年上男性の落とし方♡ 恋愛心理&効果的な5つのテクニック

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-10-05 06:00
投稿日:2020-10-05 06:00
 年上男性には年を重ねてきたからこそのダンディさや大人の余裕など、さまざまな魅力がありますよね。お付き合いしたい気持ちはあっても、年上男性の落とし方がわからず悩んでいる人も多いでしょう。そこで今回は、年上男性男性の恋愛心理と効果的な5つのテクニックをご紹介します。上手に活用して、年上男性のハートを掴んでくださいね。

年上男性を落とすためには、恋愛心理を知ることが近道!

可愛い女子に頼られたい(写真:iStock)
可愛い女子に頼られたい (写真:iStock)

 年上男性を落とすためには、恋愛心理を知ることが大事なポイント。まずはじめに、年上男性がどんな恋愛を求めていて、女性からどう思われたいと思っているのか詳しく見ていきましょう。

女性から頼りにされたい

 男性だったら誰もが、「女性から頼りにされたい」と願うもの。恋愛する相手が年下の女性の場合は、特にこの気持ちが強くなるようです。

 年上男性は素直に頼ってくる女性に対し、可愛らしさを感じます。また、頼られることが自信に繋がり、「もっと頼られる男になろう」と頑張る傾向にあるようです。

若くて可愛い女性に癒されたい

 年上男性は会社でも責任のある立場であることが多いので、プライベートでは若くて可愛い女性に「癒されたい」と願っています。

 年上男性だからといって、いつも強く完璧な人間ではありません。だからこそ、女性に癒しを求め、弱い自分も見せられるような心の許せるパートナーを必要としています。

「おじさん」と思われていないか少し不安

 年齢差がある恋愛の場合、自分が相手の恋愛対象年齢なのか気になるもの。年上男性はその傾向が強めで、年齢の離れた女性から「おじさん」と思われていないか心配になり、自分からアプローチできないことがあります。

 同年代なら積極的にアプローチできても、相手が年下だと尻込みしてしまう男性も多いのかもしれませんね。

女性よりも優位な立場でいたい

 男性は何歳になっても、女性の前ではかっこつけたがり。特に年上男性はプライドが高い傾向にあるため、常に女性よりも優位な立場でいたいと思っています。

 そのため、自分をバカにするような女性とは付き合いたいと思いません。一歩下がって、自分をいつでも尊敬してくれるような女性を求めているのです。

年上男性の落とし方♡ 効果的な5つのテクニックとは?

手作りお弁当でアピール♡(写真:iStock)
手作りお弁当でアピール♡ (写真:iStock)

 年上男性のことが気になっていても、「どうアプローチして良いのかわからない……」と悩んでいる女性も多いでしょう。そこで次に、年上男性を落とすために効果的な5つのテクニックをご紹介します。年上男性がどんな女性を求めているのか、相手の気持ちを考えながら実践してみましょう。

1. 上手に甘えて年上男性のハートを掴む

 年上男性は、年下の若い女性に甘えられると弱いもの。まずは、仕事やプライベートなどの悩みを相談して、二人の距離を縮めましょう。

 この時大切なのは、相談したことは必ず行動に移して報告すること&お礼を言うこと。彼はあなたを助けられたことに満足感を感じ、「また力になってあげたい」と思ってくれるでしょう。

2. 家庭的な部分をさりげなくアピール

 年上男性とのお付き合いを真剣に考える時、避けて通れないのが「結婚」でしょう。仕事で忙しい年上男性だからこそ、パートナーになる女性に癒しや居心地の良い場所を求める傾向にあります。

 家事に自信のある人は、家庭的な部分をさりげなくアピールしましょう。家事は苦手な人でも、一生懸命取り組む姿が大事なので諦めないでチャレンジしてくださいね。

3. 聞き上手になる

 聞き上手になることも、年上男性に好意を持ってもらうポイントになります。年齢を重ねて社会的地位が高くなるにつれて、愚痴を言える人が少なくなっていくのが現実。安易な気持ちで愚痴や世間話をしたら、足元をすくわれてしまう可能性もゼロではありませんよね。

 そのため、年上男性にとって、「この子になら安心して話せる」と感じてもらえる信頼関係を構築しましょう。信頼できる相手だと思わせることができたら、恋愛成就は目の前かもしれませんよ。

4. 最初のアプローチは女性から

 気になる人が年上男性であれば、ぜひ、自分から積極的に話しかけてみましょう。上記でご紹介したように、年上男性は年下女性に対して自分が恋愛対象なのかどうか、「おじさん」と思われていないかを不安に思う傾向にあるため、積極的にアプローチしてくることは少ないと思って良いでしょう。

 最初は挨拶だけでも、続けていれば彼からも話しかけてくれるはず。そのチャンスを逃さず、一気に二人の距離を縮めましょう。

5. 居心地の良い関係性を築く

 若い男性は女性に見た目の可愛さやスタイルの良さなど、人に羨ましがられる「いい女」を連れて歩きたいと思っています。

 しかし、年齢を重ねると共に、男性は外見よりも「居心地の良さ」を求め始めます。お互いが相手に思いやりを持てるような、居心地の良いストレスフリーの関係性を目指しましょう。

年上男性の落とし方をマスターして、今の恋を叶えましょう!

素敵な関係になりますように(写真:iStock)
素敵な関係になりますように (写真:iStock)

「年上男性を落とすのは難しい……」と思っている女性も多いようですが、年上男性の恋愛心理をしっかり理解できれば、そこまで難しいことではないかもしれません。年上男性にとっては、年下女性というだけで十分魅力を感じるものなのですから。

 恋愛で大切なことは、お互いの気持ちを理解して尊重し合うこと。彼の気持ちを尊重しながら上手に甘えて、年上男性との恋愛を成就させてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-09 09:30 ラブ