あなたはどう? 既婚男性がハマる女性に共通する7つの特徴

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-09-29 06:54
投稿日:2020-09-27 06:00
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少なくありません。中には、「出会う相手がなぜか既婚男性ばかり」という女性も。でも実は、それ、あなたの根本的な本質が既婚男性を引き寄せているのかもしれませんよ。そこで今回は、既婚男性がハマる女性の特徴&不倫のリスクをご紹介します。

既婚男性がハマる女性の7つの特徴

どうしようもなく惹かれてしまう(写真:iStock)
どうしようもなく惹かれてしまう (写真:iStock)

 不倫はいけないこと。そう分かっているのに、道を踏み外してしまう男女はたくさんいます。既婚男性が本気でハマる女性には、どんな特徴があるのでしょうか?

1. 癒してくれる

 不倫というと「性欲を満たすためのもの」と思われがちですが、実は「癒し」を求めて不倫をする既婚男性は多いです。妻にぞんざいな扱いを受けていたり、不仲であったりすると、本来一番落ち着くはずの家庭を息苦しく感じ、外に居場所を見つけようとするのです。

 そんな時、いつもニコニコ話を聞いてくれたり、時には励まして元気付けてくれたりする女性を見ると、「こんな人と一緒にいた方が楽しいかも」「一緒にいる時間だけは安らげる」と、ハマってしまう傾向にあります。

2. 自立していて負担にならない

 男性にとってどんなに魅力的に見えても、あくまで不倫関係ですから、自分の身を脅かすような女性は避けたいもの。

 その点、経済的にも精神的にも自立していて、自分の負担にならない女性に男性は気楽さを感じ、ハマる傾向にあります。悪く言えば、「都合が良い女性」とも言えますが、大人同士割り切った付き合いができる相手であれば、そばに置いておきたいと思うのでしょう。

3. 女性らしさがある

 恋人時代はキラキラと輝いて見えた彼女が、家庭に入って妻や母になると所帯じみて見え、「女性」として感じられなくなる……ということが男性にはあるようです。女性からすると、「それはお互い様でしょ!」と言いたくもなりますが、男性は「自分の女性」は常に輝いていて欲しいと思っているのです。

 そのため、既婚男性は外見が単純に綺麗であったり、自分を磨き続ける女性を見ると、いつまでも「女性らしさ」を持っていることに魅力を感じます。

4. 健気で一途に思ってくれる

 家庭や仕事でストレスにさらされている既婚男性は、健気に一途に思ってくれる女性に惹かれる傾向にあります。

 呼んだら飛んでくる、何かあったら心配してくれる、邪魔にならないようにいつも一歩後ろをついてくる、そんな「打算」ではなく、まっすぐ思ってくれる女性に「最初は遊びのはずだったのにハマってしまった」という既婚男性も少なくないようです。

職場で見せる真剣な表情も…(写真:iStock)
職場で見せる真剣な表情も… (写真:iStock)

5. 妻にはない魅力がある

 不倫に走る既婚男性の多くは、妻に何らかの不満を持っていることがほとんど。そのため、不倫をする相手には、妻が持っていない魅力を求める場合が多いです。

 一度結婚したからこそ分かることは、たくさんあります。若い頃はハキハキしたキャリアウーマンタイプが好きだったはずが、結婚して妻に不満を抱えてはじめて、「自分は本当は、おっとりした癒し系が好みだった」と気づくのです。そんな時、目の前にそんな特徴を持った女性がいたら、惹かれてしまうのでしょう。

6. 自分を尊敬してくれる

 男性は頑張っているところを評価し、尊敬の目を向けてくれる女性に対して、可愛さや愛おしさを感じます。

 特にプライドが高い男性は、「自分が上に立ちたい」「尊敬されたい」と常に思っているため、ちょっとしたことで褒めてくれたり、感謝してくれる女性と一緒にいると気持ちが良いと感じるのでしょう。上司と部下での職場不倫が多い理由も、この理由からではないでしょうか。

7. 性欲が盛んで好奇心旺盛

 既婚男性が不倫へと走る大きな理由は、性的欲求。そのため、不倫と体の関係は切っても切り離せません。特に、何らかの理由で妻とは体の関係がない場合、その欲求を不倫相手で満たしたいと思う男性は多いです。

 そのため、性欲が盛んで好奇心旺盛な女性は既婚男性にはもってこいの相手。「されるがまま」というわけではなく、自分の欲望に貪欲な女性にハマる男性は多いです。その上、体の相性までもが良かったとしたら、「離れられない」と感じてしまうのかもしれませんね。

既婚男性がハマらない女性になることも可能!要注意!

本当にその男性でいいの?(写真:iStock)
本当にその男性でいいの? (写真:iStock)

 いかがでしょうか? アプローチされるのはいつも既婚者ばかり……と嘆いているあなたには、ご紹介した特徴があるかもしれません。

 でも、既婚男性がハマる女性の特徴を知れば、逆にハマらせない対策を取ることは可能! 割り切って不倫を始めてしまう女性もいますが、なかなか抜け出せなかったり、大きなリスクが伴いますので、十分に警戒することが大切です。ぜひ、参考にしてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ