平手友梨奈“憑依型カメレオン女優”作品別に詳報!快進撃へ!

こじらぶ ライター
更新日:2020-11-07 06:00
投稿日:2020-11-07 06:00

「さんかく窓の外側は夜」「ザ・ファブル第二章」2カ月連続で出演作公開へ

本予告映像公開「さんかく窓の外側は夜」を皮切りに脅威の憑依型カメレオン女優・平手(中央)の快進撃が始まる…!/平手友梨奈公式サイトより(中央)、(C)日刊ゲンダイ(左、右)
本予告映像公開「さんかく窓の外側は夜」を皮切りに脅威の憑依型カメレオン女優・平手(中央)の快進撃が始まる…! /平手友梨奈公式サイトより(中央)、(C)日刊ゲンダイ(左、右)

 平手友梨奈(19)が女優として21年に向け快進撃への狼煙(のろし)を上げた。今週に入り岡田将生(31)・志尊淳(25)W主演の「さんかく窓の外側は夜」(同年1月24日公開)本予告映像が公開。また岡田准一(39)主演の「ザ・ファブル第二章」(同年2月5日公開)撮影場面写真も各雑誌媒体で取り上げられた。

 前者では呪いを操る女子高生・ヒウラエリカ役で、後者では車いすの訳あり少女・佐羽ヒナコ役でそれぞれ物語の鍵を握るヒロインを務める。

 18年欅坂46在籍時代に映画初出演にして初主演を務めた「響-Hibiki-」では、天才小説家の女子高生・鮎喰響役でいきなり日本アカデミー賞新人俳優賞など数々の賞を受賞。この作品と合わせ、撮影済みと公表されている映画は現在までに3作品で、全て漫画が原作となっている。キャラクターとしては平手のパブリックイメージそのままの「ミステリアスで笑わない」「陰がある」といった共通点のある役どころなのだが、その全てでまったく異なる表情を見せていることがSNS上のファンの間で話題になっている。

「響-Hibiki-」ではウィッグを付け原作の主人公に極限まで近づけたビジュアルで、天才小説家でありながら自分の信念に反する相手には暴力もいとわない女子高生という難しい役を見事にこなした。

1分の予告動画で背筋を凍らせる表現力

平手本人の希望で原作ビジュアルを完全に再現/映画「響-Hibiki-」公式ブログ(2018年7月24日付)より
平手本人の希望で原作ビジュアルを完全に再現 /映画「響-Hibiki-」公式ブログ(2018年7月24日付)より

 一方の「さんかく窓の外側は夜」は欅坂46を脱退した今年1月末前後に撮影されており、ビジュアル的にはグループ在籍時の“ショートヘアの平手”のままだ。しかし、役に入り込むとヒウラの特性である「呪いを操る少女」にピッタリすぎる顔付きになる。あまりにも、“呪いを操れそう”すぎるのだ。

 あんな子が後ろに立っていたら怖い。いくら欅坂46時代の彼女に魅了されてきた筆者でも「ヒウラに背後を取られたら……」と想像しただけで背筋が凍る思いだ。それだけ、映画の中では平手友梨奈ではなくヒウラエリカなのだ。たった1分の予告動画だけでもそれが伝わる。

 また「ザ・ファブル第二章」の撮影は「さんかく窓の外側は夜」のすぐ後から始まっていたため、ヒナコのビジュアルはヒウラと比べ髪が少しだけ伸び、原作に合わせ前髪をセンター分けにした程度なのだが、これまた役どころにカチっとはまる訳あり感を醸し出している。見るからにとても不幸な過去をもっていそうだ。

 天才で我が道を行く響とも、欅坂46最後の紅白「不協和音」で力強い叫びを放った“僕”とも、“呪いを操れそう”すぎるヒウラとも全く違う。日常に疲れ負のオーラをまといつつ神妙な面持ちの眼の底には芯が通っている。やはり演技中の姿に平手友梨奈の面影はなく、完全に佐羽ヒナコだ。しかし、岡田准一とのオフショットでは笑顔を見せ、スッカリ肌艶のいい平手に戻っている。撮影時期が異なる作品で別の人間になり切っているだけでなく、同じ撮影期間中でもオンとオフの差は激しい。

蜷川美花氏撮影で見せたカメレオン平手

本人は可愛いけどヒウラな平手は"呪いを操れそう"すぎて怖い…/映画「さんかく窓の外側は夜」本予告(松竹チャンネル)より
本人は可愛いけどヒウラな平手は"呪いを操れそう"すぎて怖い… /映画「さんかく窓の外側は夜」本予告(松竹チャンネル)より

 さらに鮎喰響を演じた際は役のイメージからか話し方に抑揚があまりなかったが、「さんかく窓の外側は夜」のヒウラエリカでは「これからあなたを呪います。お前は、呪われて死ぬ」といったおどろおどろしいセリフの重低音が凄い。「ザ・ファブル第二章」でも江口カン監督に「魂を揺さぶる熱演」と言わしめた。映画が公開されれば、ビジュアルだけでなくストーリーと演技が相まっていかに平手が平手でなく役としてその中に憑依しているか、さらに痛感することになるだろう。

 一瞬でコロコロとその表情、というより人格を変えてしまうカメレオン平手が端的に見て取れるのは、蜷川美花氏が撮影した雑誌「Mgirl」(2020-2021AW)だ。衣装・ヘアメイク・セットが変わるだけで、艶やかな貴婦人だったり、ピュアな少女だったり、男らしく勇ましい中性的な人物だったりとまるで別人になってしまう。

 蜷川氏が自身のSNS上で「ちょっと本当にすごいのでぜひ見ていただきたい!!」と称賛しまくっていたことも頷ける。欅坂46時代も楽曲ごとにまったく違う表情を見せてきたが、19歳になり、一層その表現の幅と深みが増したようだ(特に、“衣類をちゃんと身にまとっているのに溢れ出てしまう女の色っぽさ”が凄い。一方のイケメンぶりも美少年風から美青年風へと進化している)。

エンタメ 新着一覧


東大刺傷事件 名古屋在住高校2年生の犯行を「受験生」と報じたメディアのとんちんかん
 15日午前、大学入学共通テストの会場となっていた東京大学(東京都文京区)のキャンパス前の路上で、受験生ら3人が刃物で切...
2022-01-16 17:03 エンタメ
嵐・松本潤が「金スマ」で明かした活動休止の経緯とファンへの思い
<そうだったのね。あらためて涙が出てきました>  ファンにとっては〝新たな事実〟に衝撃が走ったようだ。  2020年...
2022-01-16 17:03 エンタメ
麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉
 オミクロン株の感染者が急増し、第6波が始まったとワイドショーが息を吹き返している。感染力は強いが、重症化リスクは低いと...
2022-01-16 17:03 エンタメ
2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】 冬ドラマがスタートしたので、その中からオススメを3本紹介。 ■菅田将暉「ミステリ...
2022-01-16 17:03 エンタメ
DBキャラから降りない…R藤本はただのイロモノではない確かな存在
【今週グサッときた名言珍言】 「集英社ならびバンダイ、東映アニメーション各位、もう少しだけ見逃してくれー!」(R藤本/...
2022-01-16 17:03 エンタメ
元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる
 松田聖子(59)、神田正輝(71)元夫妻のひとり娘でミュージカル女優の神田沙也加さんが昨年12月18日に35歳の若さで...
2022-01-16 17:03 エンタメ
東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ
映画のプロモーション活動に参加できない  14日、「コンフィデンスマンJP」シリーズ(東宝)“英雄編”が公開された。シ...
2022-01-16 17:03 エンタメ
眞子さんの思いと肉声を日本国民は最後まで聞けなかった
【皇室のトリビア】#49  これまで書いてきたように、「眞子さんの乱」で分かったことは、皇室というのは何とも窮屈で生き...
2022-01-16 17:03 エンタメ
交番女子「ハコヅメ」早くもアニメ化の人気ぶり 真面目なドラマづくりが奏功した見本
 昨年夏の人気ドラマ「ハコヅメ」(日本テレビ系)のアニメ版が、BS日テレやテレビ愛知などでスタートした。実写版から半年も...
2022-01-16 17:03 エンタメ
川口春奈が年明け初の公の場「若いうちは東京でバリバリ仕事」「畑いじりもいいな」
 女優の川口春奈(26)が13日、都内で行われた、不動産情報サイト「LIFULL HOME's」新CM発表会に登場した。...
2022-01-15 17:03 エンタメ
<129>「いごん」は存在しなかったはずの社封筒でMに郵送された
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#129 「これですかね」  野崎幸助さんの遺言が入っていたという封...
2022-01-15 17:03 エンタメ
長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も
 9日にスタートしたNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の初回の平均視聴率(世帯)は20%の大台には届かなかったが、17%...
2022-01-15 17:03 エンタメ
「もう中学生」は有吉弘行の評価で再ブレークした“笑いのスナイパー”
【2022新春「笑」芸人解体新書】#8  もう中学生  ◇  ◇  ◇  もう中学生は、子供向け教育番組の「おにい...
2022-01-15 17:03 エンタメ
グラビアアイドル「コロナ残酷物語…撮影本数は激減、ロケ隊が食事入店NG食らうことも
「この2年間、コロナが理由で撮影は7~8回飛びました。ロケも減って、撮影の規模もだいぶ小さくなりました」  グループア...
2022-01-15 17:03 エンタメ
新春SPドラマ二宮和也「潜水艦カッペリーニ号の冒険」大コケ…ファン離れついに現実に?
 新春に各局でスペシャルドラマが放送されたが、フジテレビにとってはよもやの結果となった。  テレビ朝日で元日に放送され...
2022-01-15 17:03 エンタメ
チェッカーズに再結成の機運 伝説の92年武道館ラストライブがNHKでオンエア
 1980年代ブームが続く中、チェッカーズのライブがリマスター版でオンエアされることで話題だ。NHKのBSプレミアムで1...
2022-01-15 17:03 エンタメ