落ちるのは簡単…不倫に伴う知っておきたい7つのリスク!

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-10-03 06:00
投稿日:2020-10-03 06:00
 女友達と話をしている時、意外にも不倫経験者がいることに驚いたことはありませんか? 実は、日本では既婚者の20%が不倫をしているというデータも!? しかし当然、不倫にはリスクが伴います。道ならぬ恋に落ちそうになった時、歯止めをかける材料になる「不倫のリスク」についてお伝えします。

不倫にはリスクがつきもの…知っておきたい7つのリスク

不倫をすると贅沢に慣れちゃう?(写真:iStock)
不倫をすると贅沢に慣れちゃう? (写真:iStock)

 不倫相手をどんなに好きになったとしても、不倫は社会的に「いけないこと」です。さっそく、知っておきたい7つのリスクをご紹介します。

1. バレたら罪! 慰謝料を請求される

 不倫は法的に「罪」。もしもバレてしまったら、既婚男性の妻から慰謝料を請求される可能性があります。裁判になる場合には、弁護士などを雇う費用なども発生するでしょう。

 もしもバレた時、既婚男性のほとんどは妻の元へと戻ります。今のお相手は、一緒に罪を被ってくれそうですか?「YES!」と即答できないのであれば、あなた自身、ストップした方が良いということは分かっているはずです。

2. 社会的に信用を失う

 不倫がバレてしまったら、社会的に信用を失ってしまうのも避けられないリスク。同じ職場内での不倫カップルもいると思いますが、どちらか、もしくは両方が職を失うことにもなりかねません。

 心のダメージだけでも相当なものなのに、単純に経済的にもピンチに陥るという、精神的にも肉体的にも苦しい状況がやってくることだってあるのです。

3. 贅沢に慣れてしまう

 不倫をするには、ホテル代や食事代など、なにかとお金がかかります。そのため、経済的に余裕がある既婚男性が不倫を行うケースがとても多いのです。

 プレゼントを買ってもらったり、高級レストランに連れて行ってもらったりと、普段では味わえないような贅沢をさせてもらっている独身女性もいるでしょう。しかし、この環境に慣れてしまうと「この男性と離れてしまったら、贅沢ができなくなる」と、なかなか不倫から抜け出せなくなってしまいます。

誰も信じられない…(写真:iStock)
誰も信じられない… (写真:iStock)

4. 若さ

 20〜30代で多いのが、年上の既婚男性との不倫。同世代の男性よりも大人に見え、ついついハマってしまう女性も多く、気づけば数年が経過していた……という事態になることも。

 もちろん、「楽しい思い出だった」と思える日が来るかもしれませんが、確実になくなるのが「若さ」です。結婚適齢期どころか、妊娠適齢期を逃してしまうリスクも考えられるでしょう。

5. 男性不信に陥る

 不倫の真っ最中、既婚男性は女性をつなぎとめておくために甘い言葉をさんざん述べます。しかし、バレた場合に限らず、女性に飽きてしまったり、重いと感じた時、あっさり切り捨てる男性も存在するのです。傷ついて男性不振に陥り、新しい恋どころか精神的に病んでしまう女性もいます。また、その逆も。

 不倫関係を許してくれて、なおかつ魅力的な女性を見つけることはなかなか難しいため、既婚男性側が執着して本気になる可能性だって考えられます。迷惑行為などのトラブルに巻き込まれるリスクもあるでしょう。

6. 傷つくのは女性だけ! 妊娠する可能性もある

 男女が不倫関係にある時、切っても切り離せないのが「体の関係」。どんなにきちんと対策をとっていたとしても、妊娠する可能性はゼロではありません。

「子供を作れば、彼は私のところに来てくれる」と、あえて妊娠を企てる女性もいるようですが、認知どころか不倫が公になり、男性の妻から慰謝料が発生するケースも。どっちかが悪いとはいえない共犯関係の不倫ですが、妊娠に関して、体も心も傷つくのはいつも女性だけです。

7. 普通の恋愛がわからなくなる

 毎日連絡を取り合い、待ち合わせをして寄り添ってデートをする。そんな当たり前のことができないのが「不倫」です。いつも人の目を気にしながら、コソコソと会ってばかりいると、自分は相手にとってどんな存在なのか、大事にされるとはどんなことなのか、それまでの恋愛モラルがガラガラと崩れてしまうでしょう。

 しかし、一般的な恋愛では味わえない高揚感、スリル感を知ってしまうと、普通の恋愛では物足りなく感じ、別れても再度不倫に走ってしまい、気づけば不倫地獄から抜け出せなくなってしまう人もいるようです。

甘い言葉に気をつけて! 不倫にはリスクがつきもの!

どんなに盛り上がっても彼には帰る場所がある(写真:iStock)
どんなに盛り上がっても彼には帰る場所がある (写真:iStock)

 秘密の恋である不倫。相手が既婚男性だったとしてもアプローチを受けるのは嬉しいことですので、うっかり足を踏み入れてしまう人もいますし、その結果、本気でお互いに「運命の相手」なんて盛り上がってしまうこともあるでしょう。

 しかし、男性が本気で「一緒になりたい」と思うのであれば、すぐに離婚などなんらかの行動を起こすはず。口先だけの甘い言葉で行動が伴わないのであれば、やはり彼にとって一番の優先事項は「家庭」だという現実を知りましょう。選ぶのは、相手ではなく、あなた自身です。ぜひ、後悔のない決断をしてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ