていた人も多いはずです。

 しかし、そんな気持ちも交際期間が長くなれば薄れていくもの。その気持ちの変化を感じた時、「彼に飽きたかも」と感じる人もいるでしょう。

決断するのは早すぎる! 彼氏に飽きたと感じた時の4つの対処法

 彼氏に"飽き"を感じた時、「もう、一緒にいても楽しくない」と別れを考える人も多いです。確かに、交際当初のような気持ちが薄れるのは、寂しいものですよね。

 しかし、飽きるほど一緒にいられる相手というのは、そうそういるものではありません。簡単に別れを決断するのではなく、改善する策を探ってみてはいかがでしょうか?

1. 別れた後のことを具体的に想像してみる

 付き合いが長くなって一緒にいることが当たり前になると、相手の存在の大きさに気づけなくなってしまうことがあります。

 それに気づくためには、別れた後のことをより具体的に想像してみることがおすすめ。「彼がいない休日」「仕事で辛いことがあった時に彼に聞いてもらえない状況」など、さまざまなシチュエーションを想像してみることで、あなたにとってどんな存在なのかあらためて気づくことができるでしょう。

2. 彼以外の男性とデートしてみる

 交際が始まれば、デートをする相手はもちろん彼氏だけになります。しかし、いつも同じ相手とデートをしていれば、ドキドキ感がなくなるのは当たり前のこと。

 しかし、ドキドキ感はなくなったとしても、二人だけの心地良い空気感は絶対にあるはずです。これに気づくためには、彼以外の男性とデートしてみるのも1つの方法。「彼だったら、こんな時こうしてくれるのに」なんて、彼への愛情を再確認できるかもしれません。

3. 少し距離を置いてみる

 彼氏に飽きを感じている人の中には、頻繁にデートをしている人も多いでしょう。しかし、会う回数が多ければ多いほど、ドキドキ感や新鮮味は早い段階で失われてしまいます。

 それを防ぐためには、少し距離を置いてみるのも良いかもしれません。デートの回数を減らしたり、連絡頻度を減らすことで冷静に自分の気持ちに向き合うことができ、本当の気持ちに気づくことができるでしょう。

4. 新鮮なデートを計画する

 何度もデートを重ねると、出かける場所やデートの内容がどうしてもマンネリ化してしまうもの。そんな時には、新鮮なデートを計画してみましょう。

 たとえば、初デートの場所に出かけたり、今までしたことがなかったスポーツ観戦や山登りなどのデートプランを立ててみるのもおすすめです。新鮮なデートを楽しむことで、新たな気持ちが生まれるかもしれません。

彼氏に飽きたら、まずは自分の気持ちと向き合って!

 いつも同じ人と一緒に過ごしていれば、飽きやマンネリを感じてしまうのは仕方がないこと。しかし、そのたびに別れていては、いつまで経っても運命の人を見つけることはできないでしょう。

「彼氏に飽きたかも」と感じた時には、まずは自分の気持ちと向き合うことが大切! 一時的な感情で別れてしまうと「彼が運命の人だった」と、後々後悔してしまうかもしれません。ぜひこの記事を参考に、後悔しない決断をしてくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ