平手友梨奈“憑依型カメレオン女優”作品別に詳報!快進撃へ!

こじらぶ ライター
更新日:2020-11-07 06:00
投稿日:2020-11-07 06:00

「さんかく窓の外側は夜」「ザ・ファブル第二章」2カ月連続で出演作公開へ

本予告映像公開「さんかく窓の外側は夜」を皮切りに脅威の憑依型カメレオン女優・平手(中央)の快進撃が始まる…!/平手友梨奈公式サイトより(中央)、(C)日刊ゲンダイ(左、右)
本予告映像公開「さんかく窓の外側は夜」を皮切りに脅威の憑依型カメレオン女優・平手(中央)の快進撃が始まる…! /平手友梨奈公式サイトより(中央)、(C)日刊ゲンダイ(左、右)

 平手友梨奈(19)が女優として21年に向け快進撃への狼煙(のろし)を上げた。今週に入り岡田将生(31)・志尊淳(25)W主演の「さんかく窓の外側は夜」(同年1月24日公開)本予告映像が公開。また岡田准一(39)主演の「ザ・ファブル第二章」(同年2月5日公開)撮影場面写真も各雑誌媒体で取り上げられた。

 前者では呪いを操る女子高生・ヒウラエリカ役で、後者では車いすの訳あり少女・佐羽ヒナコ役でそれぞれ物語の鍵を握るヒロインを務める。

 18年欅坂46在籍時代に映画初出演にして初主演を務めた「響-Hibiki-」では、天才小説家の女子高生・鮎喰響役でいきなり日本アカデミー賞新人俳優賞など数々の賞を受賞。この作品と合わせ、撮影済みと公表されている映画は現在までに3作品で、全て漫画が原作となっている。キャラクターとしては平手のパブリックイメージそのままの「ミステリアスで笑わない」「陰がある」といった共通点のある役どころなのだが、その全てでまったく異なる表情を見せていることがSNS上のファンの間で話題になっている。

「響-Hibiki-」ではウィッグを付け原作の主人公に極限まで近づけたビジュアルで、天才小説家でありながら自分の信念に反する相手には暴力もいとわない女子高生という難しい役を見事にこなした。

1分の予告動画で背筋を凍らせる表現力

平手本人の希望で原作ビジュアルを完全に再現/映画「響-Hibiki-」公式ブログ(2018年7月24日付)より
平手本人の希望で原作ビジュアルを完全に再現 /映画「響-Hibiki-」公式ブログ(2018年7月24日付)より

 一方の「さんかく窓の外側は夜」は欅坂46を脱退した今年1月末前後に撮影されており、ビジュアル的にはグループ在籍時の“ショートヘアの平手”のままだ。しかし、役に入り込むとヒウラの特性である「呪いを操る少女」にピッタリすぎる顔付きになる。あまりにも、“呪いを操れそう”すぎるのだ。

 あんな子が後ろに立っていたら怖い。いくら欅坂46時代の彼女に魅了されてきた筆者でも「ヒウラに背後を取られたら……」と想像しただけで背筋が凍る思いだ。それだけ、映画の中では平手友梨奈ではなくヒウラエリカなのだ。たった1分の予告動画だけでもそれが伝わる。

 また「ザ・ファブル第二章」の撮影は「さんかく窓の外側は夜」のすぐ後から始まっていたため、ヒナコのビジュアルはヒウラと比べ髪が少しだけ伸び、原作に合わせ前髪をセンター分けにした程度なのだが、これまた役どころにカチっとはまる訳あり感を醸し出している。見るからにとても不幸な過去をもっていそうだ。

 天才で我が道を行く響とも、欅坂46最後の紅白「不協和音」で力強い叫びを放った“僕”とも、“呪いを操れそう”すぎるヒウラとも全く違う。日常に疲れ負のオーラをまといつつ神妙な面持ちの眼の底には芯が通っている。やはり演技中の姿に平手友梨奈の面影はなく、完全に佐羽ヒナコだ。しかし、岡田准一とのオフショットでは笑顔を見せ、スッカリ肌艶のいい平手に戻っている。撮影時期が異なる作品で別の人間になり切っているだけでなく、同じ撮影期間中でもオンとオフの差は激しい。

蜷川美花氏撮影で見せたカメレオン平手

本人は可愛いけどヒウラな平手は"呪いを操れそう"すぎて怖い…/映画「さんかく窓の外側は夜」本予告(松竹チャンネル)より
本人は可愛いけどヒウラな平手は"呪いを操れそう"すぎて怖い… /映画「さんかく窓の外側は夜」本予告(松竹チャンネル)より

 さらに鮎喰響を演じた際は役のイメージからか話し方に抑揚があまりなかったが、「さんかく窓の外側は夜」のヒウラエリカでは「これからあなたを呪います。お前は、呪われて死ぬ」といったおどろおどろしいセリフの重低音が凄い。「ザ・ファブル第二章」でも江口カン監督に「魂を揺さぶる熱演」と言わしめた。映画が公開されれば、ビジュアルだけでなくストーリーと演技が相まっていかに平手が平手でなく役としてその中に憑依しているか、さらに痛感することになるだろう。

 一瞬でコロコロとその表情、というより人格を変えてしまうカメレオン平手が端的に見て取れるのは、蜷川美花氏が撮影した雑誌「Mgirl」(2020-2021AW)だ。衣装・ヘアメイク・セットが変わるだけで、艶やかな貴婦人だったり、ピュアな少女だったり、男らしく勇ましい中性的な人物だったりとまるで別人になってしまう。

 蜷川氏が自身のSNS上で「ちょっと本当にすごいのでぜひ見ていただきたい!!」と称賛しまくっていたことも頷ける。欅坂46時代も楽曲ごとにまったく違う表情を見せてきたが、19歳になり、一層その表現の幅と深みが増したようだ(特に、“衣類をちゃんと身にまとっているのに溢れ出てしまう女の色っぽさ”が凄い。一方のイケメンぶりも美少年風から美青年風へと進化している)。

エンタメ 新着一覧


生見愛瑠に羽生結弦…こんなにいた!自転車に乗れない有名人
 タレントの生見愛瑠(19)が10月13日、自身が自転車に乗れないことについてラジオ番組「レコメン!」(文化放送)で言及...
伝説の俳優座「花の15期生」抱腹絶倒トーク!今だから話せる“お宝”交遊エピソード
「俳優座花の15期生」(1963年に養成所に入所)といえば、原田芳雄、林隆三、夏八木勲、秋野太作、前田吟、河原崎次郎、地...
2021-10-16 17:03 エンタメ
懲りない東出昌大また新恋人との“公私混同”バレ自爆…共演NG女優が今後続出すると評論家
 13日、俳優の東出昌大(33)の新恋人の存在を「週刊文春」が報じた。相手は5歳年下のハーフ美女OLで、5月に出会うと早...
2021-10-16 17:03 エンタメ
<71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#71 「お疲れさまだったね。今お茶をいれるから」  アプリコの番頭...
2021-10-16 17:03 エンタメ
大久保佳代子、いとうあさこ、小林麻耶…“おひとりさま芸能人”に「介護脱毛」が流行るワケ
 タレントの大久保佳代子(50)が「上田と女が吠える夜」(11日放送/日本テレビ系)で、「介護脱毛」をしていることを明か...
2021-10-16 17:03 エンタメ
ドキュメンタリー映画「歩きはじめる言葉たち」野村展代監督が描く被災地の今
 東日本大震災では、一度に多くの尊い命が失われたため<自分だけがつらいわけじゃない>と、我慢している人は少なくない。岩手...
2021-10-16 17:03 エンタメ
映画「ビースト」に見る韓国社会の縮図「糞はかき回すほど悪臭が出る」
【奇妙?単純? 韓流の方程式】#52  Netflixで配信中の韓国ドラマ「イカゲーム」が世界的な大ヒットとなっている...
2021-10-16 17:03 エンタメ
おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表
「山口百恵」の頃から見聞きしてきた世代には、とくに感慨深いようだ。百恵さん(62)の長男でシンガー・ソングライター三浦祐...
2021-10-16 17:03 エンタメ
眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声
 小室圭さん(30)は18日秋篠宮邸を訪れ、秋篠宮ご夫妻に挨拶し、秋篠宮家長女・眞子さま(29)と3年2カ月ぶりに再会さ...
2021-10-16 17:03 エンタメ
どうなるJUMP愛知公演 ワクチン接種で観客100%収容の大混乱
 ジャニーズ事務所は今月13日、Hey! Say! JUMPのアリーナツアー「Hey! Say! JUMP Fab! -...
こじらぶ 2021-10-16 06:00 エンタメ
「ONODA」外国人が小野田寛郎の“物語”を製作した理由について考える
【大高宏雄の新「日本映画界」最前線】  横井庄一と小野田寛郎の名を1970年代に知った人は当時、大きな衝撃を受けたと思...
2021-10-15 17:03 エンタメ
読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)
 小室圭さん(30)の母親の金銭トラブルについて、これまで歯切れのいい“小室家批判”を続けてきたのが、「読売テレビ」の高...
2021-10-15 17:03 エンタメ
“ブレない男”石田純一の逆襲はあるか バッシング因縁の地でも「沖縄に行きたい」のサービス精神
 美BODYを競う「美バ―1グランプリ」開催記者発表会にタレントの石田純一(67)が紫吹淳(52)らと出席した。 「コ...
2021-10-15 17:03 エンタメ
<70>野崎幸助さんのミエで新装したピンクの壁、予算は2500万円
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#70  2017年11月に完成した品のないピンクの塀がある野崎幸助さ...
2021-10-15 17:03 エンタメ
“プロアイドル”宮脇咲良が本格ブレークの兆し 韓国ではNiziUより人気者
 2018年、韓国の人気オーディション番組「PRODUCE48」に参加し、日韓ガールズグループIZ*ONE(アイズワン)...
2021-10-15 17:03 エンタメ
さだまさし“前人未到”ソロコンサート通算4500回達成!「現役力」のミナモトは?
「まだまだ道の途中です」  前人未到のソロコンサート通算4500回を達成したシンガー・ソングライター、さだまさし(69...
2021-10-15 17:03 エンタメ