元欅坂46平手友梨奈&長濱ねる 意外な7つの共通点を超考察!

こじらぶ ライター
更新日:2020-09-12 06:00
投稿日:2020-09-12 06:00

大切にしてきたラジオ 久しぶりで緊張

久しぶりにそれぞれラジオ出演した長濱(左)と平手(右)。発する言葉の端々から2人の意外な共通点が7つ見えてきた!/(C)日刊ゲンダイ
久しぶりにそれぞれラジオ出演した長濱(左)と平手(右)。発する言葉の端々から2人の意外な共通点が7つ見えてきた! /(C)日刊ゲンダイ

 今月8日、元欅坂46の長濱ねる(22)が「ACTION」(TBSラジオ、月曜~金曜15時30分~)に、平手友梨奈(19)が「TOKYO SPEAKEASY」(TOKYO FM、月曜~木曜深夜1時~)にそれぞれ生出演。長濱はクリープハイプのボーカルで小説家でもある尾崎世界観(35)と、平手はRADWINPSの野田洋次郎(35)とトークを繰り広げた。

 欅坂46では平手はダークで孤高なセンター、長濱はキラキラ可愛らしく優等生といった真逆なイメージを持たれていたが、グループ結成当初にお互い最初に心を開き合い、「根底が一緒」で“ソウルメイト”のような関係にあった(「BUBUKA」2016年8月号、長濱インタビューより)。そして、今回のそれぞれのラジオ出演でも、世間からは意外と思われるような7つの共通点が見えてきた。

 平手と長濱は欅坂46時代にそれぞれメインパーソナリティーを務めたり、レギュラーコーナーを持つなどラジオという媒体をとても大切にしてきた。だが今回は見知らぬ環境、年上で尊敬する男性アーティストとの対談、久しぶりのラジオ出演で双方ともに緊張を隠せない様子だった。

 ラジオ出演自体は平手が欅坂46脱退後の今年3月、自身のレギュラーコーナーを卒業して以来の約半年ぶり、長濱は欅坂46卒業日の昨年7月末以来の約1年1カ月ぶり。自分たちがメインで進行を務めていた当時に比べると恐る恐る委縮した声色から会話がスタートし、徐々に慣れていったようだった。

“今の環境”から出たくてアイドルを目指す

初対面だったが、以前からRADWIMPSの楽曲のファンだった平手(左)と、彼女とのコラボ構想にも触れた野田(右)/TOKYO SPEAKEASY公式Twitter(2020年9月9日付)より
初対面だったが、以前からRADWIMPSの楽曲のファンだった平手(左)と、彼女とのコラボ構想にも触れた野田(右) /TOKYO SPEAKEASY公式Twitter(2020年9月9日付)より

 長濱は尾崎から「アイドルになろうと思ったきっかけはなんだったんですか」と問われ、「今の環境から出たい」と思ったことがきっかけでオーディションを受けたと明かした。平手も全く同様のことを「ROCKIN'ON JAPAN」(2019年6月号)で語っている。どちらもキラキラしたアイドルになってチヤホヤされたかったわけではなく、地元から、その時の環境から飛び出したかったのだ。

見えない声に悩まされた

 平手は野田との対談の中で「(ファン・世間一般から)プロ意識が無いとすごく言われた。(そういう声を)聞きたくなくても届いてきたりしちゃったので、そのときはやっぱり凄く悩んだりしてはいたんですけど」と明かした(これについては、「途中からプロ意識ってなんだろう? 人それぞれ違うんじゃないか? と思うことで気にしないようにしていた」とも語った)。

 このことに限らず、平手は以前からネット上での誹謗中傷に苦しみながら、避けようとしてもどうしても目に付いてしまうことを打ち明けてきた。

 一方、優等生のように見えた長濱も、人気者がゆえに小さな言動の揚げ足を取られ猛烈なバッシングに遭い続けた。自身の卒業イベントではファンへの手紙で感謝を述べつつも「見えない言葉に眠れないこともあった」とし、「人前に立つことから距離を取りたい」と一旦芸能界の仕事から身を引く趣旨を伝えていた。

 壮絶な叩きに遭いながらもステージに上がる恐怖と闘い続けてきた2人は、互いに共感できるところも多いのではないだろうか。

できないことはできない

 平手は今回の対談で「歌詞が自分とリンクしていないとなかなか表現が難しかった」と、その時の心情に合わない楽曲には入り込めないことを素直に認めていた。これまでに幾度かライブ構成自体に納得ができず、100%のパフォーマンスが出せなかったこともある。前述の「プロ意識」とは何かという問題にも通じることだが、自分に嘘をついてまでファンの期待に応えるよりは、納得していないことを正直に伝えたり、届けたいと思うことを120%の力で表現することが彼女にとっての「プロ意識」なのではないだろうか。

 一方の長濱は「クランクイン!」(2020年9月8日配信)のインタビューで「最近ようやく『できないことはできない』と、素直に言える大切さを実感するようになった」と言い、「任せていただいたのに100%の力を出せないのは申し訳ないという気持ちからで、反面、自分でやると決めたからには精一杯打ち込もうと考えている」と仕事への責任感について語っていた。

 実際、長濱は今年7月に芸能界復帰以降、自身が本当にやりたいことに絞って仕事を引き受けているように見える。欅坂46の宣伝隊長ともいわれ、グループ内外のあらゆる仕事を全方位にニコニコとこなして放電しきってしまった過去の経験も生かしつつ、平手の仕事に対する愚直なまでの「プロ意識」に感化された部分もあるかもしれない。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


“お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波
 タレントの山瀬まみ(52)がリストラの危機に瀕していると、発売中の「週刊文春」が報じている。  桂文枝(78)が「新...
2022-01-21 17:03 エンタメ
吉田鋼太郎“昭和の父親”にドハマり!「おいハンサム!!」は今期ドラマの“大穴”だ
 今期の連ドラ戦線は深夜ドラマが“ダークホース”になりそうだ。 〈全話視聴決定〉〈毎週の楽しみができた〉〈今期一番のド...
2022-01-21 17:03 エンタメ
<133>“無罪請負人”事務所出身の渥美陽子弁護士に相談を持ちかけると…
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#133  私は、アプリコの口座から振り込まれた金の流れを追ったり、遺...
2022-01-21 17:03 エンタメ
高畑充希“新視聴率女王”の真価は? 坂口健太郎と完全破局で恋も仕事もリスタート
 主演ドラマが常に高視聴率を記録し、いまや“新視聴率の女王”と評される高畑充希。昨年12月に30歳の誕生日を迎えた彼女が...
2022-01-21 17:03 エンタメ
イヨ シックスティーンの破壊力! 松本伊代になろうとアイドルを目指したが…
【“女きみまろ”さっち~のコロナ奮闘記】#6  小学生のころから歌手になる夢を持ち続けたという荒井さん。  そのルー...
2022-01-21 17:03 エンタメ
浪人期間も「予備校で勉強する合間を縫って落語会に行ってました」
【林家染雀大いに語る】#2  染雀が高校時代に初めて生の落語を聴いたのは島之内寄席だった。亡き笑福亭松鶴の肝いりにより...
2022-01-21 17:03 エンタメ
「Nキャス」“サプライズ就任”三谷幸喜に期待と不安 ビートたけしのマンネリからは脱却
 脚本家の三谷幸喜氏(60)が、4月から「新・情報7days ニュースキャスター」(TBS系)の総合司会に就任するとスポ...
2022-01-21 17:03 エンタメ
子供時代、東映時代の写真があればと云われアレコレ探したんですが…
【石倉三郎 粋に活きてえなぁ】#39  扨(さて)、アタクシ只今、来る二十九日より始まる俳優座劇場での公演「伊賀の花嫁...
2022-01-21 17:03 エンタメ
浜田省吾に普遍の“オンザロード”…40年前と同じ楽曲で日本武道館を沸かせた
 70年代の「風を感じて」にはじまり、「悲しみは雪のように」「もうひとつの土曜日」などのヒット曲で知られるシンガー・ソン...
2022-01-21 17:03 エンタメ
<70>写真は自分の情とか相手との関係が見えるから面白い
【天才アラーキー傘寿を語る】#70  東京慕情(3)  これは渋谷の駅前の交差点だよ。そうかぁ、39年前の渋谷なんだ...
2022-01-21 17:03 エンタメ
JUMP山田涼介“なにわ男子軽視”で物議も…蘇るマッチ事件
 今月13日、ラジオ番組「Hey! Say! 7 UltraJUMP」(文化放送)で、MCを務めたHey! Say! J...
こじらぶ 2022-01-21 10:47 エンタメ
蒼井優、米倉涼子「女優が社長」になる時…事業拡大や資金繰りに奔走するケースも
 蒼井優(36)が芸能プロダクション社長に就任ーー「女性自身」(2月1日号)によると、蒼井は女優業のほかに、ライフワーク...
2022-01-20 17:03 エンタメ
横浜流星「DCU」「新聞記者」好演で快進撃 イケメン俳優から“実力派”に急成長のウラ側
 横浜流星(25)の快進撃が止まらない。2019年1月期のドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)でピンク色の髪を...
2022-01-20 17:03 エンタメ
馬淵優佳が“ゲス不倫夫”瀬戸大也を見限る日 「離婚秒読み」3つの理由を池内ひろ美氏が解説
 競泳の瀬戸大也(27)の妻、馬淵優佳(26)が飛び込み競技現役復帰を機に、アパートを借り、別居生活していることを発売中...
2022-01-20 17:03 エンタメ
<132>マコやんは2019年3月末で野崎さんの会社「アプリコ」をクビになった
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#132 「お疲れさまでした」 「なんか釈然としないけど、文句を言っ...
2022-01-20 17:03 エンタメ
中村アンがTBS日曜劇場に連続出演 「DCU」「日本沈没」とシリアス役続きの吉凶
〈期待しすぎた〉という視聴者も多いようだ。  16日スタートの阿部寛(57)主演のTBS系日曜劇場「DCU」の初回平均...
2022-01-20 17:03 エンタメ