落ちるのは簡単…不倫に伴う知っておきたい7つのリスク!

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-10-03 06:00
投稿日:2020-10-03 06:00
 女友達と話をしている時、意外にも不倫経験者がいることに驚いたことはありませんか? 実は、日本では既婚者の20%が不倫をしているというデータも!? しかし当然、不倫にはリスクが伴います。道ならぬ恋に落ちそうになった時、歯止めをかける材料になる「不倫のリスク」についてお伝えします。

不倫にはリスクがつきもの…知っておきたい7つのリスク

不倫をすると贅沢に慣れちゃう?(写真:iStock)
不倫をすると贅沢に慣れちゃう? (写真:iStock)

 不倫相手をどんなに好きになったとしても、不倫は社会的に「いけないこと」です。さっそく、知っておきたい7つのリスクをご紹介します。

1. バレたら罪! 慰謝料を請求される

 不倫は法的に「罪」。もしもバレてしまったら、既婚男性の妻から慰謝料を請求される可能性があります。裁判になる場合には、弁護士などを雇う費用なども発生するでしょう。

 もしもバレた時、既婚男性のほとんどは妻の元へと戻ります。今のお相手は、一緒に罪を被ってくれそうですか?「YES!」と即答できないのであれば、あなた自身、ストップした方が良いということは分かっているはずです。

2. 社会的に信用を失う

 不倫がバレてしまったら、社会的に信用を失ってしまうのも避けられないリスク。同じ職場内での不倫カップルもいると思いますが、どちらか、もしくは両方が職を失うことにもなりかねません。

 心のダメージだけでも相当なものなのに、単純に経済的にもピンチに陥るという、精神的にも肉体的にも苦しい状況がやってくることだってあるのです。

3. 贅沢に慣れてしまう

 不倫をするには、ホテル代や食事代など、なにかとお金がかかります。そのため、経済的に余裕がある既婚男性が不倫を行うケースがとても多いのです。

 プレゼントを買ってもらったり、高級レストランに連れて行ってもらったりと、普段では味わえないような贅沢をさせてもらっている独身女性もいるでしょう。しかし、この環境に慣れてしまうと「この男性と離れてしまったら、贅沢ができなくなる」と、なかなか不倫から抜け出せなくなってしまいます。

誰も信じられない…(写真:iStock)
誰も信じられない… (写真:iStock)

4. 若さ

 20〜30代で多いのが、年上の既婚男性との不倫。同世代の男性よりも大人に見え、ついついハマってしまう女性も多く、気づけば数年が経過していた……という事態になることも。

 もちろん、「楽しい思い出だった」と思える日が来るかもしれませんが、確実になくなるのが「若さ」です。結婚適齢期どころか、妊娠適齢期を逃してしまうリスクも考えられるでしょう。

5. 男性不信に陥る

 不倫の真っ最中、既婚男性は女性をつなぎとめておくために甘い言葉をさんざん述べます。しかし、バレた場合に限らず、女性に飽きてしまったり、重いと感じた時、あっさり切り捨てる男性も存在するのです。傷ついて男性不振に陥り、新しい恋どころか精神的に病んでしまう女性もいます。また、その逆も。

 不倫関係を許してくれて、なおかつ魅力的な女性を見つけることはなかなか難しいため、既婚男性側が執着して本気になる可能性だって考えられます。迷惑行為などのトラブルに巻き込まれるリスクもあるでしょう。

6. 傷つくのは女性だけ! 妊娠する可能性もある

 男女が不倫関係にある時、切っても切り離せないのが「体の関係」。どんなにきちんと対策をとっていたとしても、妊娠する可能性はゼロではありません。

「子供を作れば、彼は私のところに来てくれる」と、あえて妊娠を企てる女性もいるようですが、認知どころか不倫が公になり、男性の妻から慰謝料が発生するケースも。どっちかが悪いとはいえない共犯関係の不倫ですが、妊娠に関して、体も心も傷つくのはいつも女性だけです。

7. 普通の恋愛がわからなくなる

 毎日連絡を取り合い、待ち合わせをして寄り添ってデートをする。そんな当たり前のことができないのが「不倫」です。いつも人の目を気にしながら、コソコソと会ってばかりいると、自分は相手にとってどんな存在なのか、大事にされるとはどんなことなのか、それまでの恋愛モラルがガラガラと崩れてしまうでしょう。

 しかし、一般的な恋愛では味わえない高揚感、スリル感を知ってしまうと、普通の恋愛では物足りなく感じ、別れても再度不倫に走ってしまい、気づけば不倫地獄から抜け出せなくなってしまう人もいるようです。

甘い言葉に気をつけて! 不倫にはリスクがつきもの!

どんなに盛り上がっても彼には帰る場所がある(写真:iStock)
どんなに盛り上がっても彼には帰る場所がある (写真:iStock)

 秘密の恋である不倫。相手が既婚男性だったとしてもアプローチを受けるのは嬉しいことですので、うっかり足を踏み入れてしまう人もいますし、その結果、本気でお互いに「運命の相手」なんて盛り上がってしまうこともあるでしょう。

 しかし、男性が本気で「一緒になりたい」と思うのであれば、すぐに離婚などなんらかの行動を起こすはず。口先だけの甘い言葉で行動が伴わないのであれば、やはり彼にとって一番の優先事項は「家庭」だという現実を知りましょう。選ぶのは、相手ではなく、あなた自身です。ぜひ、後悔のない決断をしてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


婚活仲間ぶっちゃけどう?仲良くする利点は“ぼっち”よりアリ
 婚活って、想像以上に大変ですよね。一人で婚活パーティーなどのイベントに参加していると、くじけそうになることもしばしば…...
恋バナ調査隊 2022-12-05 06:00 ラブ
モテない女「あるある口グセ」4選!その一言が恋を遠ざける
 自分がモテないのは外見のせい……なんて思っている女性もいるようですが、真の原因はあなたの口グセかもしれません。  今...
恋バナ調査隊 2022-12-04 06:00 ラブ
“一線こえない”の意味深 妻が涙したプラトニック不倫LINE3選
 夫が不倫していたら、とても傷つくしショックですよね。ほかの女性と体の関係を持っていただけで裏切られた気分になります。中...
恋バナ調査隊 2022-12-04 11:20 ラブ
「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ