40代半ばで婚活参戦、8人の男とお見合いしてわかったこと。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-11-17 09:38
投稿日:2020-11-10 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。
結婚の条件はたった1つ
結婚の条件はたった1つ

case3-2.佐伯京香さん(仮名/47歳)

日本仲人協会様よりご紹介いただいた佐伯京香さん(仮名/47歳)は今月、お相手の三島敦さん(仮名/46歳)の誕生日に入籍予定とのこと。

 京香さんは東大卒で、松たか子さん似の美女。英語が堪能で、海外出張もこなし、男性並みの年収を稼ぐキャリアウーマン。過去3人との男性とは結ばれず、「一生、独身でもいいかな」と思っていたところ、友人の勧めで昨年12月、日本仲人協会に入会したそうです。

結婚相手に求めた「たった1つ」の条件とは

条件は「動物OK」のみ(写真:iStock)
条件は「動物OK」のみ (写真:iStock)

 入会時、京香さんは「いい意味で妥協しました」とのこと。妥協とは?

「仲人さんに私のプロフィールを作成していただくときに、『動物が好きだから、犬でも猫でもいいからペットを飼いたいです。動物OKな人がいいです』とだけお伝えしました。私自身、年齢的に婚活市場での商品価値が高くないのはわかっていたので、相手にいくつもの条件を求めるのは失礼だと思っていたからです」

 えええっ!? 希望する条件は、1つのみだったということですか?

「自分で稼ぐことができているからかもしれませんが、年収や職業にはこだわりがなかったんです。それに、どんなタイプの人が合うのかも当時はわからなかったので『動物OK』1点に絞りました。

 仲人さんのご配慮には感謝しています。『動物好きな人がいいと書いてしまうと、該当しない方には敬遠されてしまうかもしれません。出会えるレンジは広げたほうがいいので、書き方を工夫しますね』とおっしゃってくださり、こう書いてくださったのです。『動物好きなこともあって、話し方がやさしい方です』と。

 あとは、仲人さんがピックアップしてくださった方と、お申し込みをいただいた方は極力お断りせず、お会いしていました。もちろん、自分から申し込みをした方とも会い、お会いしたのは敦さんを含めて、今年5月までの半年間で9人。お会いした方々は42~57歳と幅広く、年収は400~1000万円ぐらいでした」

大人婚に必須!覚えておきたい2つのポイント

「変わらない条件」を3つ(写真:iStock)
「変わらない条件」を3つ (写真:iStock)

 京香さんのコメントから、覚えておきたい2点が見つかりました。

1.40歳以上の大人婚を望む女性は、自身の市場価値を客観視し、お相手への条件は極力絞り込む

 京香さんが望んだ条件は「動物OK」のみ。筆者の知人で結婚相談所に勤務している女性は、言っていました。

「性別を問わず、ある程度の年齢まで独身でいる人は譲れない条件が増えて、理想が高くなる傾向にある」と。

 彼女がお世話した30代後半の女性は、年収は800万円以上で、年齢は自分と同年代。自分と同じ地域に住んでいて(遠距離に嫁ぐのはイヤ)、義両親の介護はしなくてもいいことを条件に挙げたそうで。

 彼女は即、「そんな人はもう結婚しています!」と答えたそうです。

 確かに。筆者が別媒体で取材した独身女性の中にも、「年収は“最低でも”800万円以上はないと」と答えた人が何人かいました。

 お見合いや婚活アプリだとお相手の条件が先に提示されていてわかりやすいので、高条件を望むのは“婚活あるある”なのかもしれません。

 ですが筆者は、プライベートな談話中、女性が学歴や年収についてこだわりを挙げると伝えています。

「その条件をすべて失っても、あなたは相手を愛せるの? もし相手が事故に遭い、身体が動かなくなったらどうするの?」と。

 条件ばかりにこだわる女性は大抵、筆者の問いに言葉を失います。筆者も心の中で「答えられないの!?」と、ツッコミを入れながら、一緒に絶句します……。

 京香さんは「動物OK」1点のみと、潔い決断をしました。

 自身の市場価値を客観視した意思決定と語っています。1点のみに限定するのが難しい場合は、年収など「変わる可能性のある条件」ではなく、「変わらない条件」を3つほど考えてみてはいかがでしょうか。

 参考までに、筆者が再婚時に考えた3つの条件を記載しますと。結婚願望がある(自身の年齢では時間的余裕がなかったため、結婚願望のない人とダラダラ交際する気はなかった)、温厚な人柄、金銭感覚の一致でした。

2.たとえ自分好みではなくても、初対面で判断をしない

 京香さんは婚活時、「自分が『この人だ!』という男性にたどり着くまでのプロセスだと思って、どんな人でもネガティブな評価をせずに、数回はお会いしていました」と言います。

 つまり、たとえ好みのタイプではなくてもお相手の長所を探し、初対面で判断はしなかったということです。

 だからこそ、敦さんという結婚相手とめぐり会えました。

 筆者のように、初対面で「次はない」と即断してしまう女性には、参考になるのではないかと。

内埜さくら
記事一覧
恋愛コラムニスト
これまでのインタビュー人数は3500人以上。無料の恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い(現在休止中。準備中のため近日中にブログにて開始を告知予定)。恋愛コメンテーターとして「ZIP!」(日本テレビ系)、「スッキリ」(同)、「バラいろダンディ」(MX-TV)、「5時に夢中!」(同)などのテレビやラジオ、雑誌に多数出演。

URL: https://ameblo.jp/sakura-ment

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
美人の結婚が遅い3つの理由、男性の切ない本音を紐解くと…
 女性から羨ましがられる美人は、結婚も早いだろうと誰もが思いますよね。でも、実際に周囲を見回してみると、見た目は平均点の...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
「性欲強めになったのは…」今カレにはナイショ!元カレの影響6選
「好きな人の口癖がうつっちゃった」なんて経験がある女性は、多いのではないでしょうか?  人は好意を持っている相手や長く...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
男「日曜会えない?」独女「100人の部下が動いてて」残念あるあるLINE
 40代になっても独身を貫く人には、いくつかの共通点があります。  男性としては、独女特有の共通点を察知した途端、...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ