40代半ばで婚活参戦、8人の男とお見合いしてわかったこと。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-11-17 09:38
投稿日:2020-11-10 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。
結婚の条件はたった1つ
結婚の条件はたった1つ

case3-2.佐伯京香さん(仮名/47歳)

日本仲人協会様よりご紹介いただいた佐伯京香さん(仮名/47歳)は今月、お相手の三島敦さん(仮名/46歳)の誕生日に入籍予定とのこと。

 京香さんは東大卒で、松たか子さん似の美女。英語が堪能で、海外出張もこなし、男性並みの年収を稼ぐキャリアウーマン。過去3人との男性とは結ばれず、「一生、独身でもいいかな」と思っていたところ、友人の勧めで昨年12月、日本仲人協会に入会したそうです。

結婚相手に求めた「たった1つ」の条件とは

条件は「動物OK」のみ(写真:iStock)
条件は「動物OK」のみ (写真:iStock)

 入会時、京香さんは「いい意味で妥協しました」とのこと。妥協とは?

「仲人さんに私のプロフィールを作成していただくときに、『動物が好きだから、犬でも猫でもいいからペットを飼いたいです。動物OKな人がいいです』とだけお伝えしました。私自身、年齢的に婚活市場での商品価値が高くないのはわかっていたので、相手にいくつもの条件を求めるのは失礼だと思っていたからです」

 えええっ!? 希望する条件は、1つのみだったということですか?

「自分で稼ぐことができているからかもしれませんが、年収や職業にはこだわりがなかったんです。それに、どんなタイプの人が合うのかも当時はわからなかったので『動物OK』1点に絞りました。

 仲人さんのご配慮には感謝しています。『動物好きな人がいいと書いてしまうと、該当しない方には敬遠されてしまうかもしれません。出会えるレンジは広げたほうがいいので、書き方を工夫しますね』とおっしゃってくださり、こう書いてくださったのです。『動物好きなこともあって、話し方がやさしい方です』と。

 あとは、仲人さんがピックアップしてくださった方と、お申し込みをいただいた方は極力お断りせず、お会いしていました。もちろん、自分から申し込みをした方とも会い、お会いしたのは敦さんを含めて、今年5月までの半年間で9人。お会いした方々は42~57歳と幅広く、年収は400~1000万円ぐらいでした」

大人婚に必須!覚えておきたい2つのポイント

「変わらない条件」を3つ(写真:iStock)
「変わらない条件」を3つ (写真:iStock)

 京香さんのコメントから、覚えておきたい2点が見つかりました。

1.40歳以上の大人婚を望む女性は、自身の市場価値を客観視し、お相手への条件は極力絞り込む

 京香さんが望んだ条件は「動物OK」のみ。筆者の知人で結婚相談所に勤務している女性は、言っていました。

「性別を問わず、ある程度の年齢まで独身でいる人は譲れない条件が増えて、理想が高くなる傾向にある」と。

 彼女がお世話した30代後半の女性は、年収は800万円以上で、年齢は自分と同年代。自分と同じ地域に住んでいて(遠距離に嫁ぐのはイヤ)、義両親の介護はしなくてもいいことを条件に挙げたそうで。

 彼女は即、「そんな人はもう結婚しています!」と答えたそうです。

 確かに。筆者が別媒体で取材した独身女性の中にも、「年収は“最低でも”800万円以上はないと」と答えた人が何人かいました。

 お見合いや婚活アプリだとお相手の条件が先に提示されていてわかりやすいので、高条件を望むのは“婚活あるある”なのかもしれません。

 ですが筆者は、プライベートな談話中、女性が学歴や年収についてこだわりを挙げると伝えています。

「その条件をすべて失っても、あなたは相手を愛せるの? もし相手が事故に遭い、身体が動かなくなったらどうするの?」と。

 条件ばかりにこだわる女性は大抵、筆者の問いに言葉を失います。筆者も心の中で「答えられないの!?」と、ツッコミを入れながら、一緒に絶句します……。

 京香さんは「動物OK」1点のみと、潔い決断をしました。

 自身の市場価値を客観視した意思決定と語っています。1点のみに限定するのが難しい場合は、年収など「変わる可能性のある条件」ではなく、「変わらない条件」を3つほど考えてみてはいかがでしょうか。

 参考までに、筆者が再婚時に考えた3つの条件を記載しますと。結婚願望がある(自身の年齢では時間的余裕がなかったため、結婚願望のない人とダラダラ交際する気はなかった)、温厚な人柄、金銭感覚の一致でした。

2.たとえ自分好みではなくても、初対面で判断をしない

 京香さんは婚活時、「自分が『この人だ!』という男性にたどり着くまでのプロセスだと思って、どんな人でもネガティブな評価をせずに、数回はお会いしていました」と言います。

 つまり、たとえ好みのタイプではなくてもお相手の長所を探し、初対面で判断はしなかったということです。

 だからこそ、敦さんという結婚相手とめぐり会えました。

 筆者のように、初対面で「次はない」と即断してしまう女性には、参考になるのではないかと。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


いつでも新婚気分♡ 別居婚のメリット&向いている夫婦の特徴
 ひと昔前までは、結婚したら一緒に住むというのが当たり前の世の中でした。しかし今は、夫婦のライフスタイルによっては「別居...
恋バナ調査隊 2022-01-16 06:00 ラブ
不倫夫が憎い…!サレ妻が決意した恐ろしい制裁LINE5選
 夫に不倫されてしまった「サレ妻」の女性は、毎日悲しくて涙に暮れる日々を送っているかもしれません……。でも、中には、男性...
恋バナ調査隊 2022-01-15 06:00 ラブ
今が正常な状態…交際3ヶ月でデート頻度を減らした男性の事情
「冷酷と激情のあいだvol.73〜女性編〜」では、「仕事」を理由にデートを減らしている恋人・ソウタさん(仮名・29歳男性...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
仕事を理由にデート激減…恋人の真意がわからない女性の不安
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
はじめての食事デート♡ 心がける4つのこと&会話のポイント
 気になる男性とはじめての食事デートの約束ができたら、「絶対にデートを成功させたい!」と思うのは当然でしょう。そこで今回...
恋バナ調査隊 2022-01-14 06:00 ラブ
あなたは何も悪くない! 彼に暴言を吐かれた時の3つの対処法
 恋人やパートナーに暴言を吐かれ、深く傷つく女性が増えています。一番信頼し、愛している相手だけに、ダメージも大きいもの。...
内藤みか 2022-01-13 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? 軽い女度診断4項目&気をつけるべきこと
 自分では意識していなくても、男性から「軽い女」だと思われていたらがっかりしてしまいますよね。今回は、今すぐできる軽い女...
恋バナ調査隊 2022-01-13 06:00 ラブ
一生モテる女性の特徴とは? 常にモテるためにやるべきこと
 彼氏が途切れなかったり、周りから一目を置かれ続けている女性っていますよね。ここで言うモテる女とは、声をかけられることが...
若林杏樹 2022-01-12 12:13 ラブ
100年の恋も冷めるでしょ…彼氏のドン引き行動エピソード4選
 彼氏に100年の恋も一瞬で冷めるような「ドン引き行動」をされたことがある女性は多いようです。ドン引き行動の原因はさまざ...
恋バナ調査隊 2022-01-14 18:15 ラブ
長続きカップルの秘訣かも♡ 彼氏が喜ぶ上手な愛情表現5つ
 長続きするカップルの多くは、日頃からしっかり愛情表現をしているそう♡ でも「愛情表現」って、相手にきちんと気持ちが伝わ...
恋バナ調査隊 2022-01-11 06:00 ラブ
自然消滅を選んでしまう男性心理&恋を復活に導く3つの方法
 ちゃんと別れ話をしないまま彼氏と自然消滅してしまうと、「以前のように戻りたい」と思い、悩んでしまうことがあります。そこ...
恋バナ調査隊 2022-01-11 06:00 ラブ
なぜ見抜けない? 男性があざとい女性に騙される理由4つ
 女性から見ると、どう考えてもあざとい言動をしているのに、なぜか男性はあざとい女性に騙されるんですよね……。いったいどう...
恋バナ調査隊 2022-01-10 06:00 ラブ
信じたいけれど…不安にさせる年下彼氏の特徴3つ&対処法
 年下彼氏のいる女性は、若くてフレッシュな男性と付き合えて嬉しい反面、やはり心配がつきもの。でも、年下彼氏と付き合ってい...
恋バナ調査隊 2022-01-10 06:00 ラブ
気になる彼を落としたい♡ 男性が喜ぶあざといモテテク6選
 女性にとってはマイナスのイメージが強い、あざとい系の女性たち。しかし、男性ウケは抜群にいいと言われているのが現実ですよ...
恋バナ調査隊 2022-01-09 06:00 ラブ
都合がいい女性にならない方法3選! こんな男性には要注意!
 呼び出せばすぐに来てくれる、終電を逃したら泊めてくれる、いつでも体を許してくれる……。男性にとっての都合のいい女性って...
恋バナ調査隊 2022-01-08 06:00 ラブ
口うるさい両親に辟易…恋人の存在を隠し続ける男性の事情
「冷酷と激情のあいだvol.71〜女性編〜」では、交際2年目を迎えているのに、実家に自分の存在を隠し続ける恋人・ケイタさ...
並木まき 2022-01-08 06:00 ラブ