彼は営業マン?産業スパイの監視役?…加奈子さんのケース#2

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-10-21 06:00
投稿日:2020-10-21 06:00
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこまで加奈子さんを巻き込みたくないと断りました。でも、加奈子さんの決心は固まっていました。園庭で淋しそうにしている小さな女の子の姿が忘れられなくなっていたのです。

晴れて将来を考えはじめた二人に水を差した兄のおせっかい

結婚するかもしれない(写真:iStock)
結婚するかもしれない (写真:iStock)

 加奈子さんはお金を受け取らない則夫に言いました。

「則夫さんを助けて、感謝してもらおうと思っているわけじゃないの。いろんな環境で頑張っている子供がたくさんいるってこと、私は知らなかった。世の中が見えていなかったことが恥ずかしい……だから、今できることをしたいの」

「そんなふうに考えていたなんて……俺は加奈子を心から尊敬する。俺も加奈子みたいに誠実な人間にならないとな。嫁が退院したらきちんと別れるから、あらためて俺との将来を考えてくれないか」

 紆余曲折はありましたが、初めて二人の将来の話が出たのです。加奈子さんは、自分がこの人を愛したことは間違いではなかった、と安堵しました。

 故郷の兄から電話がかかってきたとき、「今交際している人と結婚を考えはじめている」と打ち明けました。

兄が衝撃を受けた素行調査の結果とは?

「とんでもないことがわかった!」(写真:iStock)
「とんでもないことがわかった!」 (写真:iStock)

 加奈子さんの田舎は封建的で、今でも婚約相手の素行調査や家柄調査が普通に行われている地域です。兄も当然のように調査会社を頼み、加奈子さんは「まだプロポーズもされていないのに! だいたい、今どき素行調査なんてあり得ないよ」と怒りました。しかし、数週間後せっぱつまった声で兄から電話がかかってきたのです。

「加奈子、とんでもないことがわかった!!」

 とんでもないこと、という兄のことばに心をよぎったのは、「内縁の奥さんは入院なんかしていなくて、私は不倫の相手にされていたのかも?」という不安でした。

 ところが、兄はそれどころではないと語気を強めて言ったのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ