40代半ばで婚活参戦、8人の男とお見合いしてわかったこと。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-11-17 09:38
投稿日:2020-11-10 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。
結婚の条件はたった1つ
結婚の条件はたった1つ

case3-2.佐伯京香さん(仮名/47歳)

日本仲人協会様よりご紹介いただいた佐伯京香さん(仮名/47歳)は今月、お相手の三島敦さん(仮名/46歳)の誕生日に入籍予定とのこと。

 京香さんは東大卒で、松たか子さん似の美女。英語が堪能で、海外出張もこなし、男性並みの年収を稼ぐキャリアウーマン。過去3人との男性とは結ばれず、「一生、独身でもいいかな」と思っていたところ、友人の勧めで昨年12月、日本仲人協会に入会したそうです。

結婚相手に求めた「たった1つ」の条件とは

条件は「動物OK」のみ(写真:iStock)
条件は「動物OK」のみ (写真:iStock)

 入会時、京香さんは「いい意味で妥協しました」とのこと。妥協とは?

「仲人さんに私のプロフィールを作成していただくときに、『動物が好きだから、犬でも猫でもいいからペットを飼いたいです。動物OKな人がいいです』とだけお伝えしました。私自身、年齢的に婚活市場での商品価値が高くないのはわかっていたので、相手にいくつもの条件を求めるのは失礼だと思っていたからです」

 えええっ!? 希望する条件は、1つのみだったということですか?

「自分で稼ぐことができているからかもしれませんが、年収や職業にはこだわりがなかったんです。それに、どんなタイプの人が合うのかも当時はわからなかったので『動物OK』1点に絞りました。

 仲人さんのご配慮には感謝しています。『動物好きな人がいいと書いてしまうと、該当しない方には敬遠されてしまうかもしれません。出会えるレンジは広げたほうがいいので、書き方を工夫しますね』とおっしゃってくださり、こう書いてくださったのです。『動物好きなこともあって、話し方がやさしい方です』と。

 あとは、仲人さんがピックアップしてくださった方と、お申し込みをいただいた方は極力お断りせず、お会いしていました。もちろん、自分から申し込みをした方とも会い、お会いしたのは敦さんを含めて、今年5月までの半年間で9人。お会いした方々は42~57歳と幅広く、年収は400~1000万円ぐらいでした」

大人婚に必須!覚えておきたい2つのポイント

「変わらない条件」を3つ(写真:iStock)
「変わらない条件」を3つ (写真:iStock)

 京香さんのコメントから、覚えておきたい2点が見つかりました。

1.40歳以上の大人婚を望む女性は、自身の市場価値を客観視し、お相手への条件は極力絞り込む

 京香さんが望んだ条件は「動物OK」のみ。筆者の知人で結婚相談所に勤務している女性は、言っていました。

「性別を問わず、ある程度の年齢まで独身でいる人は譲れない条件が増えて、理想が高くなる傾向にある」と。

 彼女がお世話した30代後半の女性は、年収は800万円以上で、年齢は自分と同年代。自分と同じ地域に住んでいて(遠距離に嫁ぐのはイヤ)、義両親の介護はしなくてもいいことを条件に挙げたそうで。

 彼女は即、「そんな人はもう結婚しています!」と答えたそうです。

 確かに。筆者が別媒体で取材した独身女性の中にも、「年収は“最低でも”800万円以上はないと」と答えた人が何人かいました。

 お見合いや婚活アプリだとお相手の条件が先に提示されていてわかりやすいので、高条件を望むのは“婚活あるある”なのかもしれません。

 ですが筆者は、プライベートな談話中、女性が学歴や年収についてこだわりを挙げると伝えています。

「その条件をすべて失っても、あなたは相手を愛せるの? もし相手が事故に遭い、身体が動かなくなったらどうするの?」と。

 条件ばかりにこだわる女性は大抵、筆者の問いに言葉を失います。筆者も心の中で「答えられないの!?」と、ツッコミを入れながら、一緒に絶句します……。

 京香さんは「動物OK」1点のみと、潔い決断をしました。

 自身の市場価値を客観視した意思決定と語っています。1点のみに限定するのが難しい場合は、年収など「変わる可能性のある条件」ではなく、「変わらない条件」を3つほど考えてみてはいかがでしょうか。

 参考までに、筆者が再婚時に考えた3つの条件を記載しますと。結婚願望がある(自身の年齢では時間的余裕がなかったため、結婚願望のない人とダラダラ交際する気はなかった)、温厚な人柄、金銭感覚の一致でした。

2.たとえ自分好みではなくても、初対面で判断をしない

 京香さんは婚活時、「自分が『この人だ!』という男性にたどり着くまでのプロセスだと思って、どんな人でもネガティブな評価をせずに、数回はお会いしていました」と言います。

 つまり、たとえ好みのタイプではなくてもお相手の長所を探し、初対面で判断はしなかったということです。

 だからこそ、敦さんという結婚相手とめぐり会えました。

 筆者のように、初対面で「次はない」と即断してしまう女性には、参考になるのではないかと。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「あえて“おバカ”を装って…」妻候補をふるいにかける婚活男
「冷酷と激情のあいだvol.104〜女性編〜」では、友人の紹介で知り合った男性・マコトさん(仮名)が、天気や下ネタなどい...
並木まき 2022-08-20 06:00 ラブ
「下ネタと天気の話しかしない」ハイスぺ男に落胆した婚活女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-20 06:00 ラブ
パートナーから愛され続ける女性たちの“たった一つ”の共通点
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。モテ女になるためのノウハウはSNSの普及により、いつでもどこでも学べる世の中...
山崎世美子 2022-08-20 06:00 ラブ
貝殻のように閉じないで~ 大好きな彼氏の心を開く4つのコツ
 せっかく好きになった彼氏とお付き合いをするなら、お互いに心を開いて自然体でいられる関係に憧れますよね。しかし、恋愛の相...
恋バナ調査隊 2022-08-20 06:00 ラブ
離婚危機! 夫と妻「性格の不一致」具体例&サヨナラ回避法
 結婚したときは、誰もが「この人とだったら一生添い遂げられる」と思っているもの。しかし、実際にはさまざまな理由で離婚して...
恋バナ調査隊 2022-08-19 06:00 ラブ
シングルマザーの“リベンジ恋愛” 運命の相手探しに3つのコツ
 シングルマザーの子どもが内縁の夫に虐待される……。そんな悲しいニュースを私たちは何度も目にしています。  ひどい男に...
内藤みか 2022-08-18 06:00 ラブ
結婚生活に悪影響&イライラ! 育ち格差で悩んだら試す3カ条
 離婚率の高い日本では、価値観の違いを乗り越えられずに別れてしまう夫婦が後を経ちません。そもそも、結婚相手はまったく違う...
恋バナ調査隊 2022-08-18 06:00 ラブ
草食系男子から告白させる方法は? 女子側のアプローチが肝!
 気になっている男性と何度かデートを重ねているのに、全然発展しない……。カラオケなど密室空間にいるのに、いいムードになら...
若林杏樹 2022-08-17 06:00 ラブ
幸せな同棲は「間取り」が命!愛を育むお部屋探し3つのコツ
 彼と同棲をすることが決まったら、最初に悩むのが部屋選び。実は同棲生活ではどんな間取りの部屋にするかによって、2人の生活...
恋バナ調査隊 2022-08-17 06:00 ラブ
ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ