配信者にとっては厄介!「察してもらいたい欲」がすぎるひと

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-25 06:00
投稿日:2020-12-25 06:00
 ライブ配信は、まさに魑魅魍魎(ちみもうりょう)がうごめく世界。今日も今日とて、多くのライバーやリスナーは、配信をめぐってアレやコレやの大騒ぎでございます。メンタル心理カウンセラーであり、配信者としての顔も有する並木まきが、“ライブ配信にいるアレなひとびと”を解説するこちらの連載。第7回は「察してもらいたい欲がすごすぎるひとびと」でございます。

アレな人図鑑7:察してほしくて仕方がないひと

顔も見たいことがない相手から…(写真:iStock)
顔も見たいことがない相手から… (写真:iStock)

 ライブ配信は、公共の通信上に自らの顔を出している配信者に対し、リスナーは基本的には顔を見せずに文字だけでコミュニケーションをとれる世界でございます。すなわち、配信者から見ると、どんなに頻繁に訪れてくれているリスナーであっても、顔も見たこともなければ、どんな属性の人なのかすらわからない場合も多いのです。

 しかしながら、一部のリスナーの中には、わずか数十文字のコメントを送るだけで「俺の言いたいことを、この人は全て理解しているはず」「私の言いたいことは、完璧に伝わっているはず」という前提でコミュニケーションをとりたがる、いわゆる極度の“察してちゃん”も散見されるのでございます。

 こういった方々には、配信者からご自身の思い通りの反応が返ってこないと、深く傷つき、その傷心がやがて怒りに変化して、配信者を逆恨みするひとまで出てくるので、実は非常に厄介なタイプと言えましょう。

見れば見るほど親近感が湧く弊害

察してちゃんはめんどくさい(写真:iStock)
察してちゃんはめんどくさい (写真:iStock)

 真面目に取り組んでいるライブ配信者の多くは、毎日コツコツと定期的に配信を続け、雨の日も風の日も雪の日も、おそらく槍が降ろうとも、自分を応援してくれるリスナーに元気な姿を見せるプロ魂に溢れております。ですので、熱心なファンである人ほど、お気に入りの配信者の顔を毎日、数分あるいは数時間にわたって見ることが叶うのでございます。

 すると、以前にもこちらの連載でお話した「ザイオンス効果(同じものや人に接触する頻度が高いほど、好感が上がる心理的効果)」も働きます。

 配信を見ている側は、一方的に配信者に対して親近感が高まり、自分のことを理解してくれている旧知の友人であるような錯覚に陥りやすいのです。その結果、いわゆる「勘違い」の極みである発言や行動に走ってしまう人も出てくると言えましょう。

 そして、もともとの性格が「察してくん」や「察してちゃん」である人ほど、そんな性分がチラ見えどころか“丸見え”になり、あたかも配信者のことを深く理解しているつもりになりやすく、自分のことも同じくらいに理解してもらえている前提で振る舞うようになるのです。そんなリスナーに絡まれてしまった配信者は、ちょっとした悲劇であるのは間違いございません。

 配信上だけならまだしも、ダイレクトメッセージやSNSを通じて、そんな“察して欲”を、お構いなしにぶつけてくる方々もいて、そこまでくるとやはり「アレなひと」の様相としか言えません。

おわりに

配信者の苦悩は続く(写真:iStock)
配信者の苦悩は続く (写真:iStock)

 さりとて、配信者から見れば、その人物が熱心なファンであるほど、冷たくあしらうこともできず、苦悩を抱える日々が訪れるのも常でございます。そして、そんな厄介な人物に出会うのも、決して珍しくない世界がライブ配信界の現実でもあるのです。

 ライブ配信は、配信者とリスナーの心の距離が近いことが魅力であるのは、確かでございます。しかしそんな側面が、ときに暴走する「アレなひと」を生み出してしまうのも、また真実なのでございましょうね。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

ライフスタイル 新着一覧


【45歳からの歯科矯正】ワイヤー装着し14カ月、別のワイヤー着けた!?
 昨年4月に歯科矯正(表側のワイヤー矯正)を始め、14カ月が経ちました。「やり始めてしまえば、あっという間ですよ」(主治...
【独自】ホスト嫌いのラッパーが歌舞伎町に喝!「ポンコツどもを俺が鍛える」RYKEY DADDY DIRTYインタ
 東京・八王子に生まれ、中学生の頃から暴走族やギャングといったアウトローの世界を生きてきたラッパー、RYKEY DADD...
【独自】全身タトゥーや元受刑者も⁉️ 歌舞伎町に誕生したラッパーだらけのホストクラブが異次元だった
 なにかと悪評が絶えないホストクラブ業界の聖地、新宿・歌舞伎町に斬新すぎるお店が誕生。人気ラッパーで発信力も持ち、インフ...
大バズり流行語5選、理解してる?40代でも話についていけるように解説
 2024年も半分が過ぎ、振り返ると今年の上半期もさまざまな流行語が登場しました。40代の皆さんが聞き馴染みのない言葉も...
330円って本気? 職人が作る高見えグッズ、ダイソー姉妹店で見つけた!
 ダイソーが提案する新しいブランド「スタンダードプロダクツ」で、日本が誇る職人技の商品をコスパ良くゲットしてきました。 ...
現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...