年上男性の落とし方♡ 恋愛心理&効果的な5つのテクニック

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-10-05 06:00
投稿日:2020-10-05 06:00
 年上男性には年を重ねてきたからこそのダンディさや大人の余裕など、さまざまな魅力がありますよね。お付き合いしたい気持ちはあっても、年上男性の落とし方がわからず悩んでいる人も多いでしょう。そこで今回は、年上男性男性の恋愛心理と効果的な5つのテクニックをご紹介します。上手に活用して、年上男性のハートを掴んでくださいね。

年上男性を落とすためには、恋愛心理を知ることが近道!

可愛い女子に頼られたい(写真:iStock)
可愛い女子に頼られたい (写真:iStock)

 年上男性を落とすためには、恋愛心理を知ることが大事なポイント。まずはじめに、年上男性がどんな恋愛を求めていて、女性からどう思われたいと思っているのか詳しく見ていきましょう。

女性から頼りにされたい

 男性だったら誰もが、「女性から頼りにされたい」と願うもの。恋愛する相手が年下の女性の場合は、特にこの気持ちが強くなるようです。

 年上男性は素直に頼ってくる女性に対し、可愛らしさを感じます。また、頼られることが自信に繋がり、「もっと頼られる男になろう」と頑張る傾向にあるようです。

若くて可愛い女性に癒されたい

 年上男性は会社でも責任のある立場であることが多いので、プライベートでは若くて可愛い女性に「癒されたい」と願っています。

 年上男性だからといって、いつも強く完璧な人間ではありません。だからこそ、女性に癒しを求め、弱い自分も見せられるような心の許せるパートナーを必要としています。

「おじさん」と思われていないか少し不安

 年齢差がある恋愛の場合、自分が相手の恋愛対象年齢なのか気になるもの。年上男性はその傾向が強めで、年齢の離れた女性から「おじさん」と思われていないか心配になり、自分からアプローチできないことがあります。

 同年代なら積極的にアプローチできても、相手が年下だと尻込みしてしまう男性も多いのかもしれませんね。

女性よりも優位な立場でいたい

 男性は何歳になっても、女性の前ではかっこつけたがり。特に年上男性はプライドが高い傾向にあるため、常に女性よりも優位な立場でいたいと思っています。

 そのため、自分をバカにするような女性とは付き合いたいと思いません。一歩下がって、自分をいつでも尊敬してくれるような女性を求めているのです。

年上男性の落とし方♡ 効果的な5つのテクニックとは?

手作りお弁当でアピール♡(写真:iStock)
手作りお弁当でアピール♡ (写真:iStock)

 年上男性のことが気になっていても、「どうアプローチして良いのかわからない……」と悩んでいる女性も多いでしょう。そこで次に、年上男性を落とすために効果的な5つのテクニックをご紹介します。年上男性がどんな女性を求めているのか、相手の気持ちを考えながら実践してみましょう。

1. 上手に甘えて年上男性のハートを掴む

 年上男性は、年下の若い女性に甘えられると弱いもの。まずは、仕事やプライベートなどの悩みを相談して、二人の距離を縮めましょう。

 この時大切なのは、相談したことは必ず行動に移して報告すること&お礼を言うこと。彼はあなたを助けられたことに満足感を感じ、「また力になってあげたい」と思ってくれるでしょう。

2. 家庭的な部分をさりげなくアピール

 年上男性とのお付き合いを真剣に考える時、避けて通れないのが「結婚」でしょう。仕事で忙しい年上男性だからこそ、パートナーになる女性に癒しや居心地の良い場所を求める傾向にあります。

 家事に自信のある人は、家庭的な部分をさりげなくアピールしましょう。家事は苦手な人でも、一生懸命取り組む姿が大事なので諦めないでチャレンジしてくださいね。

3. 聞き上手になる

 聞き上手になることも、年上男性に好意を持ってもらうポイントになります。年齢を重ねて社会的地位が高くなるにつれて、愚痴を言える人が少なくなっていくのが現実。安易な気持ちで愚痴や世間話をしたら、足元をすくわれてしまう可能性もゼロではありませんよね。

 そのため、年上男性にとって、「この子になら安心して話せる」と感じてもらえる信頼関係を構築しましょう。信頼できる相手だと思わせることができたら、恋愛成就は目の前かもしれませんよ。

4. 最初のアプローチは女性から

 気になる人が年上男性であれば、ぜひ、自分から積極的に話しかけてみましょう。上記でご紹介したように、年上男性は年下女性に対して自分が恋愛対象なのかどうか、「おじさん」と思われていないかを不安に思う傾向にあるため、積極的にアプローチしてくることは少ないと思って良いでしょう。

 最初は挨拶だけでも、続けていれば彼からも話しかけてくれるはず。そのチャンスを逃さず、一気に二人の距離を縮めましょう。

5. 居心地の良い関係性を築く

 若い男性は女性に見た目の可愛さやスタイルの良さなど、人に羨ましがられる「いい女」を連れて歩きたいと思っています。

 しかし、年齢を重ねると共に、男性は外見よりも「居心地の良さ」を求め始めます。お互いが相手に思いやりを持てるような、居心地の良いストレスフリーの関係性を目指しましょう。

年上男性の落とし方をマスターして、今の恋を叶えましょう!

素敵な関係になりますように(写真:iStock)
素敵な関係になりますように (写真:iStock)

「年上男性を落とすのは難しい……」と思っている女性も多いようですが、年上男性の恋愛心理をしっかり理解できれば、そこまで難しいことではないかもしれません。年上男性にとっては、年下女性というだけで十分魅力を感じるものなのですから。

 恋愛で大切なことは、お互いの気持ちを理解して尊重し合うこと。彼の気持ちを尊重しながら上手に甘えて、年上男性との恋愛を成就させてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ