彼氏と別れたいと思う瞬間&意識した時に行うべき3つのこと

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-08-27 06:00
投稿日:2020-08-27 06:00
 お互いに思い合って彼氏彼女の関係になるのは、幸せなこと。しかし、すべてが楽しいことばかりではありません。時には嫌な思いをしたり、傷つき、別れたいと思うこともあるでしょう。そこで今回は、「彼氏と別れたい」と思う瞬間や、別れを意識した時にすべきことをご紹介します。

「彼氏と別れたい」と思う6つの瞬間

一緒にいる意味あるのかな?(写真:iStock)
一緒にいる意味あるのかな? (写真:iStock)

 長い間片思いをしていた相手と交際できたからといって、必ずしもうまくいくとは限りません。恋人になることで距離が近くなり、知らなかった部分に気づくことで、気持ちが冷めてしまうこともあるでしょう。

 好きな人への気持ちの変化は誰だって起こり得ることですが、まずはそんな「彼氏と別れたい」と思う瞬間を見ていきましょう。

1. 浮気が発覚した時

 女性が「別れたい」と思う理由のひとつが、彼氏の浮気です。好きな人だからこそ、一度の浮気だとしても許せない人が多いでしょう。信頼していた相手に裏切られるのは、やはり辛いもの。信頼関係が壊れてしまえば、一緒にいるのは難しいと感じるのは当然のことです。

2. ドキドキ感がなくなった時

 どんなに好きな人であっても、交際が長くなればお互いの存在が「当たり前」だと感じてしまいがち。でも、新鮮味はなくなったとしても、関係性は特別になっていくでしょう。

 しかし、恋愛に刺激を求めている人は、ドキドキ感がなくなったことで愛情が冷めたと感じ、別れを考える人もいます。

3. 「思いやりがなくなった」と感じた時

 付き合い始めの頃はお互いに気を使い、良いところを見せようと思うものです。特に、男性は彼女を大切に扱うでしょう。

 しかし、付き合いが長くなってくると"釣った魚に餌をやらない"とばかりに、態度が変わってしまう男性もいます。そんな態度の変化に、気持ちが冷めてしまう女性もいるでしょう。

4. 価値観が合わないと感じた時

 見た目がタイプでも、付き合ってみなければ分からないことはたくさんあります。これまで育ってきた環境が異なるわけですから、合わない部分があるのは仕方のないことです。

 しかし、価値観が全く合わないのは大きなストレスになります。無理をして彼に合わせようとしても、いずれは限界が訪れ、我慢ができなくなってしまうでしょう。

5. 喧嘩が絶えなくなった時

 長年付き合っていても「一度も喧嘩をしたことがない」というカップルもいますが、これはごく稀なこと。多くのカップルは、喧嘩を経験しているはずです。

 喧嘩はカップルにとって決して悪いことではありませんが、デートのたびに喧嘩が絶えなくなってしまえば、会うことすら嫌になってしまうでしょう。

6. 結婚の可能性がないと感じた時

 恋人ができると、結婚を意識する人も多いはず。社会人にもなれば、将来のことを考えるのは当然のことです。特に女性は出産を意識した時、自分の年齢を考えて結婚を焦る人も多いのではないでしょうか?

 そのため、彼から「結婚は考えられない」と言われたり、「彼との将来が見えない」と感じた時には、愛情があっても別れを考える人が多いです。

「彼氏と別れたい」と思ったら行うべき3つのこと

彼のいない生活を想像してみる(写真:iStock)
彼のいない生活を想像してみる (写真:iStock)

 彼氏への気持ちが冷めたり、将来が見えなくなると、すぐに別れを決断する人もいます。前に進むためには、早めの決断も必要でしょう。

 しかし、焦って別れを決めてしまうと後々、後悔してしまう可能性もあります。「別れたい」と思った時こそ冷静に、これからご紹介する行動を試してみてください。

1. 一時的な感情ではないかを冷静に判断する

「彼氏と別れたい」と思う人の中には、激しい喧嘩で嫌な思いをしたり、彼の心無い言葉に傷ついた人もいるでしょう。

 しかし、その気持ちは一時的なものかもしれません。勢いで別れ話をしてしまえば、冷静になった時に「別れるようなことではなかった」と後悔してしまう可能性もあります。別れを考えたら、まずは心を落ち着かせ、冷静に彼への気持ちと向き合いましょう。

2. 彼との距離を置く

 彼氏への気持ちが分からなくなり、「もう、別れた方が良いかも」と悩んでいる人もいるでしょう。

 自分の気持ちが分からなくなった時には、彼との距離を置くことがおすすめ。別れることはいつだってできますから、まずは後悔しないように自分の気持ちと向き合いましょう。会わない時間ができることで、彼への大切さや愛情に気づくことができるかもしれません。

3. 別れてからのことを想像する

 彼氏との付き合いが長くなると、一緒にいることがが当たり前になり過ぎて存在の大きさが見えなくなってしまう人もいます。

 そのため、別れを意識したら、別れてからのことを想像してみましょう。別れてしまえば気軽に連絡することはできませんし、休日も一緒に過ごすことはありません。彼のいない生活を想像することで、自分に本当に必要な人かどうか分かるはずです。

「彼氏と別れたい」と思っても焦って決断しないことが大切!

ひとりになって考える時間も必要(写真:iStock)
ひとりになって考える時間も必要 (写真:iStock)

 どんなに気が合う彼でも、時には意見がぶつかって喧嘩をすることや、彼の嫌な一面を見てしまうこともあります。しかし、そんな時に勢いで別れてしまっては、後悔することになるかもしれません。

 それに、付き合う相手と気に食わないことがあるたびに別れてしまっていては、将来結婚をすることも難しくなってしまうでしょう。運命の相手を逃さないためには、別れの決断は焦らないことも大切ですよ。後悔しないためにも、ぜひ、冷静に彼と自分との関係を見つめ直してくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ