モテる女性の恋愛LINEテク♡男心をギュッと掴む4つの法則!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-10-02 06:00
投稿日:2020-10-02 06:00
 飛び抜けて美人なわけではないのに、なぜかモテる女性っていますよね。そんな女性は、感覚で男性の心を鷲掴みにする法則を身につけています。特に、出会いの最初のLINEテクニックでは、モテるテクニックを最大限駆使しているのだとか……。ということで、今回はモテる女性に学ぶ恋愛のLINEテクニックをご紹介します♡

モテる女性がやってる! 男を落とす恋愛LINEテクニック4つ

1. 最初は名前を散りばめてアピール

 出会ったばかりの男性にさりげなくアピールする時、あざとい文章では相手が引いてしまいがち。その点、モテる女性は名乗っても嫌な感じがしない「名前」を繰り返し、LINEに散りばめます。

 簡単にできるアピール方法ですが、相手に自分を印象づけたい時に活用できそうですね。

2. 名指しで誘う

 デートのお誘いの成功率を上げるには、名指しで誘う方法が有効です。男性は、ほかの誰でもなく「彼女が一緒に行きたいのは俺なんだ」と思うことで、ある種の責任感のようなものが生まれ、断りづらくなるようです。また、名指しで誘われると、特別感も感じられますよね。

3. 感情表現ははっきりと

 感情豊かな女性は、男性からとても魅力的に見えるそう。誘いを断られた時はとても残念がってみたり、会える時には思い切り喜んだりすることで、彼の恋心もくすぐられるはずです♡ 少々オーバーな表現でも良いかもしれませんね。

4. 自然に探りを入れて気になっていることを知らせる

「彼女いるんですか?」と聞きたいけれど、勇気が出ない……。そんな時にはさりげなく、彼女がいることを前提に話を進めてみましょう。いないことがわかった時には、喜んでいいることと、自分にも彼氏がいないことを自然にアピールしましょう。

恋愛LINEテクニックに心理学を活用! 男心を掴む4つの法則

心理学も駆使しちゃおう!(写真:iStock)
心理学も駆使しちゃおう! (写真:iStock)

 続いては、心理学から男性の心を掴む法則をご紹介します。ぜひ積極的にLINEにも取り入れてみてくださいね♡

1. デートの誘いは「フット・イン・ザ・ドア」で

 彼をデートに誘いたいなら、心理学の「フット・イン・ザ・ドア」を活用しましょう。人は、本命の依頼の前に小さな依頼を受けることで、本命の依頼を断りづらくなるという心理が働きます。

 たとえば、デートのお誘いの前に「好きな映画を教えて!」とお願いしてみるなどです。最初に足を一歩踏み入れておくことで、次の段階に進みやすくなりますよ。

2. ギャップを活用して「親近効果」を狙う

 人はマイナス要素からプラスに転じた時に、好意の感情が増幅されます。たとえば、初対面で優しそうに見えた人が実は冷たい人だとわかるよりも、最初に冷たいと思っていた人が実は優しい人だったとわかった方が驚きと好感度が強くなる、というような「ギャップ」ですね。

 直近の言動やイメージは、印象を決定づける大きな要素になります。このような「親近効果」を活用すれば、それまで脈なしだったとしても、大逆転できるかもしれません。

3. 積極的に好意を伝えて「好意の返報性」を働かせる

 たいして好きではなかった男性だったとしても、「好き」と告白されたら少し意識してしまった経験がある方は多いはず。実は、人は好意を伝えられると、相手にも同じような気持ちで返したくなるという「好意の返報性」が働くそうです。

 本気で彼を落としたいと思うなら、積極的にLINEで好意を伝えるようにするのもありでしょう。

4. 友達に協力してもらって「ウインザー効果」を活用する

「ウインザー効果」とは、直接あなた本人に言われるより、友人などの第三者に意見された方が評価が高くなるという心理です。好きな人に自己アピールをすることも大切ですが、ガツガツ感やあざとさが見えて、逆に引かれてしまうこともあるでしょう。

 そんな時こそこの心理を応用して、信頼できる友達などにあなたの良いところなどを伝えてもらうと良いでしょう。

恋愛LINEテクと心理学の法則を駆使して男心を掴もう♡

モテるLINEにはコツがある(写真:iStock)
モテるLINEにはコツがある (写真:iStock)

 消極的なあなたも、恋愛下手なあなたも、心理学やモテる女性のLINEテクニックを駆使することで、脈なしからの大逆転が叶うかもしれません。LINEをただの連絡ツールとして使うのではなく、ぜひ上手に活用して男心を掴んでくださいね♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「20代vs30代」女性の婚活バトルで判明!? 年齢は若いほど有利は幻想だ
 20代女性と30代女性、婚活中の男性はどちらを選ぶのか、がコンセプトのABEMA新恋リア番組『GIRL or LADY...
内藤みか 2023-09-21 06:00 ラブ
大好きな人とのキスでドン引き→集中できず“ご辞退申し上げた”思い出3選
 あなたは男性からのキスにドン引きした経験がありますか? 世の中には意中の彼からのキスでドン引きし、相手への気持ちが激萎...
恋バナ調査隊 2023-09-21 06:00 ラブ
親との関係が影響している可能性も…モラハラ夫を作り出す義母の特徴3つ
 妻に対して攻撃的な言動を繰り返す「モラハラ夫」に怯える女性は少なくありません。家にいても安心してくつろげず、いつも夫の...
恋バナ調査隊 2023-09-21 06:00 ラブ
他人事だとシャッターおろす前に確認を…泥沼不倫に陥る男の特徴と末路
 不倫は他人事と思っているかもしれませんが、あなたの夫が泥沼に陥ってしまう可能性もあります。夫婦関係がうまくいっていると...
恋バナ調査隊 2023-09-20 06:00 ラブ
モテる男攻略のめちゃ大事な第一歩は? 見た目もキャリアも平凡でOK!
 SNSを見ているとイケメンには、スタイル抜群の可愛い彼女がいます。  フォロワーが多かったり、特別なお仕事をして...
若林杏樹 2023-09-20 06:00 ラブ
貴女の度数は? フェロモンジャッジに挑戦! 相性抜群のメンズ香水も♪
 素敵な女性はいい香りがする――。  そう感じるのは、肌から放たれるフェロモンの効果。フェロモンが高まると色気だけ...
太田奈月 2023-09-19 06:00 ラブ
結婚指輪の支払い、どっち!? 左薬指を見るたびにモヤっとするのは嫌…
 結婚指輪は、夫婦の証としてお互いが指にはめる大切なジュエリー。でも、疑問に感じるのが「結婚指輪の支払いをどっちがするの...
恋バナ調査隊 2023-09-19 06:00 ラブ
イチャイチャ希望! あくまでも自然に「彼氏をムラムラさせる」大作戦
 いくら付き合っているとはいえ、女性から彼氏に「セックスしよ!」とは言いづらいですよね。そんな会話ができるのは、カンチと...
恋バナ調査隊 2023-09-18 06:00 ラブ
「人の彼氏を好きになっていた…」後悔しないための行動と失うもの
 人を好きになる気持ちは、自分ではコントロールできないですよね。でも、もしも好きになった相手が人の彼氏だった場合、コント...
恋バナ調査隊 2023-09-18 06:00 ラブ
「妊娠も嘘なんでしょう」虚言癖の恋人を蔑みながら付き合う男の計画
「冷酷と激情のあいだvol.160〜女性編〜」では、恋人・トシさん(仮名)に対して、年齢のみならず、さまざまな嘘をついて...
並木まき 2023-09-16 06:00 ラブ
「38と偽って」妊娠捏造、処置代カンパ…息を吐くように嘘をつく40女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-09-16 06:00 ラブ
察してちゃん、ずるくない!? 既婚者の彼が「別れたいサイン」で濁すワケ
 現在、既婚者の彼と不倫中の女性もいるでしょう。ただ既婚者の中は、関係を終わりにしたくてもハッキリ「別れよう」と言えない...
恋バナ調査隊 2023-09-16 06:00 ラブ
金持ちと結婚=幸せとは限らない? 意外と高い離婚率のワケ
 女性なら、多くの人が憧れる「玉の輿婚」。一見、経済的にゆとりがある結婚生活は、幸せでいっぱいのように思いますよね。でも...
恋バナ調査隊 2023-09-15 06:00 ラブ
チェリーな童貞男子ついに4割に…! あえて付き合うメリットとデメリット
 童貞男性は、私たちの想像以上に大勢います。出会った男性が童貞だったケースも実は結構あるものなのです。  童貞男性と付...
内藤みか 2023-09-14 06:00 ラブ
他人様に相談しにくい性事情、彼氏の“性欲”がつらい場合はどうする?
 いくら仲が良くても、彼氏との性事情は友達に相談しづらいですよね。 「つらい」と感じていても、1人で抱え込んでいる女性...
恋バナ調査隊 2023-09-14 06:00 ラブ
「どんな人がタイプなの?」紹介で“好みの男性”に巡り合うベスト返答
 年齢が上がってくると出会いの数も減ってきてしまいますよね。 「いいな」と思った人にはすでにパートナーがいたり、そ...
若林杏樹 2023-09-13 06:00 ラブ