投げ銭はしないけど…ある意味で“無償の愛”がすごすぎるひと

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-25 01:32
投稿日:2020-11-06 06:00
 ライブ配信は、まさに魑魅魍魎(ちみもうりょう)がうごめく世界。今日も今日とて、多くのライバーやリスナーは、配信をめぐってアレやコレやの大騒ぎでございます。メンタル心理カウンセラーであり、配信者としての顔も有する並木まきが、“ライブ配信にいるアレなひとびと”を解説するこちらの連載。第6回は「ある意味で究極の“無償の愛”がすごすぎるひと」でございます。

アレな人図鑑6:ある意味で「無償の愛」がすごすぎるひと

好意だけ押しつけられても迷惑?(写真:iStock)
好意だけ押しつけられても迷惑? (写真:iStock)

 ライブ配信の世界では、配信者は声援や投げ銭をいただきながら、いかに自分の人気を継続させるかが、プロライバーとしての腕の見せどころでもございます。

 スマホやタブレットを通して、リスナーに対して雨の日も風の日も語りかけるのは、ただならぬプロ魂があるからこそ為せること。ボランティアで配信者をしているひと以外は、日々、投げ銭のノルマや実績と睨めっこしながら、笑顔の裏で自分を高めているのでございます。

 しかしそんな配信者の苦悩はお構いなしに、究極の“セコい愛”を貫いて、投げ銭ゼロで嫉妬心や執着心だけをむき出しにする、ある意味で究極に“無償の愛”がすごすぎるひとびとも存在するのです。

 本来、“無償の愛”は、相手への見返りを求めずに自分の愛を貫き、相手に与えることに徹するひとにたいして使われる言葉。ではございますが、投げ銭が常識のライブ配信界では、むしろ“無償で愛を得ようとする姿”が際立ち、真逆の様相をあらわすのにもぴったりの言葉と言えましょう。

セコすぎる “無償の愛”を正当化できるカラクリ

投げ銭すらいしない(写真:iStock)
投げ銭すらいしない (写真:iStock)

 配信者への敬意のカケラもなく、投げ銭ひとつせずに「今度、俺とデートしてよ!」「こんなに毎日見にきているんだから、メッセージ交換くらいさせるべきでしょ〜」「俺ほど、君のことを応援している人はいない」などと、自分の主張ばかりを突きつけ、セコすぎる姿勢で相手に無償の愛を求めるリスナー。

 対面での出会いであれば、自分は何もしないままで、相手に「愛をよこせ」と要求するのは、よほどのオラオラ性分でなければできることではございません。ライブ配信の世界では、配信を閲覧するだけであれば、本名をさらさずに偽名や仮名で楽しめることから、このようなセコすぎる芸当を、平然とできるひとも出てくるのでしょうね。

 そんなセコさが暴走した挙句には、投げ銭をして正攻法で配信者を応援する別のリスナーに対して嫉妬心をむき出しにするひともいらっしゃいます。

「投げ銭をすることだけが応援じゃないだろ!」などと、自らのセコい愛を正当化するためにキレ出すツワモノもいて、ここまでくるともはや「アレな人」の極みと言っても過言ではないのではないでしょうか。

 毎日、同じ配信者の顔を見続けていると「ザイオンス効果」によって、画面越しに会っている配信者への好感が上がっても、なんら不思議ではございません。しかしそこで常識を逸してしまうアレなひとほど、相手に対して、並々ならぬ無償の愛を求めてしまうという暴挙に出てしまうのでございましょう。

おわりに

応援してくれるのは嬉しいんですけど…(写真:iStock)
応援してくれるのは嬉しいんですけど… (写真:iStock)

 こんなリスナーに狙われてしまった配信者は、投げ銭をしてくれる正当なファンを失う羽目にも陥りかねず、プロライバーとしては命取りにもなりかねません。

 さりとて、自身の配信を見に来てくれる人物が、アレなひとなのかそうでないのかは時間が経過してみないと見極めが難しいのも、また事実でございます。今日もまた一部の配信者たちは、画面越しに訪れてくれるリスナーの性分を見極めながら、笑顔の裏で苦悩を抱えているのでございます。

ライフスタイル 新着一覧


超逸材!金色に輝くたまたまの魅力にメロメロ~吸引力が凄い
 きょうは、陽を浴びて金色に輝く“にゃんたま”君。  海風に耳を澄ましまして何を想う……?  この並外れた魅...
あなたは受け恋?追い恋? 8月15日~8月21日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
気の合うママ友を作るには?連絡先をすぐに聞くのは危険です
 子供を育てていると、避けては通れない「ママ友」の存在。苦労せずにすんなりママ友ができるタイプもいれば、人見知りでなかな...
【ニトリ】4.5万円ワークチェアの座り心地 2022.8.13(土)
 長引くコロナ禍で定番になったリモートワーク。毎日の通勤時間がなくなり助かることはたくさんありますが、パソコンの前に座る...
なぜ黙ってたの?聞けば納得!大事な話を言わない大人の思惑
 皆さんは、相手から「実はね……」と話を切り出されて、「なんでもっと早く言ってくれなかったの!?」となる経験をしたことが...
専業主婦が抱える5つの不安と解消法 羨ましがられるけど…
 結婚や妊娠をきっかけに仕事をやめ、専業主婦になる人は多いです。しかし、いざ専業主婦として毎日家事や育児をこなす毎日を過...
“たまたま”のセルフマッサージ♡ 肉球とにゃんたまにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「前髪全部焦がした」幹事ドン引き!同窓会の面白断り方LINE
 久しぶりに同級生から同窓会のお知らせが届いても、なんとなく行きたくない時ってありますよね。  今回は、そんな同窓...
夏の切り花“最大”の悩み!プロが解説&実践する花持ちの秘訣
 近年の暑い夏は本当に体にこたえます。  当然切り花にも厳しい夏で、お花屋は毎日が格闘でございますのよ。しかも、猫...
あなたは受け恋?追い恋? 8月8日~8月14日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
その言動に原因あり? 友達がいないアラサー女性の特徴5つ
 年齢を重ねていくにつれ、周りの環境はどんどん変化していきます。特に、女性は結婚や出産を機に変わる人が多いですよね。しか...
UFOと交信!? “たまたま”のサファイアブルーの瞳にうっとり♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「悪夢を見ない方法」4選 毎晩ぐっすり眠れないのはなぜ?
 毎晩悪夢にうなされてぐっすり眠れない人は、日常生活になんらかのストレスを抱えている可能性があります。  そこで今回は...
【無印良品】手軽な「日干しかご」見ーっけ!2022.8.6(土)
 天日干しして作る自家製「干し野菜」への関心は高まるばかり。野菜を無駄なくおいしく使い切る、調理方法の幅は広がる、そして...
「慰謝料やばいらしい」秘密情報も暴露!お局様のウザいLINE
 どんな会社にも、古くから居座るお局がいるものですよね。長く会社にいるお局は、いい人もいるのですが、中には態度が大きくな...
正直しんどい!メンタル不調の人に逆ギレされたらどうする?
 コロナ禍もあってか、ここ数年で急激にメンタルケアや心の病気に関する本やニュースが増えた気がします。  悩みを抱えてい...