私って“枯れ女”かも…? 5つの特徴&脱出方法をチェック!

コクハク編集部
更新日:2020-07-07 06:00
投稿日:2020-07-07 06:00
 あなたは自分の美意識や女子力に自信がありますか? 実は、最近「女性として終わっている……」と周りから思われてしまう、“枯れ女”化した女性が増えているようなんです。ここでは、気を付けたい枯れ女の特徴や脱出方法をご紹介します。

枯れ女に見られる5つの特徴!あなたはどう?

 しばらく恋愛をお休みしている人の中には、男性と接する機会がなくなってしまったことで、身だしなみや女磨きまで休んでしまう人がいます。たとえ、彼氏持ちの人でも長い交際でおしゃれに手を抜いてしまいがちな人もいるでしょう。

 そんな“枯れ女”状態になっていないか、この機会にチェックしてみませんか。

1. 最近、新しい洋服を買っていない

 好きな人がいたり、付き合ったばかりの彼氏がいる時には、誰だっておしゃれに気を付けるでしょう。少しでも「可愛く見られたい」と、新しい洋服を購入する人も多いかもしれませんね。

 しかし、枯れ女になってしまうとおしゃれに興味がわかなくなります。「まだ着られるから」と、何年も同じ洋服を平気で着てしまう人もいるでしょう。

2. ムダ毛処理をしていない

 脱毛が当たり前になっているこのご時世、ムダ毛はご法度! ですよね。夏には肌の露出が増えるため、エチケットとして処理を行う人は多いですが、寒くなった途端に「どうせ見えないから」と、ムダ毛処理をしなくなる人がいます。

 これでは、男性からだけでなく女性からも「美意識が低い」と思われ、枯れ女のレッテルを貼られることになるでしょう。

3. すっぴんで出かけることが平気になった

 外出の際、女性はメイクをするのが一般的。「近所のコンビニに行くくらいであればすっぴんで」という人も多いですが、仕事などに行く際にはメイクは必須でしょう。

 しかし、枯れ女になると職場にすっぴんで行くことも平気になってしまいます。肌に自信があり、メイクの必要がないと思っている人でも、リップなどの最低限のメイクは必要でしょう。

4. 気が付いたら髪がパサパサ

「寝坊して慌てて家を出たら髪がボサボサだった」という経験をお持ちの人は多いかもしれませんね。滅多にないことであれば、「寝坊したんだな」と、周りには微笑ましく映るはず。

 しかし、枯れ女になってしまうと、常に髪がバサバサの状態。寝癖も直さず、ブラシすら通さずに平気で職場に現れます。もちろん、髪の毛のケアなどもしていませんから、潤いもなく老けて見られるでしょう。

5. 流行りやトレンドに興味がなくなった

 若い頃には、常に流行りやトレンドにアンテナを張っていた人も多いはず。しかし、年齢を重ねるとともに、どんどん疎くなってしまう人は多いでしょう。

 もちろん、年相応ではないファッションばかりするのは「若作り」と思われたりと違和感を感じさせてしまうかもしれませんが、自分に似合うファッションを見つけるため、アンテナを張り続けるか、興味を持ち続けるかで、枯れ女になるかどうかが分かれます。

今からでも間に合う! 枯れ女にならない、脱出する方法

 枯れ女度をチェックした結果、「私って完全に枯れ女だわ……」とショックを受けている人もいるでしょう。しかし、枯れ女は努力次第で変わることができますよ。未然に防ぐためにも、枯れ女にならない&脱出できる方法をご紹介します。

1. おしゃれをする

 彼氏や好きな人がいないと、「おしゃれをする気が起きない」という人もいるでしょう。確かに、誰かに見てもらわないと張り合いがないと感じてしまうのはわかります。

 しかし、おしゃれは人のためではなく自分自身のためにするもの。素敵な下着を身に着けて好きな洋服を着て、しっかりとメイクをすれば、それだけで気分は上がります。誰かに会わない時でも外出の際にはおしゃれをして出かけましょう。

2. 家で過ごさず、外に出る

 予定がないと家の中でだらだらと過ごしている人も多いはず。もちろん、疲れている時にはゆっくりと休むことも必要ですが、そうでないのであれば積極的に外に出かけることがおすすめ!

 外出すれば、さまざまな刺激を受けることができ、気分も変わるはずです。また、新たな出会いを見つけるチャンスだって広がるでしょう。

3. 恋愛系の映画やドラマでときめく

 枯れ女の中には、「もう恋愛なんて必要ない」と思っている人もいます。もちろん、恋愛や結婚が人生のすべてではないため、必ずしなければならないという訳ではありません。

 しかし、枯れ女にならないためには、ときめきやドキドキ感を味わうことが大切! リアルな恋愛から遠ざかっているのであれば、まずは恋愛映画やドラマなどを見て心をときめかせましょう。

4. 諦めずに自分磨きをする

 枯れ女と自覚している人の中には、自分磨きすら諦めてしまう人がいます。当然、諦めてしまえば自信も意欲もなくなってしまいますし、そのまま枯れていくだけでしょう。

 そうなりたくないのであれば、いくつになっても諦めず、自分磨きを続けていくことが必要です。なりたい自分を想像して現時点で足りないスキルを補ったり、外見でも理想的な体型やメイクを追求するだけで、枯れ女から脱出できるはずですよ。

5. 気になる男性が見つかったら、勇気を出して誘う

 恋愛から遠ざかっていた枯れ女の中には、素敵な人を見つけても何も行動せずに終わってしまう人がいます。枯れている期間が長ければ長いほど、面倒な気持ちが起こったり、自分に自信がないことで声をかける勇気がなくなってしまうでしょう。

 しかし、これではいつまで経っても枯れ女から脱出することはできません。気になる男性が現れたら、ぜひ、自分から誘ってみましょう。その行動一つで自分の意識も大きく変わってくるはずです。

枯れ女になりたくないなら、一歩踏み出そう!

「枯れ女になるはずがない」「枯れ女になりたくない」。若い頃は誰しもがそう思っていたのに、「別に誰に見られるわけでもないし」と油断していると、あっという間に枯れ女になってしまいます。

 この記事で枯れ女かも? と思ってしまったあなた! ぜひ、脱出方法を試して潤いのある素敵な女性に変身してくださいね。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ライフスタイル 新着一覧


「明日は何時?」親の老いをLINEでも実感…切ないけれど受け入れる!
 人間誰しもいつかは老いがやってくるものです。ただ、これまでたくさんの愛情と安心を与えてくれた絶対的な存在の「親の老い」...
アラフォーが若者とのカラオケで失敗しない方法3つ 10年前の選曲はあり?
 職場での飲み会後、二次会としてよくあるのがカラオケ。アラフォーともなると、若〜い後輩を引き連れてカラオケに行くこともあ...
「スナック常連客に嫌われるNG行為」初めての店ではマジ注意して!
 いわゆる夜のお店というのは、「大人の社交場」と言われることがあります。昔からなんとなく納得してはいたんですけど、最近や...
キィー!羨ましい! 実はめらめらとママ友に嫉妬している6つの瞬間
 子どもがいると切っても切れない仲になるのが、ママ友。母として生きている女同士、話が盛り上がりますよね。その一方で、近い...
美しすぎる方向転換…国宝級“たまたま”にどこまでもついて行きます
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
夏に日持ちする切り花オススメ7選、家庭で簡単にできる“延命対策”7カ条
 神奈川の片田舎にある猫店長「さぶ」率いる我がお花屋。夏の暑い昼間の来客はめっきり減りますが、夕方の若干涼しい時間帯にな...
人間の決断回数は1日35,000回! 悩ましい「決断疲れ」の最終兵器は猫?
「今日のランチはどこに行こうかな?」「仕事も疲れてきたし、カフェにコーヒーでも買いに行こうかな? それとももう一踏ん張り...
【調香師直伝】汗かいても“爽やかフェロモン女子”!夏の疲れを癒す簡単手作りデオドラントスプレーも紹介
 汗をかく行為はフェロモン放出にとって重要ですが、汗自体のにおいがよくないとフェロモンを上手に活かせません。  本...
育休明けのモヤモヤがしんどい。先輩ママの体験談から紐解く3つの解決法
 育休明けのママたちは、職場復帰するにあたって多くのモヤモヤを感じているようです。子供と仕事と生活の間で、ベストな答えを...
透明ボードの下から失礼しますよ♡ 不思議&かわいい空飛ぶ“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
未来のような街の先に…
 未来のような街は、まるで先の見えないトンネルのよう。  その先にあるものは明るいものであってほしい。
ほっこり癒し漫画/第77回「もふもふサマー」
【連載第77回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】蒲魚、何て読む? 予測変換出てこない…
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
8年前に“ゆるFIRE”した男 新NISAより確実なリターンは自分への投資
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(64)。多忙な現役時代を経て、56歳...
母親は夢を諦めなきゃダメですか?夫を「支えてあげて」の言葉が悔しい
 かつて漫画家を目指していた夫婦の絵里奈と拓郎。双子の子供ができたことを機に、夢を諦め堅気の生活をしている。  夜...
浮気より酷い夫の裏切り SNSには私の知らない「もう1人の彼」がいた
 かつて漫画家を目指していた夫婦の絵里奈と拓郎。双子の子供ができたことを機に、夢を諦め堅気の生活を暮らしている。 ...