落ちるのは簡単…不倫に伴う知っておきたい7つのリスク!

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-10-03 06:00
投稿日:2020-10-03 06:00
 女友達と話をしている時、意外にも不倫経験者がいることに驚いたことはありませんか? 実は、日本では既婚者の20%が不倫をしているというデータも!? しかし当然、不倫にはリスクが伴います。道ならぬ恋に落ちそうになった時、歯止めをかける材料になる「不倫のリスク」についてお伝えします。

不倫にはリスクがつきもの…知っておきたい7つのリスク

不倫をすると贅沢に慣れちゃう?(写真:iStock)
不倫をすると贅沢に慣れちゃう? (写真:iStock)

 不倫相手をどんなに好きになったとしても、不倫は社会的に「いけないこと」です。さっそく、知っておきたい7つのリスクをご紹介します。

1. バレたら罪! 慰謝料を請求される

 不倫は法的に「罪」。もしもバレてしまったら、既婚男性の妻から慰謝料を請求される可能性があります。裁判になる場合には、弁護士などを雇う費用なども発生するでしょう。

 もしもバレた時、既婚男性のほとんどは妻の元へと戻ります。今のお相手は、一緒に罪を被ってくれそうですか?「YES!」と即答できないのであれば、あなた自身、ストップした方が良いということは分かっているはずです。

2. 社会的に信用を失う

 不倫がバレてしまったら、社会的に信用を失ってしまうのも避けられないリスク。同じ職場内での不倫カップルもいると思いますが、どちらか、もしくは両方が職を失うことにもなりかねません。

 心のダメージだけでも相当なものなのに、単純に経済的にもピンチに陥るという、精神的にも肉体的にも苦しい状況がやってくることだってあるのです。

3. 贅沢に慣れてしまう

 不倫をするには、ホテル代や食事代など、なにかとお金がかかります。そのため、経済的に余裕がある既婚男性が不倫を行うケースがとても多いのです。

 プレゼントを買ってもらったり、高級レストランに連れて行ってもらったりと、普段では味わえないような贅沢をさせてもらっている独身女性もいるでしょう。しかし、この環境に慣れてしまうと「この男性と離れてしまったら、贅沢ができなくなる」と、なかなか不倫から抜け出せなくなってしまいます。

誰も信じられない…(写真:iStock)
誰も信じられない… (写真:iStock)

4. 若さ

 20〜30代で多いのが、年上の既婚男性との不倫。同世代の男性よりも大人に見え、ついついハマってしまう女性も多く、気づけば数年が経過していた……という事態になることも。

 もちろん、「楽しい思い出だった」と思える日が来るかもしれませんが、確実になくなるのが「若さ」です。結婚適齢期どころか、妊娠適齢期を逃してしまうリスクも考えられるでしょう。

5. 男性不信に陥る

 不倫の真っ最中、既婚男性は女性をつなぎとめておくために甘い言葉をさんざん述べます。しかし、バレた場合に限らず、女性に飽きてしまったり、重いと感じた時、あっさり切り捨てる男性も存在するのです。傷ついて男性不振に陥り、新しい恋どころか精神的に病んでしまう女性もいます。また、その逆も。

 不倫関係を許してくれて、なおかつ魅力的な女性を見つけることはなかなか難しいため、既婚男性側が執着して本気になる可能性だって考えられます。迷惑行為などのトラブルに巻き込まれるリスクもあるでしょう。

6. 傷つくのは女性だけ! 妊娠する可能性もある

 男女が不倫関係にある時、切っても切り離せないのが「体の関係」。どんなにきちんと対策をとっていたとしても、妊娠する可能性はゼロではありません。

「子供を作れば、彼は私のところに来てくれる」と、あえて妊娠を企てる女性もいるようですが、認知どころか不倫が公になり、男性の妻から慰謝料が発生するケースも。どっちかが悪いとはいえない共犯関係の不倫ですが、妊娠に関して、体も心も傷つくのはいつも女性だけです。

7. 普通の恋愛がわからなくなる

 毎日連絡を取り合い、待ち合わせをして寄り添ってデートをする。そんな当たり前のことができないのが「不倫」です。いつも人の目を気にしながら、コソコソと会ってばかりいると、自分は相手にとってどんな存在なのか、大事にされるとはどんなことなのか、それまでの恋愛モラルがガラガラと崩れてしまうでしょう。

 しかし、一般的な恋愛では味わえない高揚感、スリル感を知ってしまうと、普通の恋愛では物足りなく感じ、別れても再度不倫に走ってしまい、気づけば不倫地獄から抜け出せなくなってしまう人もいるようです。

甘い言葉に気をつけて! 不倫にはリスクがつきもの!

どんなに盛り上がっても彼には帰る場所がある(写真:iStock)
どんなに盛り上がっても彼には帰る場所がある (写真:iStock)

 秘密の恋である不倫。相手が既婚男性だったとしてもアプローチを受けるのは嬉しいことですので、うっかり足を踏み入れてしまう人もいますし、その結果、本気でお互いに「運命の相手」なんて盛り上がってしまうこともあるでしょう。

 しかし、男性が本気で「一緒になりたい」と思うのであれば、すぐに離婚などなんらかの行動を起こすはず。口先だけの甘い言葉で行動が伴わないのであれば、やはり彼にとって一番の優先事項は「家庭」だという現実を知りましょう。選ぶのは、相手ではなく、あなた自身です。ぜひ、後悔のない決断をしてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ