平手友梨奈“憑依型カメレオン女優”作品別に詳報!快進撃へ!

こじらぶ ライター
更新日:2020-11-07 06:00
投稿日:2020-11-07 06:00

「さんかく窓の外側は夜」「ザ・ファブル第二章」2カ月連続で出演作公開へ

本予告映像公開「さんかく窓の外側は夜」を皮切りに脅威の憑依型カメレオン女優・平手(中央)の快進撃が始まる…!/平手友梨奈公式サイトより(中央)、(C)日刊ゲンダイ(左、右)
本予告映像公開「さんかく窓の外側は夜」を皮切りに脅威の憑依型カメレオン女優・平手(中央)の快進撃が始まる…! /平手友梨奈公式サイトより(中央)、(C)日刊ゲンダイ(左、右)

 平手友梨奈(19)が女優として21年に向け快進撃への狼煙(のろし)を上げた。今週に入り岡田将生(31)・志尊淳(25)W主演の「さんかく窓の外側は夜」(同年1月24日公開)本予告映像が公開。また岡田准一(39)主演の「ザ・ファブル第二章」(同年2月5日公開)撮影場面写真も各雑誌媒体で取り上げられた。

 前者では呪いを操る女子高生・ヒウラエリカ役で、後者では車いすの訳あり少女・佐羽ヒナコ役でそれぞれ物語の鍵を握るヒロインを務める。

 18年欅坂46在籍時代に映画初出演にして初主演を務めた「響-Hibiki-」では、天才小説家の女子高生・鮎喰響役でいきなり日本アカデミー賞新人俳優賞など数々の賞を受賞。この作品と合わせ、撮影済みと公表されている映画は現在までに3作品で、全て漫画が原作となっている。キャラクターとしては平手のパブリックイメージそのままの「ミステリアスで笑わない」「陰がある」といった共通点のある役どころなのだが、その全てでまったく異なる表情を見せていることがSNS上のファンの間で話題になっている。

「響-Hibiki-」ではウィッグを付け原作の主人公に極限まで近づけたビジュアルで、天才小説家でありながら自分の信念に反する相手には暴力もいとわない女子高生という難しい役を見事にこなした。

1分の予告動画で背筋を凍らせる表現力

平手本人の希望で原作ビジュアルを完全に再現/映画「響-Hibiki-」公式ブログ(2018年7月24日付)より
平手本人の希望で原作ビジュアルを完全に再現 /映画「響-Hibiki-」公式ブログ(2018年7月24日付)より

 一方の「さんかく窓の外側は夜」は欅坂46を脱退した今年1月末前後に撮影されており、ビジュアル的にはグループ在籍時の“ショートヘアの平手”のままだ。しかし、役に入り込むとヒウラの特性である「呪いを操る少女」にピッタリすぎる顔付きになる。あまりにも、“呪いを操れそう”すぎるのだ。

 あんな子が後ろに立っていたら怖い。いくら欅坂46時代の彼女に魅了されてきた筆者でも「ヒウラに背後を取られたら……」と想像しただけで背筋が凍る思いだ。それだけ、映画の中では平手友梨奈ではなくヒウラエリカなのだ。たった1分の予告動画だけでもそれが伝わる。

 また「ザ・ファブル第二章」の撮影は「さんかく窓の外側は夜」のすぐ後から始まっていたため、ヒナコのビジュアルはヒウラと比べ髪が少しだけ伸び、原作に合わせ前髪をセンター分けにした程度なのだが、これまた役どころにカチっとはまる訳あり感を醸し出している。見るからにとても不幸な過去をもっていそうだ。

 天才で我が道を行く響とも、欅坂46最後の紅白「不協和音」で力強い叫びを放った“僕”とも、“呪いを操れそう”すぎるヒウラとも全く違う。日常に疲れ負のオーラをまといつつ神妙な面持ちの眼の底には芯が通っている。やはり演技中の姿に平手友梨奈の面影はなく、完全に佐羽ヒナコだ。しかし、岡田准一とのオフショットでは笑顔を見せ、スッカリ肌艶のいい平手に戻っている。撮影時期が異なる作品で別の人間になり切っているだけでなく、同じ撮影期間中でもオンとオフの差は激しい。

蜷川美花氏撮影で見せたカメレオン平手

本人は可愛いけどヒウラな平手は"呪いを操れそう"すぎて怖い…/映画「さんかく窓の外側は夜」本予告(松竹チャンネル)より
本人は可愛いけどヒウラな平手は"呪いを操れそう"すぎて怖い… /映画「さんかく窓の外側は夜」本予告(松竹チャンネル)より

 さらに鮎喰響を演じた際は役のイメージからか話し方に抑揚があまりなかったが、「さんかく窓の外側は夜」のヒウラエリカでは「これからあなたを呪います。お前は、呪われて死ぬ」といったおどろおどろしいセリフの重低音が凄い。「ザ・ファブル第二章」でも江口カン監督に「魂を揺さぶる熱演」と言わしめた。映画が公開されれば、ビジュアルだけでなくストーリーと演技が相まっていかに平手が平手でなく役としてその中に憑依しているか、さらに痛感することになるだろう。

 一瞬でコロコロとその表情、というより人格を変えてしまうカメレオン平手が端的に見て取れるのは、蜷川美花氏が撮影した雑誌「Mgirl」(2020-2021AW)だ。衣装・ヘアメイク・セットが変わるだけで、艶やかな貴婦人だったり、ピュアな少女だったり、男らしく勇ましい中性的な人物だったりとまるで別人になってしまう。

 蜷川氏が自身のSNS上で「ちょっと本当にすごいのでぜひ見ていただきたい!!」と称賛しまくっていたことも頷ける。欅坂46時代も楽曲ごとにまったく違う表情を見せてきたが、19歳になり、一層その表現の幅と深みが増したようだ(特に、“衣類をちゃんと身にまとっているのに溢れ出てしまう女の色っぽさ”が凄い。一方のイケメンぶりも美少年風から美青年風へと進化している)。

エンタメ 新着一覧


64歳“女王”マドンナの原点とじゃじゃ馬エピソード…卑猥すぎて逮捕寸前のお騒がせも!
 このほど64歳の誕生日(8月16日)を迎えた米スター、マドンナ。ミシガン大学を中退し、長距離バスでニューヨークに降り立...
2022-08-19 17:03 エンタメ
湘南乃風・SHOCK EYEに投資トラブル報道…芸能人はなぜ怪しい話に引っかかる?
 歩くパワースポットの異名を持つ湘南乃風のSHOCK EYE(45)が投資トラブルを起こしていると「週刊新潮」が報じたの...
2022-08-19 17:03 エンタメ
松本人志「ドキュメンタル」最新作が絶好調! ネトフリを猛追するアマプラ“勝ち残り”の条件
 ダウンタウンの松本人志(58)の「ドキュメンタル シーズン11 UNLIMITED」が17日、Amazon Prime...
2022-08-19 17:03 エンタメ
平手友梨奈が「六本木クラス」でぶち当たった壁 欅坂時代の“伝説”が足を引っ張る?
 欅坂46のメンバーとして14歳という最年少でセンターを務め、デビューからグループ卒業まで全シングルのセンターを務めた伝...
2022-08-19 17:08 エンタメ
ガーシー議員は47の公約を果たせるのか? 暴露1発目は肩透かし、立花党首も注文をつけ始めた
 暴露系ユーチューバー、ガーシーこと、東谷義和(50)がNHK党の参議院議員になって間もなく1カ月が経つ。同党の立花孝志...
2022-08-19 17:03 エンタメ
続編10作超えは確実? 大ヒットの映画版「キングダム2」うれしい悲鳴とある懸念
 人気コミックを実写映画化した、俳優の山崎賢人(27)主演の「キングダム2 遥かなる大地へ」が累計で動員280万人超、興...
2022-08-19 17:03 エンタメ
竹千代は大学院で古墳時代を研究「古墳巡りのガイドで小銭稼いでます」
【桂竹丸 竹千代 師弟で大いに語る】#4  竹千代は二つ目になってから新作落語のネタ下ろしの会を始め、試行錯誤の末、古...
2022-08-19 17:03 エンタメ
日テレドラマ“打ち切りレベル”連発の異常事態!「家庭教師のトラコ」も「初恋の悪魔」も局内で問題に
【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】  日本テレビが今期ドラマのまさかの低視聴率に大慌てだ。  橋本愛主演の水曜ドラマ「家...
2022-08-19 17:03 エンタメ
高岡早紀“美魔女っぷり”がますます加速! 衰えぬ色気とセクシーオーラ目撃談
 女優で歌手の高岡早紀(49)が、ノースリーブに“カボチャパンツ”のショートパンツに身を包み、二の腕&美脚をあらわにほほ...
2022-08-19 17:03 エンタメ
<98>地下鉄に毎日乗って、毎日撮って…よく飽きないでやってるね
【天才アラーキー傘寿を語る】#98    地下鉄(1)   ◇  ◇  ◇  この写真はね、地下鉄の銀座線で撮った写...
2022-08-19 17:03 エンタメ
「355」“脳ミソ溶ける”季節には美女スパイ軍団痛快活劇がイチバ~ン!
【この夏の映画 観るならこの1本】#4  脳ミソが溶けそうなハンパない酷暑には、首から下のみ反応させてドンパチ映画を見...
2022-08-19 17:03 エンタメ
逆風続く生稲晃子「旧統一教会」関連施設訪問を“政策説明”と弁明 <そもそも政策なんてあった?>の声
 18日、参院選前の<#生稲晃子に投票する意味がわからない>に続き、<#生稲晃子議員の辞職を求めます>がツイッターのトレ...
2022-08-19 17:03 エンタメ
濡れ場ジャンジャン ジャニーズでも攻め演技が求められる訳
 7月期のジャニーズ主演ドラマは、濃厚な“濡れ場”が話題を振りまいている。  Hey! Say! JUMP中島裕翔...
渋川清彦 「キングダム2」の“泣ける演技”で人気急上昇! 主演ドラマ続編望む声も
 映画「キングダム2 遥かなる大地へ」の勢いが止まらない。7月15日から8月11日までの公開28日間で、観客動員数は26...
2022-08-18 17:03 エンタメ
峯岸みなみが全うしたアイドル人生 “丸刈り謝罪”乗り越え人気YouTuberてつやとゴールイン
 元AKB48でタレントの峯岸みなみ(29)が16日、かねて交際中だった人気ユーチューバーグループ「東海オンエア」てつや...
2022-08-18 17:03 エンタメ
渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略
〈元おニャン子クラブが国会議員か……〉  自民党の生稲晃子参院議員(54)の初登院の様子を見て、そんな感慨を持った人も...
2022-08-18 17:03 エンタメ