元欅坂46平手友梨奈&長濱ねる 意外な7つの共通点を超考察!

こじらぶ ライター
更新日:2020-09-12 06:00
投稿日:2020-09-12 06:00

大切にしてきたラジオ 久しぶりで緊張

久しぶりにそれぞれラジオ出演した長濱(左)と平手(右)。発する言葉の端々から2人の意外な共通点が7つ見えてきた!/(C)日刊ゲンダイ
久しぶりにそれぞれラジオ出演した長濱(左)と平手(右)。発する言葉の端々から2人の意外な共通点が7つ見えてきた! /(C)日刊ゲンダイ

 今月8日、元欅坂46の長濱ねる(22)が「ACTION」(TBSラジオ、月曜~金曜15時30分~)に、平手友梨奈(19)が「TOKYO SPEAKEASY」(TOKYO FM、月曜~木曜深夜1時~)にそれぞれ生出演。長濱はクリープハイプのボーカルで小説家でもある尾崎世界観(35)と、平手はRADWINPSの野田洋次郎(35)とトークを繰り広げた。

 欅坂46では平手はダークで孤高なセンター、長濱はキラキラ可愛らしく優等生といった真逆なイメージを持たれていたが、グループ結成当初にお互い最初に心を開き合い、「根底が一緒」で“ソウルメイト”のような関係にあった(「BUBUKA」2016年8月号、長濱インタビューより)。そして、今回のそれぞれのラジオ出演でも、世間からは意外と思われるような7つの共通点が見えてきた。

 平手と長濱は欅坂46時代にそれぞれメインパーソナリティーを務めたり、レギュラーコーナーを持つなどラジオという媒体をとても大切にしてきた。だが今回は見知らぬ環境、年上で尊敬する男性アーティストとの対談、久しぶりのラジオ出演で双方ともに緊張を隠せない様子だった。

 ラジオ出演自体は平手が欅坂46脱退後の今年3月、自身のレギュラーコーナーを卒業して以来の約半年ぶり、長濱は欅坂46卒業日の昨年7月末以来の約1年1カ月ぶり。自分たちがメインで進行を務めていた当時に比べると恐る恐る委縮した声色から会話がスタートし、徐々に慣れていったようだった。

“今の環境”から出たくてアイドルを目指す

初対面だったが、以前からRADWIMPSの楽曲のファンだった平手(左)と、彼女とのコラボ構想にも触れた野田(右)/TOKYO SPEAKEASY公式Twitter(2020年9月9日付)より
初対面だったが、以前からRADWIMPSの楽曲のファンだった平手(左)と、彼女とのコラボ構想にも触れた野田(右) /TOKYO SPEAKEASY公式Twitter(2020年9月9日付)より

 長濱は尾崎から「アイドルになろうと思ったきっかけはなんだったんですか」と問われ、「今の環境から出たい」と思ったことがきっかけでオーディションを受けたと明かした。平手も全く同様のことを「ROCKIN'ON JAPAN」(2019年6月号)で語っている。どちらもキラキラしたアイドルになってチヤホヤされたかったわけではなく、地元から、その時の環境から飛び出したかったのだ。

見えない声に悩まされた

 平手は野田との対談の中で「(ファン・世間一般から)プロ意識が無いとすごく言われた。(そういう声を)聞きたくなくても届いてきたりしちゃったので、そのときはやっぱり凄く悩んだりしてはいたんですけど」と明かした(これについては、「途中からプロ意識ってなんだろう? 人それぞれ違うんじゃないか? と思うことで気にしないようにしていた」とも語った)。

 このことに限らず、平手は以前からネット上での誹謗中傷に苦しみながら、避けようとしてもどうしても目に付いてしまうことを打ち明けてきた。

 一方、優等生のように見えた長濱も、人気者がゆえに小さな言動の揚げ足を取られ猛烈なバッシングに遭い続けた。自身の卒業イベントではファンへの手紙で感謝を述べつつも「見えない言葉に眠れないこともあった」とし、「人前に立つことから距離を取りたい」と一旦芸能界の仕事から身を引く趣旨を伝えていた。

 壮絶な叩きに遭いながらもステージに上がる恐怖と闘い続けてきた2人は、互いに共感できるところも多いのではないだろうか。

できないことはできない

 平手は今回の対談で「歌詞が自分とリンクしていないとなかなか表現が難しかった」と、その時の心情に合わない楽曲には入り込めないことを素直に認めていた。これまでに幾度かライブ構成自体に納得ができず、100%のパフォーマンスが出せなかったこともある。前述の「プロ意識」とは何かという問題にも通じることだが、自分に嘘をついてまでファンの期待に応えるよりは、納得していないことを正直に伝えたり、届けたいと思うことを120%の力で表現することが彼女にとっての「プロ意識」なのではないだろうか。

 一方の長濱は「クランクイン!」(2020年9月8日配信)のインタビューで「最近ようやく『できないことはできない』と、素直に言える大切さを実感するようになった」と言い、「任せていただいたのに100%の力を出せないのは申し訳ないという気持ちからで、反面、自分でやると決めたからには精一杯打ち込もうと考えている」と仕事への責任感について語っていた。

 実際、長濱は今年7月に芸能界復帰以降、自身が本当にやりたいことに絞って仕事を引き受けているように見える。欅坂46の宣伝隊長ともいわれ、グループ内外のあらゆる仕事を全方位にニコニコとこなして放電しきってしまった過去の経験も生かしつつ、平手の仕事に対する愚直なまでの「プロ意識」に感化された部分もあるかもしれない。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


加藤登紀子さん 房総台風で被害を受けた鴨川の古民家を再生したい
【死ぬまでにやりたいこれだけのこと】  加藤登紀子さん(歌手・77歳) 「知床旅情」や「百万本のバラ」などで国民的に...
2021-09-20 17:03 エンタメ
鈴木慶一さんは90年代から映画音楽を…北野武監督映「座頭市」で高評価を受けた
【ロフト創業者が見たライブハウス50年】#63  日本語ロックの先駆者である鈴木慶一さんは1975年に「ムーンライダー...
2021-09-20 17:03 エンタメ
比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス
「夏ドラマはおおむね予想通りの結果でした」(テレビ誌ライター)  世帯視聴率ではTBS日曜劇場の「TOKYO MER~...
2021-09-20 17:03 エンタメ
菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み
 12日の最終回で番組最高の数字を叩き出したTBS日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」のファンは、まだまだ“...
2021-09-20 17:03 エンタメ
ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった
 2001年9月11日のアメリカ同時多発テロから20年。事件を機に始まった「対テロ戦争」は、アフガニスタンからの米軍の撤...
2021-09-20 17:03 エンタメ
メンタリストDaiGo様 猫がいるからこそ優しくなれる、猫の意味に気づいていただきたい
【コトブキツカサの映画処方箋】  人の心が読める才能とパフォーマンスで人気を博したメンタリストのDaiGo氏。ニコニコ...
2021-09-20 17:03 エンタメ
テリー伊藤がバラエティー番組を変えた! 天才ディレクター“出禁の男”12の伝説
「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」「ねるとん紅鯨団」「浅草橋ヤング洋品店」など多くのバラエティー番組を生み出したテリ...
2021-09-20 17:03 エンタメ
嵐・松本潤「99.9 -刑事専門弁護士- THE MOVIE」12.30異例公開の勝算
 嵐の松本潤(38)主演の映画「99.9―刑事専門弁護士―THE MOVIE」(木村ひさし監督)に、榮倉奈々、木村文乃、...
2021-09-20 17:03 エンタメ
眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない
【皇室のトリビア】#33 「眞子さまのご結婚は喜ばしいことですが、異例ずくめで、このことが秋篠宮さまを含めて皇室に影響...
2021-09-19 17:03 エンタメ
古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化
 困ったおじさん? フリーアナウンサー古舘伊知郎(66)が暴走している。  10日「5時に夢中!」(TOKYO MX)...
2021-09-19 17:03 エンタメ
映画PR番組で際立った佐藤健の“本音トーク”に好感 周囲の気遣いが痛いキムタクとは大違い
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  映画や舞台の告知に加え、番組の改編期で番宣の場と化しているバラエティー。目立つの...
2021-09-19 17:03 エンタメ
フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?
 ユーチューバー芸人のフワちゃん(27)が14日発売の「フラッシュ」が報じた「嫌いな女性芸能人」ランキングの「視聴者が見...
2021-09-19 17:03 エンタメ
星野源&新垣結衣の結婚後初共演は年末か…NHK紅白で”プチ・新婚さんいらっしゃい“プラン
 今年5月に電撃結婚を発表した星野源(40)と新垣結衣(33)夫妻の結婚後の初共演は大晦日のNHK紅白歌合戦になりそうだ...
2021-09-19 17:03 エンタメ
「朝の顔」になった麒麟・川島の”礎”は顔を見せない影の献身
【今週グサッときた名言珍言】 「ちょっと、カメラ探しましたよね。今のこの僕の姿を、左上あたりでダウンタウンさんが見てん...
2021-09-19 17:03 エンタメ
オダギリジョー脚本・監督NHKドラマ「オリバーな犬」収録2カ月がかり、3話ぽっきりのウラ読み
 17日にスタートしたNHKドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」(総合金曜午後10時)は、オダギリジョーが...
2021-09-19 17:03 エンタメ
「純烈」リーダー酒井一圭さんに包丁送り脅す…65歳パート女性の動機は“王子様”への行き過ぎた愛
 愛するメンバーがバカにされたと思い込んだ中年女性は、「腹いせ」に古びた包丁と切り刻んだ男物のパンツを送りつけていた。 ...
2021-09-18 17:03 エンタメ