ラブレターのメリット5つ♡ 恋の成就率を上げる書き方は?

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-10-06 06:00
投稿日:2020-10-06 06:00
 SNSやLINEなどでのやりとりが主流となる中、手紙のやりとりをしている人は少ないかもしれません。ましてや、好きな人にラブレターで愛の告白をしている人なんていないかも? でも実は、こんな時代だからこそ、ラブレターのメリットがたくさんあるんです♡ 手紙だからこその良さを活かして、恋の成就率を上げてみませんか?

ラブレターをもらった時の男性心理は?

うれしい? 困る?(写真:iStock)
うれしい? 困る? (写真:iStock)

 ラブレターをもらった男性の感想をリサーチしたところ、男性心理が見えてきました。

・ 古風だと感じるけど、とても好感がもてる(20代・学生)
・ 単純に嬉しい。手紙を書く時間をとってくれてありがたいと思う(30代・販売員)
・ どんな告白よりも印象に残る。ずっと大切に保管すると思う(20代・アルバイト)
・ 手紙を書いてくれるほど好きだと思うので、真剣に応えようと思う(20代・会社員)

 古風かな? 重いかな? と心配になってしまいますが、実際のところ、心を込めて書いたラブレターをもらったら男性は嬉しい気持ちになるようです♡

ラブレターだからこそのメリット5つ♡

印象に残ることは間違いない(写真:iStock)
印象に残ることは間違いない (写真:iStock)

 では、実際にラブレターにはどんなメリットがあるのでしょうか? 具体的にみていきましょう!

1. 温かみがあり印象に残る

 ラブレターをもらう時って、選んだ便箋や封筒の柄、文字のくせ、インクの匂い、触った紙の感触などを感じますよね。ただスマホを触っている時とは違い、五感を使って読むことになります。そのため、とても温かみがあり、深く印象に残りやすいんです。

 また、LINEでの連絡が主流になったこの時代に、わざわざラブレターを書いてくれたというだけで、好印象を持つ男性も多いようですね。

2. 文字に人柄が出る

 一人一人が書く文字は、みんな違います。丸い文字や角ばった文字、小さな文字や大きな文字など、人柄を感じ取ることができます。デジタルとは違った手書きの文字によって、よりあなたのことを彼に印象づけることができるほか、文字からあなたの人柄や思いを伝えやすくなるでしょう。

3. 手元に宝物として残る

 ラブレターは、いつまでも手元に残るというメリットがあります。その恋が叶った場合、記念日が訪れるたびに読み返すことができるので、二人の宝物の思い出として保管することができます。

4. 本気度が伝わるから真剣に応えてもらえる

 ラブレターを書くということは、手紙を書く時間と労力、便箋などの準備、渡す勇気がいるなどたくさんの労力がかかるもの。その時間や手間を惜しまずラブレターを書いてくれたという事実から、あなたの恋への真剣度が伝わります。

5. じっくり考える時間がある

 LINEなどで告白した場合は「既読」になってしまうため、無意識に「返事を急がないといけない」と感じさせてしまいます。その点、ラブレターは相手に渡してからじっくりと考えた上で返事をしてもらえるというメリットがあります。

LINEより成功率が高い♡ 心に響く素敵なラブレターの書き方

あんまる思い詰めない方がいいかも(写真:iStock)
あんまる思い詰めない方がいいかも (写真:iStock)

 続いては、心に響くラブレターの書き方をご紹介します! ぜひ参考にしてみてくださいね♡

気遣いのある文章にする

 突然ラブレターをもらった相手はとても驚くでしょう。そこで、ラブレターの最初には必ず気遣いのある言葉を入れるようにしてみてください。たとえば、「突然のお手紙ごめんね」「時間がある時に読んでね」など、相手の立場を考えてみると良いですね!

丁寧な字で書く

 ラブレターで一番大切なことは、心を込めて書くこと。ただし、ラブレターの文字からも相手の気持ちは伝わってしまうので、とにかく丁寧に字を書くことがポイントになります。

 ラブレターをもらった男性にとっても、字が綺麗だった時の好感度はとても高くなるようです。丁寧に書かれた文字からは、誠実さや思いの強さ、丁寧さがしっかり必ず伝わるはずですよ♡

思いはシンプル&簡潔に

 ラブレターの内容はシンプル&簡潔にするのがおすすめです。あまり長々とラブレターを書いても、逆に思いは伝わりません。シンプル&簡潔で読みやすいラブレターの方がわかりやすく、すっと心に届くはずです。

夜に書かない

 ラブレターはできるだけ明るい昼間に書きましょう。夜は人を感傷的な気持ちにさせます。空想に浸って彼のことを妄想しながら書いていると、ずしりと気持ちの重たいラブレターになってしまいます……。

返事を待っていることを伝える

 ラブレターの最後には、必ず返事を待っていること伝える文言を入れましょう。一方通行のラブレターになってしまうと、あなたはいつ届くかわからない返事をずっと待ち続けることになってしまいます。この時、返事は急いでいないことも伝えられると、より親切ですね。

ラブレターのメリットを活かして恋を叶えよう♡

あなたの気持ち伝えてみる?(写真:iStock)
あなたの気持ち伝えてみる? (写真:iStock)

 LINEが主流の時代で、ラブレターはもはや化石のようなツールに思えるかもしれません。でも、実際にはこんな時代だからこそラブレターの良さが際立つんです。

 大好きな彼に告白するなら、ぜひラブレターを活用してみてくださいね。きっとあなたの好感度も高くなり、恋が叶う確率もアップするはずですよ♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ