投げ銭はしないけど…ある意味で“無償の愛”がすごすぎるひと

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-25 01:32
投稿日:2020-11-06 06:00
 ライブ配信は、まさに魑魅魍魎(ちみもうりょう)がうごめく世界。今日も今日とて、多くのライバーやリスナーは、配信をめぐってアレやコレやの大騒ぎでございます。メンタル心理カウンセラーであり、配信者としての顔も有する並木まきが、“ライブ配信にいるアレなひとびと”を解説するこちらの連載。第6回は「ある意味で究極の“無償の愛”がすごすぎるひと」でございます。

アレな人図鑑6:ある意味で「無償の愛」がすごすぎるひと

好意だけ押しつけられても迷惑?(写真:iStock)
好意だけ押しつけられても迷惑? (写真:iStock)

 ライブ配信の世界では、配信者は声援や投げ銭をいただきながら、いかに自分の人気を継続させるかが、プロライバーとしての腕の見せどころでもございます。

 スマホやタブレットを通して、リスナーに対して雨の日も風の日も語りかけるのは、ただならぬプロ魂があるからこそ為せること。ボランティアで配信者をしているひと以外は、日々、投げ銭のノルマや実績と睨めっこしながら、笑顔の裏で自分を高めているのでございます。

 しかしそんな配信者の苦悩はお構いなしに、究極の“セコい愛”を貫いて、投げ銭ゼロで嫉妬心や執着心だけをむき出しにする、ある意味で究極に“無償の愛”がすごすぎるひとびとも存在するのです。

 本来、“無償の愛”は、相手への見返りを求めずに自分の愛を貫き、相手に与えることに徹するひとにたいして使われる言葉。ではございますが、投げ銭が常識のライブ配信界では、むしろ“無償で愛を得ようとする姿”が際立ち、真逆の様相をあらわすのにもぴったりの言葉と言えましょう。

セコすぎる “無償の愛”を正当化できるカラクリ

投げ銭すらいしない(写真:iStock)
投げ銭すらいしない (写真:iStock)

 配信者への敬意のカケラもなく、投げ銭ひとつせずに「今度、俺とデートしてよ!」「こんなに毎日見にきているんだから、メッセージ交換くらいさせるべきでしょ〜」「俺ほど、君のことを応援している人はいない」などと、自分の主張ばかりを突きつけ、セコすぎる姿勢で相手に無償の愛を求めるリスナー。

 対面での出会いであれば、自分は何もしないままで、相手に「愛をよこせ」と要求するのは、よほどのオラオラ性分でなければできることではございません。ライブ配信の世界では、配信を閲覧するだけであれば、本名をさらさずに偽名や仮名で楽しめることから、このようなセコすぎる芸当を、平然とできるひとも出てくるのでしょうね。

 そんなセコさが暴走した挙句には、投げ銭をして正攻法で配信者を応援する別のリスナーに対して嫉妬心をむき出しにするひともいらっしゃいます。

「投げ銭をすることだけが応援じゃないだろ!」などと、自らのセコい愛を正当化するためにキレ出すツワモノもいて、ここまでくるともはや「アレな人」の極みと言っても過言ではないのではないでしょうか。

 毎日、同じ配信者の顔を見続けていると「ザイオンス効果」によって、画面越しに会っている配信者への好感が上がっても、なんら不思議ではございません。しかしそこで常識を逸してしまうアレなひとほど、相手に対して、並々ならぬ無償の愛を求めてしまうという暴挙に出てしまうのでございましょう。

おわりに

応援してくれるのは嬉しいんですけど…(写真:iStock)
応援してくれるのは嬉しいんですけど… (写真:iStock)

 こんなリスナーに狙われてしまった配信者は、投げ銭をしてくれる正当なファンを失う羽目にも陥りかねず、プロライバーとしては命取りにもなりかねません。

 さりとて、自身の配信を見に来てくれる人物が、アレなひとなのかそうでないのかは時間が経過してみないと見極めが難しいのも、また事実でございます。今日もまた一部の配信者たちは、画面越しに訪れてくれるリスナーの性分を見極めながら、笑顔の裏で苦悩を抱えているのでございます。

ライフスタイル 新着一覧


10月18日~24日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
男同士の方が楽しいの? 尻尾を絡ませる“にゃんたま”君たち
 美にゃんな三毛猫のお嬢さんと見つめ合うにゃんたま君。  スマートなお尻を見せつけて、自分の魅力をアピールしている...
なにが違うの?努力して憧れの存在に近づける人と遠ざかる人
 皆さんには憧れの人はいますか? 仕事ができる先輩や上司、友人や家族、著名人の名前をあげる人もいるかもしれません。私はた...
プロレスごっこで力加減を勉強中!“にゃんたま”兄弟をパチリ
 きょうは、プロレスごっこに夢中なにゃんたま兄弟。これは格闘の練習です。  獲物をつかまえる時の練習にもなっていて...
花と色の相乗効果! ビタミンカラーで心も身体もポジティブに
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋は、カントリー風情たっぷりな立地でありながら、なんだかんだで毎日のように外国人のお客様がご...
褒め言葉を理解? ドヤ顔する猫がかわいい 2021.10.12(火)
 猫の知能は1歳半~2歳半の子ども程度だとされています。一説によると、80語くらいの人間の言葉を認識できるそう。彼らが覚...
ムカつきながらも息子の前では「パパを立てる」と決めたこと
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月11日~17日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“にゃんたま”をくんくん…この匂いは間違いなく我が息子!
 あらゆるものをくんくんしたがる習性は、野生時代からの名残。  きょうは先輩に、にゃんたまω付近をくんくんされてド...
結婚式のご祝儀のマナーは? 相場・書き方・渡し方まで解説
 友人や親族の結婚式にお呼ばれされたはいいものの、ご祝儀の渡し方のマナーを忘れてしまい、毎回「どうだったっけ?」と迷う人...
経験や資格じゃない!自分に向いてる道を見つける簡単な方法
 仕事でも家事でも「なんかこれ自分に向いてないかも……」と思ってしまう時ってありませんか? 私も少し前まではそんなことを...
「菜々緒ポーズ」みたい? “にゃんたま”の魅力たっぷりの1枚
 こんな写真が撮れたらガッツポーズ!  きょうは、私が一番好きな「にゃんたまωポーズ」です。  にゃんたまω...
最強の汎用性で大活躍!インパクト抜群の「ピンクッション」
 にゃんこの習性なんでしょうけれど……。お気に入りのものには、自分の頭や首を使って入念にスリスリと自分の匂いを付けるって...
肩車で張り合った夜…引け目を感じても「パパ」にはなれない
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月4日~10月10日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
中銀カプセルタワービル 2021.10.4(月)
 銀座8丁目の首都高速沿いに建てられている中銀カプセルタワービル。2022年3月以降に解体されることが決定し、ニュースに...