彼は営業マン?産業スパイの監視役?…加奈子さんのケース#2

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-10-21 06:00
投稿日:2020-10-21 06:00
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこまで加奈子さんを巻き込みたくないと断りました。でも、加奈子さんの決心は固まっていました。園庭で淋しそうにしている小さな女の子の姿が忘れられなくなっていたのです。

晴れて将来を考えはじめた二人に水を差した兄のおせっかい

結婚するかもしれない(写真:iStock)
結婚するかもしれない (写真:iStock)

 加奈子さんはお金を受け取らない則夫に言いました。

「則夫さんを助けて、感謝してもらおうと思っているわけじゃないの。いろんな環境で頑張っている子供がたくさんいるってこと、私は知らなかった。世の中が見えていなかったことが恥ずかしい……だから、今できることをしたいの」

「そんなふうに考えていたなんて……俺は加奈子を心から尊敬する。俺も加奈子みたいに誠実な人間にならないとな。嫁が退院したらきちんと別れるから、あらためて俺との将来を考えてくれないか」

 紆余曲折はありましたが、初めて二人の将来の話が出たのです。加奈子さんは、自分がこの人を愛したことは間違いではなかった、と安堵しました。

 故郷の兄から電話がかかってきたとき、「今交際している人と結婚を考えはじめている」と打ち明けました。

兄が衝撃を受けた素行調査の結果とは?

「とんでもないことがわかった!」(写真:iStock)
「とんでもないことがわかった!」 (写真:iStock)

 加奈子さんの田舎は封建的で、今でも婚約相手の素行調査や家柄調査が普通に行われている地域です。兄も当然のように調査会社を頼み、加奈子さんは「まだプロポーズもされていないのに! だいたい、今どき素行調査なんてあり得ないよ」と怒りました。しかし、数週間後せっぱつまった声で兄から電話がかかってきたのです。

「加奈子、とんでもないことがわかった!!」

 とんでもないこと、という兄のことばに心をよぎったのは、「内縁の奥さんは入院なんかしていなくて、私は不倫の相手にされていたのかも?」という不安でした。

 ところが、兄はそれどころではないと語気を強めて言ったのです。

神田つばき
記事一覧
作家・コラムニスト
離婚と子宮ガンをきっかけに“目がさめて”、女性に生まれたことの愉しみを探そうと緊縛写真のモデルとライターに。私小説「ゲスママ」、女性の悩みや疑問を解き明かすコラム「性に纏わるあれこれ
」。イベント「東京女子エロ画祭」「親であること、毒になること」などの企画も。https://twitter.com/tsubakist

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「友達以上恋人未満セフレ否定」曖昧な関係しか築けない40代男の心理
「冷酷と激情のあいだvol.146〜女性編〜」では、半年以上にわたって肉体関係のある恋人・ツトムさん(48歳・仮名)との...
並木まき 2023-06-10 06:00 ラブ
週1お泊まりでも告白なしはセフレ? 年上男との曖昧な関係に悩む40代女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-06-10 06:00 ラブ
昔好きだったと言われたら脈あり? あえて過去形で伝える男の深層心理
 友達だと思っていた男性から突然「昔好きだった」と言われたら、思わず意識してしまいますよね。その日を境に、あなたも相手を...
恋バナ調査隊 2023-06-09 06:00 ラブ
シンママが年収1000万超の男性と再婚するのは不可能ではない
「再婚したい」と夢見るシングルマザーは大勢います。なかには「お金持ちと再婚したい」とはっきり主張する女性はいます。  ...
内藤みか 2023-06-08 18:04 ラブ
マッチングアプリやめていい? 恋活に自信をなくす5つの瞬間
 恋人を作ろうと勇気を出してマッチングアプリを始めたものの、「全然いい出会いがないっ!」と心が折れそうにな人、集まれ〜!...
恋バナ調査隊 2023-06-08 06:00 ラブ
愛も幸せも欲しい!恋人を選ぶときに重視すべきポイントは?
 年齢が上がるにつれて、将来を見据えた恋愛はとんでもなく重要です。  ただドキドキするだけの恋愛じゃなくて、恋人に...
若林杏樹 2023-06-07 06:00 ラブ
「逃げ癖がある男」との恋愛はほぼ100%満足ムリ! 理由&特徴を解説
「早く結婚したい!」と考えているなら、恋愛するパートナーを選ぶとき“逃げ癖がある男”は避けたほうが良いかもしれません。満...
恋バナ調査隊 2023-06-07 06:00 ラブ
夜の営み事情をママ友と話したら…レス夫婦は私だけだった
 夫婦の夜の営みの話ってママ友としますか? 「そんなの絶対にしない!」 という人もいれば「フランクにするよ~」なん...
まめ 2023-06-06 06:00 ラブ
「イタす時にお香を焚き出して…」彼氏に染み付いた元カノの影響と呪縛
 彼氏と幸せな時間を過ごしている時、ふと「今の誰の影響?」と感じる言動をされた経験はありませんか? 明らかに元カノから受...
恋バナ調査隊 2023-06-06 06:00 ラブ
携帯ショップでも炸裂!裸になるの私じゃないw 天然夫たちの爆笑エピ6選
 天然な夫を持つ妻は、毎日夫の珍行動に困りながらも癒されているといいます。抜けすぎていて不安ばかりでも、やっぱり日々笑顔...
恋バナ調査隊 2023-06-05 06:00 ラブ
「コロナ禍マジックで再婚相手を見誤った」それでも離婚しない男の打算
「冷酷と激情のあいだvol.145〜男性編〜」では、コロナ禍に結婚をした夫・タロウさん(仮名・41歳)との結婚を早まった...
並木まき 2023-06-03 10:02 ラブ
「週1の義務的な夜の生活がつらい」心の底から“コロナ婚”を悔やむ女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-06-03 10:01 ラブ
私たち両想いだよね? こじらせ男子あるある&彼の恋愛欲を刺激するテク
「彼も私のことが好きなはずなのに、まったく進展しない」。そんな状況にいるとじれったくてイラッとしてしまいますよね。  ...
恋バナ調査隊 2023-06-03 06:00 ラブ
モテ系女子ほど要注意?恋愛で「闇落ち」しやすいタイプって
 恋愛から遠ざかっている女性の中には、闇落ちしている人もいるのでは……?  大好きだった彼氏がいたはずなのに、何らかの...
恋バナ調査隊 2023-06-02 06:00 ラブ
中高年の恋愛リアリティー番組「あいの里」が斬新すぎる!
 Netflixで配信されている恋愛リアリティーショー『あいの里』が話題です。8人ほどの男女がシェアハウスで恋を育むだけ...
内藤みか 2023-06-01 06:00 ラブ
162円、駅前200円だけで会話成立! 交際10年超カップルの独特LINE3選
 付き合いたてホヤホヤのカップルは、LINEでラブラブな会話を楽しんでいますよね。その一方で、10年以上付き合っている熟...
恋バナ調査隊 2023-06-01 06:00 ラブ