元欅坂46平手友梨奈&長濱ねる 意外な7つの共通点を超考察!

こじらぶ ライター
更新日:2020-09-12 06:00
投稿日:2020-09-12 06:00

大切にしてきたラジオ 久しぶりで緊張

久しぶりにそれぞれラジオ出演した長濱(左)と平手(右)。発する言葉の端々から2人の意外な共通点が7つ見えてきた!/(C)日刊ゲンダイ
久しぶりにそれぞれラジオ出演した長濱(左)と平手(右)。発する言葉の端々から2人の意外な共通点が7つ見えてきた! /(C)日刊ゲンダイ

 今月8日、元欅坂46の長濱ねる(22)が「ACTION」(TBSラジオ、月曜~金曜15時30分~)に、平手友梨奈(19)が「TOKYO SPEAKEASY」(TOKYO FM、月曜~木曜深夜1時~)にそれぞれ生出演。長濱はクリープハイプのボーカルで小説家でもある尾崎世界観(35)と、平手はRADWINPSの野田洋次郎(35)とトークを繰り広げた。

 欅坂46では平手はダークで孤高なセンター、長濱はキラキラ可愛らしく優等生といった真逆なイメージを持たれていたが、グループ結成当初にお互い最初に心を開き合い、「根底が一緒」で“ソウルメイト”のような関係にあった(「BUBUKA」2016年8月号、長濱インタビューより)。そして、今回のそれぞれのラジオ出演でも、世間からは意外と思われるような7つの共通点が見えてきた。

 平手と長濱は欅坂46時代にそれぞれメインパーソナリティーを務めたり、レギュラーコーナーを持つなどラジオという媒体をとても大切にしてきた。だが今回は見知らぬ環境、年上で尊敬する男性アーティストとの対談、久しぶりのラジオ出演で双方ともに緊張を隠せない様子だった。

 ラジオ出演自体は平手が欅坂46脱退後の今年3月、自身のレギュラーコーナーを卒業して以来の約半年ぶり、長濱は欅坂46卒業日の昨年7月末以来の約1年1カ月ぶり。自分たちがメインで進行を務めていた当時に比べると恐る恐る委縮した声色から会話がスタートし、徐々に慣れていったようだった。

“今の環境”から出たくてアイドルを目指す

初対面だったが、以前からRADWIMPSの楽曲のファンだった平手(左)と、彼女とのコラボ構想にも触れた野田(右)/TOKYO SPEAKEASY公式Twitter(2020年9月9日付)より
初対面だったが、以前からRADWIMPSの楽曲のファンだった平手(左)と、彼女とのコラボ構想にも触れた野田(右) /TOKYO SPEAKEASY公式Twitter(2020年9月9日付)より

 長濱は尾崎から「アイドルになろうと思ったきっかけはなんだったんですか」と問われ、「今の環境から出たい」と思ったことがきっかけでオーディションを受けたと明かした。平手も全く同様のことを「ROCKIN'ON JAPAN」(2019年6月号)で語っている。どちらもキラキラしたアイドルになってチヤホヤされたかったわけではなく、地元から、その時の環境から飛び出したかったのだ。

見えない声に悩まされた

 平手は野田との対談の中で「(ファン・世間一般から)プロ意識が無いとすごく言われた。(そういう声を)聞きたくなくても届いてきたりしちゃったので、そのときはやっぱり凄く悩んだりしてはいたんですけど」と明かした(これについては、「途中からプロ意識ってなんだろう? 人それぞれ違うんじゃないか? と思うことで気にしないようにしていた」とも語った)。

 このことに限らず、平手は以前からネット上での誹謗中傷に苦しみながら、避けようとしてもどうしても目に付いてしまうことを打ち明けてきた。

 一方、優等生のように見えた長濱も、人気者がゆえに小さな言動の揚げ足を取られ猛烈なバッシングに遭い続けた。自身の卒業イベントではファンへの手紙で感謝を述べつつも「見えない言葉に眠れないこともあった」とし、「人前に立つことから距離を取りたい」と一旦芸能界の仕事から身を引く趣旨を伝えていた。

 壮絶な叩きに遭いながらもステージに上がる恐怖と闘い続けてきた2人は、互いに共感できるところも多いのではないだろうか。

できないことはできない

 平手は今回の対談で「歌詞が自分とリンクしていないとなかなか表現が難しかった」と、その時の心情に合わない楽曲には入り込めないことを素直に認めていた。これまでに幾度かライブ構成自体に納得ができず、100%のパフォーマンスが出せなかったこともある。前述の「プロ意識」とは何かという問題にも通じることだが、自分に嘘をついてまでファンの期待に応えるよりは、納得していないことを正直に伝えたり、届けたいと思うことを120%の力で表現することが彼女にとっての「プロ意識」なのではないだろうか。

 一方の長濱は「クランクイン!」(2020年9月8日配信)のインタビューで「最近ようやく『できないことはできない』と、素直に言える大切さを実感するようになった」と言い、「任せていただいたのに100%の力を出せないのは申し訳ないという気持ちからで、反面、自分でやると決めたからには精一杯打ち込もうと考えている」と仕事への責任感について語っていた。

 実際、長濱は今年7月に芸能界復帰以降、自身が本当にやりたいことに絞って仕事を引き受けているように見える。欅坂46の宣伝隊長ともいわれ、グループ内外のあらゆる仕事を全方位にニコニコとこなして放電しきってしまった過去の経験も生かしつつ、平手の仕事に対する愚直なまでの「プロ意識」に感化された部分もあるかもしれない。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ
【シリーズ「光と影のアイドル群像」】桜田淳子  松田聖子や郷ひろみのように、いまなお熱い声援を浴び続けるスターはほんの...
2022-08-14 17:03 エンタメ
高橋一生の“共演者キラー”健在なり 今度は飯豊まりえと熱愛報道、過去にも次々ウワサに
 衝撃のニュースが飛び込んできた。5日発売の「FRIDAY」が飯豊まりえ(24)と高橋一生(41)の熱愛を報じたのだ。 ...
2022-08-14 17:03 エンタメ
隅田川花火3年連続中止の影響か…テレ東中継チームの質低下が心配だ
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  猛暑で少し歩いただけでも息が苦しい。マスクをしなければ、まだましなのに……。 ...
2022-08-14 17:03 エンタメ
IMALUは東京と奄美大島の“二拠点生活” 環境問題に取り組むモチベーションは「結婚」か
 お笑いタレントの明石家さんま(67)と女優の大竹しのぶ(65)の長女で、2世タレントの代名詞でもあるタレントのIMAL...
2022-08-14 17:03 エンタメ
主役を気取らず常に仲間の良さを引き出す 麒麟・川島は生粋の司会者
【今週グサッときた名言珍言】 「さんまさんとか紳助さんの番組見て、こんな緊張感与える番組、あかんと思って『ラヴィット!...
2022-08-14 17:03 エンタメ
NHK紅白を打ち切りから救う歌手は松田聖子か中森明菜か…視聴率30%が“デッドライン”
 例年、お盆休みを過ぎると、渋谷区のNHK神南界隈は、にわかに慌ただしさを増してくる。  局の看板番組「紅白歌合戦」が...
2022-08-14 17:03 エンタメ
「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い
【皇室のトリビア】#79 「今のところ悠仁さまは筑波大付属高校へ普通に通っているし、特に目立った変化はありませんね。た...
2022-08-14 17:03 エンタメ
水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏
 生放送のワイドショーや情報番組などのキャスター・アナウンサーに新型コロナ感染が広がり、“欠席”が相次いでいる。日本テレ...
2022-08-14 17:03 エンタメ
ビートたけしの寂しすぎる最晩年に思うこと…「フライデー」編集長時代の思い出
【週刊誌からみた「ニッポンの後退」】  私はビートたけし(75)という芸人が嫌いだ。  この男の顔がテレビに映ると即...
2022-08-14 17:03 エンタメ
怯むな!町田啓太「テッパチ!」防衛省協力でもイケパラ風味
 水曜日は「テッパチ!」の日。イケメン好きなら覚えておいて損はありません。私も町田啓太お目当てで見始めましたが、これは令...
柴咲コウ「女優」に収まらないビジネス眼 2拠点暮らしの仕事ぶりは芸能人の最先端
 女優の柴咲コウ(41)が10日、都内で行われた「マムート160周年記念プロジェクト」に登場した。 「山の日特別授業─...
2022-08-13 17:03 エンタメ
片瀬那奈は動画生配信で「女優復帰」言及せず…気になる今後と「多部未華子=救世主」説
 片瀬那奈(40)が、本格復帰に向けて有名俳優や女優が所属する大手事務所に所属することが複数のメディアで報じられた。 ...
2022-08-13 17:03 エンタメ
親日家だったオリビア・ニュートン・ジョンさんの「プロ魂」 福島公演では復興祈る
 中高年世代が胸を焦がした青春スターがまたひとり、逝ってしまった。オリビア・ニュートン・ジョンさんが米カリフォルニア州に...
2022-08-13 17:03 エンタメ
蒼井優&山里亮太に第1子誕生 芸能界きっての“おしどり夫婦”の秘訣は「母の教え」
 タレント山里亮太(45)、女優の蒼井優(36)夫妻に第1子となる女児が誕生し、祝福の声が相次いでいる。ラジオで発表した...
2022-08-13 17:03 エンタメ
八月納涼歌舞伎「東海道中膝栗毛 弥次喜多流離譚」は派手さとばかばかしさで暑気払いに正解
 コロナ禍で先月までは3分の2くらいしか観客を入れていなかったが、今月からほぼ全席を売るようになった。2年前の公演再開の...
2022-08-13 17:03 エンタメ
小倉優子が選んだ「きれいな別れ方」 唯一無二“バツ2ママタレ”として返り咲く日
城下尊之【芸能界ぶっちゃけトーク】  タレントの小倉優子(38)が先日、正式に離婚したことを発表した。小倉はバツ2とな...
2022-08-13 17:03 エンタメ